第52回
★競艇基礎知識〜トリビア

競艇ボートレースの「水神祭」とは?

  1. 競艇ボートレースの「水神祭」とは?

    競艇独自の儀式「水神祭」とは一体なんなのか?

    競艇ボートレースを少し知り始めると「水神祭」というものを目にすることになるだろう。

    水神祭と言うのだから「水の神を祝う祭り」みたいな、漁師などが大漁豊作を祈ってやる祭りが起源なのではないか?と、思う人もいるかもしれない。

    だが、それは全く違うのである

    この水神祭とは競艇ボートレースに関する言葉であり、競艇独自の儀式でもある。



    競艇ボートレースの「水神祭」の起源は?

    競艇ボートレースの「水神祭」は選手が水面に投げ込まれるといった、至ってシンプルな儀式なのだが、水面に投げ込まれる祭りって、どんな祭りなんだろうか。

    この「水神祭」だが、とても長い期間行われているようなので調べてみた。


    「長い期間」ではあるが、実際は競艇創世記からある儀式ではないらしい。

    諸説あるようだが、ベテラン選手の話を総合すると、1980年代始めあたりに、本栖研修所(昔のボートレーサー養成所)厳しい教官がいたそうで、その鬼教官を卒業式の時に水面に投げ込み、その後続々と卒業生が水面に飛び込んでいったのが起源のようなのだ。
    残念ながら何期の卒業生かは不明だった。

    水神祭の起源がそのような悪ふざけだったのが意外なのだが、競艇ボートレースの歴史も100年前からあるような競技でもないので、よく考えれば納得だ。



    水神祭はどんな時に行われるのか?

    そもそもその水神祭どのような時に行われるのだろうか?

    たぶん「初1着」の時だけ。と、思われている人も多いかもしれないが、そういったことではなく、基本的には「初」がつくことが起きた時や、節目の時に行われる。

    いわゆるボートレースの胴上げだ。


    例えば初1着初優勝初SG1着初SG優勝通算1000勝2000勝、などである。

    確かにSGに初めて出場した選手はしきりに「水神祭目指して頑張ります」などと言っているし、実際初めて1着とった選手は、水面に飛び込んでびしょ濡れになった姿で写真に写離、水神祭の様子がニュースになる事が多い。
    競艇ボートレースの水神祭後写真
    こんなかんじの「水神祭後写真」だw



    祝い事ならなんでも水神祭

    水神祭」などというから、水の神を祀ったり、水難事故を防ぐ為の慣しかと思われるが、実際は前述したようにただ教官を水に投げ込んだ「ノリ」から始まったもので、

    神聖な儀式でもなんでもない。


    なので例外的にではあるが、子供が生まれた選手を祝ったり、結婚祝いなどでやったりと、本当はとにかくなんでもかんでも、祝いたい時にやるのが水神祭なのだ。

    場所によってはオイルまみれの汚い水面のとこもあるし、冬場はめちゃくちゃ寒いので、投げ込まれる選手には素直に喜んで投げ込まれてない選手も多そうだw。



    競艇ボートレースの「水神祭」のやり方

    水神祭が行われる場所だが、水面際のピットの端で行われる事が多い。

    ただ、地元の選手が水神祭をする時などは、たまにではあるがスタンド正面の競走水面で、ファンの見ている前で行う事もある。


    2019年7月のSGオーシャンカップでは、SG初1着を取った「河村了」が、ファンが見る事ができる大時計前あたりで投げ込まれてた。

    まあファンの目の前でやった方が盛り上がるし、動画見ると結局、みんな飛び込みたいだけの水神祭に見えてしまうw
    結局、みんな飛び込みたいだけの競艇ボートレースの水神祭
     
    仲間を祝う為の「水神祭」《動画》



    実際の水神祭の様子

    河村の水神祭の様子はあくまでたまになので、オーソドックスな、ピットでの水神祭の様子を紹介したい。

    2019年グラチャンSG初優勝・柳沢水神祭

    まず、水面に投げ込まれる選手が、同支部や仲のいい選手達によって神輿のように担がれ、合図によって勢いをつけて投げ込まれる。
    顔面から投げ込まれるというのも、普通の生活している人にとってはなかなか無い経験だ。

    その時に、その他の選手がその投げ込まれる反動で同じように水面に飛び込んだり、反動関係なくノリで飛び込んだりする

    投げ込まれた後も、その選手をお祝いする意味で拍手だったり、「おめでとう」の声をかけたりするのだ。
    これが、水神祭の一通りの流れである。
    2019年グラチャンSG初優勝・柳沢水神祭
    柳沢水神祭《動画》



    2020年オールスターSG初1着・香川素子水神祭

    この動画のようにSG初優勝などだと、多くの選手は最終日という事もあり帰っているので、同じ支部の選手だけではなく、まだその場にいる選手や、その場が地元の選手なども駆けつける事もある。

    上の「柳沢一」のグラチャン優勝では、よく見ると愛知支部ではない松井繁も一人だけスーツ姿で写っている。

    ひと通り見直してみると、SGオールスターだと、出場している女子選手は少ないので、支部関係なく女子選手というくくりで水神祭をすることも多いようだ。

    女子の水神祭はなんだか仲の良さがあふれてて微笑ましいw
    女子ばかりとか、あまりにも人数が少なかったりすると、持ちあげれないので、その場にいる記者とかが手伝う事もあるらしい。
    2020年オールスターSG初1着・香川素子水神祭
    香川素子水神祭《動画》



    競艇の水神祭のまとめ

    こんな感じで、競艇独自の儀式「水神祭」を紹介してみたが、いかがだっただろう?

    スポーツ界で優勝した選手に「胴上げ」するのと同じ。
    激戦を交わしたボート仲間同士で讃え合うこの行事は、今後もずっと続くのだろう。
    何より、水神祭をする時の、選手みんなが笑顔で行っているのが印象的だ。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ