第71回
ボートレースのYouTube編

ボートレーサーからお笑い?芸人誕生?

  1. ボートレーサーからお笑い?芸人誕生?

    ボートレーサーの引退後は?

    ボートレーサーが引退した後は、どういう職業に就くのだろうか?

    有名な選手であればJLC中継のレポーター解説者として再就職(?)もできるかもしれないが、全く現役時代に活躍していなかった選手などはそれも厳しいだろう。
    そもそもオファーがないのではないだろうか。
    (今なら悪質な競艇予想サイトの運営社から、顔出しでオファーがあるかもな)

    一番多いパターンとしては、現役時代に稼いだ賞金を使って、何か店を経営したりする事が多いようだ。

    実際、ボートレーサーは個人事業主なので、現役時代から副業する事が可能であり、コンビニ経営する選手や、居酒屋などの小料理屋を経営する選手も多い。

    シンプルに、何もせずに獲得した賞金や年金だけで暮らしていくパターンもあろう。
    この辺りが基本的なオートレーサーの引退後である。



    元ボートレーサーからお笑い芸人誕生?

    そんな中でボートレーサーを引退後、爆笑問題などが所属している芸能事務所タイタンとマネジメント契約をして、芸人になった元選手がいるのをご存知だろうか。
    その元選手の名前曾根孝仁(そねたかひと)という。
    元ボートレーサーのお笑い曾根孝仁
     


    元ボートレーサー曾根孝仁はどんな選手だった?

    いきなり曾根孝仁と言われても、玄人なファンならともかく、私も全く知らない名前だった。

    ちょっと曾根孝仁調べてみたので、現役時代どんな選手でどんな成績を残してきたのかを紹介したい。

    曾根孝仁は愛媛県出身の香川支部に所属し、ホームプールはボートレース丸亀であった。
    93期生としてデビューし、同期にはSGで勝ったことのある「馬場貴也」や「長田頼宗」などがいる。
    同じ香川支部としてはG2戦優勝歴のある「中越博紀」がいるのだが、中越も愛媛県出身の選手だけに、もしかすると2人は仲良かったかもしれない。

    成績としては凄く微妙で、一度もA級に上がった事のないような万年B級の選手だったようだ。

    優勝どころか、17年も続けた競艇だが、その間優出自体も2回しかなく全くぱっとしない成績だったようだ。
    元ボートレーサー曾根孝仁の画像
     

    フライング休みがかなり多い選手だったようで、そのF休み中には、ホストやビールの売り子、配達員など、色々なバイトを経験したそうだ。
    そりゃ、皆知らなくて当然だ。

    なるほど、これだけ続けても才能が開花するどころか先が見えなければ、モチベーションも下がり38歳の若さで引退(競艇選手にしては早い引退)しているのも納得がいく。
    ボートレーサーに向いていなかったんだろう。

    いくら探してもこれくらいしかレーサー曾根の情報は出てこなかった。



    元ボートレーサー曾根孝仁の今後の活動は?

    ニュースではタイタンマネジメント契約を結んだとあるのだが、実際はタイタンが運営している「タイタンの学校」という2020年4月からスタートしたお笑いの育成学校に通っている?らしい。

    その3期生だというから、育成学校としてもまだ歴史も浅く、3期生のライブ映像がタイタンの学校YouTubeサイトに上がっていたので頑張って見てみた。

    なにぶんまだ素人同然のお笑い目指してネタ作ってる学生なので、ハッキリ言って動画を見続けるのは苦痛でしたw

    タイタンホームページ内の曾根孝仁のプロフィールページにはコンビ名とか載っていなかったのだが、たぶん動画の13分25秒くらいから始まる「夕凪」というコンビの片方が曾根なのではないだろうか?
    元ボートレーサー曾根孝仁のお笑い名は夕凪
    13分25秒くらいから「夕凪」

    ネタ自体は、つまらなすぎて鳥肌が立った
    曾根がお笑いにむいてるとは思えなかったが、1年目ならこんなものなのかもしれない。
    (改めてTVのお笑い芸人の凄さを知った)

    あと、このコンビでかは分からないが、ボートレースのネタとかをネタ見せなどもしているらしい。
    元レーサーならではの視点で描かれるネタがどのようなものか、ちょっと気にはなる。



    元ボートレーサー曾根孝仁はユーチューバー?

    どうやらボートレーサー引退後は芸人として売れようと頑張っているっぽいが、タイタンのプロフィールに付いてたリンクを辿ると、4ヶ月前の2020年9月からYouTuberとしてもやってることが分かった。

    はい、ソ〜ネっと。」という言葉で始まるのがお決まりのパターンなのだが、これも実につまらない

    ソネちゃんTV」というチャンネルの第一回目では、元ボートレーサーやってたという自己紹介と、当時はフライングばかりしてて施工者に迷惑かけてたといった話。それと、元々は競馬の騎手になりたかった。などといった話をしている。
    お笑いのネタ話や、芸人目指してる話は見当たらない

    2021年2月15日では、41回分の動画が公開されているのだが、初期の頃はボートにまつわる話がメインで、宿舎生活の話や減量の話などがあるのだが、その中でもフライングのネタは、本人もいたる所で話してきたようで、話がノッてて面白い

    曾根孝仁が現役時代、22回もフライングして、本人が自分で計算すると約34ヶ月、17年選手やってて約3年もフライング休みしてたという

    ボートレース多摩川でもあまりにもフライングしてたので練習はおろか、3年間、出入り禁止になってたというから、ある意味すごい。

    最近の動画はほぼ競馬の予想
    元競艇選手とはいえ、所詮ギャンブル好きの個人予想なので大した当たりもなく、以前に比べると再生回数も減っているようだ。

    ユーチューブの動画では話もまぁできてはいるので、これを本業にするならそろそろ路線変更も考えた方がいいのかもね。
    元ボートレーサー曾根孝仁の「ソネちゃんTV」
    元ボートレーサー曾根孝仁の「ソネちゃんTV」


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ