第4回
競艇の楽しみ方〜レースの知識編

女子の男女混合記念V

  1. 競艇は男女混合の競技

  2. 大抵のスポーツであれば、男子と女子は分けられて競技が行われるものだが、競艇ボートレースは「男女混合の競技」である。
    「競馬」では紅一点「藤田菜七子騎手」だけいる。

    陸上競技もそうだし、野球、テニス、サッカーなども男女が同じ舞台で勝負することは無い。
    それは、筋肉のつき方から反射神経、その他のいろいろな肉体的な構造が全然違うわけだから、同じフィールドで勝負をすること自体に無理がある。

    しかし、競艇ボートレースはそこが他の競技と違う。
    男女が同じ条件のもとでレースをする競技は、スポーツの中でも競艇くらいなものなのではないだろうか。

    まぁ、競艇でも女子戦と呼ばれる、女子だけで開催される大会も多いのだが、SGや記念(G1・G2)クラスになれば、ほとんどが男女混合で行われ、そこには女子なので「最低体重」に関しては競馬と同じように多少ハンデキャップはあるが、それ以外は全くない。

    そんな中でだと、やはり女子選手は苦戦しがちで、いまだかつて女子選手がSGを優勝したことはない

    しかし、その手前の記念になれば、優勝した女子選手はおり、長い競艇史の中で7人しかいないのだが、そのうちの3人が優勝したのは、競艇誕生初期の1950年代なので、記録もそれほど残っていないので、今回は最近(ここ20年)の間で優勝した、残りの4人のレースについて振り返っていきたいと思う。



  3. 女子第一人者、山川美由紀の優勝

  4. 1950年代に女子選手の記念優勝があってからは、長らく優勝はなかったのだが、1999年の鳴門競艇場で行われた「G1四国地区選手権競走」で「山川美由紀」が優勝を飾った。

    この山川の優勝は「久々」と言うレベルではないほど女子優勝という意味で期間が開いているし、競艇史初期のころはそこまで選手もいなかったということを考えると、この優勝が女子選手初の 男女混合記念優勝という事になるだろう。

    レースは、内がもつれたところを、6コースから最内を差した山川が、そのまま2マークも先マイし、優勝を決定づけたわけだが、この当時の四国は、レベルが高かったそうで、価値のある優勝と言える。
    そして何より女子選手の第一人者的で、いまだに女子選手のトップの存在である 山川が優勝したというのも意味があるのだろう。



  5. 宇野弥生の、まくって優勝

  6. 「1999年の鳴門競艇場」の山川の優勝から期間をおいて、2012年の大村競艇場で行われた「G2モーターボート大賞」で「宇野弥生」が優勝する。
    2012 G2モーターボート大賞で宇野弥生が優勝
     
    2012 大村MB大賞(YouTube)


    この大会「男女ガチンコ」と名うたれて、出場選手の男子選手と女子選手の選手の数が同じ中で開催されたわけだが、やはり自力で男子選手がリードする形で優勝戦を迎えた。
    ただ、その流れを断ち切るかのような、鮮やかな4コースからのまくりで、男子選手を蹴散らし優勝を勝ち取った名勝負だ。

    スタートの早い宇野らしい優勝なのだが、男子相手にこのようなレースをみせるとは。
    私が初めてレース見た時、競艇の魅力と女性レーサーの強さに感動したくらいである。



  7. 平山智加の、圧巻の優勝

  8. 次の優勝は、宇野弥生選手が優勝した「2012年の大村競艇場」から間髪を入れず、2013年の1月に尼崎競艇場で行われたG1近松賞(尼崎周年)での「平山智加」の優勝だが、走りが凄すぎだ。
    2013年尼崎周年_平山智加の、圧巻の優勝
     
    2013 G1近松賞 尼崎周年(ニコ動)


    この時の平山智加選手は好モーターを引き、予選道中2勝のオール3連対で、予選をトップで通過し、準優勝戦も勝って、優勝戦を1号艇で迎える事になったのだ。
    そもそも そこまでの「強運」をモノにしてる自体かなり凄いのだが、優勝戦でも「濱野谷憲吾」や「今村豊」などの強豪選手を押しのけ、イン逃げで優勝した。
    いくらいい好モーターを引けども、ここまで活躍した女子選手はいないだろう。

    そしてこの優勝は、それ以前の2つの優勝とは比べものにならないほど凄い

    先の山川美由紀が優勝したのは地区選主権であり、メンバー層は普通の周年記念より落ちるものだった。
    宇野弥生の優勝にしたって「G2」だった。

    この平山智加の尼崎周年(G1)は、前の2つの優勝とはレベルが違いすぎるもので、昨年の賞金王(グランプリ)に出場したメンバーも多数出場していた大会なので、そのレベルの高さが分かるだろう。
    その中で優勝した平山智加選手、この優勝は本当に凄い価値のあるものだった。



  9. 男女混合戦初優勝

  10. 2019年、芦屋競艇場で行われた「G2モーターボート大賞」で、「守屋美穂」が6年ぶりに女子選手の男女混合記念優勝を成し遂げた。
    2019年、芦屋競艇場 G2モーターボート大賞 守屋美穂優勝
     
    2019 G2モーターボート大賞


    優勝戦はインからトップスタートを決めて、危なげない走りで「競艇女子」でも書いた「守屋美穂」が優勝した。
    予選道中も好調で、得点率トップで通過し、王道の優勝を飾れたのは大きかった。

    最近の女子選手は女子戦ばかりを走るので、一般戦だとしても男女混合のレースを走る事が少なくなっており、G2とはいえ、男子の強豪レーサーも出場している大会だけに、その価値はある。



    以上の4人の女子レーサーが、男子選手に混じって、記念を優勝した強者の女子選手である。
    この4人全員はいまだに現役で、どの選手も女子の中ではトップクラスの選手であるというところも注目すべきところだ。
    これから、この選手達を中心に、ゆくゆくは女子選手のSG優勝なんてのも十分に可能性があり、もうその時は近いのではないかと思う。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ