第60回
競艇の楽しみ方〜番外編

ボートレース鳴門で野外映画上映?

  1. ボートレース鳴門で野外映画上映?

    競艇ボートレースは、常に新しい試みを

    全国24場のボートレース場は、日々売上を伸ばそうと努力をしているのがわかる。

    新型コロナウイルスの影響で、今は本場でのイベントができずにいるが、そんな中、新型コロナウイルスの事も考慮しての全く新しいイベントがボートレース鳴門にて開催される事になった。

    それは「ドライブインシアター」である。



  2. ボートレース鳴門のドライブインシアターとは?

    1950年代に大ブームとなったドライブインシアター

    シアター」という事なので、映画が上映される事は容易に想像がつくのだが、ドライブインというのがよく分からない。

    まさか1950年代にアメリカで大ブームとなった「ドライブシアター」のことだろうか。

    ドライブインシアター」はアメリカのような広大な土地ならではの発想で、農村部を中心に自分の車に乗ったまま映画鑑賞ができる野外上映施設で、ピーク時には全米で4000館を超え、全劇場の25%を占めていたそうだ。
    アメリカで昔流行ったドライブインシアターを競艇ボートレース場で?
     
    昔のドライブインシアターはこんな



    ボートレース鳴門で、ドライブインシアター

    調べてみると「ドライブイン」という言葉通り本当に、車の中で映画を見るようなのだ。

    ボートレース鳴門の駐車場に、493インチ(約12メートル)の大型LEDビジョンを設置し、それを車の中で鑑賞するとの事らしい。まさに昔の「ドライブインシアター」だ。

    映像は大きなビジョンで見られるだろうが、音声も大きなスピーカーとかから流れてくるのだろうか?

    昔のドライブインシアターは、車のラジオを使っていたそうだが、調べてみるとやはりこれに関しては、近隣の住民との合意でNGとなり、昔の手法と同じように音声はFMの放送で流すようなので、基本的に車内ラジオ設備は必須だという。
    周波数を合わせて映画音声を聞くのだ。



    ボートレース鳴門のドライブインシアターの上映期間は?

    ボートレース鳴門のドライブインシアターだが、これは今後ずっと映画ビジネスを続けるわけではなく、期間限定のイベントとなる。
    このイベントが行われるのは、

    2020/11/12〜11/15の4日間のみ。


    日替わりで4つの作品が上映される

    競艇、ボートレース鳴門の鳴門ドライブインシアター
     


    ボートレース鳴門のドライブインシアターで上映する映画

    気になるのは、ボートレース鳴門のドライブインシアターで上映される映画なのだが、今の流行りの「鬼滅の刃」や、現在上映中の映画が上映されるわけではないらしい。

    以下、上映スケジュールを載せたが、結構そのチョイスが面白い。

    かなり個人的な趣味を感じるのが「ラ・ラ・ランド」意外、全部続編の映画のパート2とかパート4とかで、しかも「ターミネーター4」などは戦争色が強く興行的にも微妙な作品で、「ターミネーター2」とか「ターミネーター5」ならまだわかるが、まさか最終日に「4」を選ぶとは。驚いた。

    メン・イン・ブラック インターナショナル」も、かなり微妙な作品だ。
    もっと他にもいいチョイスがあったと思うけどな。
    私なら「バックトゥザフューチャー」や「E.T.」など、昔の名作を選ぶな(笑)


    1日目(11/12)の上映

    スパイダーマン ファー・フロム・ホーム

    2日目(11/13)の上映

    ラ・ラ・ランド

    3日目(11/14)の上映

    メン・イン・ブラック インターナショナル

    4日目(11/15)の上映

    ターミネーター4



    ボートレース鳴門のドライブインシアターの入場方法は?

    …それでもこの「ボートレース鳴門のドライブインシアター」の企画は面白いし、こういった新しい試みは評価したいので、ぜひ成功して欲しいと思う

    ドライブインシアターなどなかなか経験できるものでもないので、興味を持った方はぜひぜひ行ってみてください。


    では最後にこのイベントにどうやったら参加できるか?だが、当日なんの準備もしてない状態で行っても入場はできないようだ。

    ボランティアの無料イベントではない
    当日発売がなく、前売りでの販売だけらしい。

    チケットは、
    チケットよしもと(ファミリーマート)、ローソンチケット・チケットぴあで発売しているので、近くのコンビニ等で購入ができる。



    ボートレース鳴門のドライブインシアターの料金は?

    ボートレース鳴門のドライブインシアターの価格だが、車1台に付き3000円である。

    イベントとしても面白いし、車1台という事なので乗る人数次第では、1人あたりではそこまで高くない。それと1台につき、駐車場内に来ているキッチンカーの食事券500円分もつくので、かなりお得なのかもしれない。



    ボートレース鳴門のドライブインシアターの定員は?

    ボートレース鳴門のドライブインシアターの定員だg、人数というより各日100台ずつしか入場できず、先着順で場所は決められるとの事なので、いい場所を取りたい人は早めに行った方がいいだろう。
    この日は交通渋滞もするかもしれない。



    ボートレース鳴門のドライブインシアターの開演時間は?

    最後にだが、忘れちゃいけないのが、このイベントの開催場所はボートレース鳴門だ。当然ながら「ボートレース鳴門のドライブインシアター」の期間中は本場もレース開催中で、本場にボートレース未体験の人などを呼びたいというのが今回のイベントの趣旨だろう。

    この映画の開演時間は 18:30〜(ターミネーター4は17:30〜)なので、ボートレースを見終わった後についでに見る、というより映画を見るためにボートレース場に行って、ついでだしちょっとレースも見ておくか、みたいな相乗効果で売上を伸ばそうとしているのだろう。

    普段はボートレースに興味がない人にも、足を運んでもらおうという今回の企画。その思いが売上に結びついてくるかは分からないが、面白いイベントを考えるものだ。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
ボートパイレーツ」と言えば、マルコというブロガーの犯したとんでもないミスで、いつも同じグループサイトの新サイトが登場すると、一斉に始まるキャラ誘導による集客が、実は自社運営だったことがバレたサイトだ。(最近だと競艇ラボ

今回の無料予想の検証で、1号艇には上條暢嵩だった。
ここ6ヶ月の1コース1着率は約79.3%、3連対率は100%と、そのイン戦の信頼度は相当高い
足的には戦えるレベルといった感じで、強めというわけではないが、これだけの実績を残しているので逆らうのは正直厳しい。
よって、上條のイン逃げで予想的には良かったと思う。

では2着に関してはどうか。
この予想にもある通り、2号艇百武5号艇森永共に気配的には好気配で、2着に据える気持ちもある程度は分かるのだが、果たしてそこに実力や近況に関しての情報は加味されているのだろうか?
その視点がなかったように思う。
端的に言うと、もし3号艇出畑が出走表でA1級表記であったとしたら、同じ予想を出すだろうかという事だ。

ボートレースでは、4月末で今年の7月からの級別を決める審査が終了している。
その7月からの級別で、出畑はA1級へと復帰するのだ(以前はSGにも出場するような強豪であった)。
しかし、その表記は7月から切り替わるので見落としがちになる。

現在の表記上出畑B1級なのだ。

そして表記が変わるというだけではなく、シンプルにここ半年の成績がいいからA1級に復帰するので、この6選手の中で上條の次に成績を残している選手となる。

こういう視点を持てば、間違いなく2着筆頭に出畑を持ってくるだろう。
百武・森永より、確実に実力のある選手なのだから。
少しのモーター差ではカバーできるものではない。

シンプルに現在の出走表だけを見て予想している感じがして、分析が足りなかったのではないだろうか。…いや、分析と言うほどの情報でもないか。
これくらい「当たり前」の事であるので、これが外れたのは正直フォローできない予想だった。

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ