SGボートレースクラシックの名レース

  1. SGボートレースクラシックの激闘史は3月から

  2. 競艇の年間スケジュール」にも書いたが、競艇ボートレースSGボートレースクラシックの激闘史(総理大臣杯)は毎年、一年の最初のSGは3月にある「ボートレースクラシック」から始まる。
    (正式名称は鳳凰賞で、第23回より総理大臣杯と呼ばれ、第49回よりボートレースクラシックの通称となる)

    競艇ファンからしたら年末のグランプリ以来のSGでもあり、その間3ヶ月も期間が空くので、その開幕を待ち望んでいるファンは多いだろう。

    選手としてもまず一番初めのSGで結果を残せれば、その一年を余裕をもって戦う事ができるし、リズムとしても弾みが付くので、非常に大事な一戦なのである。

    今回はこの大事なSG開幕戦について、過去の名レースを振り返ってみたい。



  3. クラシックの選出基準

  4. まずその前にボートレースクラシックの選出基準について書いておきたい。

    クラシックの選出基準

    ❶ 前年優勝者
    ❷ グランプリ優出6名
    ❸ 前年1月1日〜12月31日のSG・G1・G2優勝者
    ❹ G3以下の競走における優勝戦回数上位者


    一般戦の鬼

    ❶、❷はその他のSGと何ら変わらないが、❸の記念以上のレースを優勝するというのは非常に難しい。
    強豪レーサーでも1年間で一度も記念を優勝できないなんて例はザラだ。

    そして記念優勝を複数回重ねたりする選手もおのずと出てくるし、❷の優出6名との被りもあるので、❹の一般戦での優勝回数が多い選手が多く出場する。

    そうなると他のSGとは違い「一般戦の鬼」と呼ばれるような、他のSGには出場できない選手が参戦することになるのだ。

    ここがクラシックの出場選手の最大の特徴と言える。



  5. SGボートレースクラシックの名レース


  6. 《SGクラシック名レース第37回》お化けモーター

    何年かに一回くらい、とんでもなく伸びがある、いわゆる「お化けモーター」なるものが出てくる。
    コレは競艇ボートレース界の都市伝説とかではなく本当の話だ。

    そんな「お化けモーター」は誰が乗ってもとにかく伸び、他のモーターとは比較にならないレベルなのが誰が見ても不自然なくらい明らかなので「お化けモーター」と呼ばれる所以である。

    そんなお化けモーターを駆ってクラシック優勝を果たしたのが2002年の「野澤大二」である。
    2002年お化けモーターでクラシック優勝を果たした野澤大二選手
     
    2002年第37回総理大臣杯(動画)

    実際その当時見ていたというわけではないが、優勝戦の映像を見ても明らかにスタートしてからかなり伸びていくのが分かる。
    こんな反則のようなモーターに乗れば、ある程度の技術があれば誰でも優勝できるんじゃないか?と思うくらいに凄い。
    とりあえず、画質は悪いが一度見てみてほしい。



    《SGクラシック名レース第42回》「艇王」痛恨のF

    既に引退をしているが、2007年当時艇王」と呼ばれSGを10回も優勝するなど数々の記録を作った植木通彦が、このクラシック優勝戦において痛恨のフライングをしてしまった。

    競艇界におけるフライング」でもフライングの罰則について書いたことがあるが、競艇ボートレースの返還金額が歴代2位ともなる17億円もの大金の返還をしてしまう。

    そんな大惨事の中、勝ったのは1周目2マーク冷静に差し切った地元東京の競艇漫画・モンキーターン主人公(波多野)のモデルにもなった「濱野谷憲吾」だった。
    2007年第42回総理大臣杯優勝戦の植木通彦
     
    2007年第42回総理大臣杯(動画)

    濱野谷憲吾にとって、これが地元SG初制覇だったのだが、歴代2位ともなる17億円もの返還があったレースなので、気持ち的には微妙だったのではないだろうか。

    因みにこの返還が関係しているのかどうかは分からないが、この年の7月に植木通彦は電撃引退している。

    まだまだ現役のA1レーサーだったのに、F休み明けに突然の引退表明をしたので競艇界では大ニュースだったそうだが、本人はデビューの時から選手としては20年しかやらないと決めていたのだとか。
    その後、競艇選手育成機関のやまと学校校長に就任したりもしたが、現在はBOAT RACE振興会ボートレースアンバサダーと言う職をやっているそうだ。



    《SGクラシック名レース第45回》進入から混戦

    2010年の優勝戦は、進入からレースが動いた。
    進入から混戦した2010年SG第45回総理大臣杯優勝戦
     
    2010年SG第45回総理大臣杯(動画)

    2号艇の「山口剛」のピット離れがよく、インコースを取り切りそのまま逃げ態勢に入るのだが、4号艇、モンキーターン濱野谷憲吾」が差しを伸ばし、2マークでは2艇で競る形になる。

    その後ホーム側で1号艇の「岡崎恭裕」が内から艇を伸ばしてくるのを抑え込もうとした4号艇濱野谷憲吾の内が空き、2周目1マークで2号艇山口剛が再度逆転するといったすさまじい攻防のレースだ。



    《SGクラシック名レース第53回》奇襲のツケマイ

    2018年の優勝戦は、まさかの展開となった名レースだ。
    2018年SG第53回ボートレースクラシック
     
    2018年SG第53回クラシック(動画)

    1号艇「白井英治」はイン逃げで堅いと戦前は思われていたのだが、実際のレースでは2コースの2号艇の「井口佳典」がまさかのツケマイ敢行で、それが見事に決まってしまうのだ。

    2コースは基本差しがセオリーなだけにこのような事はめったに決まらないのだが、展開的に見事にはまった珍しい優勝戦となり、きっとこのツケマイには1号艇の白井も相当驚いたことだろう。


    以上が勝手に決めたボートレースクラシック激闘史であるw


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
ボートパイレーツ」と言えば、マルコというブロガーの犯したとんでもないミスで、いつも同じグループサイトの新サイトが登場すると、一斉に始まるキャラ誘導による集客が、実は自社運営だったことがバレたサイトだ。(最近だと競艇ラボ

今回の無料予想の検証で、1号艇には上條暢嵩だった。
ここ6ヶ月の1コース1着率は約79.3%、3連対率は100%と、そのイン戦の信頼度は相当高い
足的には戦えるレベルといった感じで、強めというわけではないが、これだけの実績を残しているので逆らうのは正直厳しい。
よって、上條のイン逃げで予想的には良かったと思う。

では2着に関してはどうか。
この予想にもある通り、2号艇百武5号艇森永共に気配的には好気配で、2着に据える気持ちもある程度は分かるのだが、果たしてそこに実力や近況に関しての情報は加味されているのだろうか?
その視点がなかったように思う。
端的に言うと、もし3号艇出畑が出走表でA1級表記であったとしたら、同じ予想を出すだろうかという事だ。

ボートレースでは、4月末で今年の7月からの級別を決める審査が終了している。
その7月からの級別で、出畑はA1級へと復帰するのだ(以前はSGにも出場するような強豪であった)。
しかし、その表記は7月から切り替わるので見落としがちになる。

現在の表記上出畑B1級なのだ。

そして表記が変わるというだけではなく、シンプルにここ半年の成績がいいからA1級に復帰するので、この6選手の中で上條の次に成績を残している選手となる。

こういう視点を持てば、間違いなく2着筆頭に出畑を持ってくるだろう。
百武・森永より、確実に実力のある選手なのだから。
少しのモーター差ではカバーできるものではない。

シンプルに現在の出走表だけを見て予想している感じがして、分析が足りなかったのではないだろうか。…いや、分析と言うほどの情報でもないか。
これくらい「当たり前」の事であるので、これが外れたのは正直フォローできない予想だった。

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ