競艇ボートレースにおける獲得賞金トップ10と松井繁の航跡

  1. 現役獲得賞金トップ10

  2. 競艇ボートレース奨金額の変化」でも書いたように、2019年度から賞金額がアップしたわけだが、ではトップ選手たちは生涯でどれくらいの賞金を獲得しているのか?

    ボートレーサーは、平均獲得賞金も1700万くらいあり、競艇は選手寿命も非常に長いスポーツであるわけだが、一体どれくらい稼いだ人がいるのか。
    その上位10人を獲得額とともに紹介したい。

    上位10人賞金ランキング
    競艇選手ボートレーサーの生涯賞金獲得ランキング

    これが賞金がアップされる2019年3月あたりまで生涯獲得賞金額ランキングだ。

    松井繁」のすごさがやはり際立っている。
    一人だけ30億円を突破しているだけではなく、2位の「今村豊」に8億円もの大差をつけての、ぶっちぎりのトップだ。

    当然ながら「生涯獲得の順位」をつけると、どうしても現役を長く続けているほうが有利になるので、この面々もベテラン勢ばかりなのだが、今村豊の「2位」というのも凄いもので、昔から一戦級であり続け、50歳を越えた今でも、記念戦線にいるのだから凄いことなのだ。
    獲得賞金もこの額なのも頷けるものだ。
    それと面白いなのが、上位にランクされる選手のほとんどが、グランプリを制しているのにもかかわらず、5位の「濱野谷憲吾」と10位の「西島義則」だけが、まだグランプリを制していない。

    競艇ボートレース奨金額の変化」でも書いたが、グランプリの優勝賞金は1億円と、破格の賞金額であることから、これを制していないのにこのランクにいるというこの2人は、相当凄いことだと思われる。

    長年安定して賞金を獲得し続けてきた結果がこの数字に表れていると思うので、この2人のことも記憶したい選手である。
    まぁ、それ以外の選手いずれも、競艇史に残るような選手であることは間違いないのだが。



  3. 現役獲得賞金王、松井繁の航跡

  4. 前項で「生涯獲得賞金トップ10」について書いたが、改めて1位の松井繁について詳しく書きたい。
    競艇ボートレースの絶対王者、賞金王の松井繁画像
     
    「37億円」突破も間近の獲得賞金だが、これまでの競艇史上、競艇選手の中で、30億円を稼いだ事のある選手はこの松井繁ただ1人である。
    前人未踏の領域を、今もただひとり進んでおり、正直よほどの賞金額の上昇や、よほどの選手が現れない限り、この「松井繁の記録」を塗り替えるのは不可能かもしれない。

    どのくらい長い年月、松井繁が安定した成績をおさめているかは、デビュー年からの獲得賞金額の推移を見てもらえばお分かり頂けるだろう。

    松井繁の獲得賞金額の推移
    競艇史上、競艇選手の中最強の松井繁の累計獲得賞金の歴史

    松井繁にとっては、年間で1億以上獲得しているのも珍しいことではなく、7000万とかだと「この年なにか松井にあったのだろうか?」と思ってしまうほどだ。

    1億 7274万稼いだ1996年は27歳。そこから2014年の45歳まで、ほぼ毎年1億円超え
    ここまで稼ぐのは超人的だが、これくらい沢山稼いでいる選手がいるのも競艇の魅力だ。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2023/02/06)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、今回検証したのは後半に準優勝戦を控えたメンバーが多数存在する一般戦であった。

まず一つ基本的な事を書いておくが、準優勝戦という大一番を控えた選手は、その前の一般戦ではほぼ攻めるレースをしない

1号艇で人気を背負っているのであれば、ファンへの責任があるので、スタートをきっちり踏み込まなくてはいけなかったりするのだが、それ以外であれば無事故完走を意識した走りをする。
無理にスタートを仕掛けたり、艇間ギリギリを突くようなターンはやらないのだ。

もちろん、たまたま展開が向けば1着もあるだろうが、自分からでは決してないだろう。
あくまで本番は後半なのである。

そのような「基本」を考えれば、このレースの1号艇梶野の逃げは鉄板級に堅かった。
2号艇鈴木が節後半になるにつれ、スタートをきっちり決められていたので壁役があったという事、そして3号艇中山・4号艇永田が後半の準優勝戦を控えていたので、無理な攻めをしない可能性が高かったという事、どちらにせよ梶野の逃げに有利にしか働かなかった

モーター差があれば話は別だが、中山・永田とともに中堅程度の手応えであった。
梶野信頼の一戦だったのだ。

にもかかわらず、中山や永田の1着を予想している。
ここが根本的に間違っている
何度も書くが、準優前は基本的に無理はしない。
中山がまくり差しで逆転を狙いに行ったり、永田がまくり一撃が決まるような仕掛けをしたりする事は、かなり可能性として低い。

可能性の低いものを予想するより、素直に梶野の逃げから相手を中山・永田で固定して、3着を手広くいった方がよっぽど良い。
間違った読みをして不的中になるという最悪なパターンであった。

レースを点で見るのではなく、線で見る。
予選なのか一般戦なのか、後半に準優勝戦を控えているのかなどは、絶対に考慮しないといけないところだ。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : A2級
    T157/45kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/45kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A2級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4758
    出身 : 東京都
    支部 : 東京
    級別 : A2級
    T163/52kg/B型

トップへ