■サイト名:

競艇バイキング

■補足情報:

万舟JAPANのグループサイトかと思われる。

無料予想の検証期間
後出し発覚
無料予想の的中率
後出し発覚
無料予想の回収率
後出し発覚
  1. 競艇バイキングという競艇予想サイトの無料予想(ボートレース予想サイト)について

    競艇バイキングという競艇予想サイトの無料予想の提供場所

    競艇バイキングという競艇予想サイトが提供する無料予想だが、会員ページの下に「無料情報公開中!」とあるので、そこを押すと次のページで確認ができる。

    競艇バイキングという競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)の無料予想(無料情報)を確認する



    競艇バイキングの無料予想の提供時間が怪しい

    競艇バイキングの無料予想の提供時間

    競艇バイキングという競艇予想サイトでは、レース前日の夜20:00頃に公開となっているが、実際にはこの時間に提供されていない

    ここで気づいたことがある。
    (この時はまだ「後出し証拠」を抑えてない)



    競艇バイキングの提供する無料予想のレース時間が早すぎるのだ。
    通常の競艇予想サイトなら、運営社の社員が出社してからなので、無料予想で提供されるレースは12:00以降のレースが多い

    しかし競艇バイキングは9:00前のレースを選んでいる。

    これが本当に前日の夜20:00頃に公開されているのなら問題ない。
    しかし、検証している現在、レース当日の夜中の2:30AMになっても今日のモーニングレースの予想は公開されていないところを見ると、前日の夜20:00頃に公開というのはウソで、守られていないのだ。
    競艇バイキングという競艇予想サイトの無料予想が怪しい
     

    今回、この競艇バイキングを検証していて、この怪しい無料予想を見て「万舟JAPAN」という競艇予想サイトを連想した。

    万舟JAPAN競艇バイキングと同じように無料予想の提供時間になっても提供せず、朝早くのモーニングレースの提供をしていた。
    怪しく思ったので、長期間、万舟JAPANのことを毎日朝の8時頃から15分おきにリロードをして、監視を続けていると、ついに後出しをやったのだ。(詳しくはコチラ

    あまりに競艇バイキングが万舟JAPANに似ていたので、もしかしたら。と、思い競艇バイキングのページソースと、万舟JAPANのページソースを見比べると、ソース内に同じ指示が同じ文言があった。

    他にもソース内に似たところが見つかった。
    これは偶然なのだろうか?


    改めて「万舟JAPAN」を見ると、サイトの雰囲気とかバナーの形状やコースの名称のセンスなど、かなり似ている気がする。
    しかも、まさかの万舟JAPANも競艇バイキングと同じ決済代行を使用していた。

    前にも書いたが、この決算代行はメジャーではない。今回の競艇バイキングで初めて知ったのだが、こんなレアな決算代行を使っていて、サイトやソースまで似ているとなると、これは同じグループサイトとみていいのでは無いだろうか。

    もしそうならば、この「競艇バイキング」は後出し常習犯である「万舟JAPAN」のグループサイトということになるので、決して信用することはできない。ということになる。



    競艇バイキングの無料予想の内容

    競艇バイキングで提供される無料予想は、1日2レースデイと、ナイターの提供となり、提供される無料予想の券種は、「3連複」の提供だ。

    点数6点の提供となっているが、表記の仕方が間違っている
    1点あたり100円を推奨しているので、不的中だった場合もリスクはほぼ無い。



  2. 競艇バイキングという競艇予想サイトの無料予想は後出ししてた。

    競艇バイキングの無料予想は後出し

    競艇バイキングという競艇予想サイトの検証をしばらく続け、間違いなくレース後に「後出し」で無料予想を出していた証拠を掴んだので「無料予想」の精度を検証する意味が無くなった

    後出しで予想出しているのなら、当たるも外れるも自由自在だから。

    競艇バイキングという競艇予想サイトは詐欺サイト
     

    詳しくはコチラ↓
    競艇バイキングの後出しレポ



  3. 競艇バイキングという競艇予想サイトの無料予想の検証結果

    競艇バイキングの無料予想を抜き打ち検証

    競艇バイキングという競艇予想サイトで提供された無料予想の買い目を抜き打ちで検証してみた。

    競艇バイキングという競艇予想サイトの無料予想検証
    2022/02/24(唐津1R)

    競艇バイキングという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
     
    競艇バイキングという競艇予想サイトは、後出しで無料予想の買い目を出していた「万舟JAPAN」のグループサイトではないかと思われ、競艇バイキングの検証をした時も無料予想の後出し発覚している

    競艇バイキングの後出しの手口は、皆が見ていないような早朝レースでレース直後に買い目公開する。といった手法なのだが、毎回やるのではなく、たまにやるのだ。(午後レースだと後出しはできない)

    今回検証したレースは午前レースなのだが、レース前に買い目は公開されていた。
    結果は外れており、相変わらずいろいろダメ出ししたい事が多すぎるので、とりあえずレースから見ていきたい。

    モーニングの第1Rは、これまでにも何度かあったように1号艇に上位級の選手を据えるシード番組である。

    このレースにおいては吉永則雄が乗艇していたわけだが、ここはそのイン戦信頼で良かったと思う。
    序盤はイマイチの感触だったモーターだが、徐々に整備の成果が出始め、十分に戦えるだけの足色になっていた。
    前日の2走の走りを見ても明らかである。

    問題はその相手であるが、真っ先に6号艇一色は外す事ができた。
    2日目の転覆の影響を受けている感じで、全くレースになっていないし、ましてや6コースとなれば即切りでオッケーだ。

    あとの4艇で悩むのだが、開催自体は5日目という事もあり、素直にその機力を軸に予想を組み立てれば良い。
    モーターの素性が一番いいのは2号艇片岡、今節の動き的には3号艇梶山が出ていたので、この2人の2・3着中心で良かった。
    しかし現実にはこの2号艇片岡を切ってしまっており、そこが今回の主な敗因だったと思う。

    それより今回はレース自体の事より、もっと根本的なところを指摘したい
    この予想にある通り「軸1 相手3・4・5 券種3連複」であれば、点数は6点ではなく3点である(1=3=4、1=3=5、1=4=5)

    3連単だとするならば、6点という点数で良いのだが、1軸だけだと、3-1-4や3-4-1などの3連単まで広げてしまうのかと勘違いさせるため、こんな風に曖昧な感じでは絶対書かない。
    「1着固定(1) 2・3着相手3・4・5」とか、「1ー3・4・5ー3・4・5」と書くものだ。

    ちなみにだが、1号艇の1着率が90%近くあるモーニングの第1レースで、1号艇の1着固定ではなく3連複という置きにいった予想をしているのも、必要のない抑えを含んだ券種を購入することになるので、クオリティとしてはヒドイと思う。



    競艇バイキングという競艇予想サイトの無料予想検証
    2022/01/20(多摩川12R)

    競艇バイキングという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
     
    多摩川12Rで提供のあったこの予想を初めに見た時、とても正気の沙汰とは思えないど素人予想で、何度もレースを確認してしまった。
    1号艇渡邉全く組み込まれていないのである。

    まずそもそも表記もオカシイのだが、3連複で6点も予想しているとしたら、ソコも問題で、これは3連単でいうと24点買いをしているのと同じ意味であり、手広く行き過ぎである。
    これだと当たったとしてもガミる可能性だって高くなる。
    まぁこの予想に関して言えばガミる事はなさそうだが、にしても基本的にリターンが期待できない

    そしてこの3連複というのがこの予想における最も重要なポイントで、渡邉が入っていないのは致命的だ。

    渡邉の1コースにおける3連対率は90%非常に高い
    それに加えて今節は得点率トップ通過を狙えるくらいリズムがいいのである。
    当然モーターの仕上がりも行き足からターン足中心に良く、スタートもきっちり決まっている。

    この渡邉を3着から外す予想などできるだろうか?
    3連対期待確率はどう少なく見積もっても90%以上はあるだろうし、到底できるわけがない

    軸にしていないだけならまだしも、相手にまで入れてないとは、こんな予想を提供している事自体がおかしいし、外れるのは当然だが、引退した方がいいと思えるレベルのものであった。
    最低だったと書いておきたい。



    競艇バイキングという競艇予想サイトの無料予想検証
    2021/09/09(唐津1R)

    競艇バイキングという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
     

    今回の唐津1Rは不的中だったが、後出しをしている「万舟JAPAN」のグループサイトならカモフラージュでわざと外した可能性がある。…まぁ、これが本当の実力なのだろうが、とりあえず検証をするのだが、その前に。
    競艇の「3連単」は6艇あるのでその通り数は120通りとなり、それに対し「3連複」は全通りでも20通りしかなく3連単以上にかなり当てやすい。

    だが先に書いておくが、競艇バイキングの無料予想は、記憶に残るほどの最低レベルのものであった。

    まず1号艇のシード番組(1号艇に格上選手が乗艇している)であるにも関わらず、その1号艇を軸にした3連複を6点も買っている段階でかなり厳しい。
    はっきり言って多すぎる
    確かにこのレースの1号艇小野は機力もしっかりしており堅かったとは思うが、にしても多い

    「1=3=4」の最終オッズ3.2倍だし「1=2=3」は5.3倍、「1=2=4」は6.6倍当たっても儲けがない
    この段階でかなりダメな予想と言える。

    そしてもっと大事な点を指摘したい
    5号艇松本を絡めている点だ。
    とにかくまだ新人でレースが全く上手くなく、デビューしてから1着を取った事が一度もない
    それどころか2連対率は0.7%3連対率で見ても3.0%と致命的に実績がない。

    超抜モーターなどを引いているのなら考えなくもないが、あって中堅程度の機力では絡む可能性はほぼ不可能だったのだ。
    その松本を絡めた予想に3点も費やしているのだから競艇のド素人なのは間違いない。

    ここまでひどい予想は久しぶりに見たし、そしてこれだけ点数多くて(3連単で考えると36点予想)外している段階で話にならない。
    最低なクオリティのものであったと断言しておきたい。

    これで後出し常習犯の「万舟JAPAN」のグループサイトだったとしたら、これがこの運営社の実力だろう。


競艇バイキングという競艇予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
ボートパイレーツ」と言えば、マルコというブロガーの犯したとんでもないミスで、いつも同じグループサイトの新サイトが登場すると、一斉に始まるキャラ誘導による集客が、実は自社運営だったことがバレたサイトだ。(最近だと競艇ラボ

今回の無料予想の検証で、1号艇には上條暢嵩だった。
ここ6ヶ月の1コース1着率は約79.3%、3連対率は100%と、そのイン戦の信頼度は相当高い
足的には戦えるレベルといった感じで、強めというわけではないが、これだけの実績を残しているので逆らうのは正直厳しい。
よって、上條のイン逃げで予想的には良かったと思う。

では2着に関してはどうか。
この予想にもある通り、2号艇百武5号艇森永共に気配的には好気配で、2着に据える気持ちもある程度は分かるのだが、果たしてそこに実力や近況に関しての情報は加味されているのだろうか?
その視点がなかったように思う。
端的に言うと、もし3号艇出畑が出走表でA1級表記であったとしたら、同じ予想を出すだろうかという事だ。

ボートレースでは、4月末で今年の7月からの級別を決める審査が終了している。
その7月からの級別で、出畑はA1級へと復帰するのだ(以前はSGにも出場するような強豪であった)。
しかし、その表記は7月から切り替わるので見落としがちになる。

現在の表記上出畑B1級なのだ。

そして表記が変わるというだけではなく、シンプルにここ半年の成績がいいからA1級に復帰するので、この6選手の中で上條の次に成績を残している選手となる。

こういう視点を持てば、間違いなく2着筆頭に出畑を持ってくるだろう。
百武・森永より、確実に実力のある選手なのだから。
少しのモーター差ではカバーできるものではない。

シンプルに現在の出走表だけを見て予想している感じがして、分析が足りなかったのではないだろうか。…いや、分析と言うほどの情報でもないか。
これくらい「当たり前」の事であるので、これが外れたのは正直フォローできない予想だった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ