第80回
★競艇の必勝法を考える

初日ドリーム戦には注意!…その訳は?

  1. 初日ドリーム戦には注意!…その訳は?

    開催初日に行われるドリーム戦

    ボートレースの開催は基本的に1週間程度行われるのだが(SGやG1は6日間)その開催初日の第12Rに行われるのが「ドリーム戦」である。

    その節を代表する選手を6人集めて行われるレースのため、当然この全員がそのまま優勝戦に乗ってもおかしくはないし、そうなる可能性も高い。

    ボートレースではドリーム戦に出場した6人全てが優出漏れ、なんて事態はかなり珍しいと言っていいだろう。
    つまり予選において最も注目すべきレースは、ドリーム戦と言っても過言ではないだろう。

    しかし、このドリーム戦だが注意しなければいけない事がある。それはインコースの取捨選択である。

    ドリーム戦のインコース、つまり1号艇にはこの6人の中でも1番銘柄級の選手、あるいは選考点数が高い選手を乗艇させる
    となればインコースから人気になるわけだが、最終日優勝戦のインコースと比べると、明らかに危険をはらんでいる

    要するにインが飛ぶ可能性があるという事だ。
    ここに凄く注意を払わなくてはいけないのだ。



    なぜドリーム戦のインは怪しいのか?

    ではなぜ競艇ボートレースにおいて、ドリーム戦のインコースは優勝戦のインコースと比べて危険なのか。

    それは至って簡単な話で、初日はモーターの良し悪しや、スタートなどが手探りの状態でレースに臨まなくてはいけないからである。
    どれほど実力上位の選手でも初日だと悪いモーターを引いた場合、修正できていないだろうし、スタート勘もまだ定まっていない。
    自分がスタート行けても、2・3コースの選手が行けてないと壁がなく、逃げる事が難しくなってしまうリスクもある。

    その一方で、優勝戦の1号艇は基本的にモーター仕上がっている選手が多く、スタート勘も一節走っているので手の内に入れているだろう。
    他の艇も同じで、スタートが揃いやすくなるのも逃げるには絶好の展開である。

    そのような理由があるので、ドリーム戦と優勝戦は全う違ったレースであり、初日のドリームインが危険だと書いたのである。

    しかし、ここまではっきりと違うと分かっているのに意外とオッズは変わらない
    オッズ構成や売れ方にそこまで差がないのだ。
    ドリーム戦でもしっかりインコースが人気しており、優勝戦と同じようなオッズになっている。
    ファンは初日とか最終日とか全く考慮せずに予想しているという事なのだ。
    この辺りに穴を狙うチャンスがありそうである。



  2. 開催初日の成績を見てみる

    データで見る開催初日の成績は?

    実際にその事はデータでも明らかになっている。
    2021年の初日12Rのコース別1着率と、2日目以降の12Rの1着率を比べてみた。

    ◎初日 12R

    コース 1着率
    1コース 70.5%
    2コース 8.3%
    3コース 8.5%
    4コース 7.4%
    5コース 5.0%
    6コース 0.9%


    ◎2日目以降 12R

    コース 1着率
    1コース 75.2%
    2コース 7.2%
    3コース 7.1%
    4コース 6.8%
    5コース 2.6%
    6コース 1.7%
    以上である。
    これを見れば一目瞭然で、インコースの1着率が約5%も初日は低い

    5%といえば少なそうだが、実はこの差はかなり大きく、オッズが変わらないのに信頼度がこれほど変わるとなれば、このデータはかなり重要である。

    2日目以降でデータを出しているが、最終日の優勝戦のインコースの1着率は80%を超えるので、要するに10%の差があると考えてもらうといい。
    両レースが全く違うレースというのがデータ上でも明らかになったというわけだ。

    ちなみにだが、初日と2日目以降の12Rの平均配当も全く違っていて、初日は平均7,695円と少し高めなのに対し、2日目以降は6,503円と、その差1000円も違っているのだ。
    ここにもドリーム戦が荒れる要素のあるレースだという事が表れている。



  3. 実際にドリーム戦を見てみる

    ドリーム戦を見る

    では実際にドリーム戦でインコースが断然人気を背負って敗れたレースを紹介したい。

    住之江G1第49回高松宮記念特別競走のドリーム戦

    2021年9月2日に行われた、住之江G1第49回高松宮記念特別競走のドリーム戦である。

    住之江G1第49回高松宮記念特別競走のドリーム戦のオッズ
     

    このレースだが、地元の1号艇石野貴之が断然の人気を背負ったのだが、正直モーター自体はそこまで良くなく、死角はかなりあった。
    3号艇湯川や4号艇濱野谷、5号艇井口などの攻めっ気たっぷりの選手がセンター枠にいた事も要因の一つだ。

    実際のレースでは2号艇白井が少しへこむ形となり、3号艇湯川が攻めていった上をまくった5号艇井口が1着を取っており、3連単も3万舟の高額配当がついた。
    横の艇のスタート遅れが響いて敗れるという典型的なレースであり、これこそ初日の特徴みたいな(スタートがバラバラ)レースであったと思う。

    2021年9月2日に行われた、住之江G1第49回高松宮記念特別競走のドリーム戦
     
    住之江G1第49回のドリーム戦



    丸亀G1京極賞開設69周年記念競走のドリーム戦

    そしてもう1レース紹介したい。
    2021年11月14日に丸亀で行われたG1京極賞開設69周年記念競走のドリーム戦だ。

    注目はなんと言っても1号艇毒島誠であった。
    前回の丸亀ボートレース甲子園では超抜機である64号機を引き当て、見事に優勝していた。
    そして1節前は三国G1で完全優勝を果たしており、ファンもその勢いを信頼してかなりな人気を背負っていたのだ。

    丸亀G1京極賞開設69周年記念競走のドリーム戦のオッズ
     


    このようにオッズを見ても明らかである。

    しかし、モーターに対する本人のコメントにもある通り、全くといっていいほど出ていなかった。
    まだ戦えるレベルに達しておらず、インコースと言えどかなり危険だったというわけだ。

    その不安は的中し、1マークを回った後の足が、勝利した3号艇馬場より明らかに劣勢であった。
    負けるべくして負けたようなレースだったと思う。
    ちなみにだが、この節毒島はモーター調整に苦しみ予選突破を果たせていない。

    2021年11月14日に丸亀で行われたG1京極賞開設69周年記念競走のドリーム戦
     
    丸亀G1 69周年記念のドリーム戦



    この2レースを見ても明らかで、初日のドリーム戦は名前やこれまでの成績で人気を背負うのだが、実際は不安要素が沢山あるので、正直勝負するのは危険だ。

    本命志向の方は最終日の優勝戦で、穴志向の方は初日ドリームを狙ってみてはいかがだろうか?
    レースによって性質が全然違うという事が分かった思う。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ