第77回
★競艇基礎知識〜トリビア

ボートレースの、スタート無事故記録更新!

  1. ボートレースの、スタート無事故記録更新!

    フライングとボートレース

    ボートレースという競技において切っても切れないものといえば「フライング」だろう。

    ボートレース」という競技上の特性から、レースが始まればいつだって起きる可能性があるものだし、選手自身もフライングを起こしてしまうと賞典除外になるだけではなく、何か月もの間レースに参加できなくなる

    ファンにとっては賭け金がそのまま返還されるなど、オッズ的にも変化が出て、大穴を取ったと思ってもそのオッズが安くなっていたりもする。

    要するに、競艇においてのフライングというものは選手にとってもファンにとっても起きて欲しくない出来事なのである。

    しかしスタートで先手を取った方がレースを有利にすすめられるし、勝利にも一番近づくので、どうしても気持ちも先行してしまい、ボートレースのフライングは新人選手を除いては一回もした事がないという選手はいないものだ。

    その中で14年ぶりに、スタート無事故記録が更新されたのだ。(フライングだけではなく出遅れも含む)



    14年ぶりにスタート無事故記録を更新した選手は?

    その歴代の記録を更新した選手とは、愛知支部所属河合三弘(3690)である。

    河合三弘と言うボートレーサースタート無事故記録
     
    河合三弘は74期生として1994年にデビューし、現在27年目のベテラン選手である。

    これまでの歴代1位の記録は5782走だったのだが、2021年5月5日常滑一般戦11Rで河合の連続記録が5783走に到達し、見事に記録更新となった

    河合が最後にフライングしたのを振り返ってみると、22年前の1999年3月14日、徳山新鋭リーグ12Rだ。

    6号艇で登場した河合は果敢に前付けでインコースを奪い、イン逃げを試みようとするのだが、無念にもコンマ02のフライングとなってしまった。
    やはり前付けで進入が深くなってしまったのがフライングの原因だろうし、その他の艇も割と早いスタートを行っていたので、まくられまいと勝負に行ったのかもね。
    とにかくこの22年前のレースのフライングからの記録だから凄い。

    ただスタートを行かなくて、安全なゾーンで勝負をしていればこういった大記録も出るかもしれないが、河合の凄い所はこの22年の間にB1級に属していたのが13期に対して、A2級が29期、A1級が1期と、圧倒的にA級に属していた期間の方が大きいのだ。

    優出65回・優勝4回と、決して安全なスタートだけを切っていたわけではないことが分かるだろう。
    フライングしないようにだけ意識したレースをしていてはこんな結果は残せない

    SGに出場するような強豪選手というわけではないが、この記録を打ち立てた河合三弘という選手の凄さが分かるだろう。現在(2021年7月24日)もスタート無事故記録は継続中なので、この先6000、7000とどんどん記録を伸ばして行って欲しいと思う。



    無事故記録の歴代ベスト5

    記録が更新されたスタート無事故記録であるが、それ以外のものはどうか。
    以下、ベスト5を紹介したい。

    スタート無事故ベスト5 (2021年7月現在)

    1位 河合三弘 5843 (継続中)
    2位 森實(引退) 5782
    3位 林侃(引退) 5308
    4位 佐藤政行(引退) 5146
    5位 小野勇作 4605 (継続中)


    これが歴代スタート無事故ベスト5の記録である。
    現役選手で考えると5位の小野と差が1300走近く開いているのだから、河合三弘の5800というのが如何に凄いかが分かる。

    それと2位の森實の記録だが、これは森が引退する2007年11月27日までの記録で、記録を更新し続けたままの引退だったわけだが、ぜひ河合をはじめ、小野にもこのまま無事故で現役生活を終えてもらいたいものでもある。

    あと9・10位にはどちらも加藤峻二がいるのだが、加藤は引退直前に参加していたレースでフライングを切ってしまった事から引退を決断したらしい。
    それくらいにスタート無事故を続けていた選手なのだ。
    そんな中でSGやG1を数多く優勝するような名選手であったという事は、ほんとに凄いとしか言いようがない。



    通算フライング回数ランキング

    スタート無事故の記録を紹介してきたが、逆にフライングの記録はどうか?

    通算フライング回数のランキング(2021年7月現在)

    1位 上島久男(引退) 94回
    2位 藤原辰馬(引退) 88回
    3位 貴田宏一(引退) 77回
    3位 田頭実 77回
    3位 西島義則 77回
    6位 長嶺豊(引退) 76回
    6位 関忠志(引退) 76回
    8位 原由樹夫(引退) 75回
    9位 吉田茂幸(引退) 74回
    10位 早瀬薫平(引退) 73回


    まず上島久男の94回がズバ抜けて多い(笑)

    上島久男がフライングも恐れぬほどのスタート野郎だった事は、現在の愛知支部のレーサー等のインタビューなどで読んだことがあるが、これほどまでとは。

    94回というと、仮に全てが被り無し(F2やF3など)だとしても、94ヶ月はフライングで休んでいるはずだ。
    つまり8年間以上は稼働していない時期があるという事になる。

    ボートレーサーはレースに出ないと賞金をもらえないので、8年間以上無給だったのだ。
    凄いというより、生活大丈夫だったのか?って心配になってしまう数字である。

    現役では田頭実西島義則の両選手が77回と最多だ。

    田頭実と言えばセンター・アウトからの攻めで有名な選手であり、過去にはF3という状況の中でG1を優勝した事もある。
    どんな状況でもここぞという場面ではスタート勝負をする、男気ある選手だ。

    西島義則前付けの鬼であり、やはり深くなった進入によってスタートのリスクも高まり、フライングを切ってしまうのではないだろうか。
    ある意味納得の数字である。

    基本引退した選手が多いのだが、どれだけ昔の選手はスタート勝負をしていたのだろうと思ってしまう。
    まぁこれに関しては通算なんで、より選手生活を長くやっている方が回数が多くなるのは当たり前で、今の現役選手と一概に比べる事もできないのだが。

    ただこの先田頭・西島がどれくらい回数を伸ばしてくれるのかという所には注目しておきたいものである。
    たぶんこれ以降もフライングするだろうから(笑)

    スタート無事故にしてもフライング回数にしても、やはりボートレースを面白くするのはそのスタートだと思うので、これからも選手独自の色を貫いて楽しいレースを我々ファンに見せて欲しいものである。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

トリプルクラウンという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

トリプルクラウンという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ トリプルクラウンの無料予想(2022/06/29)

トリプルクラウンでは、デイレースで2レース、ナイターで2レースの、合計4レースの無料情報が1日に公開される。
今回は尼崎7R・8Rと連続不的中になった理由を検証したい。

2022/06/29 (尼崎7R)
まず7Rであるが、解説によると「和田選手はフルダッシュ乗せて大技」とある。
確かに、6号艇の和田兼輔は時折、チルトを上げる伸び仕様からのまくり一撃を決める時がある。
しかし、このレースにおいてはその可能性は低かった
3号艇に酒見がいるからである。

近況の酒見は伸び仕様を多発しており、まくりの精度が格段に上がっている。
和田以上に伸びに特化したレースをしているのだ。
仮に和田が外から伸びて来ようとも、酒見に掛かる可能性は非常に高く、その段階で解説にあるような大技は決まらないからだ。
スロースタートであるので、伸び切りまであるかは微妙だが、和田を止める役割には十分であった。

この酒見の存在が全く無視されたような6号艇和田の1着予想を、イン1号艇杉山からの予想にまわしていれば的中もできていただろうと思う。

2022/06/29 (尼崎8R)
そして8R
ここも4号艇眞鳥を2・3着軸にしているのが間違っている
6号艇に実力上位の今井がいるのに敢えて選ぶ理由も分からない

眞鳥自体のモーターが悪いというわけではないが、やはり実績面での差が大きすぎる。

このメンバーの中でも一番実績のない眞鳥と、一番実績のある今井では、どちらが絡む確率が高いかは明白だろう。
枠を考慮した上でも眞鳥を全面的に信頼できる要素は少なく、良くて相手候補の一人といった所だろうか。
割とイージーなレースでの不的中だけに厳しい。

2レースとも的中できるようなレースだったが、結果は連続不的中となった、残念。

ゴールデンボートブリッジという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ゴールデンボートブリッジという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ゴールデンボートブリッジの無料予想(2022/07/04)

まずこのレースを予想する上でポイントになるのは、6号艇吉田進入である。
6号艇時に基本的に前付けを行う吉田であるので、ここも3コースあたりまで動いて来そうであったのだ(初日にFはあるものの、進入柔軟なこのメンバーであれば動く可能性は非常に高かった)
なので、進入は126/345になると予想できた。

この進入になると、一番有利になるのはどの艇だろうか?
それは間違いなく3号艇廣瀬であろう。

まずスタートが基本的に早く、4コースカドからまくりを決める事も多い。
その上、3コースに前付けをする吉田のスタートに不安要素があるので、スリット後楽に攻める事ができる。
モーター自体は伸び足が抜群に良いと言うわけではいが、出足中心に全てが水準以上の手応えであったので、スタート一気にまくりにいく可能性が非常に高かったのだ。

廣瀬の相手も簡単で、まくり展開に乗る4号艇松下5号艇堂原、内で差し残す2号艇山本の2・3着で良かった。
進入予想さえきちんと行われていれば、的中させる事のできるレースであったと思う。
そのような中で2号艇山本1着固定の予想をしているようではダメで、ゴールデンボートブリッジの予想には吉田の動きを全く想定していないものにしか見えず、進入の段階で的中する可能性は非常に低かった。

おそらくだが、より内枠にいたという理由だけで山本を推しており、安易な予想だった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ