【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_0
登録番号 4670

【引退】芦村幸香

()  アシムラ サチカ
生年月日 0000/00/00
支部 -
身長 -
出身地 -
体重 -
登録期 -
血液型 -
級別 -

【引退】芦村幸香の期別成績

-
勝率 - 能力 -
優出 - 優勝 -
1着 - 2着 -
3着 - 4着 -
5着 - 6着 -

【引退】芦村幸香の写真画像

【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_1 【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_2 【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_3 【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_4 【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_5 【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_6 【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_7 【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_8 【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_9 【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_10 【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_11 【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_12 【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_13 【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_14 【引退】芦村幸香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_15

【引退】芦村幸香の「本日」出場予定

  • 出走の予定はありません

【引退】芦村幸香の出場予定

  • データがありません。

【引退】芦村幸香について

  1. 芦村幸香選手という、美人競艇選手(女子ボートレーサー)について

  2. 芦村幸香選手(あしむら さちか)という、競艇選手(女子ボートレーサー)は、競艇界でもトップ5美人レーサーに入るくらいに美人だ。

    芦村幸香 競艇選手元モデルをしていて、モデルのきっかけは10代の頃に東京の原宿でスカウトされたそうで、髪とかのカットモデルとかしてたらしい。

    その後はファッションモデル、雑誌などの読者モデルとかしていた。東京ガールズコレクションとかに出るようなモデルではなく、ファッションの「しまむら」のモデルとか、ボートレース下関のキャンペーンガールとか、「モデル」で言えば一流ランクではない。
    芦村幸香競艇選手という美人女子ボートレーサーのかわいい写真画像はモデル感あるね 
    ↑モデルをやってた芦村幸香選手は美人だからファンが多い!

    …時期は分からなかったが、他に「警備サービス会社に就職して、刑務所で働いていたこともあるんです」とコメントしていることから「刑務所」で働いていたこともあったそうだ。
    こんなエロい芦村幸香選手が働いてたら、囚人からしたらかなり酷だったかもしれないw



  3. 芦村幸香選手という、美人競艇選手(女子ボートレーサー)はデビュー時から話題に

  4. …そんな異業種で社会人を経験していた芦村幸香 競艇選手は2011年11月18日に地元の「下関ボートレース場」でプロデビューを果たしたのだが、この芦村幸香 競艇選手のデビューは、当時「ちょっとした話題」になった。

    109期生としてデビューをしたのだが、デビュー前から人気があったのは、明石家さんま司会のトーク番組「恋のから騒ぎ」の17期メンバーとして最前列で出演したことがあったからだ。
    芦村幸香競艇選手という美人女子ボートレーサーは「恋のから騒ぎ」に出演してた 
    ↑芦村幸香競艇選手の「恋のから騒ぎ」出演時


    なので、芦村幸香 競艇選手はデビュー前の訓練生時代から注目を集めていた
    画像の説明文を入れる 
    ↑これだけ可愛ければTV映えもする、芦村幸香競艇選手


    …芦村幸香 競艇選手はボートレーサー養成所(やまと学校)の入学試験に3度受けるも不合格、かわいいけどアタマはあまり良くなかったのか、ドコが悪かったのかわからないが2年がかりで合格しての入所となり、その1年後にデビューとなった。
    そんな「やまと学校」には「苦戦」をしていた芦村幸香 競艇選手は「やまと学校」に合格し、番組出演は1回にとどめて養成所へ入学した。
    芦村幸香競艇選手のやまと育成所時代、既に写真慣れしているw 
    ↑芦村幸香競艇選手のやまと育成所時代


    さんま」の「恋のから騒ぎ」のTV放送は2010年7月だった。
    ちなみに、ボートレーサー養成所に入ったのが、「恋のから騒ぎ」の番組出演後のわずか3ヶ月後のことだった。


    もう、ちょっとしたタレントだ。
    …その頃の動画はこの「競艇女子-芦村幸香選手」の「勝手に厳選、芦村幸香の情報サイト」にYoutubeの動画リンクがあるので見てみてください。

    この頃は「美人レーサー」というより相当かわいい「タレントレーサー」で、「先輩レーサーから指導を受ける芦村幸香選手」とかテロップであるけど、そんな顔も映らない「後ろ姿の片岡恵里先輩」とか、周りでフラッシュがたかれてどんな気持ちだっただろうか。
    芦村幸香選手は当時まだ若く「自分のかわいさ」を完全に意識しているように見えるのだが、コレで技術が伴えば競艇の女神的存在になるのだが、いかんせん技術はイマイチな芦村幸香選手なのだ。
    画像の説明文を入れる 
    ↑TVのカメラマンが走り回って芦村幸香競艇選手を映すw


    元モデルで、かつテレビ番組出演という「美人レーサー」なだけに、そりゃデビュー前から注目される。デビュー後も最近2018年9月には再び「林先生が驚く初耳学!」にも出演している。
    さすがに30超えれば「かわいい」芦村幸香 競艇選手ではないが十分に今でも美しい「美人レーサー」だ。



  5. 芦村幸香選手という、美人競艇選手(女子ボートレーサー)は「人妻」

  6. …さて、そんな競艇選手界ではかなり「美人選手」である芦村幸香選手だが、

    残念ながら、既婚者だ(笑)

    個人的には既婚者を「競艇女子」に入れたくなかったれど、人気のある「芦村幸香選手」や「魚谷香織選手」は圧倒的美人ママレーサーなのでリストからは外せない。
    ちなみに、芦村幸香選手の旦那はボートレーサーの齊藤優選手だ。

    結婚する前は「彼氏がいる!」とネット上で噂されていたこともあって、その時の「噂の相手」はまさかの55歳のボートレーサー西田靖選手だったのだが、実際は「ただの噂?」で、3歳年上の徳島支部の齊藤優選手と結婚した。
    ファミリーの写真もネットに流出している。
    美人の芦村幸香選手だから検索している人も多いだろう、普通に「夫婦と子供」の中の良さそうな写真だ。
    産休から復帰した芦村幸香競艇選手と、齊藤優競艇選手の両者のことを、今後は無事故であるようにと応援を続けたい。



  7. 芦村幸香選手という、美人競艇選手(女子ボートレーサー)の学生時代

  8. 芦村幸香競艇選手の出身山口県の下関市で、下関には「下関ボートレース場」があるので、競艇ファンにとってはお馴染みの地だ。
    ちなみに「下関市」は本州の末端にある市なので、海に近いことはもちろん「ほぼ九州」だ。


    芦村幸香選手は山口県 下関市長府「亀の甲」という所にある、偏差値52の「山口県立長府高等学校」いう高校に通っていた。

    この学校は、1900年に女子補習学校として開校し、2003年まで女子高だったが、男女共学、総合学科となり、2010年に創立100周年を迎えた歴史ある学校だ。

    海に近く、回りにコンビニもなさそうで、かなり田舎にある学校だ。


    芦村幸香競艇選手は部活では、小、中学校まで、陸上の長距離種目をやっていたそうだ。
    市の大会では、マラソンで優勝したこともあるようで、体力面に関してはここで鍛えられた部分も大きかったのかもしれない。

    あと、学生時代にはバンドもやっていたようで、担当は意外にも、ベースだったそうだw



  9. 芦村幸香選手が、なぜ競艇選手(女子ボートレーサー)に?

  10. 実は、芦村幸香選手は、幼少期の頃から競艇選手(ボートレーサー)に憧れていた

    競艇ボートレースを知ったきっかけは、もともと祖父が競艇ボートレース好きで、近くに「下関ボートレース場」があったことから、よく子供の頃から連れられて行ったそうだ。
    子供の頃によく第1ターンマークの所で張り付いて見ていた、という。
    ずっと前からボートレーサーに興味を持っていたのだ。

    女手一つで子供2人を育ててくれた身体の弱いお母さんのために「お風呂とサウナを作ってあげられるように頑張っていきたい」、「親孝行できるように、賞金をいっぱい獲得できる選手になりたい」という家族の為の目標を持って、競艇選手(ボートレーサー)へと転身した。


    芦村幸香競艇選手がボートレーサーになりたいという憧れから「決意」に変わったきっかけは、18歳の時にボートレースの試乗会(ペアボート)に参加し、その時操縦してもらった白井英治選手のスピード感に魅了されたそうだ。
    さらに同じ山口支部のベテラン・今村豊選手の「何事もあきらめなければ夢は叶う」というインタビューに感銘を受けて、この世界を目指そうと思ったと言っている。



  11. 芦村幸香選手が、なぜ競艇選手(女子ボートレーサー)に?

  12. 芦村幸香競艇選手は、2011年11月18日がデビュー戦で、地元の「下関」でまさかのプロ1走目から2着入線を果たし、顔だけでなく実力もあると驚かされた。

    だがしかし、コレも「話題作り」の一貫だったのか?と思うくらいにその後は苦戦模様で、初勝利を挙げたのは、プロ161走目だった。
    それが2012年11月19日なので、ちょうどデビューからピッタリ1年後、「大村ボートレース場」の一般戦だった。
    芦村幸香競艇選手という美人女子ボートレーサーのやっとの水神式 
    ↑芦村幸香選手のプロ161走目の水神式


    …それから2015年11月〜産休に入り、長女・花杏夏(かんな)ちゃんを出産。
    2年2カ月の産休を経て、2018年1月に「大村ボートレース場」で復帰を果たした。
    それから今に至る。
    これまで優勝歴は無く、正直レーサーとしての腕はイマイチだが、一応頑張ってはいる。

    芦村幸香競艇選手の師匠吉本正昭選手で、芦村幸香選手より27歳年上の大ベテラン
    吉本正昭選手はレーサーとしては凄い実績を持っているわけではないが、それでも大ベテランの下に就けるのは大きいだろう。



    「競艇検証.com」では今後も芦村幸香選手という競艇女子選手のイチファンとして応援を続けます!
    芦村幸香競艇選手の一番大きな目標は「SGを獲れる選手に」とデビュー時にコメントしているので、そこに向けて、実力を付けていって欲しく願う。
    レース場に来れば、ファンから大人気で、サインを求めて長蛇の列ができるほどの美人レーサー・芦村幸香選手の今後に期待だ。

    芦村幸香競艇選手についてのプロフィールレポートなどは基本的に更新しませんが、もし芦村幸香競艇選手と写真を撮ったり、自慢ネタがあったら、公開するかも?しれません(笑)

優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大日本艇国という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 大日本艇国の無料予想(2022/09/26)

大日本艇国の無料予想(無料情報)だが、1ヶ月の検証結果回収率7%という、業界一のクズサイトっぷりは健在で、相変わらずブレることない「低レベルな予想」を続けている。

今回検証したのは江戸川一般戦初日の選抜戦だが、1号艇には今節の優勝候補筆頭である齊藤仁が乗艇していた。
前検気配的にはまだ手探りの状態であったが(中堅程度)江戸川との相性地元という事もあり抜群に良く、現在イン戦6連勝中(江戸川)と、逃げで相当堅いレースで間違いなかった。…これは素直に1着固定の予想で良かった。

…だが、大日本艇国の素人でも思いつかない狂った予想を見てみると、齊藤ではなく3号艇前沢の1着固定のフォーメーション予想となっていた。

毎度のことだが、大日本艇国の予想担当者は、頭が抜けて悪いのか、別日の予想しているのかわからないが、はっきり言って常に意味の分からない予想をしてくる

今回も、前沢のモーターが上位モーターで、超抜級の動きを披露していたのであれば話は別だが、前検でもそこまで目立った感じはなく、むしろ平凡な足という評価であった。

その一つ内の2号艇山口の足も行き足中心に良く(イン逃げにとって有利になる可能性が高い)、前沢が攻めるにしても、まくり差すにしても壁となってしまうので、1マークの展開としても1着になる可能性は非常に低かった
であるのにかかわらず、1着固定の強気な予想。

何度も言うが、大日本艇国の予想は「ヘタクソ」とかの次元を超えすぎてて、本当に意味が分からない

このような馬鹿げた予想をするのであれば「こういう展開を想定するから前沢の1着予想なんだ」という、具体的な説明が必要だろう。そうでなければ凡人には理解できんよ。
だから回収率7%なのだが

根拠の全くない、適当な予想にしか見えない。
とりあえずこの役に立たない予想担当者は、一刻も早くクビにした方がいいだろう。

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2022/09/28)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、ここまで24レース分の長期検証結果は、的中率21%の、回収率45%となり、マイナス-13万 2250円となった。

直近だと9/26の午前が4.7倍。その後は、9/26の午後、9/27の午前午後、9/28の午前午後5連敗が続いてる。

こんかいの検証は9/28の徳山8R
選手はフライングを持っていると本当にスタート慎重になってしまうのだろうか?…そういうテーマがあるようなレースだったと思う。
6号艇前野F2だったのだ。

まず今回のレースの主導権を握るのは1号艇三川でほぼ間違いなかったと思う。
足は中堅上位級、特に伸びの良い艇も不在で、難なく先マイからの逃げ切り濃厚であったからだ。

問題はここからなのだが、前述した前野をF2だからと言って簡単に切って良かったのであろうか。
確かに、フライングを2本持った状態では、自分から仕掛けていくような好スタートを切る事はほとんどないだろう。
F3を犯すようなそんなリスクは負いたくないからだ。

しかし、出ていくスタートではないが遅れないスタートをする事は十分可能である。
スタートタイミングを合わせるだけのスタートはそこまで難しくはないし、実際こういうケースはよくあるだろ。

つまり、このレースにおいても前野が必ずしもスタートドカ遅れ(大きく遅れる事)するとは限らなかったのだ。
ここが最大のポイントだったのではないかと思う。

前野はスタートで持ちさえすれば、捌きの実力的には最上位 そして5号艇小野が新人で自ら6コースに出る事を考えれば、5コースを楽に取る事ができ、その上小野もスタートに不安がある選手なので、上をまくられる事も考えずらかった。
純粋に5コースから1マーク勝負ができたのである。

このように想定できたので、前野切りの予想は如何にも安易な予想(F2という1点だけで予想から外している)、外れても致し方無いという感じである。
3号艇玄馬の足はこのメンバーでは相当弱く、冷静に分析すれば前野ではなく玄馬を切るべきでだったと思う。


F2という1つの部分だけではなく、トータルでどうなのかという事が重要だとよく分かるレースであった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A1級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ