内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_0
登録番号 5155

内山七海

(25)  ウチヤマ ナナミ
生年月日 1996/12/12
支部 福岡
身長 165cm
出身地 福岡県
体重 48kg
登録期 127期
血液型 A型
級別 B2級

内山七海の期別成績

2021/05/01-2021/10/31
勝率 1.44 能力 32
優出 0回 優勝 0回
1着 0.0%(0回) 2着 1.0%(1回)
3着 1.0%(1回) 4着 5.8%(6回)
5着 20.2%(21回) 6着 67.3%(70回)

内山七海の写真画像

内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_1 内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_2 内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_3 内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_4 内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_5 内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_6 内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_7 内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_8 内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_9 内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_10 内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_11 内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_12 内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_13 内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_14 内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_15 内山七海という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_16

内山七海の「本日」出場予定

  • 出走の予定はありません

内山七海について

  1. 内山七海という女子競艇選手(ボートレーサー)について

    内山七海という女子競艇選手(ボートレーサー)のデビュー

    内山七海選手(うちやま ななみ)という、女子競艇選手(女子ボートレーサー)は、福岡県出身福岡支部所属の2020年11月に地元ボートレース若松でデビューしたばかりの女子ボートレーサーである。

    内山七海選手という競艇女子(女子ボートレーサー)の写真画像
     
    ここ最近、競艇女子ボートレーサーではドギューン!!とくる女子レーサーはいなかったのだが(超個人的タイプのコンテンツで申し訳ない笑)今回紹介する内山七海は、127期性の中でも抜けて美人だし、競艇ボートレース界でも美人レーサーの中に入るだろう。
    内山七海選手という127期女子競艇選手(ボートレーサー)の同
     



  2. 内山七海が女子競艇選手(ボートレーサー)になるまで

    内山七海という女子ボートレーサーは6回も試験に落ちた

    内山七海という女子ボートレーサーの養成員時代入所式の写真を見ると、他の選手の養成員時代と同じく髪も短く(なぜか皆、毟り取られたように毛先がボサボサ)化粧っ気もゼロで、色気も何も無いのだが、内山七海選手が美人の部類に入ることはこの写真を見てもわかる。

    だがここまで来る道のりは内山七海選手にとってはかなり険しかったようで、内山七海は、ボートレーサー養成所の試験に6回も落ちている

    やまとの試験が厳しいというのは有名だが、流石に6回落ちるのはなかなかなもので、昨今ではここまで複数回受験する事はかなり珍しいらしい。

    この試験で不合格が続いていた当時、内山七海選手は大学生だったのだが、6回も落ちたら流石に養成所に受かるための勉強とトレーニングに専念しなければと思い、大学を中退し、7回目の試験でようやく受かったのだ。
    よほどボートレーサーになりたかったようだ。
    内山七海という女子ボートレーサーの競艇選手養成所時代
     


    内山七海という女子競艇選手(ボートレーサー)がボートレーサーになった理由

    内山七海という女子競艇選手(ボートレーサー)がボートレーサーになった経緯としては、内山七海選手が母親から亡くなった祖父が元ボートレーサー(祖父は橋本忠という名前だが、競艇選手としての情報は見つからない)だったということを聞き、その影響で選手を志した。

    高校時代にボートレースを若松や芦屋で観戦をして以来、競艇選手になることを強く思うようになるのだが、やはり自分の身内に元選手がいるとそれだけ思いも強くなるし、目標がはっきりするのだろう。

    養成所の成績としては特に優れたものではなかったのだが、前半はトップクラスを維持していたようで、ポテンシャル自体は高そうだ
    これからの成長という意味では凄く期待できる。



  3. 内山七海女子競艇選手(ボートレーサー)の学生時代

    内山七海女子競艇選手(ボートレーサー)のやってた部活

    内山七海という女子競艇選手(ボートレーサー)は、小学校の頃はバレーボール中学高校時代テニスをしていたそうだ。

    大学ではラクロスをやり、背番号は「ななみ」の73番だった。
    内山七海女子競艇選手(ボートレーサー)のやってたラクロス
     

    だが先述したように、この楽しかったラクロスもボートレーサーになるため大学を中退して辞めることになる。
    内山七海女子競艇選手(ボートレーサー)の学生時代
     


    内山七海女子競艇選手(ボートレーサー)の学生時代

    内山七海女子競艇選手(ボートレーサー)の通っていた高校の情報は見つからなかったが、ラクロスをやっていた大学は、偏差値50.0〜57.5の福岡県に本部を置く「西南学院大学」という私立大学だ。

    学部は「神学部」をはじめ、文学部、商学部、法学部、など全部で7つの学部があるそうで、内山七海女子競艇選手(ボートレーサー)が何学部に通ってたかは不明。

    場所は福岡県福岡市早良区にある。
    内山七海女子競艇選手(ボートレーサー)が通っていた西南学院大学
     


  4. 内山七海女子競艇選手(ボートレーサー)のデビューと師匠について

    内山七海という女子競艇選手(ボートレーサー)のデビュー

    内山七海選手という、女子競艇選手は2020年11月に地元ボートレース若松でデビューしたと、冒頭に書いたが、そんなデビュー戦は、やはり新人という事もあって全くレースをさせてもらえず、終始外を回る展開になってしまった。

    なんとか完走はできたものの大きく離されデビュー戦は結果、6着である。

    内山七海という女子競艇選手(ボートレーサー)のデビュー戦
    内山七海デビュー戦レース映像

    それ以降も6着を取り続け、2021年4月30日の1期終了した時点ではまだ一度も3着に絡む事はできていない
    まぁ新人なので仕方ないと思うが、まだ現段階では評価を下すのは厳しいが、できるだけ早くに3連対に絡んで自信を付けていって欲しいと思う。



    内山七海という女子競艇選手(ボートレーサー)の憧れの選手

    内山七海という女子競艇選手(ボートレーサー)の目標としているボートレーサー、憧れの選手だが、2019年10月の養成員時代のコメントでは「憧れの選手は香川支部の平山智加選手です!第63回ボートレースダービーの初日12Rドリーム戦で、平山選手の1号艇からのイン逃げを生で観て感動しました」と、競艇女子でも書いている平山智加選手に憧れていたそうだが、2020年10月のコメントでは憧れは大山千広。「養成所で質問したら、はぐらかすことなく、全てに真剣に答えてくれた。技術も陸(おか)でも大山さんのようになりたい」と、平山智加選手は卒業したらしい。

    大山千広」も競艇女子で書いているが、今の若手女子ボートレーサーなら大山は神だろう。



    内山七海という女子競艇選手(ボートレーサー)の師匠

    内山七海という女子競艇選手(ボートレーサー)の師匠だが「VIVA! Cutie blog」に「師匠の水摩敦さんがレースのない日は〜」と書いてあったので、内山七海選手の「師匠」は福岡のA1級レーサーの「水摩敦」のようだ。
    内山七海という女子競艇選手(ボートレーサー)の師匠の水摩敦選手
     
    内山七海選手の師匠である「水摩敦」だが、SGにはまだ出場した事ないが一般戦なら優勝候補レベルの選手で、G1には何度も出場した事がある(優勝した事はない)
    有名かといえば、ボートやってる人なら一応知ってるってレベルの選手で、知らない人までが知るような峰や松井レベルではない。



    競艇検証.com」では内山七海競艇選手についてのプロフィールレポートなどは基本的に更新しませんが、今後も内山七海競艇選手(女子ボートレーサー)の内山七海競艇選手のイチファンとして応援を続けます!


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
ボートパイレーツ」と言えば、マルコというブロガーの犯したとんでもないミスで、いつも同じグループサイトの新サイトが登場すると、一斉に始まるキャラ誘導による集客が、実は自社運営だったことがバレたサイトだ。(最近だと競艇ラボ

今回の無料予想の検証で、1号艇には上條暢嵩だった。
ここ6ヶ月の1コース1着率は約79.3%、3連対率は100%と、そのイン戦の信頼度は相当高い
足的には戦えるレベルといった感じで、強めというわけではないが、これだけの実績を残しているので逆らうのは正直厳しい。
よって、上條のイン逃げで予想的には良かったと思う。

では2着に関してはどうか。
この予想にもある通り、2号艇百武5号艇森永共に気配的には好気配で、2着に据える気持ちもある程度は分かるのだが、果たしてそこに実力や近況に関しての情報は加味されているのだろうか?
その視点がなかったように思う。
端的に言うと、もし3号艇出畑が出走表でA1級表記であったとしたら、同じ予想を出すだろうかという事だ。

ボートレースでは、4月末で今年の7月からの級別を決める審査が終了している。
その7月からの級別で、出畑はA1級へと復帰するのだ(以前はSGにも出場するような強豪であった)。
しかし、その表記は7月から切り替わるので見落としがちになる。

現在の表記上出畑B1級なのだ。

そして表記が変わるというだけではなく、シンプルにここ半年の成績がいいからA1級に復帰するので、この6選手の中で上條の次に成績を残している選手となる。

こういう視点を持てば、間違いなく2着筆頭に出畑を持ってくるだろう。
百武・森永より、確実に実力のある選手なのだから。
少しのモーター差ではカバーできるものではない。

シンプルに現在の出走表だけを見て予想している感じがして、分析が足りなかったのではないだろうか。…いや、分析と言うほどの情報でもないか。
これくらい「当たり前」の事であるので、これが外れたのは正直フォローできない予想だった。

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ