最終更新日:2024年02月21日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:15,391

競艇の楽しみ方〜番外編 (競艇ボートレーステーマパーク、モーヴィ(Mooovi)とは?) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. 競艇ボートレーステーマパーク、モーヴィ(Mooovi)とは?

    ボートレース場内の「モーヴィ」が話題に

    現在、ボートレース場において急増している施設がある

    それがモーヴィ(Mooovi)だ。

    Mooovi 競艇ボートレースの遊び場画像
    ▲ Mooovi 競艇ボートレースの遊び場

    モーヴィHP

    名前を聞いても全く何の施設か分からないだろうし、ボートレースをやっているユーザーでも、あまり知らない人も多いであろう。

    それもそのはず、このモーヴィ(Mooovi)は、幼児から小学校高学年までの年代に向けての遊べる施設であり、大人だけで入場する事はできない。

    「子供遊び」を考え、室内遊び場などを運営、海外の子供おもちゃのセレクトショップなどを運営している企業「ボーネルド」と、ボートレース場が協同で、“からだあそび”を通して子供たちの成長を応援するために作った“あそび場”という事だ。

    もとは、ボートレースの「ギャンブル」というイメージの払拭(競馬場でも同じような取り組みをしている)や、家族連れで来ても妻と子供には遊ばせておく。とか、色々な利点がギャンブル好きなお父さんにはあるわけで、それを「子供たちが思い切って遊べる施設」というクリーンなイメージでテーマパーク化させた感じであろうが、最近ではプレイグランドとしての需要がすごいと話題。

    モーヴィ(Mooovi)には様々な工夫が凝らされた遊具があるようだ。

    このモーヴィ(Mooovi)が今かなり話題で、施設によっては予約がすぐに埋まってしまうほどらしい。
    これまでボートレース場にはそのような施設は一切なかったので、画期的だと言える。

    そこで今回は、話題のモーヴィ(Mooovi)について少し掘り下げてみたいと思う。



    モーヴィ(Mooovi)は全国のどのレース場にあるのか?

    急増しているとは言ったものの、まだ全国24場全てのボートレース場にあるわけではない。

    現在は7場のみに設置されている(2022年11月現在)

    開設順に紹介すると、

    全国のモーヴィ(Mooovi)※2022年11月現在

    モーヴィ(Mooovi)の場所とオープン
    ボートレース戸田(2019年2月8日)
    ボートレース下関(2019年4月30日)
    ボートレース浜名湖(2019年12月14日)
    ボートレース芦屋(2021年7月8日)
    ボートレース常滑(2021年11月6日)
    ボートレースからつ(2021年11月27日)
    ボートレース尼崎(2022年4月10日)

    といった感じである。
    コロナ禍の影響もあって、2020年にはオープンができなかったのだろうが、昨年辺りからはまた徐々に増え始めており、今後もこの流れが続くと考えられる。



    全国7場のモーヴィ(Mooovi)から3場をピックアップ紹介

    全国7場のモーヴィ(Mooovi)の中でも特に注目の3場をピックアップ紹介したい。

    モーヴィ戸田

    まずはモーヴィ戸田である。

    モモーヴィ戸田 (Mooovi)の画像
    ▲ モーヴィ戸田 (Mooovi)の画像

    モーヴィ戸田の画像

    全国で1番初めにオープンしたモーヴィ(Mooovi)である。
    ベビーゾーン、チャレンジゾーン、アクティブゾーン、アウトドアゾーン、ライブラリゾーン、の5つのゾーンから構成されており、中でもアクティブゾーンは全身を動かして遊ぶゾーンであり、サイバーホイールや、クライミングなどが人気だ。

    累計入場者数も18万人を超え、休日には親子だけではなく、祖父母も一緒に来場する事も増えており、その認知度も高まっている様である。



    モーヴィ常滑

    次にモーヴィ常滑だ。

    ここはモーヴィ戸田と同じように5つのゾーンがあるだけでなく全国でもここしかないコミュニティパーク・グルーン」という公園がある。

    モーヴィ常滑にあるコミュニティパーク・グルーン
    ▲ モーヴィ常滑のコミュニティパーク・グルーン


    芝生広場やフットサル・バスケットボールを楽しめる人工芝のフィールド、フィットネス器具、マルチコートの屋外施設、屋内のスタジオなど、その全てが無料で楽しめる

    そしてこの公園に関しては、年齢関係なく入る事ができるため、朝は年配の方が散歩をしたり、夕方になると小中学生がフットサルをしているようである。
    もちろんこの公園も、ボーネルド社とボートレース振興会が協同で開発したものだ。



    モーヴィ尼崎

    最後は、一番最新のモーヴィ尼崎だ。

    モーヴィ尼崎
    ▲ モーヴィ尼崎

    モーヴィ尼崎の画像

    モーヴィ尼崎は2022年4月10日にオープンし、まだ半年と少ししか経っていない尼崎だが、9月末時点ですでに約2万7000人が利用し、地域住民に施設が定着しつつあるそうだ。
    特に土日祝の利用が多く、予約枠がすぐ埋まる状況だと言う。

    ここまでくると尼崎という土地柄もあるのかもしれないが、「ボートレース」というより「子供たちが自由に遊べる空間」を皆欲していたという事だろう。

    こんな感じで全国のモーヴィ(Mooovi)は現在人気である。
    「プレイリーダー」という、子供の遊びを見守ってくれるサポーターも各施設に常駐しているそうなので、安心というのもいい。

    お子さんがいて、近くにモーヴィ(Mooovi)があるという方は、ぜひ一度行ってみてはどうでしょうか?


関連コラム

無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     2/16には「村上予想」で、住之江5R(14.3倍)→住之江7R(10.6倍)とコロガシで、13万 5680円の払戻し。
    競馬も競艇も競輪もワンアカウントで無料予想の閲覧が可能。このサイトも予想に載ってる見解が秀逸

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     2/14にはデイタイムコロガシ(110pt)というコースで、宮島9R(27.5倍)→宮島12R(10.3倍)と両方ともわずか4点で転がしを成功させ、16万 9950円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     2/8にはモーニングパック で鳴門3R(19.8倍)→鳴門6R(27.1倍)で21万4090円の払戻し。
    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが精度はいい

     2/7 「モーニングスタンダード」で唐津1R(16.9倍)→唐津4R(12.0倍)とコロガシ成功、16万 2000円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     1/31 「ラリアットデイ」という予想で戸田10R(16.1倍)→戸田11R(13.7倍)とコロガシが成功し、22万 570円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/02/20

競艇ホットラインという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト競艇ホットラインの無料予想(無料情報)は、2024/02/20の宮島9Rで提供された買い目である。

競艇ホットラインという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ホットラインの無料予想(2024/02/20)

進入固定の一戦である。
このレースは1号艇松本3号艇是澤一騎打ちであった

まず松本だが、モーターは中堅程度の手応え。
悪い所は特にはないが、特段出ているという感じではなかった。
インなら何とか持たせることができる、というレベルであったと思う。

一方、是澤は出足が少し強めに映った。
初日は5コースから展開を突いて2着発進。
波を超える足もある。
単純な足比較では是澤の方が良かっただろう。

その是澤は、3コース時にはまくり差しも多い選手である。
1着率も高いので逆転は十分にあった。
どちらにしてもこの2人の勝負であろう。

3着はどうか
是澤がまくり差しに行けば2号艇加藤は引き波をまともに受けてしまうので厳しい。
ここでは買える要素はなかった。
4号艇松下5号艇吉田6号艇上野の中では、足的に松下と上野が良かったと思う。

特に上野に関してはB2級なので軽視しがちだが、それは危険である。
最近少しずつレースに慣れてきており、成績も上がってきているからだ。
来期はこのままいけばB1級に昇格するくらいである。

松本と是澤の1・2着が堅いレースだったので、予想も簡単だったはずなのだが不的中。
やはり、展開不利な加藤を多く絡めているのと、上野を軽視しているのが問題であったと思う。
配当は上野が絡んで少し高めになったのだが、こういうレースこそ的中して欲しかったものである。