第54回
競艇の楽しみ方〜競艇選手編

インコース勝率上位をランキングで紹介

  1. 2020年4月〜9月 インコース勝率上位ランキング

    競艇ボートレースはインコース一強の時代

    競艇の1コースの勝率」でも書いたように、現在の競艇ボートレースにおいて、インコースの平均勝率は50%を超え、まさにインコース一強の時代になっている。

    この要因に関しては「競艇の1コースの勝率」を読んでもらいたいのだが、この50%を超えているというのは、あくまでインコースの平均勝率である。

    というのも当然、選手の技量や得手不得手によって、その勝率というのは全然違ったものになってくる。

    どれだけインコースが強い競艇場であったとしても、そもそもその選手自体がインコースの苦手な選手だったり、スタートの遅い選手だったりすると、大敗を喫すというような事が起きる可能性は高い。



    2020年4月〜9月インコース勝率上位ランキング

    そこで現在インコースを得意としている選手をランキング形式で紹介していきたいと思う。
    (2020年10月1日時点)

    実は「2018年12月中旬〜2019年中旬」までのデータを調べたことがあり、競艇コラムを書こうとしてたのだが、つい公開するのを忘れてしまっていたので、その時調べたデータから半年以上が経ったし、今年も残り3か月となったので、以前調べた1位から5位までの選手の順位がどう変わったのかも含め、改めて調べてみることにした。

    尚、今回は直近6ヶ月(2020年4月〜9月)のインコース勝率を調べてみた。

    もちろん一定数の出走回数はいるので、インコースから20走以上した選手限定で判断した。
    (1年間ではなく半年であるので、勝率も若干高めになっている)


    第1位:松尾拓

    インコース第1位は、松尾拓

    1着率:96.8%


    2020年4月〜9月のインコース勝率1位は松尾拓

    2位の梶野学志と同様に、8月までにイン戦28連勝をマークし、その後9月11日のイン戦も勝利を飾っており、29連勝で継続中だ。
    あと3勝すれば記録更新となり、松尾拓のイン戦にはとても注目である。

    ちなみに直近6ヶ月では32走して31勝と、ほぼ完ぺきな成績を残しており、現在の最強のイン巧者と言っていいだろう。



    第2位:梶野学志

    競艇ボートレースのインコース第2位は、梶野学志

    1着率:95.6%


    2020年4月〜9月のインコース勝率2位は梶野学志

    梶野学志は8月までイン戦28連勝をマークし、今後もその記録をのばしていくか注目だったが、30戦目のレースで惜しくも敗れ、新記録の32連勝達成とはならなかった
    ここ半年では23走して22勝となっているが、その前から数え初めればもっと伸びるだろう。



    第3位:吉村正明

    競艇ボートレースのインコース第3位は、吉村正明

    1着率:93.1%


    2020年4月〜9月のインコース勝率3位は吉村正明

    吉村正明は伏兵的存在だが、そのインコースの強さは並ではない。
    29走して27勝と手が付けられないほど強く、逆に負ける事を考えるのが難しいくらいだ。
    名前的にもG1やSGに出てくればインコース時は狙い目かもしれない。



    第4位:白井英治

    競艇ボートレースのインコース第4位は、白井英治

    1着率:90.9%


    2020年4月〜9月のインコース勝率4位は白井英治

    こちらも「2018年12月中旬〜2019年中旬」に調べた時にランクインした選手で再度ランクイン。
    白井のイン戦の信頼度は高く、SG級の中でも群を抜いている。
    33戦して30勝と、G1・SGを中心に走ってのこの成績は凄すぎる。



    第5位:徳増秀樹

    競艇ボートレースのインコース第5位は、徳増秀樹

    1着率:90.6%


    2020年4月〜9月のインコース勝率5位は徳増秀樹

    「2018年12月中旬〜2019年中旬」に調べた時は1位だった徳増秀樹だが、なおインコースでの強さをキープしている。32走して29勝の数字は圧巻である。途中、SGグランドチャンピオンを優勝するなど、絶好調で、まだまだインコースでの強さを発揮しそうである。



    これがここ最近6カ月イン1着率上位5名である。
    あと、前回「2018年12月中旬〜2019年中旬」で調べた時のランクインした選手のイン戦状況も一応お伝えしておきたい。

    ・塩田北斗 1着率:84.7%
    ・坂口周 1着率:80.0%
    ・篠崎仁志 1着率:85.2%
    ・福来剛 1着率:75.0%

    となっている。

    篠崎と塩田は依然インコース1着率は高いのだが、次の項目で「2018年12月中旬〜2019年中旬」の期間で調べたランキングを紹介するが、福来剛の1着率が落ちているのが気になる。

    昨年は福来自身絶好調であり、それと比べるとここ最近の成績は良くないので、その事が影響しているのだろう。
    イン戦に絶対的な信頼を置ける選手ではなくなっているのが現状か。




  2. 2018年12月中旬〜2019年中旬のインコース勝率

    2018年12月中旬〜2019年中旬イン勝率ランキング

    以下、2018年12月中旬〜2019年中旬までの1年間の成績ランキングだ。

    コレも単に勝率が高くても圧倒的にインコースでの出走回数が少なかったりすると、データ的な信頼度が下がるので、一つの基準として最低でもインコースから30走以上している選手の中からベスト5をランキングにしてみた。


    第1位:徳増秀樹

    1着率:89.1%

    2020年4月〜9月のインコース勝率では5位に下がってしまうが、2018年12月中旬〜2019年中旬時点では1位だった。



    第2位:福来剛

    1着率:88.9%

    2020年4月〜9月のインコース勝率では1着率が75.0%に下がってしまうが、2018年12月中旬〜2019年中旬時点では2位だった。



    第3位:篠崎仁志

    1着率:87.7%

    2013年には、インコースの連勝記録を30連勝まで積み上げたインコースが得意な選手だが、2020年4月〜9月のインコース勝率では1着率が85.2%に下がってしまう。



    第4位:坂口周

    1着率:86.8%

    主に一般戦を中心に活躍する選手で、G1にもたまに出場するレベルの選手なので実力者には間違いないようだが、インコースがこれほどまでに強いとは思わなかった。2020年4月〜9月のインコース勝率では1着率が80.0%に下がってしまう。



    第5位:白井英治と、塩田北斗

    1着率:85.9%

    白井英治はこの時は5位だったが、2020年4月〜9月のインコース勝率では1着率が90.9%に上がり、4位となる

    同率の塩田北斗は平均スタート事体も際立って早い選手ではないのだが、インコースの時だけはスタートを攻めていく選手なのかもしれない。

    2020年4月〜9月のインコース勝率では1着率が84.7%と少しだけ下がるが、ノーマークだけに、今の塩田のイン戦は買いなのかもしれない。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ