竹井奈美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_0
登録番号 4556

竹井奈美

(32)  タケイ ナミ
生年月日 1989/07/31
支部 福岡
身長 152cm
出身地 福岡県
体重 48kg
登録期 104期
血液型 A型
級別 A2級

竹井奈美の期別成績

2021/05/01-2021/10/31
勝率 6.44 能力 57
優出 3回 優勝 1回
1着 30.1%(22回) 2着 17.8%(13回)
3着 11.0%(8回) 4着 11.0%(8回)
5着 20.5%(15回) 6着 8.2%(6回)

竹井奈美の写真画像

竹井奈美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_1 竹井奈美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_2 竹井奈美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_3 竹井奈美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_4 竹井奈美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_5 竹井奈美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_6 竹井奈美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_7 竹井奈美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_8 竹井奈美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_9 竹井奈美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_10 竹井奈美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_11

竹井奈美の「本日」出場予定

  • 出走の予定はありません

竹井奈美の出場予定

  • データがありません。

竹井奈美について

  1. 竹井奈美という、美人競艇選手(女子ボートレーサー)について

  2. 竹井奈美(たけい なみ)という、競艇女子選手(ボートレーサー)は、福岡県京都郡苅田町(かんだまち)出身の女子レーサーで、現在も福岡支部に所属している。

    因みに同じ町の出身有名人にはサッカーの元日本代表、大久保嘉人や、元バドミントン選手の美人選手、潮田玲子(既婚…)などがいる。



    競艇選手(ボートレーサー)には、大山千広選手のように家族でボートレーサーしていたり、向井田真紀選手のように兄弟で競艇選手がいるが、竹井奈美選手兄弟がボートレーサーだ。

    竹井奈美選手は4人兄弟で、弟(長男)竹井貴史(4734)がボートレーサーとして現在活躍中だ。
    また、次男竹井一輝もやまと学校に合格し、現在プロデビューできるように頑張っている真っただ中だ。(2018年7月時点)

    竹井奈美選手の弟、竹井貴史選手とは小さい頃は毎日のように些細なことで喧嘩をしていたそうだが、現在はお互いあまり顔を合わせる機会はなくなっそうで、公開されてる家族写真には竹井貴史選手が写っていなかった。だが、今は会ったときは互いにレースの話をしたり、仲は悪くはないとのこと。
    因みに竹井奈美選手としては弟の竹井貴史選手のことを、特にライバルとしては意識したりはしてないそうだ。


    竹井奈美選手はファンからも支持を集め、人気のある競艇選手(女子ボートレーサー)だ。
    今年も「SGボートレースオールスター」のファン投票で、竹井奈美選手は27位(2,775票獲得)で2年連続で出場となっている。
    レディースオールスターでも11位(5,695票)に選ばれ、フルターン連発の攻める走りでファンを魅了している。



  3. 竹井奈美という、美人競艇女子選手(ボートレーサー)の学生時代

  4. 競艇選手(ボートレーサー)の竹井奈美選手の通っていた高校は、地元、福岡県行橋市南大橋4-5-1に位置する偏差値 61福岡県立京都高等学校という公立高校だ。

    Googleで調べると、セーラー服を着た学生が帰宅してるのが分かる。
    竹井奈美選手もこの通学路セーラー服着て通ってたんだろう。


    竹井奈美選手は学生時代、部活動は中学からずっと高校の終わりまで6年間バスケットボールをしていた。
    ポジションはポイントガードで、高校2年生のときには県大会へも出場したそうだ。
    京都高校は国公立大に志望する人も多く、進学する人がほとんどの高校だったが、竹井奈美選手は「大学には行けないだろう」と、部活ばっかして体を鍛えていたようだ(笑)


    そんな竹井奈美選手がボートレーサーを目指すきっかけとなったのは、小・中学の頃に父親にボートレース場(若松・芦屋)へ連れて行ってもらったことが、後に竹井奈美選手の人生を変えた「キッカケ」となった。
    お父さんに連れて行ってもらったボートレース場では、そのエンジン音とかヘルメットの姿を見てカッコイイと思い、やがて女子レーサーの存在も知って目指すようになったのだとか。


    弟の竹井貴史選手は学生時代、サッカーに夢中になっていて競艇(ボート)にはあまり興味がなかったのに、自分が親にレーサーになりたいと言うと「俺の方が先になりたいと思っていた」なんて横から口を出してきたという、エピソードも残っている。

    竹井奈美選手にとっては本当に生意気な弟だそうだ(笑)
    でも、姉弟でレーサーだとお互いに刺激にもなり、今ではいい関係だと思われる。
    ボートレーサーになるきっかけとなった父親も、実はボートレーサーになりたかったそうだ。しかし、目が悪くてなれなかったんだとか。

    竹井奈美選手の父は、竹井奈美選手と弟の貴史選手の活躍を本当に祈っているようで、いつも画面から応援しており(本当は本場まで足を運びたいそうだが)、とにかくケガなく無事完走してくれたらホッとする、と優しく2人を見守っている。
    母も2人のことが心配なようで、レースが終わったら毎回「お疲れ様!〜〜」とメールが入っているそうで、竹井奈美選手もなるべく直ぐにそれに返信するそうだ。



  5. 竹井奈美という、美人競艇選手(女子ボートレーサー)の師匠と友人

  6. 竹井奈美選手の師匠は、福岡支部の先輩にあたる桂林寛(3726)だ。

    桂林寛選手は2018年後期に17期ぶりにA1級復帰を果たし、まだまだレーサーの前線として活躍する選手で、竹井奈美選手のレースをいつも熱心に見てくれるそうだ。


    竹井奈美選手は、やまと競艇学校時代(104期)にはリーグ戦勝率4.99(準優出4 優出3)の成績を残し、2009年5月12日に地元、福岡競艇場でデビューをした。この時は4着の結果となる。

    初勝利は、75走目2009年11月1日、宮島競艇場での「G3女子リーグ第11戦 みやじまレディースカップ」となった。

    曇天の中、勝利した配当は、3連単では43番人気となる19450円(194.5倍)だったそう。
    画像をクリックするとポップアップで表示 
    ↑当時21歳くらいだった竹井奈美選手は、初々しいw


    福岡支部の先輩はみんないろいろ教えてくれるそうで、竹井奈美選手自身が2016年6月に福岡の一般戦ヴィーナスシリーズで初優勝を挙げ水神祭となった時は多くのレーサーに祝われた。


    竹井奈美選手の仲がいいのは、同じ福岡支部の1期下にあたる渡邉優美とか、1期上の同支部先輩の小野生奈と仲が良い。

    友人であるうえに、竹井奈美選手は小野生奈選手のことを「根っからの勝負師で、ボートになるとその集中力はすごい」と尊敬している。
    小野生奈選手も竹井奈美選手のことをそのように思っているようで、先輩後輩の関係だがお互いに高め合う仲である。
    また、竹井奈美選手にとっての小野生奈選手は「元気さや活発さ、頑張っている姿が人一倍すごい」と憧れの存在であるようだ。

    2017年の地元・福岡のSGボートレースオールスターでは、1コースからSG初1着を獲り、ピットから小野生奈選手が喜んでくれている姿を見て嬉しかったと言っており、”目標とするレーサー”として、普段からプライベートでも仲良くさせてもらっている小野生奈選手を挙げ、自分にとって(1期上で1歳上だけなので)はライバルの存在でもあるようだ。


    104期の同期には女子では浜田亜理沙、篠木亜衣花、男子では岡村慶太、松田大志郎などがおり、竹井奈美選手にとっての同期は、友達みたいな感じで、楽しく話せる仲間という風に答えている。
    同じレースで同期が出走することになったとしてもあまりライバルとして意識することはないそうで、いろんな選手とレースしていくことで同期だけがライバルじゃないと考えているそうだ。



  7. 竹井奈美という、美人競艇選手(女子ボートレーサー)のオマケ情報

  8. 竹井奈美選手は、自分に「趣味」が無くて悩んでいるとか。
    宿舎ではバランスディスクを使って体幹トレーニングをしたり、DVDを見たり、読書したりすることも多いそうなので、そーゆーのを「趣味」と言えそうだが、どうなんだろう。

    また、ロードバイクを買ったりもしたようだが、実際あんまり乗れていないとのこと。
    愛車はハリアー。

    裁縫をしたりするのが好きなようで、レースの移動中には必ず裁縫セットを持ち歩くそうだ。コレも「趣味」と言えるような気がするぞ?…あと、乗馬も始めたり、沖縄などの綺麗な海でマリンスポーツをするのも楽しいと言っている。
    …趣味が無いと言っていたが、結構いろんな事を幅広く浅く?やっているみたいだ。


    プライベートの服装は、Tシャツとジーパンのような楽に過ごせるスタイルで居ることが多いそうで、少し驚いたのが、男兄弟に囲まれて育ったからだろうか、私服でスカートは1着も持っていないそうで、底の高い靴とかも履かないんだとか。


    「競艇検証.com」では今後も竹井奈美選手という競艇女子選手のイチファンとして応援を続けます!
    竹井奈美選手についてのプロフィールレポートなどは基本的に更新しませんが、もし竹井奈美選手と写真を撮ったり、自慢ネタがあったら、公開するかも?しれません(笑)

優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
ボートパイレーツ」と言えば、マルコというブロガーの犯したとんでもないミスで、いつも同じグループサイトの新サイトが登場すると、一斉に始まるキャラ誘導による集客が、実は自社運営だったことがバレたサイトだ。(最近だと競艇ラボ

今回の無料予想の検証で、1号艇には上條暢嵩だった。
ここ6ヶ月の1コース1着率は約79.3%、3連対率は100%と、そのイン戦の信頼度は相当高い
足的には戦えるレベルといった感じで、強めというわけではないが、これだけの実績を残しているので逆らうのは正直厳しい。
よって、上條のイン逃げで予想的には良かったと思う。

では2着に関してはどうか。
この予想にもある通り、2号艇百武5号艇森永共に気配的には好気配で、2着に据える気持ちもある程度は分かるのだが、果たしてそこに実力や近況に関しての情報は加味されているのだろうか?
その視点がなかったように思う。
端的に言うと、もし3号艇出畑が出走表でA1級表記であったとしたら、同じ予想を出すだろうかという事だ。

ボートレースでは、4月末で今年の7月からの級別を決める審査が終了している。
その7月からの級別で、出畑はA1級へと復帰するのだ(以前はSGにも出場するような強豪であった)。
しかし、その表記は7月から切り替わるので見落としがちになる。

現在の表記上出畑B1級なのだ。

そして表記が変わるというだけではなく、シンプルにここ半年の成績がいいからA1級に復帰するので、この6選手の中で上條の次に成績を残している選手となる。

こういう視点を持てば、間違いなく2着筆頭に出畑を持ってくるだろう。
百武・森永より、確実に実力のある選手なのだから。
少しのモーター差ではカバーできるものではない。

シンプルに現在の出走表だけを見て予想している感じがして、分析が足りなかったのではないだろうか。…いや、分析と言うほどの情報でもないか。
これくらい「当たり前」の事であるので、これが外れたのは正直フォローできない予想だった。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ