第64回
ボートレースのYouTube編

小林麻耶、ボートレース番組降板とその真相

  1. 小林麻耶、ボートレース番組降板とその真相

    小林麻耶がボートレース番組の司会をしていた

    先日ネットニュースを見ていると、こんな見出しの記事があった。

    小林麻耶 ボートレース番組の司会降板

    小林麻耶」というと「夫がなんかヤバイ」とか「精神的に病んでいる」といった噂話が多少はニュースで耳に入ってきていたので「司会降板」についてはさほどは驚きはしなかったが、それよりボートレースの番組の司会をやっていた事を初めて知った。

    「小林麻耶」がボートレースを知らなさそうだし、興味もなさそうな印象だ。
    キャラと「ボートレース」がなんだかミスマッチな感じで、仕事だからやっていた感じする。

    いつからボートレースの番組をやっていたのか調べると、どうやら今年(2020年)4月からだったらしい。…なのでかれこれ半年と少しやって降板ってことになる。

    BOAT RACEプレミア」という番組で、主にSGやPG1などのビッグレースの準優勝戦や優勝戦で地上波中継されていた時に司会を担当していたのだとか。
    小林麻耶の競艇ボートレースの司会開始直後
    ボートレースを猛勉強していたそうだ。


    過去の記事には「ボートレースを見始め、すっかり魅力にハマりました。今まで見たことがない方も、ぜひ番組をご覧いただき、一緒に楽しみましょう。」といった小林麻耶のコメントがあったが、次に紹介する問題動画を見ても本当にボートレースにハマっていたとは思えない。

    でもまぁ、小林麻耶といえば真面目な印象(まじめ過ぎて精神的に追い込まれていそう)なので、きっと降板するまではちゃんとその仕事をこなしていたのだろう。
    ボートレースの知識も少しずつであるが増えていっていたそうなので、それだけに「原因」がなんだったのかが気になる。



    小林麻耶ボートレース番組の降板の原因は?

    「降板の原因」にいく前に、私も記憶が曖昧なので、少し最近の一連の出来事をおさらい程度に振り返ってみる

    「小林麻耶」といえば元TBS系のアナウンサーで、妹は海老蔵の元妻 小林麻央で、2017年に34歳にして癌で亡くなっている。

    常に笑顔で明るい印象の「小林麻耶」だが、2018年に4歳年下の整体師國光吟と結婚してから運気が落ちていく


    2018年8月3日

    國光吟と結婚した翌月、事務所の契約が終了


    2019年6月

    2018年8月に芸能界を引退したかと思いきや、2019年6月から仕事再開し、生島ヒロシが会長を務める「生島企画室」に所属。
    ここらへんで小林麻耶が精神的に不安定だとか、大丈夫か?という話題がチラホラ耳にするようになる。
    そして11月にぶっ壊れる。


    2020年11月3日

    YouTubeチャンネル「コバヤシテレビ局」を國光吟と共に開設。


    2020年11月11日

    2020年2月から木曜レギュラーコメンテーターを務めていたTBSの情報番組「グッとラック!」をいきなり欠席して降板

    それに先がけて同日の午前6時からYouTubeの生配信を夫の整体師である國光吟と行い、降板になった事や、番組・番組関係者を非難する
    小林麻耶と國光吟の炎上商法?発言とか精神的に心配になる動画
     
    問題の生配信動画

    ーーーーーーーーー
    (笑) わたくしぃ~、昨日、午前中にぃ、突然んー、番組の降板を言い渡されテェー、今日番組に出演できないことになりましたぁ〜。

    ファッションコーナーのスタッフさんからイジメを受けていましてぇ、それに耐えられずに今週の火曜日にぃ「行かない」って決断をしたんです。(笑はぁ~はぁ~笑)

    イジメから守ってくださらなかったぁ~、いいお社長、そして、番組降板を突然言い渡しぃ今日生出演をさせないって判断を下されましたぁマサキさん、

    ありがとうございましたっ!

    ーーーーーーーーー

    終始笑いを堪えてて、大爆笑を何回もするし、席も立つ。見ていてハラハラするくらいに精神的に狂ってるようでヤバイ

    問題のシーンは10:30〜から始まるのだが、小林麻耶曰く番組スタッフからいじめを受けていたらしい。
    それが嫌で番組のロケに行かなかったら、降板させられたという言い分であるが、この動画見てると被害妄想の可能性もあるのではないだろうか。

    見てもらえば分かるが、普通に個人名とかも出てるし、それを終始笑いながら話しているのも凄く不気味だ

    この動画を見た視聴者がコメントを投稿しているが、誰もが小林麻耶を心配しているし、こうなった原因は國光吟だと言っている。



    2020年11月12日

    前日の番組降板に対するYouTubeの生配信翌日、木曜のレギュラーの『グッとラック!』の降板が発表される。
    そしてわずか1年ちょっと生島企画室との契約も解除される。

    事務所の会長である生島ヒロシも自身のラジオで「かなり厳しい表現の見出しもありますけれども、なかなか正常なマネジメント業務が難しくなってしまったということで、契約終了ということになってしまいました。本当に残念な形になってしまいましたね」と発言しているように、相当問題があったようだ。



    2020年11月24日

    唯一出演していた『BOAT RACEプレミア』の準優勝戦・優勝戦MCの降板



    ことの発端は夫、國光吟の生配信動画に起因している。

    動画の視聴者や、ネット上の批判は小林麻耶にではなく、夫の國光吟に集中しており、むしろ小林麻耶には同情、心配の声が目立つ。

    2020年11月11日の生配信動画も問題だが、業界の怒りを買ったのは夫、國光吟の生配信動画が起因している。


    2020年11月10日

    小林麻耶のYouTube番組「コバヤシテレビ局」にて國光吟が、妻がレギュラー出演していた『グッとラック!』のコメンテーター志らくに対し「コメント、ダサっ」と批判し、番組批判から〜誹謗中傷する人への個人の主観を発信し、リアルタイムで投稿されたコメントに対し、無表情で糾弾するといった内容。
    志らくのコメントダサ、同感1.43のところは同感。死んだ人によく言える。
     

    私も志らくのコメントは達観したように偉そうでかなり嫌いだし、『グッとラック!』のコメンテーターは志らくじゃなくてロンブー淳がやった方がいいと思う。

    この「問題動画」前日に配信された夫の番組批判や、過激な発言が番組降板のキッカケになったのは間違いないだろう。

    國光吟とはどんな人物か?



    小林麻耶の夫は宇宙ヨガ講師

    小林麻耶の夫國光吟だが、自ら「宇宙ヨガ講師」を名乗り、対面せず遠方から気を送る遠隔施術」なるものを行なっている。


    遠隔施術の一環だと思うが、國光吟個人の配信する「あきら。 AKIRA」というYouTubeチャンネルがある。
    小林麻耶の夫、國光吟のYouTube動画
    あきら。 AKIRA


    どの動画もはじめに「いつもありがとうございます。あきらです、今回は○○の緩和をさせて頂きます」と言うだけで、後は10分ほど無音
    小林麻耶の夫、國光吟のYouTube動画が怖い
     

    無音で手書きのタイトルが右行ったり、左行ったりユラユラ動くだけ

    あまりに不気味な動画なので、サブディミナルとかで洗脳とかされていたら怖いから動画を見続けることなどしないが、効果の真偽が不明なだけに、SNSでは動画に対する疑問の声が相次いでいる。



    小林麻耶の夫、國光吟の「宇宙ヨガ」とは?

    ・自分の整体サロンを運営。
    ・「GiNヒーリング整体」という名前で活動。
    ・場所は目黒?
    ・LINEで予約する紹介制?
    ・「宇宙ヨガ」とは宇宙整体とリンクできる心魂体(笑)
    ・毎週日曜の14:00〜15:00だけ?
    ・10分程度の施術で5000円
    ・小顔矯正が5万円
    ・O脚矯正は3万円
    ・姿勢矯正が2万円

    小林麻耶の夫、國光吟の施術体験談
    施術体験談。…詐欺師も失笑しそう。



    占いでもわからなかったか、小林麻耶。

    小林麻耶は「占い師」もやっているようだが、自分の未来がこうも落ち続けるとは分からなかったようだ。

    事務所を解雇され、唯一のボートレース番組まで降板となったわけだから、あとはユーチューバーが食いぶちということになるのか。

    世間ではこの夫婦のYouTubeを「炎上商法」と言っているが、これまで小林麻耶のことを応援していたファンが悲しむことは亡くなった小林麻央の為にも、やめてもらい。

    旦那とイカレた動画配信などしないで、また昔の小林麻耶に戻って欲しいものだ。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

千両舟という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

千両舟という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 千両舟の無料予想(2023/05/31)

千両舟の無料予想(無料情報)だが、2レース連続不的中であったのだが、その内容がかなり悪い

2023/05/31 (多摩川3R)
まず多摩川3R
1号艇杉山1着の予想しか出していないのだがここが間違っている

今節の杉山はとにかくスタートが決まっておらず、平均タイミングもコンマ24とかなり遅い
これは前節切ったフライングの影響だと思われ、このイン戦でもスタート遅れの危険性はかなりあったのだ。
なので、この状況で杉山を絶対視するのは相当おかしいし、1着固定の予想だけしか出していないのも意味不明であった。

3号艇常住は昨日連勝しており、気配的に上向きな事を考えれば1着で予想する事はできた。
少なくとも杉山のインよりは信頼度は高かったように思えたぞ。


2023/05/31 (多摩川4R)
そして多摩川4R
ここも1号艇柳瀬3号艇間嶋の1着予想をしているのだが、理由が全く分からない
柳瀬は今節の成績通り足は良くなく、その上インでの1着率も低い(30%)。
間嶋に関しても近況3コース戦での1着は少なく(約8%)、2・3着の傾向が強い。
モーター的に出ていく足もないので1着は正直厳しかった。

一方、2号艇長野は前日4コースから1着を取っているように、ターン後の押し感が良く、2コースから差し切るのには十分な足色であった。
素直に長野中心の予想で良かったのだ。

どちらのレースも全く見当はずれな不的中。
なぜそのような予想になったのかは分からないが、久々に検証した千両舟の予想は、まるで素人が予想をしていると言われても仕方がないレベルのひどさであった。

Lボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

Lボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ Lボートの無料予想(2023/05/29)

Lボートの無料予想(無料情報)だが、三国12Rは三国一般戦優勝戦。
1号艇には足が完全に仕上がった高橋が乗艇していた。

ここまで節間6勝オール3連対とほぼ完ぺきな成績を残していただけでなく、インでは現在10連勝中
今節3度のイン戦もものにしており、優勝は相当堅かっただろう。 1着固定で問題ない

2着も2号艇松田がかなり有力であった。
このメンバーでは実力上位であり、ここ三国は地元水面。
行き足中心にモーターは上々で、2コースから差し続けば順当に2着に来る可能性は非常に高かったように思う。
松田自身が「差し」を得意にしている選手という事も大きい。

しかし、3着争いに関しては混戦であった。
気配的な面で言えば4号艇前出が出足中心に良かったのだが、4コースでの成績が芳しくない。
2連対率は19%、3連対率も約33%と、4コースの成績にしてははっきり言ってかなり物足りない数字であったのだ。

3号艇中山は3コースの3連対率は約57%もあるので、3着候補には入れておかなくてはならないだろう。
そして、6号艇小池も6コース時には3連対率は約39%と、6コースにしてはかなり3着に絡んでいる(5号艇山本の5コース3連対率は26%でそれよりも高い)
両者ともに足は中堅程度はあった。

なので3着候補の筆頭は中山・小池で良かったと見る事ができる。
特に小池に関しては6コースという事で軽視されがちになるので、ここは絶対に買い目に入れておかなければいけなかったのだ。

久々に見たLボートの予想はよくある内から順に選んだだけの単純なものであった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : A2級
    T157/45kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/45kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A2級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4758
    出身 : 東京都
    支部 : 東京
    級別 : A2級
    T163/52kg/B型

トップへ