競艇ボートレース賞金額の変化

  1. 選手賞金がアップ

  2. 最近の競艇ボートレースの人気は凄く、CMではドラマ「おっさんずラブ」で一躍有名になった田中圭を使うなど、いたるところで流れているし、雑誌でもいたるところに「ボートレース」の広告が載っている。
    まさに「競艇」から「ボートレース」へと変遷を遂げる時期なのかもしれない。

    絶好調な競艇は売上げも好調で、6年連続で売上げ、利用者共にアップしている。
    総売上1兆 3000億円を突破するなど、ますますこの数字は伸びていくことだろう。

    そんな状況を受け、2019年度の4月から選手の賞金がアップした。
    グランプリの1億円というのは据え置きだが、その他のSG、G1、一般戦に至るまで額は多少違えども、

    全ての競走で賞金が上った。


    選手としては「賞金=モチベーション」に直結するだろうが、私達ファンからすればどうだろうか?
    昨年までと賞金が違うわけであるから、もちろんグランプリ「出場のボーダー」は違ったものになってくる
    このくらいの額を稼いでおけば、出場当確だろうというのも、昨年までの参考額が全くアテにならないので、そういう意味では困惑するかもしれない。

    …まぁこれは選手にとっても言えることなのだが、ファンも獲得賞金を割と気にしていて、今年は誰がグランプリ出場を果たすのか、といったところに非常に興味があるのである。
    そういう意味では、今年の賞金額というものが、これからの参考額になるだろうから、2019年のグランプリに向けた賞金戦線は重要なのかもしれない。

    何にせよ、選手の賞金というものは、選手だけではなく、ファンにおいても注目すべきポイントであると思うので、今回はそんな選手の賞金について詳しく書いていこうと思う。



  3. SGの賞金額はどうなった?

  4. 「選手賞金がアップ」したと前章で書いたが、具体的にどのような形になったのか?
    順に説明していきたい。

    まずは「SG」の賞金である。
    SGの賞金額は、大きく3つに分けられているのだが、グランプリ、クラシックやオールスターなどの旧4大SG、グラチャンやオーシャンなどの新設SGである。
    以下がその賞金額一覧だ。
    競艇ボートレースのグランプリ賞金
     
    競艇ボートレースのクラシック・オールスター・メモリアル・ダービーの賞金
     
    競艇ボートレースのグラチャン・オーシャン。チャレンジカップの賞金
     
    以上がSGの賞金額だ。
    先に書いた通り、グランプリにおいては優勝賞金額に変更はない。
    やはり「年末1億円バトル」というものが、グランプリの代名詞になっていることが要因だろう。

    賞金額の減額、増額、いずれにしても、この1億円という数字だけは不変なのではないかと思われる。
    旧4大SGに関しては、優勝賞金が3500万円から3900万円に、400万円アップしている。

    優勝戦における2〜6着の賞金もわずかではあるがアップしている点にも注目したい。
    同じく新設SGにおいても、優勝賞金が2700万円から3300万円に、600万円アップした。
    4大SGとの賞金差があったことから、今回の改正で、その賞金差は縮まっている。

    どのSGも非常にレベルが高く、賞金差があるのはおかしいと言えるくらい最高峰のレースなので、その差が縮まったことは大いに歓迎したい。選手間では、新設SGの方を「(賞金が)低い方のSG」と呼んでいたそうだから、皆も大いに大歓迎だろうw
    …このように、艇界最高峰のバトルSGにおいての賞金額変更は、額が額だけに非常にインパクトが大きいと言える。



  5. G1やレディースオールスターG2の賞金額はどうなった?

  6. 次に周年記念競走(G1)レディースオールスターなどのG2競走の賞金についだが、周年記念はその数が多いだけに、選手にとってはここの賞金もとても重要になってくる。
    以下がその一覧だ。
    競艇ボートレースの周年記念競走(G1)の賞金
     
    競艇ボートレースのレディースオールスター・秩父宮妃記念杯競走・モーターボート誕生祭(G2)の賞金
     
    このような感じだ。
    改正前は、周年記念の優勝賞金が900万円だったので、100万円アップの1000万円となった。
    SGと比べると上昇額自体はそこまで大したことはないのだが、先にも書いた通り、周年記念は数がSGよりも多いので、この辺りの額が無難だと思われる。

    G2戦の優勝賞金はそこまで大きく上がったわけではないが、50万円アップの450万になった。
    こちらのほうは、開催数自体が少ないため、あまりグランプリ戦線に対する影響は少なそうだ。



  7. 一般戦の賞金額はどうなった?

  8. 最後だが、開催数の一番多い、一般戦についてである。
    一般戦の賞金を詳しく見ている人も少ないだろうから知らない人も多いと思うが、実は一般戦の賞金は大きく2つに分かれており、分け方としては、桐生・蒲郡などのナイター5場と、それ以外である。
    競艇ボートレースの一般競走一号(二号場以外)の賞金
     
    競艇ボートレースの一般競走二号(桐生・蒲郡・住之江・丸亀・若松)の賞金
     
    以上が一般戦における賞金額だ。
    一号よりも、二号の方が賞金が高いのは、売り上げが高い競艇場であることや、ナイター手当が含まれているからだろう。
    一般戦においても優勝賞金は10万円くらいアップしている。
    細かく見ると予選などの賞金も微々たるものだが上がっており、基本的に選手のほとんどは一般戦をメインに走っているので、このアップも積み重なれば大きな差額になってくる。

    このあたりが改正された後の賞金額なのだが、これともう一つ特筆しておきたいのは、年末大晦日に優勝戦が行われるクイーンズクライマックスの優勝賞金も大幅にアップしており、その額1500万円となっている。
    去年の1200万と比べると300万もアップしたのだ。
    確かに、昨年のクイーンズは売れに売れたし、昨今の女子戦人気を考えれば当然といえば当然なのかもしれない。



    …こんなかんじで、TVや雑誌でも競艇ボートレースを見る機会が多くなり、六本木にボートレース振興会ビルが建設され、競艇予想サイト次々と登場しているのを見れば、明らかに「競艇ボートレース」業界自体が活気が溢れ潤っているのが分かるだろう。
    その恩恵で賞金額改正にもなり、益々ボートレーサーになろうとする若手も増えるだろうし、とても良い傾向だと思う。
    今後が更に楽しくなる競艇ボートレース業界だw


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
ボートパイレーツ」と言えば、マルコというブロガーの犯したとんでもないミスで、いつも同じグループサイトの新サイトが登場すると、一斉に始まるキャラ誘導による集客が、実は自社運営だったことがバレたサイトだ。(最近だと競艇ラボ

今回の無料予想の検証で、1号艇には上條暢嵩だった。
ここ6ヶ月の1コース1着率は約79.3%、3連対率は100%と、そのイン戦の信頼度は相当高い
足的には戦えるレベルといった感じで、強めというわけではないが、これだけの実績を残しているので逆らうのは正直厳しい。
よって、上條のイン逃げで予想的には良かったと思う。

では2着に関してはどうか。
この予想にもある通り、2号艇百武5号艇森永共に気配的には好気配で、2着に据える気持ちもある程度は分かるのだが、果たしてそこに実力や近況に関しての情報は加味されているのだろうか?
その視点がなかったように思う。
端的に言うと、もし3号艇出畑が出走表でA1級表記であったとしたら、同じ予想を出すだろうかという事だ。

ボートレースでは、4月末で今年の7月からの級別を決める審査が終了している。
その7月からの級別で、出畑はA1級へと復帰するのだ(以前はSGにも出場するような強豪であった)。
しかし、その表記は7月から切り替わるので見落としがちになる。

現在の表記上出畑B1級なのだ。

そして表記が変わるというだけではなく、シンプルにここ半年の成績がいいからA1級に復帰するので、この6選手の中で上條の次に成績を残している選手となる。

こういう視点を持てば、間違いなく2着筆頭に出畑を持ってくるだろう。
百武・森永より、確実に実力のある選手なのだから。
少しのモーター差ではカバーできるものではない。

シンプルに現在の出走表だけを見て予想している感じがして、分析が足りなかったのではないだろうか。…いや、分析と言うほどの情報でもないか。
これくらい「当たり前」の事であるので、これが外れたのは正直フォローできない予想だった。

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ