第2回
競艇の楽しみ方〜競艇選手編

2019夏・各コースのアツい選手

  1. 夏の、若手頂上決戦

  2. 毎年、6月後半から7月の頭にかけて、東西ヤング戦(G3イースタンヤング・G3ウエスタンヤング)が行われ、その2か月後の9月に、若手レーサーの頂上決戦「PG1ヤングダービー」が行われる。
    そういう意味では、夏は若手レーサーが一番熱い時期と言える。

    本番の決戦に向け調子を上げてくるだろうし、熱いレースを見せて全国のファンへのアピールもある。
    ヤングダービーで優勝するくらいにもなれば、将来は有望であるだろうし、その翌年のSGにも出場できるようになるので、皆必死になるのも当然だ。

    瓜生正義」「桐生順平」などの今となればビッグネームとなった選手たちも、皆ヤングダービー(以前は新鋭王座決定戦)を優勝して現在に至っている。

    そこで今回は「各コースで熱いレーサーはだれなのか?」…そんな「若手レーサー」について書いてみたいと思う。



  3. 1コース〜3コースで熱いレーサー

  4. まず1〜3コースの内枠で熱いレーサーについてだ。
    何をもって「アツイ」かなのだが、今回は各コースの1着率で判断したい。
    それぞれのコースごとに、私の個人的見解を述べたいのだが、早速、各コースごとの、1着率上位レーサーを見てみると…

    《 1コース 》
    1位 高田ひかる 86.5%
    2位 村松修二  82.9%
    3位 上條暢嵩  80.7%
    4位 大上卓人  79.7%
    5位 近江翔吾  76.0%

    《 2コース 》
    1位 西野雄貴  36.4%
    2位 野中一平  36.1%
    3位 磯部誠   35.9%
    4位 大山千広  34.2%
    5位 大上卓人  32.0%

    《 3コース 》
    1位 島村隆幸  34.3%
    2位 磯部誠   33.3%
    3位 関浩哉   32.4%
    4位 仲谷颯仁  31.8%
    5位 安河内将  29.5%

    以上が1〜3コースの1着率上位レーサーだ。

    まず驚いたのが、1コースの1着率1位女子レーサーの「高田ひかる」であるということだ。
    高田ひかる選手には失礼だが、そこまで1コースが強いとは思ってもみなかった。…というのも、この「高田ひかる」という選手は勝率6点そこそこの、期待の若手女子レーサーといった感じで、全く過去に大きな実績があったわけでもない。

    それなのに、その高田ひかる選手が、「村松修二」や「上條暢嵩」などのSGにも出場している選手を抑えてトップになるとは驚きで、86.5%という1着率も非常に高く、高田のイン戦の時は、素直に1着で狙えそうである。
    高田ひかる競艇選手の画像
     

    2コースの1位は「西野雄貴」なのだが、ここは2位の「野中一平」に注目したい。
    …と言うのも野中一平選手はスタートが非常に早い若手として有名なのだが、カドの4コースや3コースでなく、2コースで上位ランクされていることが、調べてみて分かった。

    確かに2コースにおいてもスタートが大事であるとはいえ、2コースでスタートが早いと、インコースの選手の壁役になってしまい、結果としてイン逃げの確率を上昇させてしまいがちなのだが、どうも野中一平選手は違うらしい。
    2コースからスタート決めて、まくりにいったりするのだろう。

    スタートが早いと有利なセンター枠だと人気するかもしれないことを考えると、野中一平選手の2コースも「買い」なのかもしれない。
    野中一平競艇選手の画像
     

    3コース4位には「仲谷颯仁」がランクインしている。
    すでにG1で優勝している事もあり、若手の中では格上の存在の仲谷颯仁選手が1、2コースでランクインしていないのが、改めて調べると少し意外だった。
    まくることもあるが、それより「まくり差し」の印象が強い仲谷は、3コースではきっちり仕事をしているようで、3コースの選手がまくり差しに入れば、おのずとインコースの選手は残りやすく(舟券に絡みやすく)なるので、仲谷颯仁選手が3コースの時には、2、3着でインの選手を絡めて買うのがいいのかもしれない。
    仲谷颯仁競艇選手の画像
     



  5. 4〜6コースで熱いレーサー

  6. 前章と同じような感じで、1着率を見ていこう。

    《 4コース 》
    1位 大上卓人  37.8%
    2位 塩崎桐加  36.1%
    3位 春園功太  30.4%
    4位 今井美亜  27.5%
    5位 井上一輝  26.8%

    《 5コース 》
    1位 田中京介  20.0%
    2位 関浩哉   19.6%
    3位 塩崎桐加  19.5%
    4位 大上卓人  17.5%
    4位 山崎郡   17.5%

    《 6コース 》
    1位 大山千広  12.9%
    2位 今井美亜  12.5%
    3位 村岡賢人  11.1%
    4位 上條暢嵩  10.3%
    5位 中山将   10.0%


    以上が4〜6コース1着率上位レーサーなのだが、4コースの「大上卓人」は、10回中4回も4コースから1着を取るんだから凄い。
    やはりスタートから一気に まくっていくパターンが多いのだろうが、そうなれば、その外の5コースや6コースにもチャンスは生まれるので、大上4コース時は、その辺りを絡めて買うと良いかもしれない。

    そして何よりも大上卓人選手の1着率は後の5コースを含めても凄くて、1、2コースでも上位だし、3コース時も10位にランクされるなど、どのコースからでも高い1着率を残している
    大上卓人競艇選手の画像
     

    5コースは、伏兵の「田中京介」が1位になった。
    この田中京介選手だが、2019年後期はB1級の選手だけに、注目される選手ではなく、ましてやアウトコースの5コースであるならば、尚更であろう。
    5回に1回1着にきてくれるのであれば、充分に回収できるという考えで、多分まだ誰も気づいていないような「盲点」になっているかもしれないので、今ここで覚えておくと良いだろう。…とはいっても穴目なので、「大上卓人」で勝負するのはほどほどにしておいた方がいい(笑)
    田中京介競艇選手の画像
     

    最後に6コースだが、5コースまでとはうって変わって、1着率がかなり低い。
    競艇女子」でも書いた1位の「大山千広」ですらも12.9%と、流石に厳しいようで全然である。
    「競艇」という競技の性質上「1コースの勝率」が圧倒的で、6コースがこうも絶望的になるのは仕方のないところはあるが、それにしてもな数字だ。
    だが「中山将」の6コースには注目したい。

    理由は5コース時の「田中京介」と被るのだが、まだほとんどの人が「中山将」の6コース時の実力を知らないようで、そういう意味では「中山の6コース」は1着で狙って良いと思う。
    ただ、1着率は10%なので、過度な期待は厳禁だ。…外すの覚悟の上だが、当たった時には、実に香ばしい配当が手に入るだろうから、「期待値」という意味で応援してあげてほしい選手だ。

    競艇予想サイトは、こういった「データ」を知り、覚えておいた方が良いと思うのだが、数少ない予想サイト以外、ほとんどが「無責任な買い目」をただ買わせるだけで「根拠」の提示が無いから、きっと「中山の6コース」など無関心なのだろう。
    中山将競艇選手の画像
     


    …以上が各コースにおける、データに基づいた私の個人的に選んだ「アツイ」若手レーサー達だが、サクッと読んだだけでは覚えられないだろうと思うので、最後にもう一度、おさらいをしておく。

    ・1コース 高田ひかる
    ・2コース 野中一平
    ・3コース 仲谷颯仁
    ・4コース 大上卓人(どのコースでも狙える)
    ・5コース 田中京介
    ・6コース 中山将

    この6人である。
    もし、この6人が各コースに進入しそうな時は、1着で狙うと良いだろう(笑)


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ