第32回
★競艇基礎知識〜トリビア

デキの悪い選手は「魔の8項」により退場

  1. デキの悪い選手は「魔の8項」により退場

    競艇選手はプロ

    競艇選手はボートレーサー育成の「やまと養成所」を卒業した時点から、プロ野球選手やプロサッカー選手と同じようにプロの選手である。

    そんな事は当たり前の事なので言うまでもないが、プロであるという事は、成績が残せなかったりすると自由契約になったり、引退しなければならない。

    これは競艇選手にとっても一緒である


    飽和状態になる前に捌くのが「魔の8項」

    確かに毎年5月11月には、養成所を卒業したばかりの新人がデビューするわけなので、古くからいる選手が全く引退しなければ飽和状態になってしまうだろう。

    もちろん、年齢や自己都合で自主的に引退する選手もいるのだが、それを待っていては追いつかないというのが現実だ。

    そこで登場するのが、通称「魔の8項」である。



  2. 競艇ボートレースの「魔の8項」とは?

    選手出場あっせん保留基準第8号(魔の8項)の規定とは?

    正式には「選手出場あっせん保留基準第8号」という。

    そのルールだが、
    級別算定期間(4期)において勝率3.00未満の場合と、事故率1.00以上の場合に成績確定直近の6ヶ月間あっせんが保留(=レースに出場できない)されるのだ。


    また4期通算出走回数が、私傷病または自己都合により60回未満の場合も適用される。
    …先日競艇コラムで書いた「上瀧和則モーターボート選手会会長」だけは特別待遇だw


    要するに成績の悪い選手や、フライングも含む危ない運転をする選手は引退させようというルールである。


    「勝率が3.00未満」がどのようなものか

    まぁ「勝率が3.00未満」とあるが、これは正直かなり低めの設定と言える。

    一般戦の競走得点で4着が4点5着が2点なので、平均して4.5着と考えればかなりそのハードルは低いと思う。

    どんなへたくそな選手でも良いモーターを引くことがあるし、ある程度のモーターを引けば、5、6着しか撮れないなんてことは無いだろう。
    1着(10点)や2着(8点)を取れば、それだけで勝率だってグンと上がるはずだ。
    そう考えると、低い事がよく分かる。


    「事故点1.00」がどのようなものか

    事故点1.00」もかなり低い。
    転覆しても5点なので、5回まともに走れば1.00未満になるので、このハードルもかなり低い設定だ。

    そう考えると、この項目に引っかかって引退勧告を受ける競艇選手はよほどの低次元レベルだという事がわかる。
    それでも1年に数人は出ているようだ。(あまりにも無名選手なので気づかれないことが多い)


    例外ルール

    ただし一つだけ例外があって、選手登録されてから6期目までの新人にはこの項目から除外される。

    確かに新人の頃はレースにも慣れていないし、コースも暗黙の了解でアウトコースからしか進入できないので、最初から成績など残せるはずもないだろう。
    そういう意味では、これも当然といえば当然か。



  3. 女子レーサーは結婚、産休→そのまま引退が多い

    結婚、産休→そのまま引退

    競艇女子の選手は、結婚すると「引退」する人が多い。
    中にはボートレースのホームページに長い間名前が残っている選手もいるので「完全引退」ではなさそうな元選手もいる。

    先日「競艇選手の結婚事情」という競艇コラムでも書いたが、「競艇女子」でも勿論書いている「福岡泉水」なんて正にソレ。
    彼女はまだ22歳だし、妊娠して産休というわけでもないので、もしかすると復帰する可能性もゼロではないと思う。
    (まぁ彼女も父親に子供の頃から洗脳されてレーサーになったパターンだから、戻らない可能性の方が高いか?)



    「魔の8項」で引退した芦村幸香

    前項目で「魔の8項」のハードルが低いと散々書いてきたが、2019年12月にこの「魔の8項」によって引退する選手がいた。
    競艇女子」でも書いてる「芦村幸香」である。
    「魔の8項」で引退した芦村幸香選手という元競艇選手(ボートレーサー)

    「しまむら」とかのモデルの経歴を持ち、テレビ「恋のから騒ぎ」にも出演した事のある異色の経歴の持ち主であった美人レーサーだ。

    そんな芦村幸香は徳島の「齊藤優」と結婚し、2016年から2年間の産休に入っていた。

    その産休があけたのが2018年1月なのだが、それ以降の4期の通算勝率が3.00に達していなかったようだ。
    復帰3期目の2019年後期には45走と少ないながら、4.49の勝率を残していただけに、残念というほかない。

    ほんとに残念な引退ではあるが、一度産休入って「このまま引退だろ」と思っていたのでそこまでの感慨は無いか。

    まぁ芦村幸香的には無念なのかもしれないが、夫がA級の選手なので、稼ぐのは夫に任せて、育児に専念できるというのもいいのかもな。

    今後、「魔の8項」に触れる選手がたくさん出ない事を祈っています(笑)


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
ボートパイレーツ」と言えば、マルコというブロガーの犯したとんでもないミスで、いつも同じグループサイトの新サイトが登場すると、一斉に始まるキャラ誘導による集客が、実は自社運営だったことがバレたサイトだ。(最近だと競艇ラボ

今回の無料予想の検証で、1号艇には上條暢嵩だった。
ここ6ヶ月の1コース1着率は約79.3%、3連対率は100%と、そのイン戦の信頼度は相当高い
足的には戦えるレベルといった感じで、強めというわけではないが、これだけの実績を残しているので逆らうのは正直厳しい。
よって、上條のイン逃げで予想的には良かったと思う。

では2着に関してはどうか。
この予想にもある通り、2号艇百武5号艇森永共に気配的には好気配で、2着に据える気持ちもある程度は分かるのだが、果たしてそこに実力や近況に関しての情報は加味されているのだろうか?
その視点がなかったように思う。
端的に言うと、もし3号艇出畑が出走表でA1級表記であったとしたら、同じ予想を出すだろうかという事だ。

ボートレースでは、4月末で今年の7月からの級別を決める審査が終了している。
その7月からの級別で、出畑はA1級へと復帰するのだ(以前はSGにも出場するような強豪であった)。
しかし、その表記は7月から切り替わるので見落としがちになる。

現在の表記上出畑B1級なのだ。

そして表記が変わるというだけではなく、シンプルにここ半年の成績がいいからA1級に復帰するので、この6選手の中で上條の次に成績を残している選手となる。

こういう視点を持てば、間違いなく2着筆頭に出畑を持ってくるだろう。
百武・森永より、確実に実力のある選手なのだから。
少しのモーター差ではカバーできるものではない。

シンプルに現在の出走表だけを見て予想している感じがして、分析が足りなかったのではないだろうか。…いや、分析と言うほどの情報でもないか。
これくらい「当たり前」の事であるので、これが外れたのは正直フォローできない予想だった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ