最終更新日:2024年02月21日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:15,392

競艇ボートレースの旬な話 (競艇界の峰竜太が大記録に向けて爆走中) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. 競艇界の峰竜太が大記録に向けて爆走中

    競艇界の峰竜太の勢いがスゴイことになっている

    2020年、今年の「峰竜太」の成績がとてつもない事になっている

    10月16日の丸亀G1終了時点で年間優勝回数13回と、引退した「野中和夫」が持つ最多優勝回数16回に迫る勢いである。

    絶対に破られないと思われていた大記録なので、それがいつ更新されるかと、ボートレースファンの注目が集まっているのだ。
    競艇界の峰竜太が大記録に向けて爆走中
     


    競艇界の峰竜太の凄さとは

    競艇界の峰竜太、年間優勝回数の記録更新がいつ達成されるのか期待されているが、その前に峰竜太がどれだけ凄いのか2つの点に注目したい


    ① 峰竜太の出場回数と優勝回数について

    まず注目したいのは選手の出場回数だが、仮にフライングをせずに休みなく年間走り続けたとしても、30節ちょっとしか選手は出場する事が出来ない

    なので、その内の半分くらいを優勝するというのが、今の競艇界ボートレース界では峰竜太の右に出る者はいない。と言える化け物じみた実力ということだ。

    ② ボートレースのモーター抽選について

    それとボートレースにはモーター抽選があって、毎回毎回乗るモーターが変わるので、良いモーターもあれば悪いモーターを引くことがある。
    それゆえ、ずっと勝ち続けるとか優勝し続けるというのが非常に難しいスポーツでもある。

    確かに、格上の選手が一般戦ばかりを走れば、モーターが悪くても圧倒的な腕の差で優勝する事はあるだろうが、峰竜太に関しては走っているレースがSGやG1ばかりの、実力者しか出場できないようなレースである。

    そこでこれほどまでに勝ち続け、優勝回数を伸ばしているのがどれほど凄い事なのかは、言わずもがなではないだろうか。

    とにかく「凄い」という事だ。



    競艇界の峰竜太のこれまで優勝したレース

    競艇界の峰竜太が、2020年に優勝したレースを振り返りたい。

    《1月》

    優勝 唐津 一般戦 新春王者決定戦
    優勝 児島 一般戦 スポーツ報知杯

    《2月》

    優勝 桐生 一般戦 第14回下野新聞社杯

    《3月》

    優勝 唐津 一般戦 西日本スポーツ杯
    優勝 鳴門 一般戦 第11回 ALSOK徳島杯競走
    優勝 尼崎 G1 尼崎センプルカップ

    《4月》

    優勝 唐津 一般戦 日本財団会長杯GW特選

    《5月》

    優勝 芦屋 G1 読売新聞社杯全日本王座決定戦

    《6月》

    優勝 若松 一般戦 ナッセ杯

    《7月》

    優勝 三国 G2 第2回全国ボートレース甲子園
    優勝 鳴門 SG 第25回オーシャンカップ

    《9月》

    優勝 多摩川 一般戦 第16回日本財団会長賞

    《10月》

    優勝 丸亀 G1 京極賞 開設68周年記念競走


    一般戦ばかりではない峰竜太

    以上の13優勝である。(10月20日現在)

    一般戦ばかりではなく、SG優勝1回G1優勝3回G2優勝1回と、レベルの高いレースでもこれだけ優勝出来ているのがポイントである。

    この他にも優勝はしていないが、4月の下関・蒲郡G1では連続優出6月大村G1は準優勝SGグラチャンも優出9月宮島G1も優出10月児島G1では準優勝と、もっと優勝回数を伸ばせる可能性もあった。

    というよりも、峰竜太が出場したレースではそのほとんどで優勝戦に駒を進めている。
    これは、どれだけ悪いモーターを引いても、安定して成績を残してきたという証明なのではないだろうか。



    峰竜太、記録のかかる峰の今後は?

    丸亀G1終了時点で、峰竜太の斡旋されているレースはこんな感じである。
    競艇界の峰竜太の記録
     

    これに加えて、11月のSGチャレンジカップ、12月のSGグランプリが今年峰竜太が走るレースとなるだろう。

    そう考えると、今年はあと残り6節で4回優勝しなければ新記録達成はできない

    それも、その6節はSG3節を含む、全てG1以上のレースであり、これを4回優勝するというのはとてつもなく難しいことだろう。


    追加で一般戦の斡旋があれば可能性も出てくるのだろうが、それでもハードルは高いので、個人的には今年は新記録達成は無理じゃないか?…と、今の段階では思っている。

    ただ、今年の峰竜太は本当にキレッキレなので、ここから連続優勝なんかしそうな気もしなくもない。

    どちらにしても、2020年の残り2か月間の峰竜太には注目する価値がありそうだ。
    新記録達成に向けて頑張って欲しい。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     2/16には「村上予想」で、住之江5R(14.3倍)→住之江7R(10.6倍)とコロガシで、13万 5680円の払戻し。
    競馬も競艇も競輪もワンアカウントで無料予想の閲覧が可能。このサイトも予想に載ってる見解が秀逸

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     2/14にはデイタイムコロガシ(110pt)というコースで、宮島9R(27.5倍)→宮島12R(10.3倍)と両方ともわずか4点で転がしを成功させ、16万 9950円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     2/8にはモーニングパック で鳴門3R(19.8倍)→鳴門6R(27.1倍)で21万4090円の払戻し。
    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが精度はいい

     2/7 「モーニングスタンダード」で唐津1R(16.9倍)→唐津4R(12.0倍)とコロガシ成功、16万 2000円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     1/31 「ラリアットデイ」という予想で戸田10R(16.1倍)→戸田11R(13.7倍)とコロガシが成功し、22万 570円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/02/20

競艇ホットラインという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト競艇ホットラインの無料予想(無料情報)は、2024/02/20の宮島9Rで提供された買い目である。

競艇ホットラインという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ホットラインの無料予想(2024/02/20)

進入固定の一戦である。
このレースは1号艇松本3号艇是澤一騎打ちであった

まず松本だが、モーターは中堅程度の手応え。
悪い所は特にはないが、特段出ているという感じではなかった。
インなら何とか持たせることができる、というレベルであったと思う。

一方、是澤は出足が少し強めに映った。
初日は5コースから展開を突いて2着発進。
波を超える足もある。
単純な足比較では是澤の方が良かっただろう。

その是澤は、3コース時にはまくり差しも多い選手である。
1着率も高いので逆転は十分にあった。
どちらにしてもこの2人の勝負であろう。

3着はどうか
是澤がまくり差しに行けば2号艇加藤は引き波をまともに受けてしまうので厳しい。
ここでは買える要素はなかった。
4号艇松下5号艇吉田6号艇上野の中では、足的に松下と上野が良かったと思う。

特に上野に関してはB2級なので軽視しがちだが、それは危険である。
最近少しずつレースに慣れてきており、成績も上がってきているからだ。
来期はこのままいけばB1級に昇格するくらいである。

松本と是澤の1・2着が堅いレースだったので、予想も簡単だったはずなのだが不的中。
やはり、展開不利な加藤を多く絡めているのと、上野を軽視しているのが問題であったと思う。
配当は上野が絡んで少し高めになったのだが、こういうレースこそ的中して欲しかったものである。