第75回
競艇ボートレースのコラボ企画

「ゾンビランドサガ R」とボートレース唐津がコラボ?

  1. 「ゾンビランドサガ R」とボートレース唐津がコラボ?

    劇中にボートレース唐津の描写が登場?

    2021年は「鬼滅の刃」の劇場版が日本映画の記録を塗り替えるほどの大ヒットし、何年か前の「君の名は。」あたりから異様に日本のアニメブームが盛り上がっている。

    もはやアニメ=オタクが見るモノという定義は存在せず「日本の文化」として世界的にも認知され、誰もが楽しめるものとして「次に来るのは何か?」と、毎年世界中に期待されているのではないだろうか。

    そんな中、ツイッターを見ていたらボートレース唐津が、とあるアニメの劇中に出てくるという情報を知った。

    昔は「モンキーターン」という競艇アニメのパイオニアが有名で、漫画自体も面白いので一時注目されていた時もあったが、最近ではボートレースがアニメに出てくるシーンなど見たことがない。

    というより、最近に限らずわざわざボートレースの描写をアニメに入れる必要性も無いし、ギャンブルのシーンを描くなら競馬の方がピンとくる人が多く、ボートレースのアニメはニーズも無さそうだ。
    …とまぁ、そんな理由で興味が沸いたわけである。
    気になったので、調べてみた。



    競艇ボートレースが登場するアニメは?

    さて、では競艇がどのアニメに登場したのか?だが、そのアニメは「ゾンビランドサガ リベンジ」というアニメで、私は知らなかったので公式サイトを見てみると、先ず「サガ」は「佐賀県」のこと

    ストーリーはゾンビが佐賀県のご当地アイドルやって佐賀県を救うってハナシ。
    なぜ「佐賀県」?と思ったら、制作・企画会社の株式会社Cygames(サイゲームス)の社長が佐賀県出身で、佐賀県のアニメの依頼があったためらしい。

    だからボートレース唐津(佐賀県所在)なのか。

    ゾンビランドサガ リベンジというアニメが競艇ボートレース唐津とコラボ?
     

    最近ゾンビもののアニメも多く、この「ゾンビランドサガ リベンジ」もアマゾンプライムなどの評価を見ても高評価を受けており、決して超マイナーアニメがネタ不足とかでボートレース唐津を出したわけではないようだ。

    リベンジ」というタイトルにもある通り、現在放送中なのはセカンドシーズンで、続編が制作されているという段階でかなりな人気があるのは間違いないと思う。



    競艇ボートレースが実際登場するアニメシーン

    では実際のボートレース唐津が登場するシーンだが、どのような流れで出てくるのか。

    ソコに関しては割と強引な展開で、アイドル内の一人のメンバーが警察官(毎話登場する)に連れて行かれるという流れなのだが、警察官がボートレース唐津に連れて行くっていうのだが、ムチャな展開だ。
    ゾンビランドサガ リベンジというアニメの競艇ボートレース唐津のシーン
     
    そして驚くのはその後の展開で、以前登場した事のあるサブキャラがボートレーサーになってレースに出走するという流れになるのである。

    ボートレース唐津が少し出てきて、そこで舟券を買うくらいだろうとしか思ってなかったので、まさかレースに出るとは思いもしなかった。

    というか、レースに出走しているキャラは養成所に通い出すみたいなシーンもなかったので、この段階でどれだけ年月経ってるんだよ、ってツッコミどころ満載であった。
    まぁアニメだから仕方がないか。

    レースシーンは正直あまりリアル感はなかったのだが、最後の3周目2マークのターンに関しては割と良いと思う。
    現実にはありえないようなシーンだけど、アニメならではの演出でなかなか(笑)
    ボートレースを描く事に特化したアニメではないので、このくらいでも十分なのかなとも思う。

    最終的にはそのレースを購入していたメンバーが見事に舟券を6万舟的中させるというシーンもあり、ボートレース唐津のシーンは終わったのである。

    舟券購入シーンもあるし、思っていた以上にがっつりボートレースが描かれていた
    それにワラスボというウナギのような異様な怪魚?も登場し、調べてみると日本だと佐賀の有明海しかいないそう。
    ここまで登場するって事は何か唐津ともコラボしてそうだ。

    …と、思ったら、登場するシーンのスタンドは、今年11月下旬にオープン予定のスタンド棟をイメージして描かれたそうで、オープン時には間違いなくコラボグッズの販売とかあるだろう。
    コロナがどうなってるかわからないが、巡礼コースとしてアニメファンも来ること間違いないだろう。



    競艇ボートレースとアニメのコラボ(笑)

    やはりボートレース唐津とコラボしていた。
    コラボ内容というのが、あの「峰竜太」がアニメシーンで登場した3周2マークのシーンを実演するという動画である。

    ゾンビランドサガ リベンジというアニメの競艇ボートレース唐津のコラボに峰竜太
    峰竜太がアニメシーンを実演


    まず驚くのが、水面ではなく陸地でボートに乗った峰が「ぶぅーーーん!!」と言いながら体を揺らして実演しており、アニメシーンとかも挟まれてレース実況まで峰自身がしてる。
    かなりシュールである。

    さすがにターン体勢になってから3艇旋回のシーンになると迫力があって面白いのだが、前半があまりにも衝撃すぎてそっちが印象に残る。
    まぁターンにおけるアニメとのコラボシーンなんかはいい感じだと思うので、ぜひ見てみて欲しい。

    峰竜太のYouTubeチャンネルでも、その撮影シーンがUPされているので、そちらも面白いのでチェックしてもらいたい。

    こんな感じで「ゾンビランドサガリベンジ」でのボートレース唐津登場シーンを紹介していった訳だが如何だっただろうか?
    私的にはかなりおすすめできると思うし、実際のシーンもぜひ視聴して欲しいと思う。

    唐津だけでなく、今後もいろんなボートレース場がアニメ内で登場してくれると面白いのだが、どうなるだろう。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ