第61回
★競艇基礎知識〜トリビア

ボートレースのキャッシュバックキャンペーン

  1. 競艇ボートレースのキャッシュバックキャンペーン

    ネット投票利用者に必見

    テレボート会員限定で、季節ごとにキャッシュバックキャンペーンがあるのをご存知だろうか?

    大体1年間で3,4回行われおり、毎回その登録者数は増えているようだ。

    単純に「お金が返ってくる」というサービスなのでので、面倒と思わない人であれば登録するといいと思うのだが、日常的にボートレースをインターネット投票で楽しんでいる人なら登録しておくと良いのではないだろうか。



    キャッシュバックキャンペーンについて

    先得キャッシュバックキャンペーン」の登録者は、10万人を超えてる人気なキャンペーンがそうで、この数字を見ると、コロナの影響もありテレボート会員(ネット投票利用者)が激増している証拠でもあるだろう。


    登録方法は簡単で、自分のテレボート会員の加入者番号等を入力した後に、指定された金額の舟券を期間中に購入するだけだ。

    キャッシュバックの金額であるが、それは毎回違っていて、大体5000円〜2万円くらいだろうか。


    2つのコースを自分で選べるパターンもある。

    5000円が1万人に当たるコースと、2万円が2500人に当たるコースの2パターンという回もあり、どちらも総計金額は5000万円ずつで合計1億円のキャッシュバックだ。

    どちらの応募数が多かったかは、詳しくは覚えていないが、2万円当たるコースの方が多かったと思う。
    ボートをやるファンだけあって、そちらも一獲千金狙いということだろうかw



    変わったキャンペーン

    先日はボートレースメモリアル開催中に突如出現したキャンペーンがあった。
    競艇ボートレースの先得キャッシュバックキャンペーン
     

    キャッシュバックの前に「先得」の見慣れない文字があり、先得というだけあって「先に何をすれば得になる」のか見ると、どうやら優勝戦の舟券を当日19時までの段階で3000円以上購入すればいいというものだった。

    ボートレースメモリアルの優勝戦限定というのは見たことがなかった。
    これもコロナ禍の影響だろうか。

    前売りの段階で舟券を買って条件を満たせるというのも初めてで、まだスタート展示も始まっていないような時間での前売りは、まるで競艇予想サイトの提供する予想のようである。

    そもそもなぜ19時までにこだわっているのかも全く意味不明である。


    この時のキャッシュバックの総額も非常にショボく、総計3000万円と今までに比べると明らかに少ない。
    当選者が1000人とはハードルが高く、どうもそもそもの趣旨がいつもと違うようで、なんだか運営側の都合を感じるものだった。



    目的は情報収集?

    前章で紹介したキャンペーンだが、このキャンペーンはいつもと違い質問がやたらと多かった

    なんと応募完了まで21もの質問があるのだ。
    競艇ボートレースの先得キャッシュバックキャンペーンは21の質問?
     

    いくらなんでも入力箇所が多すぎで、しかもその質問内容は完全にアンケート。
    加入者番号や氏名はいつも通りだとしても、こんなに質問が多いとは。

    いつもなら、あって4、5問くらいなものなのに、この時のは「キャッシュバック」という餌をチラつかせ、「情報を得たい」という運営の考えが明から様だった。


    そのほとんどが他の公営競技パチンコなどの購買回数の質問が多く、他にコロナがテレボート入会に関係したか?などといった質問で、中にはボートレースに全く関係ない質問があった。

    オンラインサービスで利用しているものはという質問で、アマゾンプライムやHuluなどの動画配信サービスから選択する所があったのだが、こういったアンケートは、競艇ボートレースの質問をしているようで、実はこの一見関係なさそうな質問がメインだったりもする。


    もしかすると「動画配信サービス」がクライアントの市場調査だったのかもしれない。

    それか、その質問の意図を深読みすれば、もしかしたら今後これらの動画配信サイトでボートレースのコンテンツや中継を配信しようと考えているのではないかとも予想ができる。
    その戦略を打ち出すためのアンケートだったのか。


    …この時は質問ラッシュを適当に抜け、応募完了となった。

    私が応募した時は、質問内容に萎えた利用者が多かったのか、前売りというのが響いたのか、途中経過とはいえいつものキャンペーンより若干少なかった(もうキャンペーンは締切っている)。



    コロナの影響だろうか?

    世の中が尋常じゃない不景気に直面しているので、流石にボートレースでも影響してきてるのか、前章の異質の「前売り」キャンペーンは、一つにはSGやPG1で行われている前日前売りのテコ入れだったのではないだろうか。

    SGやPG1では前日から舟券を買えるのだが、その売り上げあまり芳しくないように思う

    キャンペーンの効果が出たのかは分からない。
    今回のようなトリッキーなキャンペーンが今後あるかは分からないが、テレボート利用者としては通常の「キャッシュバックキャンペーン」簡単に参加できるので、気付いたら参加だけしておくことをオススメする。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ