第31回
競艇の楽しみ方〜番外編

ボートレースアンバサダー植木通彦

  1. ボートレースアンバサダー植木通彦

    ボートレースアンバサダーって何?

    先日競艇コラム」で公益社団法人 日本モーターボート選手会会長の「エースのジョー」こと「上瀧和則」の会長職と、この選手会の活動内容について詳しく書いたが、それに続いて競艇の事をいろいろ調べていると「ボートレースアンバサダー植木通彦」という言葉が気になった

    「日本モーターボート選手会」ならその名称からして業務もなんか想像がつくが、この「ボートレースアンバサダー」という「○○大使」「○○大臣」のようにとって付けたような名称はなんだろうか。

    「アンバサダー(ambassador)」とはまさに「大使」とか「代表」という意味で、横文字にすることで、更にフザけた感が増してる。

    「ボートレースアンバサダー」というのがどんな役割で何人いるのか、全く分からない。
    それと「ボートレースアンバサダー」には常に「植木通彦」という名前が付いている(アンバサダーシールって…)


    ボートレースアンバサダーについて調べてみた

    ボートレースアンバサダー」について調べてみた

    ボートレースのイメージアップのため、客との「橋渡し役」としてボートレースの魅力を人々に発信する役割。それとボートレーサーとして「輝かしい実績を残した」レーサーのみ、セカンドキャリアに向けた支援をします。

    …といったようなことが「一般財団法人BOATRACE振興会」が公式にコメントを出していた。
    ボートレースアンバサダー植木通彦の紹介
     
    よく芸能人とかが「いろいろ知り大使」とか意味不明な「大使」に任命され「今のお気持ちを一言」とか聞かれて迷惑そうな顔してるの見るけど、どうやら「ボートレースアンバサダー」はボートレースの魅力を伝える親善大使的な役割のようなものらしい。

    このボートレースアンバサダーというのは、2018年5月30日に始まったみたいだが、その初代アンバサダー「植木通彦」元選手だという。



  2. ボートレースアンバサダー植木通彦とはどんな選手?

    モンキーターンの「榎木祐介」のモデル

    昔の競艇の事をあまりしらない私ですら「植木通彦」の名は聞いたことのあるくらいの有名な元競艇選手だ。

    漫画モンキーターン」の重要な登場人物である榎木祐介のモデルにもなったくらいの選手だ。
    漫画モンキーターンの榎木祐介は植木通彦がモデルに
     

    因みにモンキーターンの「榎木祐介」の顔に傷があるが、モデルの「植木通彦」も現役時代レース中に転覆した時に後続艇のプロペラで顔面を切り刻まれ、全治5か月、75針の重傷を負ったことがあり、そこも「榎木祐介」のキャラに活かされている。


    ボートレースアンバサダー植木通彦は、凄い人物

    通算SG優勝回数は 10回も数え、その内3回も競艇界最高峰のレース、SGグランプリを制しているとてつもなく凄い人だ。

    そんな競艇レジェンド植木通彦の生涯獲得賞金は、22億 6184万2369円というのだから、職が無くて渋々「ボートレースアンバサダー」をやっているのではないことは、よく分かる。
    (現在歴代3位、当時、競艇ボートレース界で生涯獲得賞金が20億円を越えているのは今村豊・松井繁を含む3人だけだった)


    植木通彦のデビューが1986年で、引退したのが2007年である事を考えると、実働年数は約20年であり、平均して年間1億円以上稼いでいた事になる。

    賞金額が違うとはいえ、今現役の選手でこれだけ平均して稼いでいる選手が何人いるだろうか。
    王者「松井繁」くらいなものではないだろうか。
    とにかく凄いという事だ。


    引退した後は、モーターボート競走会の職員にもなり、ボートレーサー養成所の校長にまでなった。
    その後、同競走会の理事を退任し、このボートレースアンバサダーに就任したみたいである。


    植木通彦の現役時代の有名レース

    植木通彦の現役時代のレースについても紹介したい。
    レースについて紹介するといっても、何せSGを10回も優勝するような選手であるから、紹介したいレースは沢山あるのだが、今回は植木通彦の代名詞と言えるようなレースを紹介したい。

    それは1995年に行われた、SG第10回賞金王決定戦(現グランプリ)だ。
    1995年第10回SG賞金王決定戦
    1995年第10回SG賞金王決定戦

    そもそも競艇において、3周目まで1着争いをすること自体がごく稀で、それが最高峰の舞台で逆転に次ぐ、逆転で、植木通彦が優勝を飾ったとなると、この時に生でレース感染していた人が羨ましい。

    この世紀の激戦を制した事で、植木は自然とファンから「艇王」と呼ばれるようになった。
    ファンが選ぶ、植木通彦ベストレースといえるのではないだろうか。


    植木通彦の痛恨のフライング

    SGボートクラシックの名レース」でも、植木通彦のことを書いたことがあるが、この植木通彦の電撃引退の少し前に、売上の9割以上にあたる返還金額歴代2位の、17億 4522万7700円となった名レースがある。

    このレースがどれほどの引き金になったか分からないが「第42回のSGクラシック」の舞台において、植木通彦が競艇史に残るほどの痛恨のフライングをしたのはショックだっただろう。

    競艇界におけるフライング」にもフライングによる罰則の厳しさを書いたことがあるが、SGなどの大舞台でのフライングはとても重いペナルティが課せられ、植木は今後1年間賞金王決定戦競走を除く全てのSGへの出場資格を失った。

    そしてフライングの休み明けからわずか1ヶ月「20年」という節目に引退をすることとなった。


    植木通彦の突然の引退

    「艇王」植木通彦は、突然引退してしまう。

    本人は前から引退の時期を決めていたそうだが、競艇は他のスポーツに比べて長く続けられるし、植木通彦と同期の59期のメンバーを見ると2020年現在でも11人も現役で頑張っている。
    ボートレーサーとしては早い引退だった。



  3. ボートレースアンバサダーの活動とは?

    「ボートレースアンバサダー」として植木通彦がどのような活動をしているのか調べてみると、2018年に一般財団法人BOATRACE振興会が「ボートレースアンバサダー制度」を創設したとはあるが、「日本モーターボート選手会」のように組織化しているわけではなく、何人も「アンバサダー」がいるわけでもないらしい。


    アンバサダーの活動

    分かる範囲での活動としては、いろいろなボートレース場のイベントに参加したり、トークショーなども行っている。

    ボートレース公式のYouTubeなどでも、選手の生活であったり、ピットの様子であったりと、ボートレースの様々な動画にも出演している。
    ボートレースアンバサダー植木通彦のボートレースの秘密
    植木通彦の「ボートレースの秘密」

    YouTubeライブでの、レース解説ライブ動画なども行っていて、元選手それも「超」の付く強豪選手であった植木の解説を聞けるのは、舟券的に役に立つだろう。

    他に地上波のテレビやラジオにも出演しており、現役の選手だったらここまで幅広く動けないだろうから、正に「ボートレースの魅力を人々に発信する役割」という「ボートレース大使」だ。


    植木通彦の動画と解説が分かりやすくて面白いので、様々な配信番組を見続けてしまったが、やはり22億稼いだ艇王」の話は、聞く側も「尊敬の念」を持って聞くので説得力が違う
    そこも見越しての「アンバサダー」か…やるなぁボートレース振興会。

    「グランプリの賞金が1億円」という話や、植木自身がレースで「大怪我をしてしまった話」、実際その場にいるタレントも「ボートレーサーとの結婚を狙っている」とか、本気と思える発言してて、そういったボートレーサーの平均収入とかの話がチョイチョイ入って来ると「ボートレーサー」という仕事が「長い間続けられて儲かる職業」という印象はつくだろう。
    「ボートレースアンバサダー」は宣伝効果があると言えそうだ。

    …と、この辺りが、ボートレースアンバサダーの一応の仕事だろうか。
    初代アンバサダー植木通彦」は、17億のフライング分までボートレース協会に貢献していきそうな勢いだ。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ