第51回
ボートレースのYouTube編

月曜の夜はボートレースウィークリー

  1. 月曜の夜はボートレースウィークリー

    月曜の夜はボートレース生配信

    今回は「ユーチューバー」の紹介ではないが、面白いボートレースYouTube番組を紹介したい。
    皆さんは「ボートレースウィークリー」という番組を知っているだろうか?

    「ボートレースウィークリー」は毎週月曜日の19時から21時あたりまでJLCレジャーチャンネルのYouTubeチャンネルにて配信されている番組なのだが、この番組がボートレースファンの間で凄く評判がいいようだ。
    毎週月曜の夜はボートレースウィークリー
     
    ボートレースウィークリー



    ボートレースウィークリーの司会は植木通彦

    ボートレースウィークリー」はまず毎週19時の決まった時間から配信されているという所もいいし、司会には「ボートレースアンバサダー植木通彦」の競艇コラムでも紹介した、あの艇王ボートレースアンバサダー植木通彦(元A1選手)が起用されているのも◎だ。

    競艇のオールドファンも植木の事は知っているだろうから、その年代のファンも見ている人は多いのではないだろうか?
    若いファンは現役時代を知らないだろうが、とにかく凄かった選手だ。


    ボートレースウィークリーの番組内容

    そのボートレースアンバサダー植木通彦を司会にして、当日行われているレース(ナイター)展開予想をしたり、レースリプレイを見ながらレースの様子や、選手の心理などを解説している。

    それと「ボートレースウィークリー」と名打っているだけあって、1週間のボートレースのニュースをおさらいするようなコーナーもある。

    ボートレースファンにとって、これだけでも十分なコンテンツ量なのだが、この番組のメインはそこではない(個人的にはそう思ってるw)

    番組後半の20時過ぎから、毎週ボートの人気の選手1人リモートで出演するのである。
    そこが、この番組の最大の見どころと言っても過言ではないだろう。


    番組予告のサムネイルにも、その週に出演する選手の画像が全面に押し出されていて、ピックアップする選手も良いとこ出してくれるので、個人的にはその選手の出演目当てで見る人もかなり多いのではないかと思う。
    ボートレースウィークリーに出演するボートレーサーの告知
     
    こんなかんじ



    ボートレースウィークリーは見やすくて興味深い内容だ

    競艇予想サイトの検証をしているように見せてるユーチューバーの動画も増え、ボート系YouTube動画が本当に多くなった。

    ボートレーサー発信動画も、競艇検証.comの競艇コラムでも紹介した、山口達也上平真二のように、最近では競艇選手が自主的にYouTubeチャンネルを開設したりと積極的で、競馬に比べてボートの方が伸びている。

    オフィシャルでも様々な番組で選手が出演している放送や動画はあるのだが、「ボートレースウィークリー」では「艇王」と呼ばれるまでの強豪レーサーだった植木通彦とのトークはとても新鮮味があり、選手ならではの事情や状況などを元選手である植木が、その心理も理解した上で分かりやすく解説してくれので、とても見やすくて面白いのだ。

    個人的に思うに、今一番面白いボートレースリモート放送なのではないだろうか、と思う。
    まぁ植木通彦はトガったキャラでもないし、特に笑う所は無いのだが、ボートレースファンなら興味をそそられる内容なのではないだろうか。



  2. ボートレースウィークリーのオススメの回を厳選した

    ボートレースウィークリーのオススメ回を厳選

    生配信なので、なるべくライブで見ることをオススメするが、一応その配信された内容はアーカイブで残っているので、その中からおすすめしたい回を紹介したい。
    (2020/9/15時点)


    2020年6月22日放送の、日高逸子が登場した回

    ボートレースウィークリーに登場した日高逸子選手
    「日高逸子」が登場


    日高逸子選手といえば、日高逸子の「競艇女子」でも紹介したボートレース界のグレートマザーとしてとても有名な選手だが、元は植木通彦と同じ福岡支部の選手であり、何と引退した植木よりも先輩だw

    ボートレースウィークリーの日高逸子が登場する回では、植木が「植木君」と呼ばれているのもとても新鮮で、植木がかなり気を使っているのがウケる。
    同支部の2人ならではの昔話や、トークの掛け合いはとてもおもしろいので必見だ。


    2020年7月13日放送の、徳増秀樹が登場した回

    ボートレースウィークリーに登場した徳増秀樹選手
    「徳増秀樹」が登場


    6月に行われたSGグランドチャンピオンでSG初優勝を果たしたばかりの徳増秀樹が、そのグラチャンのことや、最多勝の事デビュー初1着の事など色々と興味深い話をしているから必見リストに挙げた。

    特に優勝したグラチャンの事はかなり詳しく話しているので、そこが一番の見どころではないだろうか。
    濃く行きます」の代名詞である徳増秀樹の濃い部分が聞けるのはこのボートレースウィークリー動画だけだろう。


    2020年9月7日放送の、守田俊介が登場した回

    ボートレースウィークリーに登場した守田俊介選手
    「守田俊介」が登場


    最後におすすめの中でもさらにイチオシしたいのが、9月7日放送の「守田俊介」登場回だ。
    競艇ボートレースの選手プロフィール写真」という競艇コラムでは、一新されたボートレース公式サイトのプロフィール写真で海苔のような髪型が印象的だった「守田俊介」だが、覚えているだろうか。

    放送前日まで行われていた常滑G2を優勝した直後の出演だったので、まずはその話からなのだが、その振り返りも凄く面白い。
    (特にリアルタイムで見てたので、こみ上げるものもあった。こんな内容を見れるのはボートレースウィークリーじゃないと無理だ。)

    途中から自身の少年時代の画像をプリントした、おもしろTシャツを紹介し始めたリSG初優勝後の賞金を全て寄附した裏話とか、見応えがある。

    最後には「競艇選手の結婚事情」でも年の差婚で紹介した奥さんの「森田太陽」まで登場して、なんだか見ていてほっこりとした気分になる。

    やっぱり守田は変わってる(笑)
    そんな守田の変人ぶりを存分に味わう事ができるので、機会があれば見ることをオススメする。


    これからも色々な選手が登場すると思うので、毎週月曜の夜は「ボートレースウィークリー」を見ながら、ボートレースを楽しんでみてはどうだろうかw


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
ボートパイレーツ」と言えば、マルコというブロガーの犯したとんでもないミスで、いつも同じグループサイトの新サイトが登場すると、一斉に始まるキャラ誘導による集客が、実は自社運営だったことがバレたサイトだ。(最近だと競艇ラボ

今回の無料予想の検証で、1号艇には上條暢嵩だった。
ここ6ヶ月の1コース1着率は約79.3%、3連対率は100%と、そのイン戦の信頼度は相当高い
足的には戦えるレベルといった感じで、強めというわけではないが、これだけの実績を残しているので逆らうのは正直厳しい。
よって、上條のイン逃げで予想的には良かったと思う。

では2着に関してはどうか。
この予想にもある通り、2号艇百武5号艇森永共に気配的には好気配で、2着に据える気持ちもある程度は分かるのだが、果たしてそこに実力や近況に関しての情報は加味されているのだろうか?
その視点がなかったように思う。
端的に言うと、もし3号艇出畑が出走表でA1級表記であったとしたら、同じ予想を出すだろうかという事だ。

ボートレースでは、4月末で今年の7月からの級別を決める審査が終了している。
その7月からの級別で、出畑はA1級へと復帰するのだ(以前はSGにも出場するような強豪であった)。
しかし、その表記は7月から切り替わるので見落としがちになる。

現在の表記上出畑B1級なのだ。

そして表記が変わるというだけではなく、シンプルにここ半年の成績がいいからA1級に復帰するので、この6選手の中で上條の次に成績を残している選手となる。

こういう視点を持てば、間違いなく2着筆頭に出畑を持ってくるだろう。
百武・森永より、確実に実力のある選手なのだから。
少しのモーター差ではカバーできるものではない。

シンプルに現在の出走表だけを見て予想している感じがして、分析が足りなかったのではないだろうか。…いや、分析と言うほどの情報でもないか。
これくらい「当たり前」の事であるので、これが外れたのは正直フォローできない予想だった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ