最終更新日:2024年02月21日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:15,391

競艇ボートレースの旬な話 (競艇ボートレーサーの村松修二の「体面汚し」という処分) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. 競艇ボートレーサーの村松修二の「体面汚し」とは?

    突如発表された村松修二「体面汚し」の処分?

    ボートレース公式ホームページにて、8月末に行われるSGボートレースメモリアル出場繰り上がりと、9月に行われるPG1ヤングダービーの出場繰り上がりが発表された。

    出場を予定していた誰かが怪我をしたり、家事都合などで出場できなくなったというのはたまにあるが、そこには私もスタッフも、未だかつて見たことのない記述があった。

    競艇ボートレースの村松修二の選手としての対面汚し処分?
     
    選手としての体面汚し…?


    どうやら広島の若手選手であるA1レーサー村松修二が、2ヶ月の出場停止処分となったようなのだが「選手としての体面汚し」とはいったい何なのだろか?



    「体面を汚す」の意味を調べる

    そもそも「体面を汚す」という表現だが、なんとなく意味は想像できるが、聴き慣れない言葉だし、ボートレースにおいての「体面を汚し」など尚更だ。聞いたことがない

    体面とは「世間に対する体裁、面目、世間体」ということは知っているが、ソレを当てはめると、村松修二が起こした行動が、ボートレース教会に対し何らかの体裁を汚す内容だった、という事になるのではないだろうか?

    果たしてそれが何なのか、どんな体面汚しをしたのか、気になる所である。
    競艇ボートレースの村松修二の画像
    ↑村松修二の画像




  2. 競艇ボートレーサーの村松修二の「体面汚し」の真相は?

    ことの真相を勝手に想像してみた

    ボートレースホームページ公式には全く発表されていないので、ここからはあくまで憶測にすぎないのだが、私なりの見解を書いていきたい。


    まず、確実になっていることと言えば「コロナ影響、ボートレースで少数艇レース多発。」の競艇コラムでも書いたが7月22日〜27日にボートレース宮島で行われたルーキーシリーズにおいて、新型コロナウイルスのクラスターが発生しており、次節の宮島の開催が急遽中止になったという事である。

    この開催に村松修二も出場していたし、確実ではないが、もしかすると村松も新型コロナウイルスのPCR検査によって陽性反応が出たのではないか??と思われる。

    名前が公表されてないので確実ではないが、陽性が出た内の4選手が広島県内の選手であるので、ほぼ確実なのではないかと思う。

    村松修二含め、広島に住んでいる計11名(ルーキーシリーズ出場選手以外も含め)27日の夜に会食をしていたようなので、この事を重くみて処分を下したのではないだろうか?

    そのルーキーシリーズに出場していた他の広島支部の選手である、高橋竜矢浜先真範宗行治哉橋本明向井田佑紀山下流心原田俊法の、計7名も軒並み出場予定が無くなったからである。

    これらの選手も村松修二同様に出場停止処分を受けたのではないだろうか?



    この処分は妥当なのだろうか?…考えてみた

    まぁ皆で食事に行く事が悪いこととは全く思わないが、開催中に「大人数での会食等の自粛」があったのにも関わらず食事を行なってしまい、結果的にクラスターが発生していたという流れからの処分、という所が、ここ最近の競艇ニュースから推測できる妥当な見解なのではないだろうか?

    結果的に各方面に迷惑をかけ、ボートレース競走会の損害のことを考えると、選手達もある意味「社員」のようなものだから「自粛」の認識が甘かったと言えるかもしれない。


    だが、ボートレース競走会や場関係者から確実に「禁止」としていたのであれば処分は当然だが、もしただの「自粛」という「注意」であれば拘束されるものでもないので、人によって認識が違うと思う。

    レース期間中コロナの緊張もある中、1週間宿舎にこもりっぱなしで、そこからようやく解放されたのだから、「飲みに行こう」という気持ちもよく理解できる。
    普通の会社員でもやっていることではないだろうか。…と、憶測だけで色々と考えさせられるニュースであった。

    それにしても処分の名目が「体面汚し」とは随分な言い方だ。ことの真相を知りたい。



  3. 村松修二の「酒持ち込み」と今回の「体面汚し」は関係あるのか?

    村松修二の「酒持ち込み」前検不合格と関係あるか?

    今回の村松修二の「体面汚し」という処分だが、もしかするとある意味公開処刑なのかもしれない。

    …というのも、村松修二は昨年2019年11月の「PG1BBCトーナメント」において前検不合格となっていた経緯があり、その原因が禁止である酒を持ち込んでいたらしいのだ。

    今回のコロナ処分の件とこの「酒持ち込み」を絡める考えもあるが、昨年の11月の処分を8月に発表するなどあまりにも遅すぎるので、それはほぼ確実に考えられない。
    お酒を持ち込んだ事と、今回の処分は直接の関係ないだろう


    この「酒持ち込み」に対する処分が、発覚時に何ら下されていない事から、ボートレース競走会には「悪意ある持ち込み」という判断はされていないようだったし、この「酒持ち込み」が問題視される行動であれば、コロナ前でそこまで過敏じゃなかったとしても、数ヶ月の出場停止処分になっててもおかしくはない。

    だからファンからもらったプレゼントの中にお酒が入っていたとか、お神酒がたまたまカバンに入っていたとか、そのレベルのミスだったのではないだろうか。

    現地まで前検でわざわざ行ったのに全く賞金が入らないということだけでその時は終わったようだ。

    だが、今回の「コロナクラスター」の件で、しばらく前の県も含め「選手としての自覚が足りない」ということで、実名公開となったのかも?しれない。


    以上が今回の処分の私なりの見解である。
    どちらにせよ、村松修二には早く戦線に復帰してもらって活躍してほしいし、その他の広島支部の選手にも復帰後頑張って欲しいと思う。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     2/16には「村上予想」で、住之江5R(14.3倍)→住之江7R(10.6倍)とコロガシで、13万 5680円の払戻し。
    競馬も競艇も競輪もワンアカウントで無料予想の閲覧が可能。このサイトも予想に載ってる見解が秀逸

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     2/14にはデイタイムコロガシ(110pt)というコースで、宮島9R(27.5倍)→宮島12R(10.3倍)と両方ともわずか4点で転がしを成功させ、16万 9950円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     2/8にはモーニングパック で鳴門3R(19.8倍)→鳴門6R(27.1倍)で21万4090円の払戻し。
    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが精度はいい

     2/7 「モーニングスタンダード」で唐津1R(16.9倍)→唐津4R(12.0倍)とコロガシ成功、16万 2000円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     1/31 「ラリアットデイ」という予想で戸田10R(16.1倍)→戸田11R(13.7倍)とコロガシが成功し、22万 570円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/02/20

競艇ホットラインという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト競艇ホットラインの無料予想(無料情報)は、2024/02/20の宮島9Rで提供された買い目である。

競艇ホットラインという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ホットラインの無料予想(2024/02/20)

進入固定の一戦である。
このレースは1号艇松本3号艇是澤一騎打ちであった

まず松本だが、モーターは中堅程度の手応え。
悪い所は特にはないが、特段出ているという感じではなかった。
インなら何とか持たせることができる、というレベルであったと思う。

一方、是澤は出足が少し強めに映った。
初日は5コースから展開を突いて2着発進。
波を超える足もある。
単純な足比較では是澤の方が良かっただろう。

その是澤は、3コース時にはまくり差しも多い選手である。
1着率も高いので逆転は十分にあった。
どちらにしてもこの2人の勝負であろう。

3着はどうか
是澤がまくり差しに行けば2号艇加藤は引き波をまともに受けてしまうので厳しい。
ここでは買える要素はなかった。
4号艇松下5号艇吉田6号艇上野の中では、足的に松下と上野が良かったと思う。

特に上野に関してはB2級なので軽視しがちだが、それは危険である。
最近少しずつレースに慣れてきており、成績も上がってきているからだ。
来期はこのままいけばB1級に昇格するくらいである。

松本と是澤の1・2着が堅いレースだったので、予想も簡単だったはずなのだが不的中。
やはり、展開不利な加藤を多く絡めているのと、上野を軽視しているのが問題であったと思う。
配当は上野が絡んで少し高めになったのだが、こういうレースこそ的中して欲しかったものである。