第59回
競艇の楽しみ方〜番外編

競艇ボートレースカレンダーをもらおう♪

  1. 競艇ボートレースカレンダーをもらおう♪

    競艇ボートレースのオフィシャルのカレンダー

    競艇ボートレースでは、毎年10月くらいになると、その翌年のボートレースカレンダーが発売され始める。

    アイドルやアーティスト、アニメの物まで様々だが、ボートレースにもそんなカレンダーが存在するのだ。

    レース場などに行くとよく見かけたりするのだが、前にレース場の人に聞いたら、あれはボートレース振興会が作っているものらしく、言わばボートレース公式のカレンダーなのだと教えてくれた。

    いろんな選手の写真が載っているので、競艇ボートレースファンとなればゲットしたい一品だろう。

    では、果たしてこのボートレースカレンダーはどうすれば手に入るのだろうか?
    調べてみた。



    ボートレースカレンダーの入手方法は?

    年末の時期にレース場に行ってもらう

    ボートレースカレンダー入手方法だが、一番簡単な方法としては、年末の時期にボートレース場に行ってもらうという方法のようだ。

    普通に希望者全員に配っているような場もあれば、抽選で当選した人だけもらえるみたいな場もある。

    レース場によってまちまちだが、これが一番基本的な入手方法だろう。



    前夜祭やイベント行事の時にもらう

    次にあるのは、今となっては新型コロナウイルスの影響で行われていないが、大きいレースの前夜祭やイベント行事の時に参加したファンに配られるようだ。

    この方法に関しては、その行事に参加すること自体が抽選だったりして難しいと思うので、確実ではない。



    テレボートでのプレゼントでもらう

    そして、もっと簡単で尚且つ家にいても入手できる方法がある。
    それが、テレボートでのプレゼントである。
    テレボートでのプレゼントで競艇ボートレース公式カレンダーをもらう
     

    テレボート」とはネットで舟券を購入することのできるネット投票のことで、この「テレボートでボートレース公式カレンダーをもらう」為にはテレボートの会員である事が大前提ではあるが、その当選人数は3万 5000人と非常に多い。


    現在テレボート会員は80万人くらいいると言われているので、単純に全員がプレゼントに応募すれば、約23分の1くらいの確率となってしまって、貰える可能性は低くなる。

    しかし、このテレボートの抽選でカレンダーをもらえることを全会員が知ってるとは思えないし、知っていたとしてもカレンダーが欲しい、部屋に飾りたい。と思うファンもそこまで多くはないだろう。

    あとは「携帯から応募する」という手間を惜しむ人も多いので、そこまで多くの人数の応募ではない気がする。


    現金キャッシュバックの参加人数が大体15万人くらいらしいので、それよりかは応募数も減るだろう。

    そう考えると、応募数はまぁ多くても10万人くらいではないだろうか。いや、もっと少ないと思うので、当選確率は大体2分の1くらい?なのではないだろうか?

    なので、このカレンダーが欲しい人は、確実に応募しといた方が良さそうだ。



    テレボートからの応募方法

    「応募」って聞くと「めんどくさそう」と、私も思うのだが、実際はこのボートレースカレンダーに応募するためには、応募フォームから「加入者番号カナ氏名生年月日」だけを入力するだけでよく、面倒なアンケートなどもない。
    そこは現金キャッシュバックと違う所だ。

    ただ、応募期限が目前に迫っているので、この期間内に手続きをして欲しいと思う。
    リンクは以下に載せておくので、興味がある人は見てみてほしい。
    2021競艇ボートレースカレンダーの応募内容
     

    応募するにはコチラ

    2020年9月18日〜11月15日23:59まで


    2021競艇ボートレースカレンダーの応募フォーム
    応募フォームはこんなかんじ。



    2020年版ボートレースカレンダー

    ちなみに、2020年度版(今年の)のボートレースカレンダーは、去年会場で配っていたのでもらうことができた。
    2020年版競艇ボートレースカレンダーの表紙
     

    紙質も良く、表紙のデザインもかっこいい。

    表紙をめくると1年間のビッグレースの日程が一目で分かるようになっており、これはかなり便利だ

    2020年1月、年始一発目は「桐生順平」が飾っている。
    ターンの様子もカッコいい仕上がりだ。
    この横のフレーズはなんだかよく分からないが、桐生を表してる言葉なんだろう。
    まぁ誰にでも当てはまりそうだけど。

    他の2月〜11月のページはこんなかんじ。
    2020年版競艇ボートレースカレンダー
     

    どうやら開催されるレースによってどの選手を使うかが考えられているようで、例えば、4月ならマスターズチャンピオンがあるので、マスター世代の「松井繁」を使っているし、5月ならオールスターがあり、女子選手の出場も多いので女子を起用している。

    9月もヤングダービーがあるので、若手の有望株を使っているといった感じだ。
    よく見ると競艇ファンの心をくすぐるこだわりがあるようだ。

    そして12月が「峰竜太」である。
    峰竜太2020ボートレースカレンダー

    たぶんではあるが、これは峰が2018年のグランプリ優勝者である事から、12月に起用されてたんだと思う。
    12月にはグランプリが開催されるわけだし。

    そう考えれば、もしかすると基本となるルールは前から決まっていたのかもしれない。そして2021年度のカレンダーの12月を飾るのは「石野貴之」(2019年グランプリ優勝者)なのではないだろうかと予想できる?


    こんな感じで2020年度のカレンダーはとても良いものなので、是非ともこれを読んで興味を持たれたら、応募だけでもしてみると良い。
    たぶんいい感じの仕上がりになっていると思うしね。
    私もテレボートのプレゼントには応募しました(笑)

    応募するにはコチラ

    2020年9月18日〜11月15日23:59まで



優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
ボートパイレーツ」と言えば、マルコというブロガーの犯したとんでもないミスで、いつも同じグループサイトの新サイトが登場すると、一斉に始まるキャラ誘導による集客が、実は自社運営だったことがバレたサイトだ。(最近だと競艇ラボ

今回の無料予想の検証で、1号艇には上條暢嵩だった。
ここ6ヶ月の1コース1着率は約79.3%、3連対率は100%と、そのイン戦の信頼度は相当高い
足的には戦えるレベルといった感じで、強めというわけではないが、これだけの実績を残しているので逆らうのは正直厳しい。
よって、上條のイン逃げで予想的には良かったと思う。

では2着に関してはどうか。
この予想にもある通り、2号艇百武5号艇森永共に気配的には好気配で、2着に据える気持ちもある程度は分かるのだが、果たしてそこに実力や近況に関しての情報は加味されているのだろうか?
その視点がなかったように思う。
端的に言うと、もし3号艇出畑が出走表でA1級表記であったとしたら、同じ予想を出すだろうかという事だ。

ボートレースでは、4月末で今年の7月からの級別を決める審査が終了している。
その7月からの級別で、出畑はA1級へと復帰するのだ(以前はSGにも出場するような強豪であった)。
しかし、その表記は7月から切り替わるので見落としがちになる。

現在の表記上出畑B1級なのだ。

そして表記が変わるというだけではなく、シンプルにここ半年の成績がいいからA1級に復帰するので、この6選手の中で上條の次に成績を残している選手となる。

こういう視点を持てば、間違いなく2着筆頭に出畑を持ってくるだろう。
百武・森永より、確実に実力のある選手なのだから。
少しのモーター差ではカバーできるものではない。

シンプルに現在の出走表だけを見て予想している感じがして、分析が足りなかったのではないだろうか。…いや、分析と言うほどの情報でもないか。
これくらい「当たり前」の事であるので、これが外れたのは正直フォローできない予想だった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ