第44回
競艇ボートレースの旬な話

コロナ影響、ボートレースで少数艇レース多発。

  1. 全国ボートレースで少数艇レース多発。4艇立てレース

    住之江出場選手が新型コロナウイルス感染

    先日8月3日に「ボートレース宮島でコロナクラスター発生」という競艇コラムで、7月21日〜27日ボートレース宮島で行われていたレースでついにボートレースでも新型コロナウィルスのクラスターが発生したことを書いた。

    そして今度は、
    7月30日〜8月4日ボートレース住之江で開催されていたレースに出場していた選手が、どうやら新型コロナウイルスに感染していたようなのだ。

    その選手は住之江終了後8月6日に自宅にて発熱、翌7日にPCR検査を受け、8日に「陽性」と判明したらしい。


    これによってその住之江に出場していた全選手の、直近におけるレースへの出場が自粛され、すでに次の競走に出場していた13人の選手については、9日の朝に途中帰郷する事となった。

    この集団途中帰郷により発生したのが、少数艇でのレースである。



    途中帰郷した選手名とレース場・レース番号

    まず、9日の朝に途中帰郷する事となった次の競走に出場していた13人の選手名と、9日に出場する予定となっていたレース場・レース番号を紹介したい。

    吉川元浩 尼崎 8R・12R
    稲田浩二 尼崎 4R・12R
    小野寺智洋 常滑 2R・9R
    雑賀勇貴 常滑 1R・5R
    小森信雄 常滑 4R
    吉川昭男 びわこ 2R・7R
    木下雄介 びわこ 1R・9R
    香川颯太 びわこ 5R
    森貴洋 丸亀 4R・9R
    藤井徹 丸亀 3R・7R
    池田真治 丸亀 1R・5R
    楠原翔太 丸亀 7R
    村田浩司 丸亀 5R・9R

    どうして「少数艇でのレース」になるのか

    これを見ると分かるのが、同じレース(場)に出走予定だった選手がとても多いという事だ。

    それにより尼崎は12Rのメインカードのファン選抜戦が2人欠場だし、丸亀に至っては5・7・9Rと実に3レースも4艇立てでレースが行われる事になるのだ。

    欠場選手による少数艇レース
     

    1艇の欠場日常茶飯事なことなので、5艇立てでも特に気にならないが、2艇欠場は珍しい

    待機行動中のアクシデントなどで減る事はたまにあっても、レース開始前からとなると珍しい。

    その2艇欠場のレースが一日に4Rもあるなど、私が競艇始めてから一度も見たことがないし、スタッフも見たことがないと言っている。



  2. 2艇欠場の4艇立てとなった実際のレース

    おかしなことになった少数艇レース

    そもそも4艇でレースをする事自体がかなり珍しいのでその結果を報告したい。と思ったのが、今回の競艇コラムを書こうと思ったキッカケだ。

    4艇でレースをするという事は、当然点数も合わせて少なくなる

    3連単全通り賭けても24通りしかない
    それだけに、オッズはかなり安くなってしまった


    4艇レース(尼崎12R)

    4艇でレースのためにオッズがつかない
     

    上の画像は尼崎12Rの確定オッズだ。
    もっと安くなるかとも思ったが、このように2連単も3連単も安くなった。

    【尼崎競艇ドリーム】2艇欠場で4艇立ての尼崎No.1ドリーム戦の動画
     
    4艇立てとなった実際のレース

    実際のレースだが、やはり4艇立てだと艇間がかなり開いてしまい、なんだか寂しい気がする。
    レースの迫力も半減している感じだ。

    レース自体もこれだけ人気を背負った2号艇「魚谷智之」が敗れ、5号艇「白石健」が3コースからまくり差したのだが、見ていて外の艇の方がゆとりがあって、なんだか楽にレースができている感じがする。

    配当は2連単で1690円、3連単で2950円となり、3連単24点しかない割にはなんだかいつもと変わらないそこそこの高配当となった。


    4艇レース(丸亀5R)

    丸亀5Rではとんでもない事が起きた
    ただでさえ4艇立てなのに、勝ちに行くと意気込みすぎたようでその内の2艇がフライングをしてしまったのだ。

    2艇しかレースに残っていなかったのだw


    丸亀5Rで4艇中2艇Fで2艇だけのレース
    2艇Fで2艇だけの寂しすぎる丸亀5R

    2艇だけが水面を走る様子はもはやレースというか、ターンの練習をしているみたいで実にショボい

    100円元返しとなった丸亀5R
     
    当然6艇中4艇が欠場となっているので、3連単は成立しておらず全額返金となるのだが、2連単と単勝は微妙に成立していて、その配当が驚きの100円元返しなのだw

    6号艇の単勝を買っている人や2連単(6-5)を買っている人はまだましだが、5号艇の単勝や、2連単(5-6)を買っている人は、結果的に全然おいしくないオッズに金を賭け、尚且つ金を損するという、馬鹿みたいな状況になっているのである(笑)

    もはや4艇も欠場なら単勝も2連単も返還でいいだろ。



  3. 今後も増えそうな少数艇レース

    予期せぬ事態で今後も増えるかもしれない

    実際4艇立てレースが1日に合計4レースもあるのはかなり珍しいのだが、最近のコロナ禍状況を考えれば、またこのような事がいつ起きてもおかしくないと思う。

    3艇欠場して3艇立てのレースとなってしまったり、もっとひどいものだと4艇欠場や、5艇欠場とかになり、レース自体が行われない(行えなくなる)ようなことも今後出てくるかもしれない。

    どちらにせよ、レース期間中の「超密」なボートの体制を早く改善しないとどんどん出場選手が減ることになるだろうし、行政による停止命令も十分にあり得るだろう。

    誰もがボートレース史上、全く体験した事のない事態になっているのは間違いない。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ