佐々木裕美の写真画像
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_1 佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_2 佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_3 佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_4 佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_5 佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_6 佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_7 佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_8 佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_9 佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_10 佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_11 佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_12 佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_13 佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_14 佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_15 佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_16
佐々木裕美の「本日」出場予定
佐々木裕美について
  1. 佐々木裕美という競艇選手(女子ボートレーサー)について

  2. 佐々木裕美選手(ささき ひろみ)という、美人競艇選手(女子ボートレーサー)の登録期は 85期で、この期は男子が非常に強く、井口佳典選手、田村隆信選手、丸岡正典選手、湯川浩司選手などSGタイトルホルダーが名を連ね、通称「銀河系軍団」と呼ばれている。

    同期の女子は今では田口節子選手だけなので、この期の女子は佐々木裕美と2人しか残っていない


    佐々木裕美選手のデビューは、1999年11月で中堅の域、もう言っている間にベテランの域に入る選手

    そして年齢も39歳(2019年4月時点)…そう、これまでの「競艇女子」の基準では、競艇下手でも無名でも「若くてかわいい」だけで選別してたけど、佐々木裕美選手のことは、ここ最近続けている「覚えておきたい競艇女子」という新基準で選んでみた。


    …「新基準」とは言うが、佐々木裕美選手は今でも普通にキレイで、とても40前には見えない
    佐々木裕美選手は今でも綺麗な大人気競艇女子だ 


    モデル並みの体型をキープしてて、デビューの頃の写真を見ると、今デビューの選手だったら技術もなにも関係なく、真っ先に「競艇女子」に入ってとっくに記事が書かれていた選手だったろう。

    当然、佐々木裕美選手がデビュー時には”競艇界のアイドル”として注目を集めており、古くからの競艇ファンはよく知っている。
    しかもレーサーとしての出征も早かったから、なおさら人気があった。
    デビューから9か月後に初勝利をし、デビューから3年半後、2003年5月に初優勝している。

    ツイッターのフォロワー数も、1万 2000人超えで、女子選手の中ではトップ級。
    佐々木裕美選手の素敵な笑顔が人に好かれるのだろう、大人気レーサーといって間違いない。

    …今回、佐々木裕美選手を選んだ理由は「キレイは人」というのもあったけど、持ち前の明るさと、人一倍辛い想いをして頑張っている選手だからだ。



  3. 佐々木裕美競艇選手(女子ボートレーサー)を「マジ」で応援したいワケ。

  4. 佐々木裕美競艇選手はデビューから3年半後に初優勝をして、競艇選手としての実績も積み、私生活でも同期坂谷真史選手2005年に結婚をした。

    同じボートレーサーという職業、訓練時から共に切磋琢磨してきた同期との結婚し、子宝にも恵まれた


    …しかし、そんなレーサーとして順風満帆な日々を送っていた突如、不運に見舞われてしまう。

    2007年2月26日、同じ競艇選手だった「夫」、坂谷真史選手がレース中に事故で亡くなってしまったのだ。
    佐々木裕美競艇選手の夫・坂谷真史選手が亡くなってしまった 


    坂谷真史」という福井県出身の、A1級レーサーが亡くなったのは、2007年2月26日の住之江競艇場「G1太閤賞競走 開設50周年記念」というレースで、レース中に他艇と接触し、転覆。後続を走っていた舟に刺されるような形となってしまった。
    ※レース中の死亡事故は2004年3月28日尼崎競艇場の中島康孝選手以来だった。


    坂谷真史選手は、当時まだ26歳で、「有望株」として注目されていた選手だ。
    もし今も生きていたら同期の井口佳典選手らと同様に、SGを何個も獲っていたレーサーに育っていたのは間違いないだろう。


    妻・佐々木裕美選手は、自身が参加する予定だった徳山競艇場でこの悲報を受けたそうだ。
    夫を奪った競艇を辞めることも考えたそうだが、それでも競艇でしか子供を育てる方法がないと、夫の死から約8ヵ月レースを休み、再びレースに復帰することを決意した。


    …2007年10月13日、佐々木裕美選手が実戦に戻った。

    復帰戦は、愛する夫の命を奪った「住之江競艇場」での復帰だ。

    佐々木裕美選手が復帰した住之江競艇場、頑張った!!!!! 


    普通ならば夫が亡くなった競艇場で走るなんて、とてもじゃないが事故のことが頭によぎって走ることができないだろう。…競艇ファンは皆「もう実戦に戻ってくることはないだろう」…と、思っていた。
    ところが、まさかの夫が亡くなった「住之江競艇場」での復帰戦究極の選択だ

    ここを自分の復帰する場所に選んだ「理由」は、そこで気持ちの整理をしたかった…と、いった意味合いがあったそうだが、ここで走れれば、今後も前向きに走っていけると考えていたのだろう。強い。

    その復帰から3日後に何とか1着を取る。ボートに乗るのも怖かっただろうに、凄い。
    第二のボートレーサー人生として、早速翌年の2008年7月に、夫の地元水面「三国競艇場」で優勝を飾った。


    レーサーとしてはB1級に甘んじることもあったが、最近ここしばらくA2級に落ち着いている。

    A1級に昇格した経験もあり、2009年5月には「SGボートレースオールスター」でSG初出場し、5日目の7RでSG初勝利も飾った。
    6号艇から1着を獲ったこともあり、3連単は19万舟という驚異の高配当が飛び出た。

    今は中堅レーサーとして、亡き夫への想いを胸に、A級選手として頑張っている。…それが佐々木裕美選手だ。



  5. 佐々木裕美競艇選手(女子ボートレーサー)の学生時代とか。

  6. 佐々木裕美選手の出身は山口県で、山口支部に所属している。

    佐々木裕美選手が通っていた高校は、偏差値は43-45山口県柳井市にある「山口県立柳井工業高等学校」という高校で、意外にも工業高校を卒業している。

    もうひとつの「意外」は、スポーツ歴で明かされているのが「少林寺拳法」をやってたってこと。
    どうも県大会、中国大会で優勝したこともあるそうだ。


    佐々木裕美選手がボートレーサーになろうとしたキッカケは、「小学校の時にボートレースを見てカッコイイと思ったから」だそうだ。



  7. 佐々木裕美競艇選手(女子ボートレーサー)の強い想い

  8. 「シングルマザーだから、父親の分まで自分が頑張らなきゃいけない。」…それが佐々木裕美選手のボートレーサーとしての原動力となっている。
    「絶対に、子供が一人前の成人になるまでは私が頑張ると決めてます」とインタビュアーに対し発言している佐々木裕美選手の競艇に対する宣言は逞しく、覚悟を決めた意思はとても強くて、佐々木裕美選手が出場している時はやはり彼女を応援したくなる。

    …息子の「佐々木凱(がい)」くんの名前は凱旋門から文字を取って「凱」というそうで、「凱旋門は勝利をたたえて作られた門で、勝って帰って来るって意味がある」と話している。勿論、生前の父・坂谷真史と付けた名前だろうから、聞いてて辛い…

    佐々木裕美選手の愛用のヘルメットの後方部分には、好きな紫をベースに大きく凱旋門が描かれており、毎回ヘルメットを作る際には必ず入れているものがある。それは自分の登録番号、息子・凱くんの誕生日、レース中の事故で亡くなった夫・坂谷真史選手の登録番号を入れているそうだ。

    愛用ヘルメットとともに、常に家族を思いながらレースをしている佐々木裕美選手のレーススタイルは、亡くなった夫のこともあるのだろう、他の選手に艇をぶつける(ダンプ)ことはせず、得意のスタート力を武器に、仕掛ける技を披露する。



  9. 佐々木裕美競艇選手(女子ボートレーサー)はガチ・アムラー

  10. そんな家族想いの佐々木裕美選手にはもう一つの顔がある。
    それは、2018年9月16日に引退した歌手の「安室奈美恵」の大ファンだということ。
    佐々木裕美選手はガチ・アムラー、安室奈美恵の大ファン 
    ↑一児の母とは思えぬプロポーション!


    2018年11月、住之江のトークショーでは安室奈美恵のコスプレで登場して、「こういうところで着るのは恥ずかしいですね」と言ってはいたが、まんざらでもない。
    安室奈美恵にもなんとなく似てる佐々木裕美選手は、小柄で線が細いのでとても似合っている
    安室奈美恵のコスプレで登場した佐々木裕美選手 
    YouTubeの動画


    ただコスプレをしているだけではなく、
    佐々木裕美選手が安室奈美恵を「可愛すぎてため息した出ん…」と、ツイッターで呟いたかと思うと、次の行動は、まさかの自作でスカートを作り始め縫製している画像
    佐々木裕美選手の手作り安室奈美恵コスプレ 
    ↑完成画像と写真がまた、似合ってる!


    安室奈美恵の引退に向けての1年間は「アム活」で忙しかったそうだ(笑)
    時間もかなり使ったそうで、大阪や沖縄の(安室ちゃん)イベントに行った際に友達ができたと素敵な笑顔でプライベート写真がUPされてる。


    安室奈美恵の引退後でも「聖地」を回ったり、コスプレしたりしてたそうだが、それも落ち着いてきたそうなので、新しい趣味を探しているそうだ。
    他の趣味はあまり見つからなかったが、インタビューなどでは「インターネットの動画などで料理やメイクの番組を見ること」や、 「スポーツ新聞を読むこと(主に芸能欄とボート欄)」などと述べていた。



    あと余談だが、
    ドキュメンタリー映画「OYAKO」に息子の凱くんと親子出演したことがある。

    佐々木裕美選手は物語の中心人物となる、ラーメン屋で働く「家族の母親役」としての出演だったそうなのだが、公式のサイトの出来が酷すぎて、なんだかよくわからない。

    2013年5月から約3ヶ月にわたりクラウドファンディングでお金を集めて作った映画だそうで、330万ぽっちの超低予算の映画のクオリティが如何なものか知らないが、いつ上映してたのかも知らないし、ウェブサイトも未完成のようなところを見ると、なんだか「大人の事情」で金集めに利用されたのか?…と、腹立たしくも思ったが、監督の「イノマタ トシ」をウィキペディアで調べると、どうやらこの「OYAKO」という映画、「Best Documentary賞」という部門で評価はされたらしい。
    よかった。…機会があれば観てみたい。


    佐々木裕美選手は実年齢よりも見た目若いし、実力もA2級(上から2番目のランク)で落ち着いているし、女子選手の中には年取るにつれて強くなる選手もいるので、まだまだこれからの選手と言える。
    今後の活躍にも期待できそうだ。


    競艇検証.com」では今後も佐々木裕美選手のイチファンとして応援を続けます。
    美人競艇選手(女子ボートレーサー)という記事もいいけど、佐々木裕美選手のように「競艇で応援したくなる選手」というのも覚えておくと、自分の競艇を楽しめるのではないだろうか。


優良競艇予想サイトを探すなら【競艇検証.com】
最新の、的中実績検証

 ◆◆◇ 徹底的に調べ上げて検証、無料登録できる先週の優良サイト! ◇◆◆ 
   ↓       ↓       ↓       ↓       ↓       ↓
【 検証済 】 BOAT365 ←超検証レポートはコチラ!
7/20わずか2000円 の予想で、戸田5R(56.7倍)→戸田6R(14倍)とコロガシ、少額賭け金でも23万超
無料予想は4レースも提供され、メインコースは 5000円までしか無い、革命的な価格の最強予想サイト。

【 検証済 】 ナイトボート
←超検証レポートはコチラ!
7/18には「JACK」で 三国10R(22倍)→多摩川11R(18.7倍)とコロガシが成功して、最大24万 6840円の配当。
ナイターに強いが通常予想(昼間) も低額で出し、無料予想週6日提供。初回登録ポイントで2回有料コースを試せる。

【 検証済 】 競艇ダイナマイト
←超検証レポートはコチラ!
7/17「ダブルスタンダード」で 宮島7R(18.8倍)→宮島8R(35.8倍)とコロガシ成功となり、26万 8500円の払戻しだ。
「無料予想」は木〜日まで毎日提供され、券種も3連単などで太っ腹。安定した勝率

【 検証済 】 競艇ウェーブ
←超検証レポートはコチラ!
7/12「ちょいプラス(ブログ)」で、蒲郡1R(28.7倍)→蒲郡6R(12.0倍)と勝ち、27万 4800円の払戻しとなった。
比類ない見解や、見どころブログなど、競艇サイト界では断トツの、圧倒的知識を持つ、凄いサイト

【 検証済 】 戦国ボート ←超検証レポートはコチラ!
7/12は「初陣コース」で、福岡8R(22.9倍)→福岡9R(17.4倍)とコロガシで23万 8380円の配当に。
最安の「初陣コース」は90ptとで安く、値段が手頃だ。 無料予想は木〜日まで週4提供をしている。


佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_0
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_1
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_2
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_3
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_4
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_5
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_6
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_7
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_8
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_9
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_10
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_11
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_12
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_13
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_14
佐々木裕美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_15
登録番号 4045
佐々木裕美 (39)  ササキ ヒロミ
生年月日 1979/10/03
支部 山口
身長 162cm
出身地 山口県
体重 46kg
登録期 85期
血液型 O型
級別 A2級
佐々木裕美の期別成績2018/11/01-2019/04/30
勝率 5.71 能力 52
優出 4回 優勝 0回
1着 21.4%(30回) 2着 20.0%(28回)
3着 15.0%(21回) 4着 9.3%(13回)
5着 17.9%(25回) 6着 16.4%(23回)
検索
競艇予想サイトを検索!
▼競艇検証.comの競艇コンテンツ▼
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B1級
    T162/48kg/A型
  • 登録番号:4758
    出身 : 東京都
    支部 : 東京
    級別 : B1級
    T162/53kg/B型
  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/45kg/B型
  • 登録番号:4965
    出身 : 兵庫県
    支部 : 愛知
    級別 : B1級
    T156/53kg/O型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B1級
    T160/48kg/A型
  • 登録番号:4885
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : A1級
    T161/48kg/O型
  • 登録番号:4825
    出身 : 茨城県
    支部 : 東京
    級別 : B1級
    T168/53kg/O型

トップへ