第70回
競艇の楽しみ方〜競艇選手編

アウト屋澤大介の、最後のレース?

  1. アウト屋澤大介の、最後のレース?

    競艇、ボートレースは内コースが人気

    競艇、ボートレースはその競技の性質上内のコースが圧倒的に強い競技だということは「競艇の1コースの勝率」でもデータを元に解説したことがある。

    その特性があまりにも大きいので、選手達は誰もが内のコースに入ろうとするのが「普通」だ。

    イン屋と言われるような、内のコース専門で走るレーサーはけっこういるし、イン屋でなくてもここぞという場面では、進入争いから動いて内枠を取りに行こうとする選手は非常に多い。
    よほどの理由がない限りは、アウトからスタートするのは勝率が下がるので嫌なものである。


    アウト屋といえば、この3人

    ただそんな選手心理に反するかのようにアウト専門(6コース専門)でレースをする「アウト屋」と呼ばれる選手達が存在する。

    それは以前に「競艇界のアウト屋たち」でも紹介したことのある、小川晃司阿波勝哉澤大介の3名の選手である。

    これだけインコースが強くなった現在のボート界において、自ら勝率の低いコースを取りにいく彼らの存在はとても貴重で、1号艇でもコース取りしないで6コースに出るというのはかなり勿体ないことで、理由は分かるがなかなか心情を理解するのが難しい。

    そんなボート界の稀有な存在であるアウト屋だが、どうやら異変が起きているようなのだ。

    というのも、これまで「アウト屋」一筋だった3人の一人「澤大介」がアウト屋を引退するというというのである。
    競艇ボートレースのアウト屋、澤大介がアウト屋をやめる?
     


    突如出た、澤大介のアウト屋引退発表

    あれだけアウト専門職でやってきた澤大介が、突然「アウト屋を引退する」と、本人の口から発表があった。

    その発表はYouTubeの坂口周チャンネル動画内で行われた

    坂口は澤と同じ三重支部の後輩であり、動画見ると日頃から親交があるようだ。
    そんな事もあって、このチャンネル内の動画で発表されたのだ。

    YouTubeの坂口周チャンネルにて澤大介のアウト屋引退発表が!
    YouTubeで澤大介のアウト屋引退発表


    とにかくその動画を一回見てみて欲しい

    序盤「なぜアウト専門やるの?」という坂口の質問に対して、澤が持論を話すのだが、3分過ぎたあたりから本題が始まる

    澤によると、やはり大外一本でレースをするのが厳しくなってきた事アウト屋引退の最大の要因ということだ。

    持ちペラ制の廃止(2012年4月まで)によって、自分好みの大外用ペラを使えなくなったというのも大きかったらしい。

    確かにここまでインコースが強くなってしまっては、大外一本で結果を残していくのは大変であろう。
    実際ここ最近の澤の勝率4点台前半で、B1級でも中間~下のレベルという位置で、かなり厳しくはなってきていた。

    そんな中で決断を下したわけだが、本人的にも相当悩んだんだろう。
    動画の感じを見ていてもそれが伝わってくる。

    これから自分がどのようなレーススタイルになりたいかという前向きな話もしていて、個人的にはそこが一番気になる所ではあった。
    アウト屋からイン屋への転向、みたいな話題のシーンは良かったし、実際にそうなれば相当おもしろいのではないかと思う。

    動画が配信された段階で、アウト屋として走るのはフライング休み前の平和島が最後だと話していた。
    偶然にもそのレースのタイトルが「ダッシュ島グランプリ」というのも(引退するわけではないがなんだか寂しい感じもする)アウト屋澤が最後に走るレースとしてふさわしいと思った。

    ちなみにであるが、この動画の再生回数は1月29日現在で 9万2500回再生を超え、その他の坂口周チャンネルの動画よりも圧倒的に多い
    やはりみな澤の事を注目していたという事だろう。



    澤大介が「アウト屋引退」と断言するワケ

    以前は「アウト屋やめるなら引退する」とまで言っていた澤だったが、実際は競艇を去って引退するわけではない
    今回のYouTube動画は、本人の決意表明であり、ファンに対してのメッセージだと思う

    ファンは6コースに絶対入ると思って予想を組み立てているので、いきなり枠を主張し始めると裏切った感になると思ったからじゃないだろうか。
    (個人的には奇襲的に進入変えてもいいとは思うが、今のファンは進入変わるとすごく怒るのでそこを考慮したのかと)

    澤としても断言する事によって、一つの区切りとしたかったのかもしれない。



    澤大介のアウト屋最後のレース

    2021年1月26日に行われた平和島第11Rがアウト屋澤としての最後のレースとなった。

    この平和島の節間、初日1走目を除いて(チルト2度)オールチルト3度で出走をしていた澤は予選5走中3連対3本の好成績を収め、最終日も選抜戦に選出されていた。

    6号艇で出走しここもチルト3度にしていたのでスタート後は伸びていったのだが、1マークまでにまくり切れず5着に敗れてしまった。

    それでもコンマ05の早いスタートを切っていたし、内を締めていく辺りは澤の真骨頂を見た気がした。

    インはコンマ01のトップスタートだった。
    もし、内枠勢がもっとスタート遅ければ、最後を有終の美で飾る事も出来たであろうと思うとちょっと残念ではあったかな。

    レースの様子はリンク貼っておくので、ぜひ見て欲しい

    澤大介のアウト屋最後のレース
    澤大介のアウト屋最後のレース



    澤の次走はフライング休みが明けた3月2日からの宮島一般戦である

    これが→宮島一般戦出場メンバーとなる。

    アウト屋を引退した澤がどういった走りを見せるだろうか。
    そのコース取りから注目して見たい。楽しみである。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ