第67回
競艇ボートレースのコラボ企画

競艇ボートレースコラボ「金田一37歳の事件簿」

  1. 競艇ボートレースコラボ「金田一37歳の事件簿」

    東海4場のボートレース場とコラボした「金田一」

    人気漫画バキ(刃牙)とのコラボが大好評だったボートレースだが、またしてもあの人気漫画とコラボをしている。

    その漫画とは「金田一37歳の事件簿」である。

    KinKi Kidsの堂本剛が主役のドラマ化、そしてアニメ化もされた人気作品の「金田一少年の事件簿」の20年後を描いた続編だ。
    (週刊少年マガジンから、イブニングに連載移籍した)

    今回のコラボは、金田一がなんと東海4場(津・常滑・蒲郡・浜名湖)のボートレース場とタッグを組んだ コラボだ。

    題して「金田一37歳の事件簿 ボートレースの謎を解け!キャンペーン!」。

    金田一37歳の事件簿_競艇ボートレースとのコラボ
    公式サイト



    東海4場コラボの「金田一」キャンペーンとは?

    設定としては、37歳になった金田一が仕事でボートレース場に視察をした時に事件に巻き込まれる、というもの。

    ボートレース場で事件なんて起こらないとは思うが、金田一もコナンも、行く所には常に事件が起きるので、今回もそんな感じで起きている。

    キャンペーンとしては凄くシンプルで、各ボートレース場で出される謎を解いて応募するとプレゼントがもらえるといったキャンペーンだ。


    パーカー・QUOカード

    プレゼントとは、場によってデザインが違うオリジナルパーカーや、QUOカードなのだが、このパーカー、当たったとしても恥ずかしくて着られない
    なんならバキコラボでパーカー作ってくれた方が、まだギャグで着れたかもしれない。

    QUOカードに関しては、謎を解かなくても各場のTwitterをフォローしてリツイートすれば貰える可能性がある。
    各場のTwitterをフォローをすると、パーカーの当選確率も2倍になる?ので、本当に欲しかったらこの機会にフォローすればいいだろう。

    金田一37歳の事件簿_競艇ボートレースとのコラボのパーカー
     


    エコバック・パスケース

    それとコロナ禍の真っ只中、来場キャンペーンもやっていて、各場1000円以上の未確定舟券を持っていけばコラボグッズ(エコバックパスケース)の抽選に参加できる。

    エコバックがA賞なのも、レジ袋が有料化したので、今時のコラボグッズなのかもしれない。

    こっちはパーカーよりも金田一の主張が強く、パーカーとエコバッグが当たった日には是非合わせて着てもらいたいものだw(個人的にはタダでもらえても使わないだろうw)


    来場キャンぺーン実施日

    浜名湖:2021年1/2(土)・1/3(日) ※既に終了
    常滑:2021年1/23(土)・1/24(日)
    :2021年2/6(土)・2/7(日)
    蒲郡:2021年2/27(土)・2/28(日)



    ボートレース場観戦ツアー

    ちゃんと人数制限、コロナ対策していると良いのだが、ボートレース場観戦ツアーもやっている。

    観戦ツアーのみみっちい軍資金

    軍資金1000円をプレゼントされ、実際にボートレースの舟券を購入したり、コラボグッズがあたるクイズ大会もある。
    金田一37歳の事件簿_競艇ボートレースとのコラボのツアー
     

    軍資金1000円とは子供の小遣い程度で、これで競艇を楽しめるとは思えない(笑)
    それも普通に1000円をくれるのではなく、各場のキャッシュレス会員に登録をさせて、そこに1000円くれるというシステムだ。

    観戦ツアー」とかタイトル付けているのだから、5000円くらいはほしいものだ。

    「金田一側」と「ボートレース側」は互いにコンテンツを共有しているだけだから、「金田一側」が観戦ツアーの企画をしているわけではないのだろう。

    動画コンテンツだけ見ると、ストーリー展開も上手くて凝っているのだが、「軍資金」だけ見るとなんだかボートレース場のみみっちさが出るツアーといった印象だ。



    ボートレース場観戦ツアーの内容は?

    肝心の事件についてだが、YouTubeにもUPされており12月20日の「ボートレース浜名湖の問題」が出題されている。

    金田一37歳の事件簿_競艇ボートレースとのコラボの謎解き

    出題動画(YouTube)



    問題は「向かうべき場所はBGHKCとDIJMEの間に」である。

    最初見た時は全く予想もつかなかったのだが、再度見るとなんとなく答えが分かってきたので、私の答えを載せておきたい。

    BGHKCとDIJMEの間」とあるが、よく見てみると、全てがアルファベット順で1個おきに羅列されている。

    詳しく言うと2つの言葉の最初のアルファベットである「B」と「D」、「G」と「I」、「H」と「J」、「K」と「M」、「C」と「E」といった感じである。
    その間のアルファベットをつなげるとCHILD」といった文字が浮かび上がるのだ。

    なので子供に関係のある場所だと推定でき、ボートレース浜名湖でそういった場所をネットで探してみると「Mooovi浜名湖」という子供向けの施設が出てきた。

    おそらくここが答えではないか?と、私は推測したのだが、どうだろう?
    他に何か「ボートレース浜名湖」と「CHILD」から連想できるだろうか?

    浜名湖以降にも常滑・津・蒲郡と、どんどん出題されるようなので、もうしばらく注目したい。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
ボートパイレーツ」と言えば、マルコというブロガーの犯したとんでもないミスで、いつも同じグループサイトの新サイトが登場すると、一斉に始まるキャラ誘導による集客が、実は自社運営だったことがバレたサイトだ。(最近だと競艇ラボ

今回の無料予想の検証で、1号艇には上條暢嵩だった。
ここ6ヶ月の1コース1着率は約79.3%、3連対率は100%と、そのイン戦の信頼度は相当高い
足的には戦えるレベルといった感じで、強めというわけではないが、これだけの実績を残しているので逆らうのは正直厳しい。
よって、上條のイン逃げで予想的には良かったと思う。

では2着に関してはどうか。
この予想にもある通り、2号艇百武5号艇森永共に気配的には好気配で、2着に据える気持ちもある程度は分かるのだが、果たしてそこに実力や近況に関しての情報は加味されているのだろうか?
その視点がなかったように思う。
端的に言うと、もし3号艇出畑が出走表でA1級表記であったとしたら、同じ予想を出すだろうかという事だ。

ボートレースでは、4月末で今年の7月からの級別を決める審査が終了している。
その7月からの級別で、出畑はA1級へと復帰するのだ(以前はSGにも出場するような強豪であった)。
しかし、その表記は7月から切り替わるので見落としがちになる。

現在の表記上出畑B1級なのだ。

そして表記が変わるというだけではなく、シンプルにここ半年の成績がいいからA1級に復帰するので、この6選手の中で上條の次に成績を残している選手となる。

こういう視点を持てば、間違いなく2着筆頭に出畑を持ってくるだろう。
百武・森永より、確実に実力のある選手なのだから。
少しのモーター差ではカバーできるものではない。

シンプルに現在の出走表だけを見て予想している感じがして、分析が足りなかったのではないだろうか。…いや、分析と言うほどの情報でもないか。
これくらい「当たり前」の事であるので、これが外れたのは正直フォローできない予想だった。

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ