第59回
競艇の楽しみ方〜番外編

競艇ボートレースカレンダーをもらおう♪

  1. 競艇ボートレースカレンダーをもらおう♪

    競艇ボートレースのオフィシャルのカレンダー

    競艇ボートレースでは、毎年10月くらいになると、その翌年のボートレースカレンダーが発売され始める。

    アイドルやアーティスト、アニメの物まで様々だが、ボートレースにもそんなカレンダーが存在するのだ。

    レース場などに行くとよく見かけたりするのだが、前にレース場の人に聞いたら、あれはボートレース振興会が作っているものらしく、言わばボートレース公式のカレンダーなのだと教えてくれた。

    いろんな選手の写真が載っているので、競艇ボートレースファンとなればゲットしたい一品だろう。

    では、果たしてこのボートレースカレンダーはどうすれば手に入るのだろうか?
    調べてみた。



    ボートレースカレンダーの入手方法は?

    年末の時期にレース場に行ってもらう

    ボートレースカレンダー入手方法だが、一番簡単な方法としては、年末の時期にボートレース場に行ってもらうという方法のようだ。

    普通に希望者全員に配っているような場もあれば、抽選で当選した人だけもらえるみたいな場もある。

    レース場によってまちまちだが、これが一番基本的な入手方法だろう。



    前夜祭やイベント行事の時にもらう

    次にあるのは、今となっては新型コロナウイルスの影響で行われていないが、大きいレースの前夜祭やイベント行事の時に参加したファンに配られるようだ。

    この方法に関しては、その行事に参加すること自体が抽選だったりして難しいと思うので、確実ではない。



    テレボートでのプレゼントでもらう

    そして、もっと簡単で尚且つ家にいても入手できる方法がある。
    それが、テレボートでのプレゼントである。
    テレボートでのプレゼントで競艇ボートレース公式カレンダーをもらう
     

    テレボート」とはネットで舟券を購入することのできるネット投票のことで、この「テレボートでボートレース公式カレンダーをもらう」為にはテレボートの会員である事が大前提ではあるが、その当選人数は3万 5000人と非常に多い。


    現在テレボート会員は80万人くらいいると言われているので、単純に全員がプレゼントに応募すれば、約23分の1くらいの確率となってしまって、貰える可能性は低くなる。

    しかし、このテレボートの抽選でカレンダーをもらえることを全会員が知ってるとは思えないし、知っていたとしてもカレンダーが欲しい、部屋に飾りたい。と思うファンもそこまで多くはないだろう。

    あとは「携帯から応募する」という手間を惜しむ人も多いので、そこまで多くの人数の応募ではない気がする。


    現金キャッシュバックの参加人数が大体15万人くらいらしいので、それよりかは応募数も減るだろう。

    そう考えると、応募数はまぁ多くても10万人くらいではないだろうか。いや、もっと少ないと思うので、当選確率は大体2分の1くらい?なのではないだろうか?

    なので、このカレンダーが欲しい人は、確実に応募しといた方が良さそうだ。



    テレボートからの応募方法

    「応募」って聞くと「めんどくさそう」と、私も思うのだが、実際はこのボートレースカレンダーに応募するためには、応募フォームから「加入者番号カナ氏名生年月日」だけを入力するだけでよく、面倒なアンケートなどもない。
    そこは現金キャッシュバックと違う所だ。

    ただ、応募期限が目前に迫っているので、この期間内に手続きをして欲しいと思う。
    リンクは以下に載せておくので、興味がある人は見てみてほしい。
    2021競艇ボートレースカレンダーの応募内容
     

    応募するにはコチラ

    2020年9月18日〜11月15日23:59まで


    2021競艇ボートレースカレンダーの応募フォーム
    応募フォームはこんなかんじ。



    2020年版ボートレースカレンダー

    ちなみに、2020年度版(今年の)のボートレースカレンダーは、去年会場で配っていたのでもらうことができた。
    2020年版競艇ボートレースカレンダーの表紙
     

    紙質も良く、表紙のデザインもかっこいい。

    表紙をめくると1年間のビッグレースの日程が一目で分かるようになっており、これはかなり便利だ

    2020年1月、年始一発目は「桐生順平」が飾っている。
    ターンの様子もカッコいい仕上がりだ。
    この横のフレーズはなんだかよく分からないが、桐生を表してる言葉なんだろう。
    まぁ誰にでも当てはまりそうだけど。

    他の2月〜11月のページはこんなかんじ。
    2020年版競艇ボートレースカレンダー
     

    どうやら開催されるレースによってどの選手を使うかが考えられているようで、例えば、4月ならマスターズチャンピオンがあるので、マスター世代の「松井繁」を使っているし、5月ならオールスターがあり、女子選手の出場も多いので女子を起用している。

    9月もヤングダービーがあるので、若手の有望株を使っているといった感じだ。
    よく見ると競艇ファンの心をくすぐるこだわりがあるようだ。

    そして12月が「峰竜太」である。
    峰竜太2020ボートレースカレンダー

    たぶんではあるが、これは峰が2018年のグランプリ優勝者である事から、12月に起用されてたんだと思う。
    12月にはグランプリが開催されるわけだし。

    そう考えれば、もしかすると基本となるルールは前から決まっていたのかもしれない。そして2021年度のカレンダーの12月を飾るのは「石野貴之」(2019年グランプリ優勝者)なのではないだろうかと予想できる?


    こんな感じで2020年度のカレンダーはとても良いものなので、是非ともこれを読んで興味を持たれたら、応募だけでもしてみると良い。
    たぶんいい感じの仕上がりになっていると思うしね。
    私もテレボートのプレゼントには応募しました(笑)

    応募するにはコチラ

    2020年9月18日〜11月15日23:59まで



優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ