第30回
競艇の楽しみ方〜競艇選手編

上瀧和則モーターボート選手会会長が参戦

  1. 上瀧和則モーターボート選手会会長が久々にレース出場

    上瀧和則モーターボート選手会会長がレースにやって来る

    競艇コラム」でも記事を書いているように、様々なニュースが起こる競艇会だが、またしてもとっておきのニュースが飛び込んできた。
    それは「エースのジョー」こと「上瀧和則日本モーターボート選手会会長が、久々にレースに出場するというのだ。
    エースのジョーこと上瀧和則モーターボート選手会会長の出場予定



    上瀧和則モーターボート選手会会長の出場予定

    上瀧和則モーターボート選手会会長の出場予定を見ると、2020年5月11日から開催される、その名も「日本財団会長杯争奪 準優進出バトル」。
    上瀧和則会長自ら番組を組むことは無いそうだが、久々に走る水面の場所を希望出してる可能性はありそうだ。

    実際にレースに出場するのは「2016年の大村お正月戦」以来となり、実に3年4か月ぶりとなる。

    2016年の大村戦ですら2年ぶりの出場だっただけに、ここ何年もの間ほとんどレースに出走していないのが分かる。
    そんなに間を開けてて感覚は鈍らないのだろうか?

    果たしてどんなレースをするのだろうか。
    ちょっと注目ではある。


    上瀧和則、会長就任以後のレース出場

    上瀧和則が選手会会長に就任したのは2011年6月の事であり、その3か月前の副会長就任時からレースに出場しなくなった

    それから久々に出場したのが、2014年8月の地元唐津のお盆戦である。
    節間2勝して、準優勝戦にも出走したみたいだが、スタート遅れが響いて優出は果たせなかった。

    3年振りにレースに出場して、準優まで残る段階でかなり凄い。

    ちなみにその準優勝戦を勝ったのは「峰竜太」だった。
    峰竜太の優勝祝勝パーティでは乾杯の音頭をとっている。

    その1年5か月後、前述した大村お正月戦に出場し、ここでも2勝を上げる活躍をした。
    それが今回の復帰前の最後の出場レースとなった。



  2. 上瀧和則の功績

    上瀧和則のレーサーとしての実績

    選手会会長としてどんな仕事をしているのか、「上瀧和則本人の具体的な日々の実務」は次の項目で詳しく書く「日本モーターボート選手会」の解説でも分からなかったが、レーサーとしての実績かなり凄かったようだ。

    SG優勝4回G1優勝17回の記録があり、生涯獲得賞金も17億円近くもある。
    実働24年で、これだけの成績を納めるのは並大抵の事ではない。


    ニックネームは「エースのジョー」。

    そのレーススタイルはインコースを積極的に狙いにいくイン屋だったみたいで、実際復帰したレースでも、ほとんどが1、2コースから進入していた。
    今回も積極的なレースが見れるのだろう。
    それだけに周りの期待も大きく、話題にもなっている


    上瀧和則の息子、上瀧絢也

    最近では息子の上瀧絢也(126期)がデビューを控えており(5月13日唐津でデビュー)、父親の威厳として、このデビューに合わせて久々のレースに出場するのかもしれない。

    斡旋場が違うので、直接対決は実現しないが、今後の展開としてはそこも楽しみの一つだと思う。
    エースのジョーこと上瀧和則の息子上瀧絢也の実力やいかに?




  3. 「日本モーターボート選手会」とは?

    長期出場しなくても抹消されない特別待遇

    そもそもなぜこれだけ長い期間、レースに出場していないのだろうか。

    その答えは、この「日本モーターボート選手会」の会長を務めているという所が大きいようだ。
    選手会の会長の職務は激務らしく、とてもレースに出場しながら片手間でできるものではないので、例外的にレースに出走しなくても大丈夫らしい。

    ちなみに斡旋は「日本モーターボート競走会」が管理しており、「日本モーターボート選手会」が選手の要望とかも汲み上げて、競走会とかと交渉したり、意見したりする競艇選手の労組的なかんじだ。

    そんな「選手会」の会長ともなれば、選手たちは上瀧和則に足向けて寝れないってなもんだw
    エースのジョーこと上瀧和則モーターボート選手会会長

    普通の選手なら、これだけ長い期間レースを走っていなければ、登録抹消になりかねない。
    選手会会長は「超特別待遇」という事だろう。



    「日本モーターボート選手会」とは?

    そんな上瀧和則モーターボート選手会会長が席を置く「日本モーターボート選手会」とは一体どんな組織なのか?
    「日本モーターボート選手会」のホームページがあるので、そこに載っていた情報をまとめてみる。
    公益社団法人 日本モーターボート選手会のホームページ

    「日本モーターボート選手会」の歴史

    この組織の原型は1953年12月に「競艇選手間の相互救済および親睦を図ることを目的」として各ボートレース場に「選手会」が誕生し、それが団結したのが「全国モーターボート選手会連合会」となった。

    当初、日本に「競艇」という競技を作った笹川良一が会長を務め、選手が競走に参加した後に事務作業を行い、多忙を極めたことから脱退者が続出し、1956年4月、わずか3年で解散となる。

    だが当時の競艇は選手への処遇への問題が多かった為、その1年後に再度同名の連合会が発足し「選手処遇の交渉をはじめ、選手賞金の一部を積立てて行う共済制度」などを作ることとなる。
    このような業績が認められ、運輸省(現:国土交通省)から正式に設立の認可を受け組織の公益法人化、そして2013年には「公益社団法人 日本モーターボート選手会」として内閣府より認定されることとなる。


    「日本モーターボート選手会」の業務内容

    「日本モーターボート選手会」の「定款」にも書かれているが、その業務内容は基本的にはプロアスリート(競艇ボートレースの選手達)に対しての社会貢献活動、発展や普及宣伝だ。
    モーターボート選手会の業務内容

    (1) モーターボート競走実施に伴う調査研究に関すること。
    (2) 競技技術・資質の向上を図る研修・訓練に関すること。
    (3) 出場条件の改善及び事故・災害の防止に関すること。
    (4) 選手の共済(認可特定保険業含む)制度及び育英制度の実施に関すること。
    (5) 海事思想の普及宣伝及び地域の振興に関すること。
    (6) 海事思想普及や地域振興に資する施設の設置・運営に関すること。
    (7) 社会貢献活動事業に関すること。
    (8) 機関誌の発行に関すること。
    (9) その他本会の目的を達成するために必要な事業。

    《参照》公益社団法人日本モーターボート選手会 定款


    役員達の給与

    役員達の給与も公開されている。
    社会貢献活動を強く出すわりにかなり高給取りである。

    《参照》役員の報酬及び費用に関する規程
    エースのジョーこと上瀧和則モーターボート選手会会長、公益社団法人で給料高い



    ホームページ上の面白情報

    「日本モーターボート選手会」のホームページには、競艇ボートレースの収益金の流れについても図解されており、興味深いものがある。

    また「日本モーターボート選手会」の組織図を見ると、思っていた以上に大きく組織化されており、どのような人選で組まれているかも公表されている。

    上瀧和則モーターボート選手会会長の会長挨拶も載っており、役員履歴見ると、上瀧和則は2003年〜2005年までを「選手会理事」、2005年〜2009年までを「選手会監事」、2011年から「選手会副会長」、2012年から2020年現在に至るまで「選手会会長」を務めていることが分かった。

    2009年から2011年までが何してたのかわからないが、まぁそのように17年かけて「モーターボート選手会会長」となり、2020年5月11日には会長自ら降臨されるというわけだ。

    上瀧和則の復帰戦は、5月11日〜17日の下関一般戦、6月1日〜5日の丸亀一般戦である。
    無観客開催継続濃厚で、本場に行くことはできないが、レース中継で見ようと思う。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ