第31回
競艇の楽しみ方〜番外編

ボートレースアンバサダー植木通彦

  1. ボートレースアンバサダー植木通彦

    ボートレースアンバサダーって何?

    先日競艇コラム」で公益社団法人 日本モーターボート選手会会長の「エースのジョー」こと「上瀧和則」の会長職と、この選手会の活動内容について詳しく書いたが、それに続いて競艇の事をいろいろ調べていると「ボートレースアンバサダー植木通彦」という言葉が気になった

    「日本モーターボート選手会」ならその名称からして業務もなんか想像がつくが、この「ボートレースアンバサダー」という「○○大使」「○○大臣」のようにとって付けたような名称はなんだろうか。

    「アンバサダー(ambassador)」とはまさに「大使」とか「代表」という意味で、横文字にすることで、更にフザけた感が増してる。

    「ボートレースアンバサダー」というのがどんな役割で何人いるのか、全く分からない。
    それと「ボートレースアンバサダー」には常に「植木通彦」という名前が付いている(アンバサダーシールって…)


    ボートレースアンバサダーについて調べてみた

    ボートレースアンバサダー」について調べてみた

    ボートレースのイメージアップのため、客との「橋渡し役」としてボートレースの魅力を人々に発信する役割。それとボートレーサーとして「輝かしい実績を残した」レーサーのみ、セカンドキャリアに向けた支援をします。

    …といったようなことが「一般財団法人BOATRACE振興会」が公式にコメントを出していた。
    ボートレースアンバサダー植木通彦の紹介
     
    よく芸能人とかが「いろいろ知り大使」とか意味不明な「大使」に任命され「今のお気持ちを一言」とか聞かれて迷惑そうな顔してるの見るけど、どうやら「ボートレースアンバサダー」はボートレースの魅力を伝える親善大使的な役割のようなものらしい。

    このボートレースアンバサダーというのは、2018年5月30日に始まったみたいだが、その初代アンバサダー「植木通彦」元選手だという。



  2. ボートレースアンバサダー植木通彦とはどんな選手?

    モンキーターンの「榎木祐介」のモデル

    昔の競艇の事をあまりしらない私ですら「植木通彦」の名は聞いたことのあるくらいの有名な元競艇選手だ。

    漫画モンキーターン」の重要な登場人物である榎木祐介のモデルにもなったくらいの選手だ。
    漫画モンキーターンの榎木祐介は植木通彦がモデルに
     

    因みにモンキーターンの「榎木祐介」の顔に傷があるが、モデルの「植木通彦」も現役時代レース中に転覆した時に後続艇のプロペラで顔面を切り刻まれ、全治5か月、75針の重傷を負ったことがあり、そこも「榎木祐介」のキャラに活かされている。


    ボートレースアンバサダー植木通彦は、凄い人物

    通算SG優勝回数は 10回も数え、その内3回も競艇界最高峰のレース、SGグランプリを制しているとてつもなく凄い人だ。

    そんな競艇レジェンド植木通彦の生涯獲得賞金は、22億 6184万2369円というのだから、職が無くて渋々「ボートレースアンバサダー」をやっているのではないことは、よく分かる。
    (現在歴代3位、当時、競艇ボートレース界で生涯獲得賞金が20億円を越えているのは今村豊・松井繁を含む3人だけだった)


    植木通彦のデビューが1986年で、引退したのが2007年である事を考えると、実働年数は約20年であり、平均して年間1億円以上稼いでいた事になる。

    賞金額が違うとはいえ、今現役の選手でこれだけ平均して稼いでいる選手が何人いるだろうか。
    王者「松井繁」くらいなものではないだろうか。
    とにかく凄いという事だ。


    引退した後は、モーターボート競走会の職員にもなり、ボートレーサー養成所の校長にまでなった。
    その後、同競走会の理事を退任し、このボートレースアンバサダーに就任したみたいである。


    植木通彦の現役時代の有名レース

    植木通彦の現役時代のレースについても紹介したい。
    レースについて紹介するといっても、何せSGを10回も優勝するような選手であるから、紹介したいレースは沢山あるのだが、今回は植木通彦の代名詞と言えるようなレースを紹介したい。

    それは1995年に行われた、SG第10回賞金王決定戦(現グランプリ)だ。
    1995年第10回SG賞金王決定戦
    1995年第10回SG賞金王決定戦

    そもそも競艇において、3周目まで1着争いをすること自体がごく稀で、それが最高峰の舞台で逆転に次ぐ、逆転で、植木通彦が優勝を飾ったとなると、この時に生でレース感染していた人が羨ましい。

    この世紀の激戦を制した事で、植木は自然とファンから「艇王」と呼ばれるようになった。
    ファンが選ぶ、植木通彦ベストレースといえるのではないだろうか。


    植木通彦の痛恨のフライング

    SGボートクラシックの名レース」でも、植木通彦のことを書いたことがあるが、この植木通彦の電撃引退の少し前に、売上の9割以上にあたる返還金額歴代2位の、17億 4522万7700円となった名レースがある。

    このレースがどれほどの引き金になったか分からないが「第42回のSGクラシック」の舞台において、植木通彦が競艇史に残るほどの痛恨のフライングをしたのはショックだっただろう。

    競艇界におけるフライング」にもフライングによる罰則の厳しさを書いたことがあるが、SGなどの大舞台でのフライングはとても重いペナルティが課せられ、植木は今後1年間賞金王決定戦競走を除く全てのSGへの出場資格を失った。

    そしてフライングの休み明けからわずか1ヶ月「20年」という節目に引退をすることとなった。


    植木通彦の突然の引退

    「艇王」植木通彦は、突然引退してしまう。

    本人は前から引退の時期を決めていたそうだが、競艇は他のスポーツに比べて長く続けられるし、植木通彦と同期の59期のメンバーを見ると2020年現在でも11人も現役で頑張っている。
    ボートレーサーとしては早い引退だった。



  3. ボートレースアンバサダーの活動とは?

    「ボートレースアンバサダー」として植木通彦がどのような活動をしているのか調べてみると、2018年に一般財団法人BOATRACE振興会が「ボートレースアンバサダー制度」を創設したとはあるが、「日本モーターボート選手会」のように組織化しているわけではなく、何人も「アンバサダー」がいるわけでもないらしい。


    アンバサダーの活動

    分かる範囲での活動としては、いろいろなボートレース場のイベントに参加したり、トークショーなども行っている。

    ボートレース公式のYouTubeなどでも、選手の生活であったり、ピットの様子であったりと、ボートレースの様々な動画にも出演している。
    ボートレースアンバサダー植木通彦のボートレースの秘密
    植木通彦の「ボートレースの秘密」

    YouTubeライブでの、レース解説ライブ動画なども行っていて、元選手それも「超」の付く強豪選手であった植木の解説を聞けるのは、舟券的に役に立つだろう。

    他に地上波のテレビやラジオにも出演しており、現役の選手だったらここまで幅広く動けないだろうから、正に「ボートレースの魅力を人々に発信する役割」という「ボートレース大使」だ。


    植木通彦の動画と解説が分かりやすくて面白いので、様々な配信番組を見続けてしまったが、やはり22億稼いだ艇王」の話は、聞く側も「尊敬の念」を持って聞くので説得力が違う
    そこも見越しての「アンバサダー」か…やるなぁボートレース振興会。

    「グランプリの賞金が1億円」という話や、植木自身がレースで「大怪我をしてしまった話」、実際その場にいるタレントも「ボートレーサーとの結婚を狙っている」とか、本気と思える発言してて、そういったボートレーサーの平均収入とかの話がチョイチョイ入って来ると「ボートレーサー」という仕事が「長い間続けられて儲かる職業」という印象はつくだろう。
    「ボートレースアンバサダー」は宣伝効果があると言えそうだ。

    …と、この辺りが、ボートレースアンバサダーの一応の仕事だろうか。
    初代アンバサダー植木通彦」は、17億のフライング分までボートレース協会に貢献していきそうな勢いだ。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

シックスボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

シックスボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
突然だが、選手コメントというのを知っているだろうか?
選手が現在のモーターの状況について話したり、レースでの作戦等を出すのだが、これも一つの予想材料になり得る。

もちろんそれだけに重点を置きすぎるのは良くないが、そこにヒントがあったり、展開を読むうえで重要な事が書かれていたりする。
この常滑11Rは、このコメントというのが非常に大事なレースだったと思う。
4号艇金子コメントがポイントだったという事だ。

初日からのコメントを振り返ってみると、初日(コメント日はその前日の前検日)行き足が良さそう」、2日目直線はいいと思うけどもう少しターンで押して欲しい」、3日目チルト0にして伸びはいい」とあるように、初日から伸びに関してはずっと手応えを感じているような発言をしていた。

そのコメント通りに展示タイムも好時計連発で、半分以上のレースで1番時計を叩き出していたのだ。

ここ半年の4コース時における勝ちが「まくり」のみという攻撃タイプの選手である事も考慮すれば、このレースは金子のまくりを中心に予想を組み立てるのがベストであった。
3号艇松村の3コース時におけるスタートが遅いのもプラスだっと思う。

このように攻め手になる選手カドにいる段階でインは全く買いではない。
1号艇中村2号艇荒川の順当な決着を予想しているようでは、話にならないと思う。

コメントを見るだけでもすぐに分かるような情報(もちろんこれまでのレースや展示タイムなどを考慮すればより確実なデータとなる)を考慮せずに予想を出しているのが丸わかりの内容だった。

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ