最終更新日:2024年02月21日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:15,391

競艇ホットラインという競艇予想サイトの口コミ、評判、評価、無料情報の検証のまとめ

▼ 競艇ホットラインの競艇予想サイト情報

  • ■サイト名:
    競艇ホットライン
    ■補足情報:

    競艇ホットライン という競艇予想サイトの情報検証をしてみると、どの検証サイトも5〜6時間前にインデックスされたサイトばかりだった。…競艇ホットラインへの集客YouTuberは、競艇ホットラインのことを探して見つけることさえ出来なかったはずなのに、この怪しい検証結果はどういうことか。…それと、ウケたのが、明らかに競艇ホットラインはオープンしたばかりの競艇予想サイトなのに、競艇ホットライン の会員人数を確認すると、キッカリ 1,000人となっていた。いかにも購入したような数字に笑える。

    ■運営会社:

    競艇ホットライン運営事務局

    ■運営責任者名:

    安藤洋文

    ■電話番号:

    03-6826-0782

    ■メールアドレス:

    help@hot-line-boat.com

    ■住所:

    東京都渋谷区渋谷3-1-1

    ■IPアドレス:

    103.253.188.112

▼ 競艇ホットラインの関連サイト情報

▼ 競艇ホットラインの競艇検証レポート

ページ内目次[]

  1. 【はじめに】競艇ホットラインという競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)の口コミ情報、評判、無料情報を検証!

    競艇ホットラインという競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)とは

    競艇ホットラインという競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)2024年1月25日に見つけたので検証する。

    競艇ホットラインの情報検索をすると、どの検証サイトも5〜6時間前にgooleにインデックス(検索エンジンに認識される)されたばかりだった。

    それなのに、競艇ホットラインの身内の集客サイトでは競艇ホットラインを使用し「3日で170万稼いだ」などと言っている。

    競艇ホットラインの身内の集客サイトならでは、1週間以上前から競艇ホットラインを使用していた。と言うのだが、どの検証サイトも5〜6時間前にインデックスされたばかりだというのに、1週間も前にどうやって競艇ホットラインを見つけたと言うのだ?

    かなり怪しい集客サイト(YouTube)なのだが、最近ではこれら自作自演のキャラ誘導をはじめ、ほとんどが競艇予想サイトを運営している運営社が自社運営する、プロモーションサイトだったりするわけだが、競艇検証.comはそんなことなく、徹底的に競艇ホットラインのことを検証する。

    競艇ホットラインの無料予想に関しては、検証開始した2024年1月25日から抜き打ちで長期検証を開始する。
    少なくとも1ヶ月、長い時は半年かけての検証なので、これ以上の情報は無いだろう(笑)



    競艇ホットラインという競艇予想サイトの会員登録前トップページ

    競艇ホットラインの会員登録前のトップページは、このような安っぽいイラスト画像になっている。

    競艇ホットラインという競艇予想サイトの非会員ページ
    ▲ 競艇ホットラインの会員登録前のページ



    競艇ホットラインという競艇予想サイトの情報検索した結果

    競艇ホットラインの情報検索をしてみた。

    ネットで「競艇ホットライン 競艇予想サイト」という複合キーワードで競艇ホットラインの情報検索をしてみると、冒頭にも書いたように、どのサイトも競艇ホットラインのページが公開されて数時間しか経っていないようで、5〜6時間前にgoogleにインデックスされたサイトしかない。

    競艇予想サイト「競艇ホットライン」の情報検索した結果
    ▲ 競艇ホットラインの情報検索結果(2024/01/25 23時)



    競艇ホットラインの集客サイトがウソ臭い

    5〜6時間前にインデックスされたばかりのサイトの中に、YouTuberのステマもあった。

    この「競艇フリーダム」というYouTuberは、競艇チャンピオンや、シックスボート競艇ラボなど、同じグループサイトのサイトばかりを優良評価にしているので、競艇チャンピオンなどを運営している運営社のお抱えYouTuber、もしくは自社運営なのではないか。…というハナシもたまに出るのだが、今回の競艇ホットラインに対するステマ検証?も、とても怪しい

    競艇ホットラインへの集客YouTuberのステマ
    ▲ 競艇ホットラインへの集客YouTuberか


    競艇フリーダム」は競艇ホットラインという競艇予想サイトのことを、1週間以上前から検証していた。と言っているのだが、前章で書いたように、競艇ホットラインに関する情報サイトはすべて5〜6時間前にインデックスされたサイトばかりだ。

    ということは、6時間以上前になると、競艇ホットラインに関する情報サイトはまだ1つも無かったことになる。

    つまり、競艇ホットラインという競艇サイトに関する情報を2024年1月25日の17時以前にはサイト上で見つけ出すことは不可能で、競艇ホットラインのサイト自体、ネット検索をしても探して見つけることは不可能だったと言える。

    では「競艇フリーダム」はどこでどうやって競艇ホットラインのことを知ったのか。
    答えは、競艇ホットラインと近しい関係にあるか、自社運営ということになるのではないだろうか。

    「3日で170万稼いだ」というのは、嘘臭い。

    後ほど「競艇ホットライン」のグループサイトと思われるサイトの予想精度を紹介しているが、競艇検証.comが1ヶ月かけて検証した無料予想の予想精度を見ても、競艇ホットラインを推奨する集客サイトの検証結果を鵜呑みにできるだろうか。


    (追記:2024/01/30)
    数日間「競艇フリーダム」を見ていたが、2024年1月25日以降、競艇フリーダムのLINE版では「競艇ホットライン」だけを大絶賛している。

    前から「競艇ホットライン」を見つけて検証していたというのなら、なぜ他の検証サイトが競艇ホットラインについて書き出す前に、検証開始の時点で競艇ホットラインの紹介を開始しないんだよ。

    次の項目で書いているように競艇ホットラインは会員数を購入して「前から運営していた」ように見せ、集客サイトは競艇ホットラインと結託し、空売りで的中実績の捏造をしたのではないだろうか。…と、疑われても仕方ない。

    競艇ホットラインへステマで集客
    ▲ 競艇ホットラインへステマで集客


    オープン前の無料予想の実績は捏造できても、オープン後のガチでの無料予想の実績は捏造できないため、競艇検証.comなどにガチ検証を開始されないように、記事ページの公開は、実際に予想サイトがオープンする時まで公開されることはないのだ。
    (記事を書いていたのに?記事公開までタイムラグがあるとこのように疑われても仕方ない)



    競艇ホットラインの会員が1000人(笑)

    「競艇ホットライン」という競艇予想サイトは「LINEの友だち追加」で会員登録をするのだが、このタイプのサイトだと現時点での会員数を調べることができる。

    試しに競艇ホットラインの会員数も確にしてみると…きっかり「1,000人」だった。

    競艇ホットラインの会員が1000人(笑)
    ▲ 競艇ホットラインの会員が1000人(笑)


    前述のように、数時間前まで競艇ホットラインのことを探すこともできなかったのに、1,000人もの会員はどうやぅって競艇ホットラインを見つけたんだよ(笑)



    競艇ホットラインの会員が変わった(笑)

    競艇ホットラインの検証時、競艇ホットラインの会員数を確認してみると「1000人」いることになっていたが、数日後に会員数を再確認すると、
    1000人だった会員が213人に減っていた

    約800人弱の会員はどこへ行ったのか?
    退会でもしたのか?

    考えられるのは、競艇ホットラインがオープンした時に会員数を購入したが、あまりにキリの良い数字だったため購入したのがバレバレで、慌てて減らしたんだろう。
    今回会員数が減ったことで、


    会員数を購入したことが完全にバレた。


    …というわけだ。
    別に会員数を購入すること自体は、サイトのオープン時からサイトが「賑わっているように見せるため」にするLINEのフォロワー数を買う「マーケティング手法」という戦法は今のところ違法ではなく、金額でいえばわずか「3000円で100人のLINE会員を買う」ことができる。

    ただ予想サイトが購入する会員は「マーケティング手法」以外に、会員数を購入すると来客者に対し「前からサイトが公開されていた」ように演出(騙す)ことができるので、自作自演の身内の集客サイトが「空売りの的中実績」を作れるようにするため。でもある。

    競艇ホットラインの会員が変わった
    ▲ 競艇ホットラインの会員が変わった



  2. 【検証①】競艇ホットラインという競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)の基本情報

    検証①-1-競艇ホットラインという競艇予想サイトの運営社情報

    次に、競艇ホットラインの運営社情報について見てみよう。

    競艇ホットラインという競艇予想サイトの運営会社情報
    ▲ 競艇ホットラインの運営社情報


    競艇ホットラインという競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)運営会社情報だが、フッターより競艇ホットラインの特定商取引法に基づく表記(上画像参照)を見ると、競艇ホットラインという競艇予想サイトは「競艇ホットライン運営事務局」という販売事業者が予想提供していることになっていた。

    競艇ホットラインの運営社は法人名を隠したいようだ。

    運営サイト 競艇ホットライン
    運営会社 非開示
    販売業者 競艇ホットライン運営事務局
    販売責任者 安藤洋文
    運営所在地 東京都渋谷区渋谷3-1-1


    検証①-2-競艇ホットラインという競艇予想サイトの運営所在地を検証

    次に、競艇ホットラインの住所(運営所在地)について見てみよう。

    競艇ホットラインの特定商取引法に基づく表記(検証①参照)に載っていた住所(東京都渋谷区渋谷3-1-1)を調べてみると「H1O」というレンタルオフィスだということが判明。

    「H1O」の金額が書いていないのでいくらのオフィスか分からない。
    基本的に競艇ホットラインのグループサイトは常にレンタルオフィスやバーチャルオフィスの住所を使用しており、本当にこの住所を借りている、という証拠が無いので、今回も「特商法ページ」に住所を載せているだけかもしれない。

    競艇ホットラインという競艇予想サイトはHiOというレンタルオフィス
    ▲ 競艇ホットラインはレンタルオフィス



    検証①-3-競艇ホットラインという競艇予想サイトのIPアドレスを検証

    競艇ホットラインのIPアドレスを調べてみると「103.253.188.112」なのだが、完全一致する予想サイトは見つからなかった。

    グループサイト競艇道場(103.251.74.128)や、ボートパイレーツ(103.255.22.144)、競艇サラリーマン(103.251.72.16)などがIPが部分一致していた。

    競艇ホットラインという競艇予想サイトのIP
    ▲ 競艇ホットラインのIPアドレス



    検証①-4-競艇ホットラインという競艇予想サイトの電話番号を検証

    次は競艇ホットラインの特商法に基づく表記(検証①参照)に載っていた競艇ホットラインの電話番号を検証してみた。

    これまでの競艇ホットラインのグループサイトは、電話番号の初めの4桁が同じだったりしたのだが、今回の競艇ホットラインは(O3-6826-O782)違っている。
    今後作られていくグループサイトが「6826」になっていくのだろうか。



    検証①-5-競艇ホットラインという競艇予想サイトのグループサイトについて

    これまで調べてきた情報と、競艇ホットラインの会員登録後にも得た情報などを元に考えると、以下の競艇予想サイトが競艇ホットラインのグループサイトとして考えられる。

    競艇ホットラインのグループと考えられる競艇予想サイト

    ・競艇ホットライン(103.253.188.112)
    競艇の王道(160.251.148.121)
    アクアマリン(27.133.131.196)
    ユートピア(160.251.148.15)
    ボートインベスター(160.251.148.15)
    最競艇国(163.44.185.240)
    ボートチェス(163.44.185.173)
    競艇LABO(競艇ラボ)(118.27.125.210)
    ボートクロニクル(163.44.185.223)
    競艇神風(163.44.185.178)
    競艇チャンピオン(163.44.185.217 )
    シックスボート(163.44.185.223)
    リーダーシップ(103.49.217.192)
    競艇道場(103.251.74.128)
    ボートパイレーツ(103.255.22.144)
    競艇サラリーマン(103.251.72.16)
    競艇鬼アツ(163.43.30.194)
    競艇BULL(競艇ブル)(157.7.107.252 )
    ブイマックス(157.7.107.202 )
    競艇インパクト(157.7.107.114)
    船国無双(157.7.107.52)
    クラブ銀河(157.7.107.57)
    競艇ライナー(157.7.107.31)
    競艇ブルーオーシャン(157.7.107.47)
    船の時代(157.7.107.252) ※閉鎖
    競艇RITZ(157.7.107.246) ※閉鎖
    スピード(157.7.107.57 ) ※閉鎖
    競艇グランドスラム(157.7.107.46) ※閉鎖
    フルスロットル(157.7.107.123) ※閉鎖
    ボートクエスト(133.130.76.235) ※閉鎖



    グループサイトの予想精度を紹介

    以下、参考までに。
    事前に競艇ホットラインのグループサイトの予想精度がどのようなレベルか知っておいた方がいいと思うので、いくつか紹介しよう。
    どれも無料予想を1ヶ月以上かけて長期検証した結果となる。
    (どの検証も1日の漏れもありません)


    競艇の王道
    戦績:30戦10勝 20敗
    収支:-13万円超え

    検証期間1ヶ月 的中率:33% 回収率:57%

    ボートインベスター
    戦績:27戦8勝 19敗
    収支:-14万円超え

    検証期間1ヶ月 的中率:30% 回収率:47%

    アクアマリン
    戦績:26戦8勝 18敗
    収支:-11万円超え

    検証期間1ヶ月 的中率:31% 回収率:58%

    競艇ユートピア
    戦績:31戦4勝 27敗
    収支:-12万円超え

    検証期間1ヶ月 的中率:13% 回収率:18%

    競艇ラボ
    戦績:30戦15勝 15敗
    収支:-9万円超え

    検証期間1ヶ月 的中率:50% 回収率:61%

    検証①-6-競艇ホットラインという競艇予想サイトを退会する方法

    競艇ホットラインを退会する方法は、競艇ホットラインの利用規約(下画像参照)を見ると載っている。

    競艇ホットラインという競艇予想サイトを退会する方法
    ▲ 競艇ホットラインを退会する方法


    【手順1】競艇ホットラインに退会申請をメールで送る。
    【手順2】退会申請後、48時間以内に退会完了。

    競艇ホットラインを退会する上での注意点

    1.退会申請及び退会についての手数料等の金銭は一切発生しない。
    2.競艇ホットラインのサイト内で使う所持ポイントが残っていた場合はサービスの利用に関する権利を失い、ポイントは失効する。


    競艇ホットラインの退会方法は利用規約に載っていたが、競艇ホットラインは「LINEの友だち追加」で会員登録する予想サイトなので、競艇ホットラインを退会したくなったらLINEを「ブロック」して「削除」してしまえば良い。
    ただ、気になるのは個人情報だ。

    人によってはLINEは本名や、それに近いニックネームを使っていることが多い。
    また、競艇ホットラインへの登録時にもメアドを共有して良いか?と聞かれるが、LINEで会員登録をすると、LINEと紐づけた個人のメアドが競艇ホットラインの運営社に渡っている。
    退会時にその個人メアドも削除されるという保証はない



  3. 【検証②】競艇ホットラインという競艇予想サイトのサイト・サービス内容

    検証②-1-競艇ホットラインという競艇予想サイトへの会員登録の方法

    さていよいよ競艇ホットラインという競艇予想サイトへ会員登録をしてみる。
    競艇ホットラインへの会員登録は、LINEの友だち追加のみだ。

    競艇予想サイト「競艇ホットライン」への会員登録
    ▲ 競艇ホットラインのLINE会員登録


    競艇ホットラインへの登録は、登録前TOPページの「今すぐ無料登録する」と書かれたオレンジ色のボタンを押すと、LINEの友だち追加のページになるので「追加+」を押す。

    ページが切り替わったら「ログインする」と書かれたテキストリンクを押し、競艇ホットラインにメアドを開示していいかと確認画面になるので「許可」を押し、競艇ホットラインの会員ページにログインする。



    検証②-2-競艇ホットラインという競艇予想サイトの会員ページ

    競艇ホットラインにログインすると、競艇ホットラインの会員ページに入ることができる。
    他のグループサイトと同様に古臭いというか、安っぽいデザインはいつも通りだ。

    競艇ホットラインという競艇予想サイトの会員ページ
    ▲ 競艇ホットラインの会員ページ




    検証②-3-競艇ホットラインのポイント還元を検証

    競艇ホットラインという競艇予想サイトは、初回会員登録をした利用者に対し、200ポイント還元をするサービスを行っている。

    競艇ホットラインの最安のコースは130ポイント消費の「お試しプラン」という有料コースなので、初回登録で還元された200ポイントを使用すれば1回無料で参加が可能だ。


    検証②-4-競艇ホットラインという競艇予想サイトを利用するメリットとデメリット

    競艇ホットラインを利用するメリット

    競艇ホットラインを利用するメリットだが、競艇ホットラインのグループサイトの予想精度を見ていただければ分かるように競艇ホットラインには期待できそうもない。

    競艇ホットラインに興味がある方は、先ずはご自身で競艇ホットラインの無料予想を数週間ほど検証してみて、競艇ホットラインの予想精度がどれほどのものか見られるといいだろう。



    競艇ホットラインを利用するデメリット

    無料予想」はどの予想サイトでも客に課金を促すための気合いを入れたコンテンツだ。

    この無料予想の予想精度が低いのであれば、無料予想と違い「有料予想」の場合、予想を購入する時点で課金しているし、そのうえ「コロガシ」となると、更に的中率が下がるのは間違いない。
    (無料予想は単発売りだが、コロガシは2レースとも当てなければならない)

    競艇ホットラインを利用するデメリットで一番大きくは、やはり実際に競艇ホットラインの予想を買ってみて、収支結果がマイナスとなった時に後悔されると思うので、先ずは課金をする前に無料予想で様子を見てみるのがいいだろう。



  4. 【検証③】競艇ホットラインという競艇予想サイトが提供する競艇予想について

    検証③-1-競艇予想サイト「競艇ホットライン」が販売する競艇予想(有料情報)

    次に紹介するのは、競艇ホットラインが販売する競艇予想(有料情報)についてだ。

    競艇ホットラインという競艇予想サイトが提供する競艇予想だが、メニューバーに「プラン一覧」とあるので、そこを押すと競艇ホットラインが提供しているプランの一覧を確認できる。

    競艇ホットラインという競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)が提供する競艇予想
    ▲ 競艇ホットラインの有料情報の販売場所



    検証③-2-競艇ホットラインの無料予想(無料情報)について

    競艇ホットラインという競艇予想サイトの無料予想については、下記のページでまとめてあるので、競艇ホットラインの有料コースに手を出す前に、先ずは無料予想で競艇ホットラインの予想の精度を検証するといいだろう。


    無料予想の検証結果はコチラ
    ↓ ↓
    競艇ホットラインの無料予想レポ




  5. 【検証④】競艇ホットラインという競艇予想サイトの口コミ・評判

    検証④-1-競艇ホットラインという競艇予想サイトの口コミを厳選紹介

    競艇ホットラインという競艇予想サイトに対し、競艇検証.comに投稿された口コミ情報の中から、競艇ホットラインの、気になる口コミを抽出してみました。
    (長い口コミの場合、一部抜粋することもあります。)
    競艇ホットラインの参考口コミ1
    またインスタのやつ系の新サイトでたね。
    もう飽きたわ。
    的中保証とかエグいことやってくるから注意。
    補償でもらったポイントは次使えないってやつ。
    これ詐欺だからね。困ったら消費者センターへ。
    競艇ホットラインの参考口コミ2
    ここはアカンやつ。ここは競艇予想サイトの中で一番酷い。ねつ造、ステマは日常茶飯。悪徳サイトで間違いないですよ。
    競艇検証.com」では引き続き競艇ホットラインという競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)の検証は続けていくつもりですが、もしも競艇ホットラインをご利用された方や、被害・不満と思われている方、競艇ホットラインの「関連サイト情報」などをお持ちの方、または競艇ホットラインからの電話営業など証拠の残らない営業を受けられた方などいらっしゃいましたら、どんな些細な情報でも構いませんので、口コミ情報のご提供にご協力頂けると幸いです。m(_ _;)m


  6. 【検証⑤】競艇ホットラインという競艇予想サイトのコース一覧と料金プランについて

    検証⑤-1-競艇ホットラインの料金プラン(ポイント情報)について

    競艇予想サイトの競艇ホットラインが販売している料金プランについて見てみよう。

    予想サイトの目標金額などまったくアテにならないので、あえて記載していない。

    以下の販売価格を見れば、競艇ホットラインがいくらくらいに設定しているか?、コース名と売値だけ変えてるのではないか?、コースだけ増やして「空売り」しやすいようにしているのではないか?…といったことも推測できるのではないだろうか。
    参考になればと思います。



    競艇ホットラインの有料コース一覧

    VIP ホットライン
    提供レース:コロガシ
    券種:3連単だろう
    点数:5点前後
    推奨投資金額:2万円
    参加費:5000pt (50万円)
    ワールドライン
    提供レース:コロガシ
    券種:3連単だろう
    点数:5点前後
    推奨投資金額:2万円
    参加費:3000pt (30万円)
    トップライン
    提供レース:コロガシ
    券種:3連単だろう
    点数:5点前後
    推奨投資金額:2万円
    参加費:2000pt (20万円)
    ゴールドライン
    提供レース:コロガシ
    券種:3連単だろう
    点数:5点前後
    推奨投資金額:1万円
    参加費:1000pt (10万円)
    ネクストライン
    提供レース:コロガシ
    券種:3連単だろう
    点数:5点前後
    推奨投資金額:15,000円
    参加費:500pt (5万円)
    スタートライン
    提供レース:コロガシ
    券種:3連単だろう
    点数:5点前後
    推奨投資金額:15,000円
    参加費:250pt (25 ,000円)
    お試しプラン
    提供レース:単発2レース
    券種:3連単だろう
    点数:5点
    推奨投資金額:1点2,000円
    参加費:130pt (13 ,000円)

競艇ホットラインという競艇予想サイトの「無料予想レポート」も見てみる。

▼ 競艇ホットラインの口コミ・評価・評判

1
2
  • 投稿者 : 名無しさん

    有料プランに参加とか自ら死に行くようなものだろw
    だって無料プラン全然当たらんやんw
    口コミの荒れ方もひどいし信用皆無だなw

    競艇ホットラインの口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    どんなに参加してもマイナスがだけが広がる。
    挽回なんて絶対にできない。
    このサイトで稼いだって言ってる連中は全員サイトの人間しかいない。

    競艇ホットラインの口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    ホットラインもSIXBOATも同じようですね。確かに同じホットラインを優良視するサイトはSIXBOATのことも優良視してますね。ホットラインのカキコミとか散見しますがいいカキコミとかしか見ないですねー。ここには口コミがまだ少ないですが悪評価が増えてきてるようですね
    SIXBOATが同じと言うことであれば納得です。悪評価のカキコミ入れても他反映しないですよ。ホットラインは始まったばかりなのかカキコミもあまり派手にやってるところでもないようだからそんなに目立ってないんだけどもね 信用できそうなサイトにも見えるけどこの予想屋はどうなんでしょ。
    きっとまた検証コムだけしか悪評価載せないんでしょうね

    競艇ホットラインの口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    他の競艇サイトの宝くじで騙されかけたけど
    やめておく。
    それに比べてホットラインの無料予想は
    2日的中🎯していて、(まぁ舟券代が16000円の所8000円で)
    有料はまだ踏み込めない。口コミよくないし。
    てか、高い。無理。


    詐欺予想サイトばかりでこわい。
    ここは、本当の口コミじゃないかと思う。

    競艇ホットラインの口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    もっと早く調べればよかった。。

    2/15,16に合計4プラン購入しました。
    的中実績が最近はほとんど当たっていたと書いてあったのと、他の競艇予想サイトの比較サイト見て高評価だった為、利用してみたのですが、コロガシどころか的中さえなかった。
    利用したプランはメガラインというイベントのプランと常設のトップラインです。

    あまりに酷すぎて泣きそう笑

    競艇ホットラインの口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    高額商品の割に精度は一般人と変わらない。
    これでは詐欺と言われても仕方ないよな。

    競艇ホットラインの口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    競艇の知識がある人はなんだこの買い目はってなる笑 俺は驚いた。甘いよ、甘すぎる。昨日も一昨日もその前もさらに前、その前も、いつも1号艇軸。素人だろうか。堂々とプロを名乗って提供してるからな。このサイトも悪徳サイトだろうか。

    競艇ホットラインの口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    わざわざ競艇で勝ってるサイトを他人に教える必要なんてないだろ。
    本当に稼げるなら競争率を高めることになるし、参加者が多ければそれだけ1人あたりの利益が少なくなる。
    結局、ギャンブルなんてゼロサムゲームなんだから騙されるな。

    競艇ホットラインの口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    SNSでボートレースで稼いでいるっていう人もほとんどがステマや自作自演ばっかりだろ。
    どんな情報を持ってるかも分からんし、誰がこんなサイトの予想を買うんだ?
    即レス対応とか言っててもどうせ不的中だった時の文句には即レスじゃないんだろう?

    競艇ホットラインの口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    ここはアカンやつ。ここは競艇予想サイトの中で一番酷い。ねつ造、ステマは日常茶飯。悪徳サイトで間違いないですよ。

    競艇ホットラインの口コミ情報
1
2

▼ 競艇ホットラインの口コミを投稿する

投稿者 ※任意
口コミの内容 ※必須
個人評価 ※必須

無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     2/16には「村上予想」で、住之江5R(14.3倍)→住之江7R(10.6倍)とコロガシで、13万 5680円の払戻し。
    競馬も競艇も競輪もワンアカウントで無料予想の閲覧が可能。このサイトも予想に載ってる見解が秀逸

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     2/14にはデイタイムコロガシ(110pt)というコースで、宮島9R(27.5倍)→宮島12R(10.3倍)と両方ともわずか4点で転がしを成功させ、16万 9950円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     2/8にはモーニングパック で鳴門3R(19.8倍)→鳴門6R(27.1倍)で21万4090円の払戻し。
    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが精度はいい

     2/7 「モーニングスタンダード」で唐津1R(16.9倍)→唐津4R(12.0倍)とコロガシ成功、16万 2000円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     1/31 「ラリアットデイ」という予想で戸田10R(16.1倍)→戸田11R(13.7倍)とコロガシが成功し、22万 570円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/02/20

競艇ホットラインという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト競艇ホットラインの無料予想(無料情報)は、2024/02/20の宮島9Rで提供された買い目である。

競艇ホットラインという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ホットラインの無料予想(2024/02/20)

進入固定の一戦である。
このレースは1号艇松本3号艇是澤一騎打ちであった

まず松本だが、モーターは中堅程度の手応え。
悪い所は特にはないが、特段出ているという感じではなかった。
インなら何とか持たせることができる、というレベルであったと思う。

一方、是澤は出足が少し強めに映った。
初日は5コースから展開を突いて2着発進。
波を超える足もある。
単純な足比較では是澤の方が良かっただろう。

その是澤は、3コース時にはまくり差しも多い選手である。
1着率も高いので逆転は十分にあった。
どちらにしてもこの2人の勝負であろう。

3着はどうか
是澤がまくり差しに行けば2号艇加藤は引き波をまともに受けてしまうので厳しい。
ここでは買える要素はなかった。
4号艇松下5号艇吉田6号艇上野の中では、足的に松下と上野が良かったと思う。

特に上野に関してはB2級なので軽視しがちだが、それは危険である。
最近少しずつレースに慣れてきており、成績も上がってきているからだ。
来期はこのままいけばB1級に昇格するくらいである。

松本と是澤の1・2着が堅いレースだったので、予想も簡単だったはずなのだが不的中。
やはり、展開不利な加藤を多く絡めているのと、上野を軽視しているのが問題であったと思う。
配当は上野が絡んで少し高めになったのだが、こういうレースこそ的中して欲しかったものである。