第2回
競艇の楽しみ方〜競艇選手編

2019夏・各コースのアツい選手

  1. 夏の、若手頂上決戦

  2. 毎年、6月後半から7月の頭にかけて、東西ヤング戦(G3イースタンヤング・G3ウエスタンヤング)が行われ、その2か月後の9月に、若手レーサーの頂上決戦「PG1ヤングダービー」が行われる。
    そういう意味では、夏は若手レーサーが一番熱い時期と言える。

    本番の決戦に向け調子を上げてくるだろうし、熱いレースを見せて全国のファンへのアピールもある。
    ヤングダービーで優勝するくらいにもなれば、将来は有望であるだろうし、その翌年のSGにも出場できるようになるので、皆必死になるのも当然だ。

    瓜生正義」「桐生順平」などの今となればビッグネームとなった選手たちも、皆ヤングダービー(以前は新鋭王座決定戦)を優勝して現在に至っている。

    そこで今回は「各コースで熱いレーサーはだれなのか?」…そんな「若手レーサー」について書いてみたいと思う。



  3. 1コース〜3コースで熱いレーサー

  4. まず1〜3コースの内枠で熱いレーサーについてだ。
    何をもって「アツイ」かなのだが、今回は各コースの1着率で判断したい。
    それぞれのコースごとに、私の個人的見解を述べたいのだが、早速、各コースごとの、1着率上位レーサーを見てみると…

    《 1コース 》
    1位 高田ひかる 86.5%
    2位 村松修二  82.9%
    3位 上條暢嵩  80.7%
    4位 大上卓人  79.7%
    5位 近江翔吾  76.0%

    《 2コース 》
    1位 西野雄貴  36.4%
    2位 野中一平  36.1%
    3位 磯部誠   35.9%
    4位 大山千広  34.2%
    5位 大上卓人  32.0%

    《 3コース 》
    1位 島村隆幸  34.3%
    2位 磯部誠   33.3%
    3位 関浩哉   32.4%
    4位 仲谷颯仁  31.8%
    5位 安河内将  29.5%

    以上が1〜3コースの1着率上位レーサーだ。

    まず驚いたのが、1コースの1着率1位女子レーサーの「高田ひかる」であるということだ。
    高田ひかる選手には失礼だが、そこまで1コースが強いとは思ってもみなかった。…というのも、この「高田ひかる」という選手は勝率6点そこそこの、期待の若手女子レーサーといった感じで、全く過去に大きな実績があったわけでもない。

    それなのに、その高田ひかる選手が、「村松修二」や「上條暢嵩」などのSGにも出場している選手を抑えてトップになるとは驚きで、86.5%という1着率も非常に高く、高田のイン戦の時は、素直に1着で狙えそうである。
    高田ひかる競艇選手の画像
     

    2コースの1位は「西野雄貴」なのだが、ここは2位の「野中一平」に注目したい。
    …と言うのも野中一平選手はスタートが非常に早い若手として有名なのだが、カドの4コースや3コースでなく、2コースで上位ランクされていることが、調べてみて分かった。

    確かに2コースにおいてもスタートが大事であるとはいえ、2コースでスタートが早いと、インコースの選手の壁役になってしまい、結果としてイン逃げの確率を上昇させてしまいがちなのだが、どうも野中一平選手は違うらしい。
    2コースからスタート決めて、まくりにいったりするのだろう。

    スタートが早いと有利なセンター枠だと人気するかもしれないことを考えると、野中一平選手の2コースも「買い」なのかもしれない。
    野中一平競艇選手の画像
     

    3コース4位には「仲谷颯仁」がランクインしている。
    すでにG1で優勝している事もあり、若手の中では格上の存在の仲谷颯仁選手が1、2コースでランクインしていないのが、改めて調べると少し意外だった。
    まくることもあるが、それより「まくり差し」の印象が強い仲谷は、3コースではきっちり仕事をしているようで、3コースの選手がまくり差しに入れば、おのずとインコースの選手は残りやすく(舟券に絡みやすく)なるので、仲谷颯仁選手が3コースの時には、2、3着でインの選手を絡めて買うのがいいのかもしれない。
    仲谷颯仁競艇選手の画像
     



  5. 4〜6コースで熱いレーサー

  6. 前章と同じような感じで、1着率を見ていこう。

    《 4コース 》
    1位 大上卓人  37.8%
    2位 塩崎桐加  36.1%
    3位 春園功太  30.4%
    4位 今井美亜  27.5%
    5位 井上一輝  26.8%

    《 5コース 》
    1位 田中京介  20.0%
    2位 関浩哉   19.6%
    3位 塩崎桐加  19.5%
    4位 大上卓人  17.5%
    4位 山崎郡   17.5%

    《 6コース 》
    1位 大山千広  12.9%
    2位 今井美亜  12.5%
    3位 村岡賢人  11.1%
    4位 上條暢嵩  10.3%
    5位 中山将   10.0%


    以上が4〜6コース1着率上位レーサーなのだが、4コースの「大上卓人」は、10回中4回も4コースから1着を取るんだから凄い。
    やはりスタートから一気に まくっていくパターンが多いのだろうが、そうなれば、その外の5コースや6コースにもチャンスは生まれるので、大上4コース時は、その辺りを絡めて買うと良いかもしれない。

    そして何よりも大上卓人選手の1着率は後の5コースを含めても凄くて、1、2コースでも上位だし、3コース時も10位にランクされるなど、どのコースからでも高い1着率を残している
    大上卓人競艇選手の画像
     

    5コースは、伏兵の「田中京介」が1位になった。
    この田中京介選手だが、2019年後期はB1級の選手だけに、注目される選手ではなく、ましてやアウトコースの5コースであるならば、尚更であろう。
    5回に1回1着にきてくれるのであれば、充分に回収できるという考えで、多分まだ誰も気づいていないような「盲点」になっているかもしれないので、今ここで覚えておくと良いだろう。…とはいっても穴目なので、「大上卓人」で勝負するのはほどほどにしておいた方がいい(笑)
    田中京介競艇選手の画像
     

    最後に6コースだが、5コースまでとはうって変わって、1着率がかなり低い。
    競艇女子」でも書いた1位の「大山千広」ですらも12.9%と、流石に厳しいようで全然である。
    「競艇」という競技の性質上「1コースの勝率」が圧倒的で、6コースがこうも絶望的になるのは仕方のないところはあるが、それにしてもな数字だ。
    だが「中山将」の6コースには注目したい。

    理由は5コース時の「田中京介」と被るのだが、まだほとんどの人が「中山将」の6コース時の実力を知らないようで、そういう意味では「中山の6コース」は1着で狙って良いと思う。
    ただ、1着率は10%なので、過度な期待は厳禁だ。…外すの覚悟の上だが、当たった時には、実に香ばしい配当が手に入るだろうから、「期待値」という意味で応援してあげてほしい選手だ。

    競艇予想サイトは、こういった「データ」を知り、覚えておいた方が良いと思うのだが、数少ない予想サイト以外、ほとんどが「無責任な買い目」をただ買わせるだけで「根拠」の提示が無いから、きっと「中山の6コース」など無関心なのだろう。
    中山将競艇選手の画像
     


    …以上が各コースにおける、データに基づいた私の個人的に選んだ「アツイ」若手レーサー達だが、サクッと読んだだけでは覚えられないだろうと思うので、最後にもう一度、おさらいをしておく。

    ・1コース 高田ひかる
    ・2コース 野中一平
    ・3コース 仲谷颯仁
    ・4コース 大上卓人(どのコースでも狙える)
    ・5コース 田中京介
    ・6コース 中山将

    この6人である。
    もし、この6人が各コースに進入しそうな時は、1着で狙うと良いだろう(笑)


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
ボートパイレーツ」と言えば、マルコというブロガーの犯したとんでもないミスで、いつも同じグループサイトの新サイトが登場すると、一斉に始まるキャラ誘導による集客が、実は自社運営だったことがバレたサイトだ。(最近だと競艇ラボ

今回の無料予想の検証で、1号艇には上條暢嵩だった。
ここ6ヶ月の1コース1着率は約79.3%、3連対率は100%と、そのイン戦の信頼度は相当高い
足的には戦えるレベルといった感じで、強めというわけではないが、これだけの実績を残しているので逆らうのは正直厳しい。
よって、上條のイン逃げで予想的には良かったと思う。

では2着に関してはどうか。
この予想にもある通り、2号艇百武5号艇森永共に気配的には好気配で、2着に据える気持ちもある程度は分かるのだが、果たしてそこに実力や近況に関しての情報は加味されているのだろうか?
その視点がなかったように思う。
端的に言うと、もし3号艇出畑が出走表でA1級表記であったとしたら、同じ予想を出すだろうかという事だ。

ボートレースでは、4月末で今年の7月からの級別を決める審査が終了している。
その7月からの級別で、出畑はA1級へと復帰するのだ(以前はSGにも出場するような強豪であった)。
しかし、その表記は7月から切り替わるので見落としがちになる。

現在の表記上出畑B1級なのだ。

そして表記が変わるというだけではなく、シンプルにここ半年の成績がいいからA1級に復帰するので、この6選手の中で上條の次に成績を残している選手となる。

こういう視点を持てば、間違いなく2着筆頭に出畑を持ってくるだろう。
百武・森永より、確実に実力のある選手なのだから。
少しのモーター差ではカバーできるものではない。

シンプルに現在の出走表だけを見て予想している感じがして、分析が足りなかったのではないだろうか。…いや、分析と言うほどの情報でもないか。
これくらい「当たり前」の事であるので、これが外れたのは正直フォローできない予想だった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ