喜多須杏奈という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_0
登録番号 4714

喜多須杏奈

(32)  キタズ アンナ
生年月日 1990/09/30
支部 徳島
身長 157cm
出身地 徳島県
体重 50kg
登録期 110期
血液型 A型
級別 B1級

喜多須杏奈の期別成績

2022/05/01-2022/10/31
勝率 4.83 能力 47
優出 1回 優勝 0回
1着 10.7%(11回) 2着 20.4%(21回)
3着 13.6%(14回) 4着 22.3%(23回)
5着 11.7%(12回) 6着 16.5%(17回)

喜多須杏奈の写真画像

喜多須杏奈という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_1 喜多須杏奈という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_2 喜多須杏奈という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_3 喜多須杏奈という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_4 喜多須杏奈という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_5 喜多須杏奈という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_6 喜多須杏奈という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_7 喜多須杏奈という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_8 喜多須杏奈という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_9 喜多須杏奈という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_10 喜多須杏奈という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_11 喜多須杏奈という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_12

喜多須杏奈の「本日」出場予定

  • 出走の予定はありません

喜多須杏奈について

  1. 喜多須杏奈という、美人競艇選手(女子ボートレーサー)について

  2. 喜多須杏奈(きたず あんな)という、競艇女子選手は、既婚者だ。

    だから、この「かわいい競艇女子」のリストからは外そうかとも思ったのだが、まぁ、既婚者でもコスプレやらなんやで、男のレーサーや年配の女性レーサーには無い「女」としてのファン層をしっかり持ってる喜多須杏奈選手なので、喜多須杏奈選手に限らず、何人かの「既婚者 美人競艇選手」も挙げることにした。

    …なので、顔のハート画像めくって、喜多須杏奈の検証ページ入って、「ゲッ、既婚かよ!」とか思わないでもらえると嬉しいm(_ _;)m


    競艇喜多須杏奈選手といえば、”開会式でのコスプレをする”って印象が強くなった選手だ。
    とにかくコスプレ好きとして、ここ最近は全国各地のイベントには引っ張りだこだ。

    2017年8月6日には名古屋市東区で行われた『世界コスプレサミット2017』のトークショーには、コスプレタレントの火将ロシエルと出演した。

    最近でも多摩川競艇場で平高奈菜選手とのトークショーで、喜多須杏奈選手の代表的なコスプレである多摩川のオリジナルキャラクター「静波まつり」のコスプレを行い、いつもながらにファンから反響を呼んだ。
    画像をクリックするとポップアップで表示 
    二次元とは違うが似合っている。


    また第2回びわこのレディースオールスター開会式では、レースクイーンボディコン・コスプレをしてファンの前に登場したのだが、コチラはちょっとキツかった。。

    いつもはアニメキャラで湧かせる喜多須杏奈選手が、このドン引きコスプレで登場した理由は、昨年ファン投票で同順位の38位だった木村沙友希選手から衣装を引き継いだからとのこと。※実際は繰り上がりで37位。
    このハタ迷惑な「ボデイコンコスプレ」は、木村沙友希選手が「ブルゾンちえみ」のネタをした時の、完全に笑いネタで、ちょうど木村選手が産休中だったで、彼女の分を背負いステージに立ったもんだから、知らぬ来場者はガチで着たもんだと思い、今でもキツいビジュアルが残ってしまっている(笑)

    画像をクリックするとポップアップで表示 
    ↑80'sのようなボディコン。ネットとは残酷だ。



  3. 喜多須杏奈という、美人競艇選手の女子ボートレーサーになるまで

  4. 喜多須杏奈選手の出身徳島県で、現在も徳島支部に所属している。

    喜多須杏奈選手の出身校は、偏差値 51の、徳島県鳴門市撫養町斎田という所にある「徳島県立鳴門高等学校」だ。

    スポーツ経験は、喜多須杏奈選手が幼少期に新体操器械体操を、小学校3年から中学卒業まではバレーボールをやっていたとのこと。


    そんな喜多須杏奈選手がボートレーサー(競艇選手)目指したきっかけは「初めて見た瞬間に、ボートレーサーに魅力を感じたから」と、本人の直感で「ボートレーサー(競艇選手)」になることが「ストライク」だったと述べている。

    さらに地元の先輩である数々の実績を残した横西奏恵(元選手)に憧れて、この世界を目指すに至ったと言う。
    ちょうどその時が、横西奏恵選手が女子王座を獲った時で、「自分が横西選手を見て感じたように、自分の走る姿を見て、自分もあんな風になりたいなと思ってもらえるようなレーサーになること」が目標になったんだとか。


    そして、そんな喜多須杏奈選手の競艇選手(ボートレーサー)になろうと思った自分の直感と、実際に努力が成果となって表れたのが、「110期の養成所チャンプ(競艇研修学校修了記念競走の優勝者)」になったことである。

    女子選手が、養成所チャンプとなるのは、なんと喜多須杏奈選手が競艇選手になろうと思った「キッカケ」であり「憧れ」となった、同じ徳島出身の横西奏恵(元選手)以来17年ぶりとなる快挙となった。
    目標である横西選手に続く徳島支部の選手ということで、デビューから大きな注目・期待を集める存在となった喜多須杏奈選手だ。



  5. 喜多須杏奈という、美人競艇選手の交友と師匠

  6. 喜多須杏奈選手の卒業した、110期の同期には男子では三浦敬太、白神優、上條暢嵩ら、女子では高田綾、八十岡恵美、西澤日花里がいる。

    喜多須杏奈選手は同期との仲もよく、高田綾選手とは旅行にも出かける仲だ。
    同期の西澤日花里選手とは特に仲が良く、結婚式にも出席してるし、一緒にディズニーに行ったりというツイートもしており、喜多須杏奈選手の手を見ると自分の登録番号(4714)と、同期の西澤選手の登録番号(4720)を必ず入れるんだとか。(出来栄えはノーコメントだがw

    高田綾選手、八十岡選手、西澤日花選手と、同期の110期は、女子が少ないだけに、非常に仲が良いのが分かる。
    同期以外でも1期先輩の豊田結選手と飲みに行ったりしており、交友関係も幅広い。


    そんな喜多須選手の師匠佐々木和伸だ。
    佐々木選手はA1級で一般戦では舟券貢献が当たり前、腕のある選手だ。
    現在は佐々木選手を師に、徳島の女子エースを目指して頑張っている。



  7. 喜多須杏奈という、競艇選手のプライベート

  8. 冒頭にも書いたように、残念ながら喜多須杏奈選手は2016年11月22日に、2歳年上の一般会社員と結婚した。
    画像をクリックするとポップアップで表示 
    ↑「人妻」じゃテンション下がるって?…まぁ暖かく見守ろうよ(笑)

    喜多須杏奈選手は普段から料理をしているようで、本人のTwitter上では「きたずきっちん」と題して家庭の料理を載せている。
    「至って普通」の「ザ・家庭料理」で、Twitterに何故このような画像をUPするのか意図がよく分からなかった。


    趣味はドライブ。母親の乗っていたミニに乗っているそうだ。
    また、家のベランダでは「ずあんな農園」と名付け、いちごやトマトなどの植物を育てており、これにもハマっているみたいだ。

    アニメ&コスプレ好きレーサーとして、使用しているヘルメットにも華やかなデザインが施されており、百合の花が描かれている。

    「百合の花」が何故喜多須杏奈選手のヘルメットに描かれているか。…それは、喜多須杏奈選手がデビューして1年目の時に病気で亡くなってしまった妹の名前「ゆり」からのイラストで、妹さんへの想いがヘルメットのデザインにも込められている。

    画像をクリックするとポップアップで表示 
    画像をクリックするとポップアップで表示 
    ↑完成したての最新版のヘルメットにも「百合の花」が。


    喜多須選手の目標はズバリ「賞金女王になること」だ。
    ヘルメットに刻まれた百合の花(天国にいる妹さん)を胸に、いつかその目標を実現できるよう今後も頑張っていってほしい。

    「競艇検証.com」では今後も喜多須杏奈という競艇女子選手のイチファンとして応援を続けます!
    喜多須杏奈選手についてのプロフィールレポートなどは基本的に更新しませんが、もし喜多須杏奈選手と写真を撮ったり、自慢ネタがあったら、公開するかも?しれません(笑)

優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2023/02/06)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、今回検証したのは後半に準優勝戦を控えたメンバーが多数存在する一般戦であった。

まず一つ基本的な事を書いておくが、準優勝戦という大一番を控えた選手は、その前の一般戦ではほぼ攻めるレースをしない

1号艇で人気を背負っているのであれば、ファンへの責任があるので、スタートをきっちり踏み込まなくてはいけなかったりするのだが、それ以外であれば無事故完走を意識した走りをする。
無理にスタートを仕掛けたり、艇間ギリギリを突くようなターンはやらないのだ。

もちろん、たまたま展開が向けば1着もあるだろうが、自分からでは決してないだろう。
あくまで本番は後半なのである。

そのような「基本」を考えれば、このレースの1号艇梶野の逃げは鉄板級に堅かった。
2号艇鈴木が節後半になるにつれ、スタートをきっちり決められていたので壁役があったという事、そして3号艇中山・4号艇永田が後半の準優勝戦を控えていたので、無理な攻めをしない可能性が高かったという事、どちらにせよ梶野の逃げに有利にしか働かなかった

モーター差があれば話は別だが、中山・永田とともに中堅程度の手応えであった。
梶野信頼の一戦だったのだ。

にもかかわらず、中山や永田の1着を予想している。
ここが根本的に間違っている
何度も書くが、準優前は基本的に無理はしない。
中山がまくり差しで逆転を狙いに行ったり、永田がまくり一撃が決まるような仕掛けをしたりする事は、かなり可能性として低い。

可能性の低いものを予想するより、素直に梶野の逃げから相手を中山・永田で固定して、3着を手広くいった方がよっぽど良い。
間違った読みをして不的中になるという最悪なパターンであった。

レースを点で見るのではなく、線で見る。
予選なのか一般戦なのか、後半に準優勝戦を控えているのかなどは、絶対に考慮しないといけないところだ。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : A2級
    T157/45kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/45kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A2級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4758
    出身 : 東京都
    支部 : 東京
    級別 : A2級
    T163/52kg/B型

トップへ