競艇には不利なのにアウトコース専門の「アウト屋」がいる

  1. 競艇ボートレースの、アウトコースを専門の「アウト屋」とは

    競艇ボートレースはインコースの勝率が高い

    競艇検証.comで書いた競艇コンテツで「競艇の1コースの勝率が圧倒的に高いコト」について書き、そのインの勝率データを見て驚いた人もいるだろう。

    データにもあるように「競艇ボートレース」を少し知ったなら、インコースがとても強いことは知っているだろうし、そんなに深く考えなくても同じスタートラインから出れば、一番内側のコースを走っているのだから、勝率が高くなるのは当たり前のことである。

    …という事は、1つでも内側のコースに入れば入るほど勝つ確率は上がるだろうし、実際、どの競艇選手も入りたいのでコース取りからレースは開始している。


    「イン屋」と「アウト屋」

    競艇では「イン屋」と呼ばれるような、進入争いで果敢に内側を狙いに行ったり、スタートまでの助走距離がどれだけ短くなろうともインコースを取りに行く選手というのは、割と多くいる。

    それは、インコースが勝利への近道だと皆知っているからである。
    しかし、中にはアウトコース専門で勝負をするといった「アウト屋」が稀ではあるがいる。



  2. 「アウト屋」はなぜアウトコースに敢えていくのか?

    競艇ボートレースで「アウト屋」をやるわけ

    どう考えても競艇の1コースの勝率が高いことは周知のことなので、好んで「アウト屋」やってるのが全くもって謎なのだが、「アウト屋」は例え1号艇で出走しようとも、コース争いをせずに、特等席と言わんばかりに6コースにいくのだ。


    アウト屋になる理由 ①

    「アウト屋」やってる理由として挙げられるのは、どの選手も新人時代なら6コースからレースをすることが多いということだし「アウトコースからの練習をする」といった意味もある。

    だがソレは新人ゆえにレース展開を読むのもターンも上手くないので、下手にミスなどをして、他艇(先輩)に迷惑をかけないようにする意味で、そうするのが慣習となっている。

    普通の選手であれば、ある程度の月日を6コース一本でレースした後に、センターコースやインコースにも進入し始めるのだが、何故か中にはそのままアウト専門になる選手がいるのだ。


    アウト屋になる理由 ②

    もうひとつ挙げられる「アウト屋になる理由」は、6コースはスタートがしやすいという理由からだ。

    助走距離も長いので調整しやすいということと、アウト側の標識(スタートラインまでの距離を記してある)まで近いので、タイミングが取りやすいということだ。

    普通の選手でもフライングをした次の日からは、6号艇(6コース)の出走回数が増えるのもそのためで、施工者は、金の返還となるフライングをしてほしくないのでそのようにする。

    過去にフライングで苦しんだ選手は、自分のタイミングを計りやすいアウトを好む傾向がある。


    アウト屋になる理由 ③

    最後のアウト屋になる理由は、ちょっと分かりいにくいのだが「人間関係」がきっかけとなるケースだ。

    競艇のコース取りには、先輩・後輩の上下関係、人脈、進入においての過去の貸し借りなど、様々な要素が絡んでおり、内側のコースを取ろうとすると面倒な駆け引きが発生する

    ゆえに、そんな面倒な駆け引きのない、アウトコース専門になる事によって心理的に楽になり、スタート等に集中できるといったメリットがあるのだ。

    以上あたりが、わざわざ「アウト屋になる理由」だろう。



  3. 代表的な「アウト屋」達

    代表的な「アウト屋」を紹介

    では近年競艇界の代表的な「アウト屋」を紹介しよう。


    阿波勝哉

    阿波勝哉という競艇選手はアウト専門ボートレーサーだ 
    3857番(79期)の東京支部、阿波勝哉選手


    現在の競艇界の、アウト屋の代表選手と言っても過言ではないだろう。
    上の画像見て分かるようにコース進入率が100%、6コースオンリーだ。もぅ「変態」の域じゃないかと言うくらい、阿波勝哉選手にとっては6コース以外眼中にない

    なぜ阿波勝哉選手が6コース以外入ろうとしないのか、その「理由ときっかけ」は前述したように「コース争いが煩わしかったから」だそうで、昔はちゃんと各コースに入っていたそうだが今では「アウト屋」を極め、レーススタイルもチルト角度(ボートにモーターを取り付ける角度。小さいほど出足よりになり、大きいほど伸びよりになる)を、出場する競艇場で許可されている最大の3.0度の角度に設定して、6コースからまくり一撃を放つ、といったのが阿波勝哉選手のレーススタイルとなっている。

    ミスターチルト3度」といったニックネームすらあるくらいだ(笑)(→チルト)



    小川晃司

    小川晃司という競艇選手はアウト専門ボートレーサーだ
    3352番(62期)の福岡支部、小川晃司選手


    アウト屋界の重鎮的存在の小川晃司選手は、上記の阿波勝哉選手が「アウト屋」になる以前から、アウト一本で走っていた選手だ。

    しかしレーススタイルは阿波勝哉選手とは違い、チルト3度を頻発することはない

    というのもチルトを上げるのはもろ刃の剣で、伸びはよくなるものの、出足と回り足が全然なくなるのである。
    …なので阿波勝哉選手のような「伸び一点のまくり一撃」といった単純なスタイルではなく、スタートで横に構える独特なスタイルをとり、艇界最長の助走距離をとる選手とも言われ出足などもつけてレース道中で捌いてくるといった「捲り差し、差し派」のレーススタイルだ。



    澤大介

    澤大介という競艇選手はアウト専門ボートレーサーだ 
    3852番(79期)の三重支部、澤大介選手

    阿波勝哉選手と同じ79期の澤大介選手は、元々カドからのまくりや、まくり差しを得意とする選手だったのだが、2003年ごろから阿波勝哉選手の影響で6コース一本で勝負するようになった。

    阿波と同じように、チルト角度を上げて、内5艇をまくり切る、といったのがレーススタイルだ。

    以上が現在代表される「アウト屋」達である。


    (追記:2021/01/29)
    競艇界のアウト屋3人衆の一人、澤大介だったが、2021/01/18に、突然の「アウト屋引退発表」をした。

    発表の場は日頃から親交がある坂口周と、居酒屋?でトークを交えながらのYouTube動画

    アウト屋になった経緯や、アウト屋引退の要因について語るのは、ファンに対してのメッセージだろう。



  4. 2019年 2月27日、若松12Rで直接対決が実現

    アウト屋達が直接対決するとどうなる?

    面白いエピソードがある。
    2019年 2月27日アウト屋三人の直接対決があった。

    2019年 2月27日若松12R_アウト屋三人の直接対決
    2019年 2月27日 若松12R(YouTube)



    まず出走表を見て欲しい。

    2月27日 若松12R
    1号艇 小川晃司
    2号艇 澤大介
    3号艇 阿波勝哉
    4号艇 赤岩善生
    5号艇 今井貴士
    6号艇 伯母芳恒

    レース結果は、⑤-②-④


    どうだろう、この粋な出走表は(笑)
    正直レースの結果はどうでもよくて、この3人のコースがどうなるかというのが見物だった。
    誰が6コースを取るのか?
    6コースを取るための逆コース争いはあるのか??

    進入結果はというとアウト屋界の重鎮、小川晃司が6コースに入り、阿波勝哉が5コース、そして澤大介が4コースとなった。

    なんでも、アウト屋の仁義は、先輩に大外を譲るということらしいw
    同期の阿波勝哉と澤大介は、登番的には澤大介が上だが、阿波勝哉の方が最初にアウト屋になったので、澤大介が譲ったようだ。わざわざ不利なコースを先輩に譲る、といった変な現象がこの日は起きた。


    このように競艇界にもかなりレアではあるが、
    自ら不利なコースにいく変わり者達がいるというのも面白くないだろうか?


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

▼競艇予想サイト検証.COMコンテンツ▼

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T166/49kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T159/48kg/A型

トップへ