勝又桜という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_0
登録番号 4830

勝又桜

()  カツマタ サクラ
生年月日 0000/00/00
支部 -
身長 -
出身地 -
体重 -
登録期 -
血液型 -
級別 -

勝又桜の期別成績

-
勝率 - 能力 -
優出 - 優勝 -
1着 - 2着 -
3着 - 4着 -
5着 - 6着 -

勝又桜の写真画像

勝又桜という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_1 勝又桜という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_2 勝又桜という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_3 勝又桜という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_4 勝又桜という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_5 勝又桜という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_6 勝又桜という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_7 勝又桜という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_8 勝又桜という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_9

勝又桜の「本日」出場予定

  • 出走の予定はありません

勝又桜の出場予定

  • データがありません。

勝又桜について

  1. 勝又桜選手という、かわいい競艇選手(女子ボートレーサー)について

  2. 勝又桜選手(かつまた さくら)という、競艇女子選手(ボートレーサー)は、静岡県出身で、所属も静岡支部114期の競艇選手だ。
    勝又桜選手のデビュー2014年5月になる。


    114期の同期女子には、既に「競艇女子」で書いた、塚脇奈美選手や、倉持莉々選手、それとこの同期女子の中では別格の腕を持つ中村桃佳選手がおり、男子ならSGレーサー羽野直也選手と同期にあたる。

    勝又桜選手は、既にデビューしてから4年半ほどが経ち、ここらあたりでどの選手も実力差がかなり出てくる頃で、そんな勝又桜選手の現在の勝率は「2.98」。

    同期の女子で活躍している中村桃佳選手の勝率は「6.87」なので、もうちょっと頑張って成績を上げていって欲しいところだ。



  3. 勝又桜選手という、かわいい競艇選手(女子ボートレーサー)の学生時代

  4. 競艇ボートレーサーの勝又桜選手は、静岡県 沼津市にある、偏差値42-56の「加藤学園高等学校」いう高校を卒業している。

    教育理念は「まごころを尽くす・・・至誠」と掲げており、近代的知性に合わせて、誠実で品位ある人間づくりを目指しているようだ。


    …勝又桜選手が高校時代、どんな制服を着ていたかと言うと、「加藤学園高校」の制服は基本、紺色のブレザーに、赤色のネクタイがアクセントとなっている。
    高校の設立が1926年と歴史ある学校で、制服に関しては現代の女子ウケも意識しているのかもしれないがけっこー地味なかんじ。


    通称「カト学」と呼ばれている学校だそうで、この学校を出ている競艇選手は、118期の後輩・板橋侑我選手、やまと91期の先輩・三浦永理選手がおり、これだけ同じ高校から競艇選手が卒業生としている高校も珍しいのではないだろうか。
    また後ほど記載するが、同じ「加藤学園高校」卒業の「やまと91期生」である三浦永理選手は、勝又桜選手の競艇の”師匠”でもある


    だが勝又桜選手が「この高校」を選んだのは「卒業生」に競艇選手がいたからではない。
    卒業生」の残した功績は重要だが、ソコは「競艇」ではなく「チアリーダー部」だ。



    勝又桜選手はなんと『チアリーディング 全国2位』という実績を持っている。
    2011年の「USA Spirit Nationals in Japan」というチアリーディングの全国大会において、勝又桜選手のチームは2位に入賞し、好成績を残した実績がある。

    どうやら小さい頃からスポーツや体を動かすことが好きだったようで、中学時代には新体操に打ち込んでいたこともあり、身体の柔軟性を生かせるかもしれないと思い、同時にチアリーディングも始めたそうだ。

    で、もっとチアを極めたいという思いから、静岡県内のチアリーディング強豪校である「加藤学園高等学校」を選んだ。
    画像をクリックするとポップアップで表示 
    ↑「きせがわ自転車まつり」で盛り上げたチア部


    実際、加藤学園高等学校のチア部はめちゃ強いようで、2014年に全米大会で優勝している。

    全米でも優勝するような強豪校ということもあってか、「部活の休みはほとんどなかったが、高校時代はとても充実していた」とのちに答えている。
    だが、いろいろ制限も厳しかったようで、人前(ステージ)に立つから「見た目が大事」ということで、「マクドナルド」などジャンクフード店に「立入禁止」などという、高校生ならマックとかでダラダラ話したいこともあるだろうけど、NGな高校時代だったようだ。



  5. 勝又桜選手という、かわいい競艇選手(女子ボートレーサー)が「競艇」を選んだ理由

  6. 高校では「チアリーディング」に打ち込んでいた勝又桜選手が競艇(ボートレーサー)を選んだ理由は、「女性も活躍できて、自分の努力次第で上にいくことができるから」という実力主義の志向から競艇選手という職業を選んだそうだ。
    さすが「チアリーディング」で全国2位の実績を持っているだけあって、努力して勝っていきたいという強い思いを持っていたようだね。…だが現実は厳しいのが競艇の世界だ。


    勝又桜選手のデビュー2014年5月地元の「浜名湖競艇場」の一般戦だった。
    そして、1年間、全く勝利が無かったというのも、競艇のプロの世界の厳しさが伝わってくる。

    初勝利はちょうどデビューから1年後2015年5月だった。
    「津競艇場」の一般戦で、初1着を獲り水神祭を挙げることができた。

    デビューして1年未満で初勝利を成し遂げる選手が多いので、勝又桜選手はどちらかというと、他の競艇選手に比べると遅咲きの選手なのだろうか。
    画像をクリックするとポップアップで表示 
    ↑デビューから132走目で、ようやくの勝利となった。


    しかもまさかの初勝利のレースは、”実力”で勝ったというよりかは、”運”で勝ったような感じだった。
    1マークで複数艇が絡むアクシデントがあって、それを避けるような形で外を回ってトップでゴールという、運が味方をしてくれた勝ち方だったというのもどうなのか(笑)

    …まぁ、しかしながら、以後は実力でも勝てるようになってきている。
    まだ勝率は同期と比べるとかなり低い方だが、それでも毎レース懸命に頑張っている姿が伝わってくるし、可愛いから応援したくなるってとこだろう。



  7. 勝又桜選手という、かわいい競艇選手(女子ボートレーサー)のおまけ話

  8. 競艇選手の「勝又桜選手」の師匠は、前述したように勝又桜選手と同じ高校の先輩でもある三浦永理選手だ。

    三浦永理選手1983年生まれ勝又桜選手1995年生まれなので、ちょうど一回り歳が違う。
    なんといっても三浦永理選手は2012年の年末の舞台(賞金女王)で優勝(イジメのようなティアラ姿になる選手が多いw)し、ティアラを被った超実力がある選手なだけに、いい師匠に巡り合えたものだと思う。
    ちなみに三浦永理選手は高校時代、ソフトボール部に所属していたスポーツマンだった。

    努力して上へ行きたい」という気持ちが強い勝又桜選手にとっては、三浦永理選手は心強い師匠だろうな。(写真見ると貫禄が違いすぎw)
    静岡支部といえば、他にも長嶋万記選手という腕のある選手もいるので、ぜひいろいろ教わって吸収していってほしく思う。

    そんな勝又桜選手の目標は
    ・周りから愛される選手になる。
    ・A1級になって幸せに暮らす。
    ・師匠の三浦永理選手に追いつく。
    と述べている。

    小柄で可愛らしい勝又桜選手は、すでに浜名湖のアイドル的存在だが、もう少し実力が付いて来れば、人気出るのになるので頑張ってほしいね。


    「競艇検証.com」では今後も勝又桜という競艇女子選手のイチファンとして応援を続けます!
    勝又桜選手についてのプロフィールレポートなどは基本的に更新しませんが、もし勝又桜選手と写真を撮ったり、自慢ネタがあったら、公開するかも?しれません(笑)

優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ