第78回
ボートレースのYouTube編

ボートレースYouTubeライブが面白いぞ。

  1. ボートレースYouTubeライブが面白いぞ。

    ボートレースもライブ映像を見るならYouTube

    現在ボートレースネット投票主流である。
    それくらいはもはや言うまでもないのだが、ではネットで舟券を購入したファンはどこでレース映像を見ているのか?

    ボートレースオフィシャルの投票アプリ一番メインで、誰もが一度は観ていることだろう。

    そこでライブ映像リプレイを見る事ができるので、それを利用している人は多いのではないだろうか。
    スタート展示周回展示も見れてとても便利なので、使い勝手という意味でもいいと思う。

    しかしライブという事に関してだけ言えば、オフィシャルではなく今やコチラの方が視聴者が多いのではないか?…と、思われるツールがある。

    それは「YouTube」だ。


    YouTube」については、今や説明する必要もないだろうが、ボートレースでもYouTubeを使って色々な配信を行っている。
    レースライブ中継は、そのメインなのだ。

    特にコロナの影響で、レース場のイベント等ができなくなってからはYouTubeライブに力を入れるレース場が多くなっている

    そこで今回は、24場各場の中からおすすめのYouTubeライブを紹介してみたいと思う。
    いろいろあるので、ぜひ最後まで読んでもらえると嬉しいです(^^)



    YouTubeのおすすめボートレースライブ映像

    まずおすすめライブを紹介するにあたって、24の競艇場全ての場がそういった配信をやっているのかを調べてみた。すると、24場中22場が配信をやっている事が分かった。(2021年8月23日時点)

    ライブ配信をしていない競艇場は、ボートレース児島ボートレース鳴門で、どちらもYouTubeチャンネルすら開設していなかった。

    なぜ配信を行っていないかは分からないが、かなりネットリテラシーが低いのかもしれない。


    では配信している22場の内オススメのものを順に紹介していこうと思う。

    みんドラ(みんなのドラキリュウライブ)

    まず桐生のライブ配信だ。
    配信のタイトルは「みんドラ(みんなのドラキリュウライブ)」である。

    みんなの」というだけあって、YouTubeを視聴している人と一緒に楽しむ感じの配信で、コメントなんかも拾ったりしている。

    あと解説者の元ボートレーサーの「関谷聖二」がおもしろい。
    解説がいちいち癖があるし、レース中に予想が外れたら解説という仕事を忘れて絶叫している。
    そこがまたファン目線な感じが凄くするのだ。

    元ボートレーサーならもっと的中させろ、と言いたくなるが、そのキャラはかなりいいので割と好感持って見る事ができる配信だろう。
    みんドラ(みんなのドラキリュウライブ)のYouTube動画配信



    WINWIN LIVE戸田

    次のおすすめは戸田のライブ配信である。
    タイトルは「WINWIN LIVE戸田」だ。

    一応名前もWINからきているし、ボートレース戸田のキャラクターの「ウインビー」と掛かっているのだろうが、射幸心満載のタイトルである。

    このライブはたまに他の人の場合もあるが、大抵はよしもと所属ボートレース芸人怪獣すーなか(本人画像)と、グランジの大(本人画像)の2人のどちらかが出演していて、レース予想を行ったりしている。

    ボートレース芸人と呼ばれているだけあって普通にボートに詳しいし、展開予想もちゃんとしているのが、この動画配信の魅力である。

    ただ「芸人」として見ると、彼らの知名度からみても想像つくように、あまり面白い事を言っている印象はなく、そこを期待して見ない方がいいだろう。
    普通のボートレースに詳しい人という感覚で見れば、けっこう気の利いた一言も出るので、その視点で楽しむくらいで良いのではないだろうか。

    あと、予想が外れた時の、MCの人が2人をいじる感じはおもしろいので必見だ。
    ボートレース戸田のYouTube配信、WINWIN LIVE戸田



    びわこのボートレースコロシアム

    びわこのYouTube配信は、舟券バトル形式の配信を行っている。
    その名は「ボートレースコロシアム」というタイトルだ。

    回収率を基準にバトルを行っており、その出演者はかなり多い。
    パチンコライターがそのほとんどなのだが、芸能人でいえば「内山信二」が参戦していたり、戸田で登場したすーなかも出演している。

    ボートレース専門誌マク—ルの「三吉」や日刊スポーツの「工藤浩伸」記者などもいるので、けっこうガチ予想番組の感じもある。

    そういったいろんな業界の人たちを集めて優勝者を決めようという企画自体が、金もかけてそうだし、ベタではあるのだがシンプルに面白いと思う。
    他の場ではあまりやっていないので、そこも魅力だ。

    ちなみに「コロシアム」というだけあり、優勝すると賞金がでる。賞金は100万円だ。
    びわこのボートレースコロシアム
     


    ボートレース芸人、芸人永島

    ボートレース芸人として「怪獣すーなか」や「グランジ大」を紹介したが、この2人はボートレースの番組にだけ出演しているわけではなく、よしもとの劇場にも出演しているし、たま〜にではあるが地上波の放送に出ている。
    そういう意味では生粋のボートレース芸人とは言えない感じもする。

    そんな中でボートレースYouTubeにおいて、ボートレース芸人と言えばこの人と誰もが即座に分かる人物がいる。
    永島知洋」だ。
    ほぼ、ボートレース関連でしか見たことがない。

    どのレース場のチャンネルをつけても出てくるし、SGやG1などの大きな大会ともなれば必ず何かしらの配信に出演している。
    ボートレースYouTube界の「明石家さんま」といった所だろうか。(さんまとは全くお笑いのレベルは違うが)
    まぁ、それくらい知名度がある

    そのボートレース芸人永島がYouTubeライブ初期(YouTubeでレース配信を行うようになったあたり)から出演しているのが、下関の配信である。

    タイトルは特にはないのだが、「ボートレース下関レースライブ」とシンプルだ。

    出演しているのは永島と、元ボートレーサー競艇女子でも以前に推してた、あの美人レーサーの「芦村幸香」である。

    競艇女子でも書いているが、芦村と言えば元モデルで、あの人気番組「恋のから騒ぎ」にも出演していた事で一時有名だった。
    ボートレーサーとしてはそこまで活躍する事なく、成績が悪くて引退し、美人だから地元下関の配信に出ているというわけだ。

    気になるのは番組内容だが、そこはいたって普通で、予想をしてそのレースを見るというだけのものである。
    注目すべきポイントがあるとすれば、永島の賭け金が見ていて気持ちいい。
    普通に1レースで1・2万は賭けるし、多い時は10万くらい勝負する。

    負けたら番組?が補填してくれているのかもしれないが、外れた時の反応とかを見ていると表情がかなりガチなので、もしかすると本当に自腹で勝負しているのかもしれない。

    最近は忙しいのか毎回出演しているわけではないようだが、永島出演時はそこに注目して見ると面白い。
    下関公式チャンネルのYouTube
     


    大村の名物番組、優勝戦10万勝負!

    最後に紹介したいのは大村の名物番組だ。

    現在のタイトルはその名も「闘え!オオムラマン」というもので、今大村がウルトラマンとコラボしているのでこのタイトルなのだろうが、かなりダサい

    内容としてはパチスロライターの「ういち」が1年間の大村で行われる全ての優勝戦で10万円の勝負をしようというものである。
    けっこう長い間やっていて、2021年で4年目に突入しているのだ(タイトルはその年で変わる)

    この魅力は、なんと言っても10万円を1レースに賭けるという金額で、それを毎回やっている。

    その負けっぷりも凄いもので、過去回ではあり得ない転覆で外れたり、あり得ないミスターンで断然人気の選手が飛んだりと、ハプニングが面白い。
    これがこの番組の一番の見どころである。

    大村の名物番組、「優勝戦10万勝負」の総集編

    「総集編」があるので是非w


    神がかり的な負けが堪能できるので、ぜひ総集編を見てみて欲しい
    特に開始15分50秒くらいからのレースは衝撃だった。


    …以上が、現在配信されているボートレースYouTubeライブのおすすめである。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

シックスボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

シックスボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
突然だが、選手コメントというのを知っているだろうか?
選手が現在のモーターの状況について話したり、レースでの作戦等を出すのだが、これも一つの予想材料になり得る。

もちろんそれだけに重点を置きすぎるのは良くないが、そこにヒントがあったり、展開を読むうえで重要な事が書かれていたりする。
この常滑11Rは、このコメントというのが非常に大事なレースだったと思う。
4号艇金子コメントがポイントだったという事だ。

初日からのコメントを振り返ってみると、初日(コメント日はその前日の前検日)行き足が良さそう」、2日目直線はいいと思うけどもう少しターンで押して欲しい」、3日目チルト0にして伸びはいい」とあるように、初日から伸びに関してはずっと手応えを感じているような発言をしていた。

そのコメント通りに展示タイムも好時計連発で、半分以上のレースで1番時計を叩き出していたのだ。

ここ半年の4コース時における勝ちが「まくり」のみという攻撃タイプの選手である事も考慮すれば、このレースは金子のまくりを中心に予想を組み立てるのがベストであった。
3号艇松村の3コース時におけるスタートが遅いのもプラスだっと思う。

このように攻め手になる選手カドにいる段階でインは全く買いではない。
1号艇中村2号艇荒川の順当な決着を予想しているようでは、話にならないと思う。

コメントを見るだけでもすぐに分かるような情報(もちろんこれまでのレースや展示タイムなどを考慮すればより確実なデータとなる)を考慮せずに予想を出しているのが丸わかりの内容だった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ