最終更新日:2024年02月21日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:15,391

競艇ボートレースの旬な話 (2023年、年始の2大ニュース) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. 2023年、年始の2大ニュース

    2023年1月初旬に出た2つのニュース

    2022年の年末は白井英治のグランプリ初優勝、田口節子のクイーンズクライマックス2連覇に沸いたボートレースであるが、2023年は新年早々やや暗いニュースが飛び込んできた。それも2発連続でだ。

    その2発とは「田頭実八百長疑惑」、「中村亮太自殺ツイート」である。

    どちらもインパクトのあるタイトルで(タイトルは私が考えました)、良くない事を匂わせるものではあるのだが、実際はどうなのだろうか?全ての事情を知っているわけではないので、あくまで表に出てきた情報だけなのだが、その表面化してきたものを今回は掘り下げていきたいと思う。



    田頭実八百長疑惑

    唐突に出てきた「田頭八百長疑惑」であるが、どこからそんな話が出てきたのだろうか?

    田頭実
    ▲ 田頭実が八百長疑惑?


    事の発端2022年10月に、田頭実の元嫁がSNSである投稿をした事から始まる。

    その内容は、田頭実が不正をしておりそれが原因で離婚したという事、競走会に不正の告発をしたのだが、取り合ってもらえず、聞き取り要請もなかったという事である。

    そして2023年1月、その元嫁から事情を聞いたとされるジャーナリストが、「現代ビジネス」にて田頭実の八百長疑惑の記事を書いた事で、こうしてニュースとして公になったというわけだ。

    現代ビジネスの記事
    ▲ 現代ビジネスの記事(B選手が田頭実だと判明)


    尚、そのジャーナリストが競走会に、不正があったのかどうかの回答を求めた所、「個別の調査内容につきましては、選手の名誉に関わりますので、回答は控えさせていただきます。なお、調査の結果、そもそもご指摘の『不正疑惑』なるものは存在しないという結論です」という答えが返ってきたという。



    田頭実の不正疑惑に対し、娘が反論

    この元嫁の投稿〜現代ビジネスの記事が出たせいで、疑惑の目を向けられる事になった田頭実であるが、今度は実の娘がツイートをした

    田頭実の不正疑惑に対し、娘が反論
    ▲ 田頭実の娘が疑惑に対して反論


    SNSの情報を鵜呑みにしないで
    ▲ SNSの情報を鵜呑みにしないで


    その内容は、元嫁(娘の母親)が告発している内容が事実と異なっていること、離婚の原因が「八百長」ではないこと、そして今の自分があるのも田頭のおかげである。ということが書かれていた。

    また、娘が母親のツイートにコメント入れると、ツイート削除されてブロックされたという。
    泥沼化しているようだが、ここまで娘が表に出てツイートしてくれたおかげで田頭実の八百長疑惑がネット上では一気に収束を見せた。

    母親が娘のコメントを削除、ブロック。
    ▲ 母親が娘のコメントを削除、ブロック。


    確かに、元嫁の告発、そしてこのジャーナリストの記事よりも、娘のツイートの方が信憑性があるように受け止められる。
    娘がどこまで知っているかは微妙な所ではあるが、元嫁の八百長疑惑に対する証拠もかなり弱い。
    というか「証拠がある」とか言ってるくせに証拠が一向に出てこない

    実際の所どうなのかは分からないが、競走会がチェックして一応「シロ」という事であればそれでいいのではないかと思う。(実際、田頭実は現在も休みなく出場している)

    西川昌希元A1競艇選手が八百長で逮捕。レース検証した」でも書いた本当に八百長をやっていた西川昌希の時は、優先艇保護を無視しているとか、確実にレースがおかしかったので、それと比べるのも可哀想な気がする。

    果たしてどうなのだろうか?
    真相は分かっていないし田頭実の疑惑が事実じゃないと断定はできないけど、私の個人的な考えでは事実ではないと思っている。



    中村亮太の自殺ツイート

    そのツイートが投稿されたのは2023年1月11日の事である。

    中村亮太競艇選手の自殺ツイート
    ▲ 中村亮太の自殺ツイート


    長年にわたって選手や関係者からいじめを受けており精神的に辛かった、その結果、自殺をほのめかすようなお迎えかな・・・さようなら」という文章が添えられているという感じである。

    これが本当かどうかの真偽は分からないし、書かれてあるイニシャルの文字が誰の事を指しているのかも分からない。
    一つ確実に言えるのは、中村の精神状態が危ないという事である。

    SNSにアップするくらいなので、かまってちゃん感も少しある気はするが、こんな事を発信したボートレーサーは初めてなので衝撃的だった。


    ちなみに「中村亮太」というボートレーサーだが、SGにも何度も出たことのあるようなA1級トップレーサーだ。

    その昔、オールスターのファン投票用紙をレース場に来ていたファンに渡す時に、自分の名前を先に塗って渡してた歴がある(笑)
    それで、2年の出場停止処分受けていた

    なんか気弱いキャラだったので、中村の捉え方って可能性もあるけど、この「自殺ツイート」も事実かもしれない。

    「中村亮太」というボートレーサー
    ▲ 「中村亮太」というボートレーサー



    ツイート後、中村亮太はどうなった?

    それだけのツイートをしたくらいであるから、中村の状態が気になる所であるが、どうやら身の安全は確認されたようである。

    中村亮太の自殺ツイートのその後、安否確認できた
    ▲ 中村亮太の安否確認ができたようだ


    正式な発表というわけではないが、ボートレース下関の関係者である万舟ハンター野田さんのツイートで判明した。
    今現在、ニュースにもなっていない事を考えると、自殺をしているわけではなさそうだ。

    ただ、ボートレースオフィシャルサイト上の中村亮太のページから、全ての斡旋予定が消えていた

    中村亮太自身のページが消えているわけではないので、引退したというわけではないのだろうが、競走会が事情を本人に聞いた結果、このような処置を行ったのではないかと思われる。
    まぁ精神状態がこれでは、レースを走るのは危険だろう。

    これが、中村亮太自殺ツイートの現段階での表に出ている情報である。
    どちらのニュースも年始から決して良いものではない。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     2/16には「村上予想」で、住之江5R(14.3倍)→住之江7R(10.6倍)とコロガシで、13万 5680円の払戻し。
    競馬も競艇も競輪もワンアカウントで無料予想の閲覧が可能。このサイトも予想に載ってる見解が秀逸

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     2/14にはデイタイムコロガシ(110pt)というコースで、宮島9R(27.5倍)→宮島12R(10.3倍)と両方ともわずか4点で転がしを成功させ、16万 9950円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     2/8にはモーニングパック で鳴門3R(19.8倍)→鳴門6R(27.1倍)で21万4090円の払戻し。
    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが精度はいい

     2/7 「モーニングスタンダード」で唐津1R(16.9倍)→唐津4R(12.0倍)とコロガシ成功、16万 2000円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     1/31 「ラリアットデイ」という予想で戸田10R(16.1倍)→戸田11R(13.7倍)とコロガシが成功し、22万 570円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/02/20

競艇ホットラインという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト競艇ホットラインの無料予想(無料情報)は、2024/02/20の宮島9Rで提供された買い目である。

競艇ホットラインという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ホットラインの無料予想(2024/02/20)

進入固定の一戦である。
このレースは1号艇松本3号艇是澤一騎打ちであった

まず松本だが、モーターは中堅程度の手応え。
悪い所は特にはないが、特段出ているという感じではなかった。
インなら何とか持たせることができる、というレベルであったと思う。

一方、是澤は出足が少し強めに映った。
初日は5コースから展開を突いて2着発進。
波を超える足もある。
単純な足比較では是澤の方が良かっただろう。

その是澤は、3コース時にはまくり差しも多い選手である。
1着率も高いので逆転は十分にあった。
どちらにしてもこの2人の勝負であろう。

3着はどうか
是澤がまくり差しに行けば2号艇加藤は引き波をまともに受けてしまうので厳しい。
ここでは買える要素はなかった。
4号艇松下5号艇吉田6号艇上野の中では、足的に松下と上野が良かったと思う。

特に上野に関してはB2級なので軽視しがちだが、それは危険である。
最近少しずつレースに慣れてきており、成績も上がってきているからだ。
来期はこのままいけばB1級に昇格するくらいである。

松本と是澤の1・2着が堅いレースだったので、予想も簡単だったはずなのだが不的中。
やはり、展開不利な加藤を多く絡めているのと、上野を軽視しているのが問題であったと思う。
配当は上野が絡んで少し高めになったのだが、こういうレースこそ的中して欲しかったものである。