最終更新日:2024年02月29日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:15,431

競艇の楽しみ方〜番外編 (尼崎競艇場の出場予定選手パネル) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. アナログ時代に競艇の出場予定選手を知る方法

  2. 現在、スマホやパソコンなどを使えばどの競艇場で誰が走っているかなど、簡単に調べる事ができる。
    SGやG1などであれば、大体の出場選手は分かるが、数多くある一般戦ではそうもいかない

    ちょっと「暇ができたから競艇場に行ってみよう」と思い、軽くネットで調べてみるのが今では「普通」で、新規のファンからすれば当然の事である。

    では「スマホ」で簡単に出場選手の検索ができるようになった便利な世の中になる前は、どうやって競艇場の情報を知っていたのだろうか?


    競艇場に行ったことがある人なら、競艇場や場外舟券売場などで次節(次の開催)の案内をした紙などを無料配布しているのを手にしたことがあるだろう。
    あの次節の案内は昔からあり、今も続いている

    あとは、昔からスポーツ新聞などに「主な出場選手」のように紹介情報が昔から載っているので、これを確認していたようだ。
    そう考えてみると、昔は開催日に出場選手全員を把握することはとても難しく、実際に競艇場に行ってみて初めて分かる、といった感じだったのだろう。



  3. 尼崎競艇場の出場予定選手パネル

  4. そんな今では簡単に出場選手の情報を知れる中、古き良き昔の情景?を思い出すかのような競艇場が存在することを知ったので、是非紹介したい。

    それは、尼崎競艇場の「出場予定選手パネル」なのだが、これだけ世の中が便利になって、簡単にプリントもできる時代に手軽に、なんと20年以上前から今節や次節の出場選手をパネルで表示しているとのことだ。
    尼崎競艇は出場選手をパネルで表示
     
    以前は、他の競艇場でも出場選手一覧を場内に提示してあるなどがあったようだが、今はSGなどの大きなレースになれば提示してある時もあるが、それ以外でやってるところはあまりない。

    そして、この尼崎パネルが凄いのが、その一つ一つすべてが手書きで書かれているという。

    大体1節に50人弱の出場選手がいるのだが、そのすべてを書いているのだとしたら、これだけの人数のパネルがあるのだから、かなりの手間がかかっているだろう。
    出場選手だけではなく、開催タイトル部分も手書きであることにも驚きだ。
    尼崎競艇の出場予定選手パネルは出場選手だけではなく、開催タイトル部分も手書き
     



  5. 尼崎競艇場の出場予定選手パネルはどのようにして作られる?

  6. では、この「尼崎競艇場の出場予定選手パネル」はどこで、どのようにして作られているのだろうか?

    調べてみると、制作しているのは「株式会社関西広告社」という広告パネル制作会社が制作しているようだ。(→株式会社関西広告社のHP

    職人1人弟子1人で映画の手描き看板を作ってるイメージであったが、「株式会社関西広告社」は1992年の創業から続いている看板屋で、国内に19か所の事業所を展開しているというから、国内の手描き看板でいえば有名な制作会社なのだろう。

    株式会社関西広告社の制作事例を見ると、電柱広告や市の体育館に提示する看板などを手掛けてきたのがわかるが、残念ながら「尼崎競艇場の出場予定選手パネル」の仕事は紹介されていない

    パネルの制作場所も調べると、尼崎競艇場行きのバスが出ているJR立花駅の近くのようだ。



  7. 出場予定選手パネルの一節分の出場選手一覧の構成は?

  8. 一節分の出場選手一覧の構成は、
    ・開催タイトル
    ・出場予定選手の凡例+選手2人分
    ・選手9人分(5枚)

    合計7枚のパネルで構成されているようだ。
    1枚のパネルに何人もの選手の名前を等間隔で書ける技術に驚いただが、その合計7枚を1セットにして、現在開催中のものと、次節の予告分を掲示し、残りの1セットを持ち帰り次々節のものに書き換えるのだ。
    尼崎競艇の出場予定選手パネル
     
    パネルの入れ替えのタイミングだが、これは基本的に前検の日に行うそうで、それに間に合うように描いている。

    一文字一文字を丁寧に書き上げていくので、相当時間はかかるらしく、出場選手を書き上げるのに2日、タイトル部分を書くのに1日と、合計3日はかかるそうなので、実に根気のいる作業である。

    競艇のレース日程は一定間隔であるわけではないので、開催の少ない月は余裕があるかもしれないが、逆に多い月はとても大変そうだ。



  9. 出場予定選手パネルはどこに設置されているのか

  10. この「尼崎競艇場の出場予定選手パネル」だが、設置されている場所は、尼崎競艇場の入り口入って左側にあるそうなので、敷地内ではあるが、尼崎競艇場に電話して確認したところ、オペレーターの人が2度も代わり確認してくれたのだが、どうもこのパネルのことをあまり知らないようだった。
    尼崎競艇場が発注しているわけではないようだ。

    競艇にスポンサーとかあるわけでもないので、広告パネルを作ってるわけでもないし「何のため」にこれをやるのかよく分からないが、もしかすると「株式会社関西広告社」の自社PRにもなるから?作っているのかもしれない。

    競艇場の昔からの名残を感じれることもあるだろう。
    今の時代にこんなことをする必要があるのか?と、思わず問いたくなるくらいだが、ネットで簡単に出場選手を検索したりできるこんな時代だからこそ、このアナログ的なパネルには意味があるのかもしれない。

    職人が一つ一つを丁寧に作る「手作り」の温かさは貴重だ。
    そんな温かさに触れてみたい人は、いつまで続くか分からないので、是非尼崎競艇場に行ってみてほしい。


関連コラム

無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     2/23には「レディースパック」でびわこ4R(31.9倍)→びわこ5R(11.7倍)で22万3470円の払戻し。
     今回は「見どころブログ」が「びわこレディース」と連動していたので2重で楽しめた。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが精度はいい

     2/22 「デイスタンダード」で宮島10R(19.8倍)→尼崎11R(11.0倍)とコロガシ成功、17万 3800円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     2/21 「ラリアットナイター」という予想で蒲郡2R(26.4倍)→蒲郡6R(14.8倍)とコロガシが成功し、23万 3840円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     2/16には「村上予想」で、住之江5R(14.3倍)→住之江7R(10.6倍)とコロガシで、13万 5680円の払戻し。
    競馬も競艇も競輪もワンアカウントで無料予想の閲覧が可能。このサイトも予想に載ってる見解が秀逸

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     2/14にはデイタイムコロガシ(110pt)というコースで、宮島9R(27.5倍)→宮島12R(10.3倍)と両方ともわずか4点で転がしを成功させ、16万 9950円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/02/26

カミフネという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回無料予想の検証したカミフネという競艇予想サイトは、昨日1ヶ月ちょいかけて無料予想の長期検証を終わらせた「ナナマ」と同じ運営会社なのでグループサイトである。

そんな「ナナマ」の1ヶ月検証結果は、的中率13%で32戦4勝 28敗。なんと収支結果は回収率21%マイナス-50万 2800円の、超マイナス収支となった。

カミフネの無料予想も、同じ人物が予想をしているのだろうか、ここ10戦の戦績だけで言うと、10戦4勝 6敗(的中率40%)で、回収率の方は40%マイナス-9万超えといったところだ。

…さて、今回検証する無料予想(無料情報)は、2024/02/26の多摩川3Rで提供された買い目である。

カミフネという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ カミフネの無料予想(2024/02/26)

まず出走表を見て思うのは「極端なレース」だと言う事だ。
1号艇三角・2号艇関・5号艇池田のA1級3選手と、4号艇坂本・6号艇浅井の若手2選手の差が開きすぎているのである。

正直坂本と浅井の出る幕は全くない
即消しで良い。

では軸は3選手の内どの選手か。
やはり1号艇三角だろう。

スタートが早い選手であり、このメンバーならかなり高い確率で先マイできる。
モーターも戦える足はあるので、軸としては信頼できたように思う。

ただ気になるのは、三角は先マイするものの差される事も多いという事だ。
3着を外す事はないだろうが、1着かどうかは絶対視できない。

そこで浮上するのは2号艇関だろう。
2コースを苦にしない選手なので、差し逆転も十分に考えられる。
むしろ、関1着予想でも良いくらいだ。

そうなると5号艇池田はどうか。
確かに実績的には最上位であるが、やはり5コースは遠い。
5コースの1着率は約10%と低いので、1着では買えなかった。
2・3着までだ。

3号艇木村に関しては、坂本や浅井ほどのレベルではないので相手候補としては十分可能性がある。
3コースなら3連対率も割とあるからだ。

カミフネの予想池田1着の目が多すぎる
昨日までは内枠で成績を上げていただけで、外枠では正直厳しい(足もそこまで良くはない)

現在のボートレースは、実力だけで容易に外枠から1着が取れる事はない。
不的中の要因はその辺りにあるだろう、つまり名前(実績)だけで単純に予想をしていたという事である。