第68回
競艇ボートレースの旬な話

消えた、ボートレーサー養成所の体罰事件

  1. 競艇ボートレースの訓練生が教官から体罰

    厳しいボートレーサー養成所

    ボートレーサーになるためには絶対に避けては通れない道がある。それは「ボートレーサー養成所」だ。

    競艇女子でも人気の「西岡成美の訓練生時代の挨拶」を見ても分かるように、現在は福岡県柳川市にあるボートレーサー養成所は、入学するのも難関で、入った後もわずか1年の間でも途中何人も逃げ出すほどに指導が厳しい事で有名だ。

    軍隊のように規律を重んじたり、集団行動も徹底して行うそうで、少しでもミスをすれば罰がある



    不合格となった元訓練生が、暴行を訴えた。

    しかしそんな「罰」がいきすぎたようで、養成所の指導法が問題になったのだ。
    元訓練生の男性が教官から暴力を振るわれたとして、傷害容疑で告訴したのである。

    競艇ボートレースの訓練生が教官から体罰を受けた記事を発見
     

    男性によれば養成所を退所するまでの間、教官から繰り返し体罰を受けていたのだという。平手打ちされ奥歯が折れる事もあり、正座を6〜7時間強要されたりしたようなのだ。

    この男性からの訴えがあり日本モーターボート競走会は調査を行った所、長時間の正座をさせたなどの「行きすぎた指導」があった事は認めたが、暴力行為に関しては一切否定しているらしいのだ。

    このような流れから、福岡地検柳川支部は「起訴するに足りる証拠がなかった」として不起訴としたのだ。

    すると男性はその決定は不当であるとして検察審査会に審査を申し立てた、というのが2020年12月だった。



    暴力行為はあったのだろうか?

    では男性が訴えている通りに、教官からの暴力はあったのだろうか?
    あくまで男性が主張しているだけなのでなんの確証もないので、何とも言えないが、皆さんはどう思いますか?

    というのも、この養成所は古くからこういった指導が行われるのは暗黙の了解のようなところがあり、競艇漫画の「モンキーターン」でもそのようなシーンがあったと思う。

    現在のベテランの選手なども養成所の思い出話としてそんな事をけっこう話している。
    しかしわずか1年間でド素人をプロのボートレーサーにしなければいけないというのは相当大変なことで、生半可な指導方法では達成できないと考えるのも間違ってはいないと、個人的には思う。

    ただ、ボートレースの養成所は一般の社会とは違うのだという思いもあるのかもしれない。
    そのような時代遅れの考えや、根性論的なものに頼りすぎた考えが、今回の事件の根底にあるのは間違いないだろう。

    昔の体罰」や指導法が今では「暴力」と言われる時代なので、この事件のどこまでが許される範疇なのかは分からないが、どちらにせよ暴力行為があった事はあったのではないだろうか。

    体罰が無かった」という教官の主張を認めるのなら、この被害届を出した25歳の男は妄想癖や、自傷癖でもあったというのか?

    もしそうであるなら、そんな人間が入学するのも難関な養成所に「受かった」ということ自体問題だろう。
    一切無いと考える方が難しいのではないだろうか。

    もしそのような行為が行われていたとしたら、当の教官たちには反省してもらいたいと思う。



  2. ボートレーサー養成所の暴行事件の記事が消えた

    ボートレーサー養成所の暴行事件の記事が見つからない

    今回これだけ大きい問題となったニュースなのに、全く大手の新聞社やテレビ公式ページにもその情報が載っていない状況の方がむしろ問題なのではないかと思っている。

    私がこのニュースを知った時に検索しても、「西日本新聞」や「東京新聞」というローカル紙しか扱っていないのだ。

    今年初めの「八百長レーサー西川」の時もそうだったが、どうも業界のイメージダウンにつながる事は積極的には発信しないようにしているとしか思えない。
    しかもその動きが徹底していて怖いくらいだ


    ボートレーサー養成所の暴行事件の記事を読んだ時にキャプチャ画像を撮ったから良かったものの、今ではこの事件の記事を探しても、見つからない

    全ての記事が、片っ端から削除されているのだ。

    今残っているものといえば、googleにインデックスされたキャッシュだけで、そこからも事件の概要を把握できるが、詳細までは分からない。

    競艇ボートレースの訓練生が教官から体罰を受けた記事のキャッシュ
     

    ニュースサイトの中にもキャッシュが残っているものもあるが、「記事全文を読む」のボタンを押し記事ページにいくと、削除されていて無い。

    ボートレーサー養成所の暴行事件の記事、西日本新聞の場合
     

    ボートレーサー養成所の暴行事件の記事、Yahooニュースの場合
     

    ボートレーサー養成所の暴行事件の記事、gooニュースの場合
     

    どれもニュースを扱うサイトだ。
    それらがどこもかしこもこの記事だけは一斉に削除した



    本当の真実は何なのか?本当に教官3人は無実なのか?

    裁判では不起訴になった
    これが現段階の裁判官が下した判決だ。

    本当に養成所の教官3人が無実であるならば、養成所の潔白の証明をする為にも、続報記事を載せるべきではないだろうか。

    「報道の自由」とされた民主主義国家なのに、どのニュースサイトも「裁判で不起訴になった」途端に、

    「なかったこと」にしてしまった。


    検察審査会に審査を申し立てた結果はどうなるんだろう。
    何とも不気味なニュースである。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ