第61回
★競艇基礎知識〜トリビア

ボートレースのキャッシュバックキャンペーン

  1. 競艇ボートレースのキャッシュバックキャンペーン

    ネット投票利用者に必見

    テレボート会員限定で、季節ごとにキャッシュバックキャンペーンがあるのをご存知だろうか?

    大体1年間で3,4回行われおり、毎回その登録者数は増えているようだ。

    単純に「お金が返ってくる」というサービスなのでので、面倒と思わない人であれば登録するといいと思うのだが、日常的にボートレースをインターネット投票で楽しんでいる人なら登録しておくと良いのではないだろうか。



    キャッシュバックキャンペーンについて

    先得キャッシュバックキャンペーン」の登録者は、10万人を超えてる人気なキャンペーンがそうで、この数字を見ると、コロナの影響もありテレボート会員(ネット投票利用者)が激増している証拠でもあるだろう。


    登録方法は簡単で、自分のテレボート会員の加入者番号等を入力した後に、指定された金額の舟券を期間中に購入するだけだ。

    キャッシュバックの金額であるが、それは毎回違っていて、大体5000円〜2万円くらいだろうか。


    2つのコースを自分で選べるパターンもある。

    5000円が1万人に当たるコースと、2万円が2500人に当たるコースの2パターンという回もあり、どちらも総計金額は5000万円ずつで合計1億円のキャッシュバックだ。

    どちらの応募数が多かったかは、詳しくは覚えていないが、2万円当たるコースの方が多かったと思う。
    ボートをやるファンだけあって、そちらも一獲千金狙いということだろうかw



    変わったキャンペーン

    先日はボートレースメモリアル開催中に突如出現したキャンペーンがあった。
    競艇ボートレースの先得キャッシュバックキャンペーン
     

    キャッシュバックの前に「先得」の見慣れない文字があり、先得というだけあって「先に何をすれば得になる」のか見ると、どうやら優勝戦の舟券を当日19時までの段階で3000円以上購入すればいいというものだった。

    ボートレースメモリアルの優勝戦限定というのは見たことがなかった。
    これもコロナ禍の影響だろうか。

    前売りの段階で舟券を買って条件を満たせるというのも初めてで、まだスタート展示も始まっていないような時間での前売りは、まるで競艇予想サイトの提供する予想のようである。

    そもそもなぜ19時までにこだわっているのかも全く意味不明である。


    この時のキャッシュバックの総額も非常にショボく、総計3000万円と今までに比べると明らかに少ない。
    当選者が1000人とはハードルが高く、どうもそもそもの趣旨がいつもと違うようで、なんだか運営側の都合を感じるものだった。



    目的は情報収集?

    前章で紹介したキャンペーンだが、このキャンペーンはいつもと違い質問がやたらと多かった

    なんと応募完了まで21もの質問があるのだ。
    競艇ボートレースの先得キャッシュバックキャンペーンは21の質問?
     

    いくらなんでも入力箇所が多すぎで、しかもその質問内容は完全にアンケート。
    加入者番号や氏名はいつも通りだとしても、こんなに質問が多いとは。

    いつもなら、あって4、5問くらいなものなのに、この時のは「キャッシュバック」という餌をチラつかせ、「情報を得たい」という運営の考えが明から様だった。


    そのほとんどが他の公営競技パチンコなどの購買回数の質問が多く、他にコロナがテレボート入会に関係したか?などといった質問で、中にはボートレースに全く関係ない質問があった。

    オンラインサービスで利用しているものはという質問で、アマゾンプライムやHuluなどの動画配信サービスから選択する所があったのだが、こういったアンケートは、競艇ボートレースの質問をしているようで、実はこの一見関係なさそうな質問がメインだったりもする。


    もしかすると「動画配信サービス」がクライアントの市場調査だったのかもしれない。

    それか、その質問の意図を深読みすれば、もしかしたら今後これらの動画配信サイトでボートレースのコンテンツや中継を配信しようと考えているのではないかとも予想ができる。
    その戦略を打ち出すためのアンケートだったのか。


    …この時は質問ラッシュを適当に抜け、応募完了となった。

    私が応募した時は、質問内容に萎えた利用者が多かったのか、前売りというのが響いたのか、途中経過とはいえいつものキャンペーンより若干少なかった(もうキャンペーンは締切っている)。



    コロナの影響だろうか?

    世の中が尋常じゃない不景気に直面しているので、流石にボートレースでも影響してきてるのか、前章の異質の「前売り」キャンペーンは、一つにはSGやPG1で行われている前日前売りのテコ入れだったのではないだろうか。

    SGやPG1では前日から舟券を買えるのだが、その売り上げあまり芳しくないように思う

    キャンペーンの効果が出たのかは分からない。
    今回のようなトリッキーなキャンペーンが今後あるかは分からないが、テレボート利用者としては通常の「キャッシュバックキャンペーン」簡単に参加できるので、気付いたら参加だけしておくことをオススメする。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

アタリ舟という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

前回書いたアタリ舟の無料予想(無料情報)の抜き打ち検証は、1/23だったが、前日の1/22〜今回検証する1/30までの7レース全敗(1/24と1/25は定休日)

この7日間だけで-14万円のマイナス収支だから、実際に買っていたら発狂しているだろう。

アタリ舟という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ アタリ舟の無料予想(2023/01/30)

さて今回の児島9Rは1号艇には格上田頭実が乗艇していた。
3日目には5・6着を取ってしまい予選突破は果たせなかったが、これは展開が悪かったのが原因で、足自体は決して悪くはなかった。
敗者戦のここでは十分に逃げ切れる足であり、信頼で良かったと思う。

問題はその相手であるが、アタリ舟の予想では6号艇中村を軸に据えていた。
ここが非常に良くなかった

今節はモーターが仕上がらず予選落ちを喫したように、全ての足が少し弱かった。
回ってからの押しがなかったので苦戦していたように思う。

それと、この中村、6コースの成績がひどすぎる
ここ半年の6コースにおいての3連対率は約7%
いくらコースが遠いとはいえ、A1級の選手としては急にやる気を無くすのか、低すぎるだろ。
5コースでの3連対率が約47%である事を考えれば、これが如何に突出して低いかが分かるだろう。
これが中村を軸にするのが良くないと言った理由である。

2号艇薮内は今節中間着を取り続けられているように、流れ自体は悪くはなかった。
足も中堅はあったと思う。
この薮内を素直に相手軸に据えるべきであった。

データを調べれば中村は買えないレース、それだけにその中村を相手軸にしていたのは残念であった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : A2級
    T157/45kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/45kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A2級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4758
    出身 : 東京都
    支部 : 東京
    級別 : A2級
    T163/52kg/B型

トップへ