第79回
競艇ボートレースのコラボ企画

「4カドの峰は峰なんよ」からの、ボートレーサー峰竜太が「相席食堂」に。

  1. 「4カドの峰は峰なんよ」からの、ボートレーサー峰竜太が「相席食堂」に。

    ボートレーサーの峰が地上波のバラエティー番組に出演

    ボートレーサー峰竜太が、大阪朝日放送の大人気番組「相席食堂」に出演した。

    千鳥がMCの相席食堂
     

    相席食堂」と言えばお笑いコンビ千鳥がMCを務める深夜のバラエティ番組なのだが、芸能人がロケしてきた映像に2人がツッコむというスタイルがうけて、深夜だけではなく全国放送のゴールデンでも放送されるくらいの人気番組になった。

    その番組に、ボートレーサー峰竜太が出演したのだ。

    人気番組「相席食堂」に峰竜太が出演
     

    ボートレース関係の番組は除くと、ボートレーサーが地上波の番組に出る事自体がかなり稀なのだが、峰自身がロケをしただけではなく、この1時間の放送自体が、完全に峰竜太中心に構成されていたのだ。

    これはかなり珍しく凄い事で、ボートレース業界的には前代未聞の出来事ではないだろうかw
    そんな峰出演の相席食堂を今回はじっくり検証してみたいと思う。



    なぜ峰竜太? 名言「4カドの峰は峰なんよ!」

    そもそも、なぜボートレーサーの峰竜太が相席食堂」に出演する流れになったのだろうか?

    その答えは2018年8月26日に放送された、研ナオコが出演した回に遡る。

    ロケで北九州を訪れた研ナオコが、現地の人に勧められて行ったボートレース若松でたまたま峰竜太の出走していたレースに出くわした。

    研ナオコは1号艇吉川を軸に舟券を買うのだが、ボートレース好きの大悟は4号艇の峰竜太が1着にくると予想をするのだ。
    結果、峰竜太が4コースから差して1着を取り、その直後に大悟が「4カドの峰は峰なんよ」という、「峰は4コース強いよという意味」の名言を残すのである。
    相席食堂の4カドの峰は峰なんよ
     

    それ以降、番組内で何度もこの発言峰竜太の話題が出てきた後に、満を持して峰竜太本人がロケに行くという流れになったのである。



    峰竜太のロケ内容は?

    では「相席食堂」に出演した峰竜太の回の様子を紹介すると、まずロケ地であるが、峰竜太の地元佐賀県唐津市で行われた。
    まぁ基本的にはタレントではないので、ロケ慣れしていないだろうから、勝手知ったる地元というチョイスは納得ができる。

    そして早速「4カドの峰竜太の話」になり、峰竜太自身がそれを解説をし始める。
    ボートレースを知っている人であれば分かるだろうが、知らない人からしてみればよく分からないだろうなぁって感じの会話であった。

    というより、地上波の普通のテレビでそんな解説がされるって段階で、視聴者に分かってもらおうと思っていない感が凄い。
    千鳥の2人のツッコミで成り立つ、相席食堂的なシーンであったと思う。


    その後は、呼子の町をブラブラするのだが、とにかくTV慣れ、ステージ慣れしてるのもあるだろうが、TVタレントではないのに峰竜太のロケが上手い
    地元に好かれている峰竜太は、現地の人との絡みもしっかり見れるし愛嬌がある。
    あまり千鳥がツッコむところもないくらいのレベルだ。

    中でも見どころと言えば、呼子のイカを捌いてもらって食べるシーンではないだろうか。
    普通においしそうだったし、それを食べてる峰竜太の表情も良かった。

    一つおもしろいのが、現地の人がイカにみかんの汁をかけて食べるのを勧めたところ、それを食べた峰竜太が「俺みかんない方が好きかな」と正直に言ってしまう所である。このあたりが、普通のタレントなら、嘘でもうまいとか言うところが素直なコメントで逆に峰らしくてよかった。

    …と、まぁロケはこんな感じの内容なんだが、やはり流暢なロケが素人離れしていて、千鳥もツッコむ所があまりなくて、お笑い好きからすると「面白いか」と言われれば正直疑問の残る内容であり、相席食堂の番組的な良さはあまり引き出せてなかったと思う。


    峰ロケの後の展開

    ボートレーサー峰竜太の相席食堂」はこれだけでは終わらない
    というより、この峰竜太のロケですらも壮大な前フリだったのではないかと思う。

    企画がそもそも「峰竜太&峰竜太の旅!」だからな。
    番組の後半は「峰の出走するレースに30万円賭けてハワイを目指そう」という企画が急に始まるのだが、30万円を賭けにボートレース場まで行くのが、タレントの「峰竜太」なのだ。
    タレントの「峰竜太」もボートレーサー峰竜太の相席食堂に出演
     

    今ではもしかしたらボートの峰の方が有名かもしれないが、同姓同名な2人の「峰竜太」だと、たぶんボートレースの方の峰竜太を知っている人であれば一度は思うであろう。

    この流れ自体がおもしろいし、というか相席食堂のスタッフもそれありきでボートの峰竜太を出演させたのが分かる。

    ただ30万円を賭けた目がかなり気持ちを萎えさせた
    事もあろうか、1号艇峰竜太の単勝に30万つぎ込んだのである。

    ボートを知っている人なら分かるだろうが、単勝など買ってもほとんど儲けにならない
    ましてや峰竜太のインなら元返しが関の山である。

    これにはボート好きの大悟もツッコまざるを得なかった。
    あほちゃうん」とマジのため息。

    まぁ大半の視聴者は素人なので、素人にとっては分かりやすいのかもしれないが、個人的にはハッキリ言ってがっかりした。

    番組の30万円は単勝だったのだが、タレント峰竜太がポケットマネーで30万円購入(3連単や3連複)していたので、なんとか見る事はできた。

    結果をいうのは野暮なのでここでは書かないが、少なくとも峰竜太は1着で来た事だけは伝えておきたい。
    そして単勝の配当は100円の元返しであった。(つまんね〜w)


    以上が「ボートレーサー峰竜太の相席食堂」の全容だ。
    何度も言うがボートレーサーが地上波の放送に出ることはあまりないので、レアな回である事は間違いない。
    アマゾンプライムなどの動画配信サイトでも「相席食堂」を見る事ができるので気になった方はぜひご視聴ください。

    峰竜太に賭ける企画はまだ続くっぽいので、続報あったらお知らせしますw。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ