第26回
競艇の楽しみ方〜考えてみた編

競艇ボートレースの面白いビジュアル

  1. 競艇ボートレースの面白いイメージビジュアル

  2. 競艇ボートレースG1開催時などのPR画像が面白い。

    レースの開催時にその開催日程タイトル、どこの競艇場でレースが行われるのかを告知するためのイメージビジュアルがあるのだが、そういったイメージビジュアルの多くはSGやG1などのビッグレースの開催時に作成される

    全国の競艇場や公式ホームページ内にもそのビジュアルが使われるので、公式サイトで日程などを確認しに来たファンに向けて、見た時のインパクトは非常に大事だ。
    宇宙戦艦ヤマトとのコラボしたボートレース大村
    会場ポスターにも使用されるビジュアル



    POPなビジュアルで記憶に残し拡散を促せ

    ビジュアル」も大切だが、まずその開催されるレースに興味を持ってもらわなくてはならないし、開催情報を見た人の記憶に残したい

    会場で目にしたファンには携帯などで写真を撮ってもらい、SNSなどで拡散してもらえたら尚良いだろう。
    そう考えると、開催の成功を左右する意味でも今の「競艇」は「ボートレース」と呼び名を変えSNS映えさせることは重要なのである。



  3. ボートレース尼崎、G1のインパクト

  4. ここ最近のビジュアルを挙げてみると、
    2020年3月26日〜31日にかけて行われた、ボートレース尼崎G1のビジュアルはインパクトがあった。

    緑と青とピンクの髪の色の萌えキャラが、「ねぇ、ボートレースしよっ」と呼び掛けているポスターなのだが、その萌えキャラは全然ボートレースと関係ない
    2020ボートレース尼崎G1のビジュアル
     
    向かって右下に、少しだけボートの写真画像が背景に見えているが、尼崎の特徴はほぼ無い。
    ただ少し古臭いキャラクターが3人いるだけだ。

    確かにインパクトはあるが、これがボートレースの宣伝だと分かる人はいるだろうか?
    一見して競艇ボートレースと分かる人はほとんどいないだろうが、ただ実際にポスターに引きはあるので、関西を走る電車の中刷り広告などで見かけたら、気になり「なんの広告だろう?」と注目するかもしれない。

    そういう意味では直ぐに「なんの広告か分かる」より、競艇ボートレースに興味ない人の気を引けるのなら狙い通りなのだろう。

    ボートレース尼崎の二次元キャラの元ネタ

    調べてみるとこのキャラは一応「競艇場のマスコットキャラ達」でも書いた尼崎のキャラクター、緑の「センプル」とピンクの「ピンクル」、青の「ぶるたん」をモチーフにしているらしい。

    このG1のタイトル名が「尼崎センプルカップ」という所に起因しているのだろうが、ここまでデフォルメされたカエル要素ゼロ2次元キャラだと、誰も気づかないだろうが(笑)

    次で紹介する「ボートレース多摩川」の萌えキャラ「静波まつり」に便乗した感じだろう。
    それにしては古臭いのだが、…まぁ、インパクトだけで言えば頑張っており、今後キャラが進化していけばいいのかな?



  5. アニメキャラといえば元祖ボートレース多摩川

  6. 競艇ボートレース界で、2次元の萌えキャラ元祖ビジュアルといえば、多摩川競艇場と言える。

    競艇場のマスコットキャラ達」でも書いたでも書いたが、多摩川競艇場が「元祖」ということもあり、かなり積極的に次々とビジュアルを出している。

    G1になると毎回その萌えキャラ「静波まつり」が表紙を飾るのだ。
    競艇ボートレースのアニメキャラといえば元祖ボートレース多摩川
     
    2020年2月と4月に行われるG1にも、もちろん、そのキャラが描かれており、一応競艇なのだとアピールするかのように、キャラの横にボートが描かれているのもいい。
    そこは尼崎とは全然違う所だなw

    衣装違いの同じキャラを使っているという意味では、ファンの中でも完全に「ボートレース多摩川」のイメージキャラは、元々いたカワセミの「ウェイキーとリップル」より今では「静波まつり」の方が求められているのだろう。

    グッズ販売でもカワセミより売れそうだし、まぁしょうがない。



  7. ボートレース浜名湖はコラボ

  8. 2020年1月の浜名湖G1は、筋肉ムキムキな男たちがポーズを決めているビジュアルだった。
    ボートレース浜名湖はプロレス団体NOAHコラボ
     

    一瞬何なのかは分からなかったが、どうやらこれはプロレス団体「NOAH」の選手達らしい。

    この浜名湖G1は「NOAH」とのコラボ企画のG1だったようで、選手達のトークショーのほか、スペシャルマッチとして浜名湖場内でプロレスが行われたりしたのだ。
    世代的にもプロレスと競艇ボートレースは相性がいい。

    異色のコラボではあるが、それを全面に出すビジュアルはなかなかなインパクトがあり、グラフィックは素人が作ったような簡単なものではあるが、一応髪の色を、ボートの艇番(白・黒・赤・青・黄・緑)に合わせている

    過去にはこういったコラボ的なビジュアルもけっこうたくさんあるので、これからも出てくるだろう。



  9. ボートレース大村は手抜きノスタルジー

  10. 2020年3月に行われた大村のG2モーターボート誕生祭ビジュアルは、ノスタルジー感溢れるものだった。
    ボートレース大村のG2モーターボート誕生祭に合わせたビジュアル
     
    大村競艇場は「1952年4月に全国に先駆け、初開催したボートレース場」ということで競艇発祥の地として、その時の初開催時のポスターをそのまま少し修正を加えて使っていた。

    昔のポスターは今とはボートが全然違うので、絵のボートも感じが違うし、乗っている選手もヘルメットを被っているのかも微妙なくらいのゆるさだ。

    こういった開催初期のポスターをそのまま使ったりすることが、大村競艇場の特徴。とも言えるし「初開催したボートレース場」というのを前面に出したいのだろうが、手を抜いてるようにも見える。

    個人的には昔の イメージを残しつつ、色使いにビビットな蛍光色を使ったり、ボートや人物は近未来の服装にした方が面白いと思うのだが、そのようなグラフィックデザイナーが「ボートレース大村」にはいないのだろうか。

    …とまぁ、このように、開催のたびにいろいろなビジュアルが作成されるので、そこに注目してみてもボートレースは面白いですよw


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ