舟券の人気別出現率〜無料予想をアレンジするといい

  1. 競艇ボートレース予想において「舟券の人気出現率」に注目する

    激変中の競艇ボートレース業界

    2020年、週刊誌などの紙媒体でも「ボートレース」の広告を目にすることが多くなったし、「田中圭」や「渡辺直美」などのタレントを使用しボートレースの広告CMを出しているだけに「ボートレース」という名称が浸透している事に驚くことがある。(どの広告も「競艇」とは書かなくなった)

    だが、いくらTVや雑誌で競艇のイメージがアップしたところで、所詮は「競艇 ボートレース」はギャンブルだから当然、金を賭ければ、儲けなければ腹立たしくもあり、競艇予想サイトなどに頼ったりもする。


    勝率を高めるために「舟券の人気」に注目する

    …なのでこのコンテンツでは、競艇ボートレース予想をするうえで、勝率を高める為に「舟券の人気」というものに注目したいと思う。

    「人気」を気にして買っている人がどれだけいるか分からないが、面白いデータとなったので、参考程度になれればいいかと思う。



  2. 競艇ボートレース予想で、2連単、人気別出現率

    2連単の人気別出現率に注目する

    まず、2連単の人気別出現率から整理していきたいと思うのだが、2連単 1番人気が出現する確率は現在どのくらいのものなのだろうか?

    実際に競艇をやっている人には「肌感」で予想してもらいたいのだが、

    答えは「24.8%」である。



    この数字、個人的には「凄く高い」と感じたのだが、どうだろう?
    30通りも買い目があるのに、4回に1回は一番人気の目が来るというのは、かなりの高確率ではないだろうか。

    それと面白いのが、ここ数年の出現率は「異常」なまでの右肩上がりで上昇しており、以下に挙げたデータが、2010年からの一番人気出現率である。


    2010年からの1番人気出現率

    年別 一番人気出現率
    2010年 19.1%
    2011年 19.7%
    2012年 20.3%
    2013年 21.0%
    2014年 21.7%
    2015年 22.2%
    2016年 22.6%
    2017年 22.8%
    2018年 23.7%


    人気別の出現率

    …このような感じで、ここ10年で5%も上昇しているのだから興味深い数字だ。
    では「人気別の出現率」はどうだろうか?
    これも以下のようになる。
    人気 出現率 累計出現率
    1番 24.8% 24.8%
    2番 16.6% 41.4%
    3番 12.0% 53.4%
    4番 8.5% 61.9%
    5番 6.1% 68.0%
    6番 4.8% 72.9%
    7番 3.8% 76.6%
    8番 3.3% 79.9%
    9番 2.5% 82.4%
    10番 2.4% 84.8%

    データの注目すべき箇所

    まず初めに注目すべきデータは、3番人気までの目が 50%以上も発生しているという事だ。
    半分以上のレースが、3番人気までで決着している」とは、私も調べてみるまで思いもしなかった

    体感では40%くらいか?…と、思っていただけにその衝撃は大きい。

    まあ「人気」自体が、競艇ファンが考え抜いて出したものなので、順当に決まるのが普通といえば普通だ。

    だが、冷静にこの数字を見ていると、無謀に人気のない買い目を買うのは「ギャンブラー」であり、5番人気まで広げると70%近い確率で発生するのだから、競艇を「楽しむ」ことをやめ無心にデータに沿って買えば低配当でも大負けしないのは間違いないことが分かる。



  3. 競艇ボートレース予想で、3連単、人気別出現率

    3連単の人気別出現率に注目する

    予想外の「2連単人気別出現率」で、けっこう打ちのめされたのだが、気合いを入れ直して「3連単 人気出現率」にいきたいと思う。

    ご存知のように競艇ボートレースの3連単は 120通りもあるので、5番人気ごとに区切ってその出現率を見てみよう。
    人気 出現率 累計出現率
    1〜5番 37.3% 37.3%
    6〜10番 54.4% 54.4%
    11〜15番 11.0% 65.4%
    16〜20番 7.3% 72.7%
    21〜25番 5.2% 77.9%
    26〜30番 4.1% 82.0%

    120通りある3連単の目だが、その半数が10番人気までで決まる

    このデータは想像通りで、むしろ11番人気以降で半数決着するというは割と多いのではないかと思った。…そういう意味では、この半数の10番人気までというのが、一つの基準ともいえるのではないかと思う。


    アナタは本命党か、穴党か?

    本命党」なのか、「穴党」なのかの一つの判断材料になると思われるから、自分がどちら側をよく買う傾向にあるのかを、把握しておくといいかもしれない。


    万舟のボーダーライン

    あと出現率とは関係ないが、平均配当を見ると31番人気以上から1万円を超えるので「万舟のボーダーライン」は31番人気ということになる。



  4. 場別3連単人気傾向

    各競艇場ごとに見た勝率

    最後に「各競艇場」ごとにはどうだろうか?
    競艇の1コースの勝率」で書いたので見て頂けると分かるが、「大村」などの「イン最強水面」が、平均人気でも一番になるのだろうか?

    ずばり「その通り」で「大村」の平均人気は12.7で1〜5番人気で決まる確率も 45.6%と、24場で一番高い

    ちなみに31番人気以降の確率は 11.5%と驚異的に低く、「「大村」で穴を狙うのがいかに難しいか」が分かったw(競艇予想サイトで予想買っても、こういうことを知っておくと自分でアレンジができる)

    「大村」に次いでのイン水面である「徳山」も平均人気は 13.3と低く、42%以上もが5番人気までで決着する。やはり、インコースの強さというのと、人気別出現率には相関性があるようだ。


    では逆に平均人気が高い、つまりは人気サイドで決まりづらいのはどこか?
    これも想像通り「戸田」である。
    「戸田」は「競艇の1コースの勝率」でも書いたように日本一インが弱い競艇場であるからだ。

    平均人気は 20.8であり、1〜5番人気で決まるのは 29.5%しかなく、31番人気以降で決まる確率は 23.4%もあり、この数字は31番人気以降の数字の中では一番高い。
    インコースが弱いために、人気がばらついているのが、この結果の要因と思われる。


    以上「舟券の人気別の出現率」だが、どうだろう?…「納得」されたり、「意外」と思われたりと様々だろうが、まぁ普段「何番人気か」というのはレース後に確認することが多いので、そこまで重要ではないのかもしれないが、一つの目安として覚えておくと、役に立つのではないだろうか。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
ボートパイレーツ」と言えば、マルコというブロガーの犯したとんでもないミスで、いつも同じグループサイトの新サイトが登場すると、一斉に始まるキャラ誘導による集客が、実は自社運営だったことがバレたサイトだ。(最近だと競艇ラボ

今回の無料予想の検証で、1号艇には上條暢嵩だった。
ここ6ヶ月の1コース1着率は約79.3%、3連対率は100%と、そのイン戦の信頼度は相当高い
足的には戦えるレベルといった感じで、強めというわけではないが、これだけの実績を残しているので逆らうのは正直厳しい。
よって、上條のイン逃げで予想的には良かったと思う。

では2着に関してはどうか。
この予想にもある通り、2号艇百武5号艇森永共に気配的には好気配で、2着に据える気持ちもある程度は分かるのだが、果たしてそこに実力や近況に関しての情報は加味されているのだろうか?
その視点がなかったように思う。
端的に言うと、もし3号艇出畑が出走表でA1級表記であったとしたら、同じ予想を出すだろうかという事だ。

ボートレースでは、4月末で今年の7月からの級別を決める審査が終了している。
その7月からの級別で、出畑はA1級へと復帰するのだ(以前はSGにも出場するような強豪であった)。
しかし、その表記は7月から切り替わるので見落としがちになる。

現在の表記上出畑B1級なのだ。

そして表記が変わるというだけではなく、シンプルにここ半年の成績がいいからA1級に復帰するので、この6選手の中で上條の次に成績を残している選手となる。

こういう視点を持てば、間違いなく2着筆頭に出畑を持ってくるだろう。
百武・森永より、確実に実力のある選手なのだから。
少しのモーター差ではカバーできるものではない。

シンプルに現在の出走表だけを見て予想している感じがして、分析が足りなかったのではないだろうか。…いや、分析と言うほどの情報でもないか。
これくらい「当たり前」の事であるので、これが外れたのは正直フォローできない予想だった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ