ボートレースのボートキャスト(BOATCAST)とは?

  1. ボートレースWeb動画サービスのボートキャスト(BOATCAST)とは?

    ボートレース公式の新サービス、ボートキャスト(BOATCAST)

    ボートキャスト(BOATCAST)というサービスは、ボートレース公式ボートレースに関する様々な動画コンテンツを視聴できるサービスだ。

    ボートレース公式の動画配信サービスなので信頼度があるだけでなく、その利用料金完全無料である。

    どうやらこのボートキャスト(BOATCAST)のリリースされたタイミングといい、競艇予想サイト検証.COMのコンテンツでも紹介しているボートレースの動画を扱ったJLCのWeb版閉鎖(正確にはWebサイト版は閉鎖だが2021/10時点でJLC自体はスカパーチャンネルとして残っている。スカパーも下火なのでいずれ閉鎖するかも)となり、ボートキャスト(BOATCAST)はJLCで作ったデータなどをベースに作られた新サービスってとこだろうか。
    ボートレースWeb動画サービスのボートキャスト(BOATCAST)
     
    ボートキャスト(BOATCAST)のHP


    会員登録もログインも不要で、誰でもいつからでも動画の視聴ができるので、ハードルが低くて使いやすいのも特徴だ。

    そもそも、すでにYouTube各ボートレース場が動画の生配信などを行っている段階であるので、その価値はあるのか?と思われがちであるが、けっこうなボリュームがある上に、その日のボートレースのニュースなどを生配信しており、ボートレース好きとしては嬉しいコンテンツ量となっている。

    以下、ボートキャスト(BOATCAST)というボートレース公式の動画配信サービスについての解説となる。



  2. ボートキャスト(BOATCAST)のコンテンツについて

    ボートキャストのボートレースニュース

    まず先ほども書いたが、ボートキャスト(BOATCAST)には毎日ボートレースのニュースを動画配信している点が画期的である。

    タイトルは「BOATCAST NEWS」という番組名なのだが、日替わりのMCがその日のレースの情報やG1などの明日の展望注目選手の情報などを伝えてくれる。

    ニュースの配信は、時間としては21時からの開始となっており、毎回何分かは決まってはいないようで、平均して30分〜40分くらいの時間である。

    ボートキャスト(BOATCAST)からのボートレースニュース
     

    ボートキャスト(BOATCAST)からのボートレースニュースを見れば、今日のボートレースの振り返りをさくっとできるし、翌日のレースの予想の参考にもなるので有難い(競艇予想サイトなどで、まともに予想している担当者なら利用してそうだ)
    リアルタイムの情報を映像で見られるというのがいい。

    MC陣も基本的にはボートレースのキャスターが務めるのだが、引退した艇王「植木通彦」の回もあり、その時の解説は個人的に楽しみにしている。

    ちなみにだが、この「BOATCAST NEWS」はアーカイブで何度も見れる他、放送内のレースシーンを個別に配信している場合もあり、より視聴しやすくなっているのだ。

    それも含めて、このニュースがボートキャスト(BOATCAST)の最大の売りと言っても過言ではない。



    ボートキャスト(BOATCAST)のレースライブも配信

    レースライブも、もちろん配信される。
    ボートキャスト(BOATCAST)のレースライブの配信はここから
     

    入るとすぐにリプレイも選択ができるようになっており、SG・G1、女子戦の配信だけでなく、全てのレース場のライブを見ることができる。

    ボートレースの投票サイトでもライブ配信はあったのだが、リプレイも全てのレース場見られるというのはとても便利だ。
    このサイトだけで全てのレース映像を見る事ができるような、オールラウンダーなサービスといったところであろうか。
    もはや当たり前のものかもしれないが、重要なコンテンツである。
    ボートキャスト(BOATCAST)のレースライブも配信
     


    ボートキャスト(BOATCAST)は他にもボートレースの映像コンテンツが沢山

    ボートキャスト(BOATCAST)では、ボートレースの過去の映像や、バラエティー番組なども視聴できる

    沢山あるので全ては紹介できないのだが、いくつかピックアップして紹介しよう。



    ボートキャストの『ボートレース年鑑』

    まずボートキャスト(BOATCAST)の番組コンテンツの中で一番おすすめなのが「ボートレース年鑑」という番組だ。

    冒頭でも書いたように、既に閉鎖したJLC(日本レジャーチャンネル)というボートレース専門チャンネルで流されていた番組のようなのだが、これを見ればその年々のSG優勝戦を全て見る事ができるのだ。

    どの時代に、どの選手が強かったのかもすぐに分かるし、何より昔の有名なレースを見られるのが嬉しい。

    ボートレースファンなら興味を持つ番組だと思うし、今やベテランになったあの選手の若い時代を見られるという意味でも楽しいのではないだろうか?
    もちろんニュースでも登場する艇王植木通彦の昔のレースも見られる。
    ボートキャスト(BOATCAST)の映像コンテンツ、ボートレース年鑑
     



    ボートキャストの『ウチの弟子!』

    次に紹介するのは、現在の段階では期間限定配信の動画コンテンツが多いのだが、その中でも「ウチの弟子!」という番組がおすすめだ。

    師匠が弟子を紹介するというものなのだが、その師匠がビッグネーム揃いなのが面白い。


    過去には「峰竜太」や「平山智加」などの大物が弟子を紹介しているのだから見ていて面白いし、弟子に対する期待感も凄く強く、この人たちの弟子なら大成するんじゃないかと映像見てると思えてくる。

    検証時点でアーカイブはないので、見られるのは今のところ最新回だけのようだが、いずれアーカイブもできるだろう。
    ボートキャストの『ウチの弟子!』
     



    ボートキャストの『レッツボートレース』

    あと、ボートレースの初心者向けのコンテンツの中にあるレッツボートレース(Let`s BOATRACE)という番組だ。(この番組作る前に、競艇予想サイトのレッツボートを確認したかもなw 全く関係ないけど)

    若手注目選手が選手になったきっかけや、プライベートな話をするというだけの番組だが、分数も短く何となく見れてしまう。
    選手紹介からのユルい映像は、ほぼプロモーション映像だ。

    おすすめ回としては「大山千広」が猫カフェに行って猫と戯れている回と、「實森美祐」がカフェで楽しんでいる回とかだろうか。どちらの映像もUPされて2ヶ月ほど経った時点で「いいね」がゼロと、1つだけという、ユーザーには求められていないコンテンツ?とも言えなくもない。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
ボートパイレーツ」と言えば、マルコというブロガーの犯したとんでもないミスで、いつも同じグループサイトの新サイトが登場すると、一斉に始まるキャラ誘導による集客が、実は自社運営だったことがバレたサイトだ。(最近だと競艇ラボ

今回の無料予想の検証で、1号艇には上條暢嵩だった。
ここ6ヶ月の1コース1着率は約79.3%、3連対率は100%と、そのイン戦の信頼度は相当高い
足的には戦えるレベルといった感じで、強めというわけではないが、これだけの実績を残しているので逆らうのは正直厳しい。
よって、上條のイン逃げで予想的には良かったと思う。

では2着に関してはどうか。
この予想にもある通り、2号艇百武5号艇森永共に気配的には好気配で、2着に据える気持ちもある程度は分かるのだが、果たしてそこに実力や近況に関しての情報は加味されているのだろうか?
その視点がなかったように思う。
端的に言うと、もし3号艇出畑が出走表でA1級表記であったとしたら、同じ予想を出すだろうかという事だ。

ボートレースでは、4月末で今年の7月からの級別を決める審査が終了している。
その7月からの級別で、出畑はA1級へと復帰するのだ(以前はSGにも出場するような強豪であった)。
しかし、その表記は7月から切り替わるので見落としがちになる。

現在の表記上出畑B1級なのだ。

そして表記が変わるというだけではなく、シンプルにここ半年の成績がいいからA1級に復帰するので、この6選手の中で上條の次に成績を残している選手となる。

こういう視点を持てば、間違いなく2着筆頭に出畑を持ってくるだろう。
百武・森永より、確実に実力のある選手なのだから。
少しのモーター差ではカバーできるものではない。

シンプルに現在の出走表だけを見て予想している感じがして、分析が足りなかったのではないだろうか。…いや、分析と言うほどの情報でもないか。
これくらい「当たり前」の事であるので、これが外れたのは正直フォローできない予想だった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ