第88回
競艇の楽しみ方〜番外編

競艇ボートレーステーマパーク、モーヴィ(Mooovi)とは?

  1. 競艇ボートレーステーマパーク、モーヴィ(Mooovi)とは?

    ボートレース場内の「モーヴィ」が話題に

    現在、ボートレース場において急増している施設がある

    それがモーヴィ(Mooovi)だ。

    Mooovi 競艇ボートレースの遊び場画像
    ▲ Mooovi 競艇ボートレースの遊び場

    モーヴィHP

    名前を聞いても全く何の施設か分からないだろうし、ボートレースをやっているユーザーでも、あまり知らない人も多いであろう。

    それもそのはず、このモーヴィ(Mooovi)は、幼児から小学校高学年までの年代に向けての遊べる施設であり、大人だけで入場する事はできない。

    「子供遊び」を考え、室内遊び場などを運営、海外の子供おもちゃのセレクトショップなどを運営している企業「ボーネルド」と、ボートレース場が協同で、“からだあそび”を通して子供たちの成長を応援するために作った“あそび場”という事だ。

    もとは、ボートレースの「ギャンブル」というイメージの払拭(競馬場でも同じような取り組みをしている)や、家族連れで来ても妻と子供には遊ばせておく。とか、色々な利点がギャンブル好きなお父さんにはあるわけで、それを「子供たちが思い切って遊べる施設」というクリーンなイメージでテーマパーク化させた感じであろうが、最近ではプレイグランドとしての需要がすごいと話題。

    モーヴィ(Mooovi)には様々な工夫が凝らされた遊具があるようだ。

    このモーヴィ(Mooovi)が今かなり話題で、施設によっては予約がすぐに埋まってしまうほどらしい。
    これまでボートレース場にはそのような施設は一切なかったので、画期的だと言える。

    そこで今回は、話題のモーヴィ(Mooovi)について少し掘り下げてみたいと思う。



    モーヴィ(Mooovi)は全国のどのレース場にあるのか?

    急増しているとは言ったものの、まだ全国24場全てのボートレース場にあるわけではない。

    現在は7場のみに設置されている(2022年11月現在)

    開設順に紹介すると、

    全国のモーヴィ(Mooovi)※2022年11月現在

    モーヴィ(Mooovi)の場所とオープン
    ボートレース戸田(2019年2月8日)
    ボートレース下関(2019年4月30日)
    ボートレース浜名湖(2019年12月14日)
    ボートレース芦屋(2021年7月8日)
    ボートレース常滑(2021年11月6日)
    ボートレースからつ(2021年11月27日)
    ボートレース尼崎(2022年4月10日)

    といった感じである。
    コロナ禍の影響もあって、2020年にはオープンができなかったのだろうが、昨年辺りからはまた徐々に増え始めており、今後もこの流れが続くと考えられる。



    全国7場のモーヴィ(Mooovi)から3場をピックアップ紹介

    全国7場のモーヴィ(Mooovi)の中でも特に注目の3場をピックアップ紹介したい。

    モーヴィ戸田

    まずはモーヴィ戸田である。

    モモーヴィ戸田 (Mooovi)の画像
    ▲ モーヴィ戸田 (Mooovi)の画像

    モーヴィ戸田の画像

    全国で1番初めにオープンしたモーヴィ(Mooovi)である。
    ベビーゾーン、チャレンジゾーン、アクティブゾーン、アウトドアゾーン、ライブラリゾーン、の5つのゾーンから構成されており、中でもアクティブゾーンは全身を動かして遊ぶゾーンであり、サイバーホイールや、クライミングなどが人気だ。

    累計入場者数も18万人を超え、休日には親子だけではなく、祖父母も一緒に来場する事も増えており、その認知度も高まっている様である。



    モーヴィ常滑

    次にモーヴィ常滑だ。

    ここはモーヴィ戸田と同じように5つのゾーンがあるだけでなく全国でもここしかないコミュニティパーク・グルーン」という公園がある。

    モーヴィ常滑にあるコミュニティパーク・グルーン
    ▲ モーヴィ常滑のコミュニティパーク・グルーン


    芝生広場やフットサル・バスケットボールを楽しめる人工芝のフィールド、フィットネス器具、マルチコートの屋外施設、屋内のスタジオなど、その全てが無料で楽しめる

    そしてこの公園に関しては、年齢関係なく入る事ができるため、朝は年配の方が散歩をしたり、夕方になると小中学生がフットサルをしているようである。
    もちろんこの公園も、ボーネルド社とボートレース振興会が協同で開発したものだ。



    モーヴィ尼崎

    最後は、一番最新のモーヴィ尼崎だ。

    モーヴィ尼崎
    ▲ モーヴィ尼崎

    モーヴィ尼崎の画像

    モーヴィ尼崎は2022年4月10日にオープンし、まだ半年と少ししか経っていない尼崎だが、9月末時点ですでに約2万7000人が利用し、地域住民に施設が定着しつつあるそうだ。
    特に土日祝の利用が多く、予約枠がすぐ埋まる状況だと言う。

    ここまでくると尼崎という土地柄もあるのかもしれないが、「ボートレース」というより「子供たちが自由に遊べる空間」を皆欲していたという事だろう。

    こんな感じで全国のモーヴィ(Mooovi)は現在人気である。
    「プレイリーダー」という、子供の遊びを見守ってくれるサポーターも各施設に常駐しているそうなので、安心というのもいい。

    お子さんがいて、近くにモーヴィ(Mooovi)があるという方は、ぜひ一度行ってみてはどうでしょうか?


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

Lボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

Lボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ Lボートの無料予想(2022/12/05)

Lボートの無料予想(無料情報)の初回抜き打ち検証だが、検証したのは12/5の鳴門11R
通常のレースであれば、1号艇がインからしっかりと逃げ切れるかをまず最初に考えるのであるが、このレースは4号艇に峰竜太が乗艇していた。
初日はまくり差しと逃げで連勝、当然ここも中心視したい所でもあった。

ただ、ここでもう一つ考えなくてはいけないのは、1号艇三浦のイン実績である。
格・実力共にが抜けてはいるが、三浦もインでは1着率も高く、基本的にスタートも早い。
モーター的にもコメントで手応えを口にしており、逃げての1着も十分可能性としてあったわけだ。

では、1マークどういう展開が考えられるだろうか
4コースのはスタートが早く、3号艇南は平均的にスタートが遅いので、峰と南を比べても峰の方が分が良いので峰自身が攻めて行く展開が濃厚であった。
しかし、前述した通り三浦もインではきっちりとスタート行くので、まくり切るまでは難しいだろう(峰のモーターも伸びが良いというわけではなかった)
そうなれば三浦が先マイ、峰は切り替えてのまくり差しというのが1マークの一番可能性が高い展開であったと思う。
「1-4」「4-1」で予想としては良かった。

これがセオリーではあるのだが、峰が行き切れず途中で2号艇岡部が引っかかった場合(伸び切るまでの足が峰にはない)、インから三浦は逃げやすくなるだけでなく、峰も1マーク体制が悪くなってしまう。
そうなればその外5号艇岩崎に絶好の展開が向いてくる。
1-5というこの展開も十分想定する事ができた。

Lボートの予想で「1-4」の部分に関しては分かるが、峰に叩かれる南の2着予想が厳しめであったし、南1着の予想など全く要らなかった。
せめて4-1や4-5など峰1着の予想なら分かるが、南は通常あり得ない
その辺りが不的中の主な要因であったと思う。

とにかく予想に無駄があり過ぎた、そんな感じである。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/45kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ