競艇(ボートレース)の1コースの勝率が圧倒的に高い

  1. 競艇ボートレースの1コースの勝率

    競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)で予想を買う前に、自分で競艇やるなら知っておいた方が良いのは、ご存知の通り競艇(ボートレース)という競技は、その競技の特性上内側のコース、つまりは1コースが圧倒的に強いということだ。

    ではその「1コースの圧倒的な強さ」に注目して全国の競艇場24場の 1コースの勝率について見てみよう。


    競艇場24場の 1コースの勝率

    関東地方

    桐生競艇場(群馬) 1コース勝率 51.6%
    戸田競艇場(埼玉) 1コース勝率 44.9%
    江戸川競艇場(東京) 1コース勝率 46.8%
    平和島競艇場(東京) 1コース勝率 48.5%
    多摩川競艇場(東京) 1コース勝率 52.2%

    東海地方

    浜名湖競艇場(静岡) 1コース勝率 52.5%
    蒲郡競艇場(愛知) 1コース勝率 54.9%
    常滑競艇場(愛知) 1コース勝率 54.5%
    津競艇場(三重) 1コース勝率 57.7%

    近畿地方

    三国競艇場(福井) 1コース勝率 52.0%
    びわこ競艇場(滋賀) 1コース勝率 52.5%
    住之江競艇場(大阪) 1コース勝率 53.5%
    尼崎競艇場(兵庫) 1コース勝率 53.7%

    四国地方

    鳴門競艇場(徳島) 1コース勝率 52.8%
    丸亀競艇場(香川) 1コース勝率 51.0%

    中国地方

    児島競艇場(岡山) 1コース勝率 56.2%
    宮島競艇場(広島) 1コース勝率 58.8%
    徳山競艇場(山口) 1コース勝率 54.0%
    下関競艇場(山口) 1コース勝率 57.0%

    九州地方

    若松競艇場(福岡) 1コース勝率 57.1%
    芦屋競艇場(福岡) 1コース勝率 62.3%
    福岡競艇場(福岡) 1コース勝率 52.8%
    唐津競艇場(佐賀) 1コース勝率 53.3%
    大村競艇場(長崎) 1コース勝率 70.0%

    全国平均1コース勝率:54.0%



  2. 競艇場によって更に1コースの勝率が上がる

    ご覧になって分かるように、日本全国、競艇場24場の 1コースの勝率を見ると、驚異の54%という数字が出た。

    競艇は6艇で勝ちを競う競技であるから、等分に割れば6回に1回勝ちそうにも思えるが、それが2回に1回以上1コースが勝つというのだからすさまじくこの数字は高い。

    中でも大村競艇場は 70%もあり、1コースのためだけに造られた競艇場なんじゃないかと思うくらいに1コースの勝率が高すぎだ。
    これは覚えておいた方が良いデータだろう。
    大村競艇場の3ヶ月のデータを見ると1コースの勝率が高いのがわかる
    ↑大村競艇場の3ヶ月のデータ



    逆に言えば、一番低い戸田競艇場ですら 45%近くも勝率があるのである。
    戸田競艇場の3ヶ月のデータも見ると1コースの勝率が高いのがわかる
    ↑戸田競艇場の3ヶ月のデータ



    同じ公営競技の競馬や競輪でも同じように枠番があり、内外のコース利は多少はあるものの、ここまで内側のコースが勝つというのはない。
    やはり競艇ボートレースだけが特別で、それだけでも予想サイトで予想買わずに自分で予想ができるだろう。(とりあえず自分で競艇やるなら①コースは抑えておくことだ)


    この「1コースの勝率」は、地方別に見てもおもしろい

    九州は先ほど述べた大村競艇場とともに芦屋競艇場も勝率が高く、5場みても高いところが多い

    一方、関東はどの競艇場も全国平均の54%よりも低く、40%台が5場中3場もあるのだ。
    このことを考えると1コースが勝つレースを多く見たい場合は九州の競艇場をメインに見て、他のコースが勝つのを見たい場合は関東の競艇場をメインで見るのが良いかもしれない。



  3. 1コースの勝率が上がる「原因」とは

    ここまで1コースの勝率が高くなる「原因」は、内側を走れる選手の方が最初のターンマークを「最短距離」で回ることができるからで、最初のターンマークを先頭でクリアすれば、視界に他の艇は無いのでその後の攻防は楽になり、邪魔されることなく走ることができるのだ。

    そしてもうひとつ一番手でターンマークをクリアした艇が圧倒的に有利になる「原因」は、最初のターンマークを抑えた艇が出す「引き波」によって後に続く艇がスムーズに走れなくなるから。

    1コースに入る1号艇が最短距離でターンマークを回ることができて、「引き波」で前に追いつくのが難しくなるから勝率が上がるのだ。



  4. 競艇ボートレーサー選手別コース取りランキング

    12月号のマク—ルにも、ちょうど面白いデータが載っていた。
    2018年競艇(ボートレース)におけるコース取り状況ランキング
    ↑2018年 出場選手のコース取り状況ランキング


    これは今年のグランプリ出場選手の上位6人のコース取り状況の表なのだが、どの選手をみても1コースの進入回数が一番多いのが分かる。

    どの選手も1コースの強さというものを知っているから、ゆえに出走前から1コースを取ろうとして、ピット離れのいい調整をしたり、積極的に待機行動において前付け(外枠の選手が内コースを取ろうとすること)したりする。
    その中でも峰竜太の1コース1着率はなんと86%もあるのだ。すごく高い。

    以上のように競艇という競技はまず1コースがこのレースで勝つのかどうかを考えて、勝たないと思った場合どのコースの選手が勝つのかを予想するという、1コースありきの競技ということがお分かり頂けただろう。
    その圧倒的強さによって生まれるドラマもあるのだから競艇はおもしろいのである。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ゴールデンボートブリッジという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ゴールデンボートブリッジという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ゴールデンボートブリッジの無料予想(2022/07/04)

まずこのレースを予想する上でポイントになるのは、6号艇吉田進入である。
6号艇時に基本的に前付けを行う吉田であるので、ここも3コースあたりまで動いて来そうであったのだ(初日にFはあるものの、進入柔軟なこのメンバーであれば動く可能性は非常に高かった)
なので、進入は126/345になると予想できた。

この進入になると、一番有利になるのはどの艇だろうか?
それは間違いなく3号艇廣瀬であろう。

まずスタートが基本的に早く、4コースカドからまくりを決める事も多い。
その上、3コースに前付けをする吉田のスタートに不安要素があるので、スリット後楽に攻める事ができる。
モーター自体は伸び足が抜群に良いと言うわけではいが、出足中心に全てが水準以上の手応えであったので、スタート一気にまくりにいく可能性が非常に高かったのだ。

廣瀬の相手も簡単で、まくり展開に乗る4号艇松下5号艇堂原、内で差し残す2号艇山本の2・3着で良かった。
進入予想さえきちんと行われていれば、的中させる事のできるレースであったと思う。
そのような中で2号艇山本1着固定の予想をしているようではダメで、ゴールデンボートブリッジの予想には吉田の動きを全く想定していないものにしか見えず、進入の段階で的中する可能性は非常に低かった。

おそらくだが、より内枠にいたという理由だけで山本を推しており、安易な予想だった。

トリプルクラウンという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

トリプルクラウンという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ トリプルクラウンの無料予想(2022/06/29)

トリプルクラウンでは、デイレースで2レース、ナイターで2レースの、合計4レースの無料情報が1日に公開される。
今回は尼崎7R・8Rと連続不的中になった理由を検証したい。

2022/06/29 (尼崎7R)
まず7Rであるが、解説によると「和田選手はフルダッシュ乗せて大技」とある。
確かに、6号艇の和田兼輔は時折、チルトを上げる伸び仕様からのまくり一撃を決める時がある。
しかし、このレースにおいてはその可能性は低かった
3号艇に酒見がいるからである。

近況の酒見は伸び仕様を多発しており、まくりの精度が格段に上がっている。
和田以上に伸びに特化したレースをしているのだ。
仮に和田が外から伸びて来ようとも、酒見に掛かる可能性は非常に高く、その段階で解説にあるような大技は決まらないからだ。
スロースタートであるので、伸び切りまであるかは微妙だが、和田を止める役割には十分であった。

この酒見の存在が全く無視されたような6号艇和田の1着予想を、イン1号艇杉山からの予想にまわしていれば的中もできていただろうと思う。

2022/06/29 (尼崎8R)
そして8R
ここも4号艇眞鳥を2・3着軸にしているのが間違っている
6号艇に実力上位の今井がいるのに敢えて選ぶ理由も分からない

眞鳥自体のモーターが悪いというわけではないが、やはり実績面での差が大きすぎる。

このメンバーの中でも一番実績のない眞鳥と、一番実績のある今井では、どちらが絡む確率が高いかは明白だろう。
枠を考慮した上でも眞鳥を全面的に信頼できる要素は少なく、良くて相手候補の一人といった所だろうか。
割とイージーなレースでの不的中だけに厳しい。

2レースとも的中できるようなレースだったが、結果は連続不的中となった、残念。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ