平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_0
登録番号 4387

平山智加

(36)  ヒラヤマ チカ
生年月日 1985/07/13
支部 香川
身長 156cm
出身地 香川県
体重 46kg
登録期 98期
血液型 O型
級別 A1級

平山智加の期別成績

2021/05/01-2021/10/31
勝率 7.04 能力 64
優出 3回 優勝 2回
1着 22.5%(25回) 2着 19.8%(22回)
3着 24.3%(27回) 4着 15.3%(17回)
5着 10.8%(12回) 6着 7.2%(8回)

平山智加の写真画像

平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_1 平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_2 平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_3 平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_4 平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_5 平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_6 平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_7 平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_8 平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_9 平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_10 平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_11 平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_12 平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_13 平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_14 平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_15 平山智加という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_16

平山智加について

  1. 平山智加という競艇選手(女子ボートレーサー)について

  2. 平山智加選手(ひらやま ちか)という、競艇選手(女子ボートレーサー)は、所属支部は香川支部で、デビュー期は98期にあたる。

    同期女子メンバーには松本晶恵選手や、加藤奈月選手がおり、平山智加選手の弟子は、以前「競艇女子」でも書いた中村桃佳選手だ。


    平山智加選手は男子選手とも互角に渡り合う実力者で、2018年5月から1年間は産休に入っていたために階級が下がってしまったが、2019年5月から復帰をした。

    2006年5月デビューの、デビューから13年以上も経つ平山智加選手について検証してみる。



  3. 平山智加という競艇選手の学生時代

  4. 平山智加競艇選手は、四国の香川県にある、丸亀市という場所で生まれ育った。

    平山智加競艇選手の通っていた高校は、香川県 高松市亀岡町にある偏差値 41-60の「私立英明高等学校」という男女共学校で、全日制の普通科私立高校に通っていた。

    丸亀競艇のFBページで、平山智加選手が母校、英明高校に凱旋し、校長と握手してる画像が載ってたが、英明高等学校のホームページには卒業生の紹介ページとかは残念ながら無く、「みんなの高校情報」というサイトにも「英明高等学校出身の有名人」に平山智加競艇選手の名前は載ってない。残念。
    知ってる人にとっては平山智加選手も十分に「有名人」なんだけどね。


    英明高校には様々なコースがあるのだが、当時の平山智加選手はどのコースを専攻していたのかはわからず悩んでいたそうで、部活はバスケットボールに打ち込んでいた。

    英名高校は、全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会女子出場17回の超強豪で、そんな実績を持つバスケ部で、司令塔であるポイントガードとして国体やインターハイなどの大舞台で活躍していたそうだ。

    バスケの強豪校で活躍していた実績もあり、もともと運動能力には優れていたのかもしれない。
    それではなぜボートレーサーという職業を目指したのか。



  5. 平山智加という競艇選手のボートレーサーになったキッカケ

  6. ボートレーサーを目指すことになったキッカケは、高校3年の時就職活動で悩んでいた時に、父が勧めてくれたそうだ。
    就職に悩んでいた頃の平山智加という競艇選手
     
    やりたいことないんだったら、ボートレーサーはどう?」という、その父の一言が後の人生を変えるキッカケとなった。

    平山智加選手の父が、平山智加選手にボートレーサーの話をしたのも、父本人が競艇が好きだったから、という理由もあるものの、それが全てではなかったそうで、もう1つのずっと心に引っかかってた「ある出来事」があった。

    それは、平山智加選手が中学生の頃、近所のきっちりタイムまで取ってくれる本格的なゴーカートがあり、そこで初めてゴーカートに乗った時、とんでもないタイムを叩き出したそうで、従業員も「最初からこんなタイム出ること無い」と非常に驚いていたようだ。

    その運転の能力の才能に目を付けていた父親が「ボートレーサー」を勧めた背景がある。
    それと平山智加選手本人も、もともと運転が好きだったそうなので、高校卒業後にボートレーサー養成所の試験を受け、2回目で合格した。

    養成所時代にもリーグ戦勝率6.42(優出4回)の成績を残し、卒業記念競走の優勝戦では2着に入るという活躍ぶりだったそうで、2006年5月のデビュー時には、「10年に一人の逸材」と大きな注目と期待を集めていた。
    平山智加選手のデビュー時、2006年の頃
     
    そして凄いのは早速、デビュー4走目でプロ初勝利を飾り「凄い女子が表れたぞ」と業界から注目が集まることになった。
    デビューからちょうど2年後の2008年5月に地元の丸亀の一般戦で初優勝を果たす。

    その初優勝も凄かった。
    1号艇には格上の西田靖選手がおり、その西田のイン逃げが決まったと思われたところを、3周目まで追いかけまわし、ついには逆転しての初優勝だった。

    このようなパターンの勝利はとても珍しく、その後の平山の活躍を予見させる勝利だった。
    初優勝までのペースも早く、とにかくボートレースとしての才能があるのだ。



  7. 平山智加という競艇選手は既婚者

  8. 平山智加選手が23歳の頃、2008年にボートレーサーの福田雅一選手と 結婚した。(→結婚式
    平山智加選手と福田雅一選手の写真画像
     
    福田雅一選手は1968年10月、平山智加選手は1985年7月生まれなので、17歳ほど離れている夫婦だ。

    年上で同支部の大先輩ということもあり、夫には大きな信頼をしているようで「見習う部分が多く、尊敬する先輩です」とコメントしている。
    本当に仲がよく、休みがあえば夫婦でトークショーに呼ばれることもある。

    一見、年下の奥さんを持った、福田の方が平山にゾッコンなのかと思いきや、その逆で、平山の方が福田にゾッコンだったそうで、2017年1月に産休に入り、9月に第一子となる長男を出産。
    そして2018年3月に復帰した。

    2回目の産休は2018年5月。
    復帰から2ヶ月間しか戦う場がなかったが、復帰戦でいきなり優出し、その次の下関では優勝という結果を出した。1年2ヶ月のブランクがあったにも関わらずすぐに結果を出したのはさすがとしか言いようがない。

    2018年5月から2019年5月の間に2人目(次女)を出産し、今は2人の子に恵まれ、幸せな時を過ごしている。
    平山智加選手と福田雅一選手の夫婦生活
     



  9. 平山智加という競艇選手の2019年までの主な実績等

  10. ●これまでの優勝歴と回数優勝回数:25回(G1含む)※2019年10月時点

    ●ビッグレースでの優勝
    2013年1月 尼崎「G1近松賞 開設60周年記念」
    SGという最高グレードまでは取れずも、G1のタイトルを2つ獲得している。
    特に2013年1月の尼崎「G1近松賞 開設60周年記念」は、男女混合のG1での優勝となり、女性レーサー史上2人目14年ぶりの快挙となった。

    ちなみに一人目は1999年2月のなると「G1第42回四国地区選手権競走」の山川美由紀だ。
    同じ香川支部の先輩レーサーである。


    2012年にはプロ7年目にしての壁にぶち当たっていた。全く優勝できないという不調期が続いていた。
    いきなり1年間パタンと優勝できなくなって、1年間も1コースからの優勝がなく、1コースで勝てないことがトラウマになっていたのだ。

    このまま勝てなくなるのかと不安になっていたそんな時、夫で現役A1ボートレーサーの福田雅一選手からどうやってら勝てるのか”を考えろ」というアドバイスを胸に、再度自分のレースを見つめ直した。

    デビューして何年かは攻めの気持ちがあったけど、それがだんだん薄れてきて、攻めの姿勢を忘れて守りに入ってしまっていたようだ。
    慎重になるあまり消極的になっていたターンが原因だったことに気づく。


    2013年12月 芦屋「G1第2回クイーンズクライマックス」
    2013年12月の芦屋「G1第2回クイーンズクライマックス」での優勝は、枠番の抽選運にも恵まれ、予選3走全てのレースで1号艇であった。
    そして、予選を1位で通過し、優勝戦も1号艇で断然人気を集め、インから力強く逃げ切っての優勝だった。

    以前に「G1レディースチャンピオン」では過去3度敗れた優勝戦1号艇だったが、「クイーンズクライマックス」の舞台で見事に勝つことができた。
    スランプからの復活で、2013年が最も勢いがあった年かもしれない。
    2013年のG12回の優勝の裏には色々な苦労があった。


    その後は2度の産休があって本来の勢いがまだ完全には戻ってきていないものの、2019年5月に2度目の産休を終えて、そこから5ヶ月で3回の優勝を飾っている。

    「最優秀新人賞」受賞
    2009年に女性レーサー初となる「最優秀新人賞」を受賞した。



  11. 平山智加という競艇選手のプライベート

  12. 平山智加選手は、会場入りする時の服装や、トークショーでも、個性的なブランドの服を好んで着ており、服が好きなのがわかる。
    他の選手との入場時でも、自分の好きなファッションをされており、とても素敵だ。


    また、普段休みの日には育児にあたり、趣味ゴルフ旅行ショッピングだそうだ。
    夫婦共にかなり稼いでいるから、趣味も優雅だ。

    目標として掲げていることは「夫婦でSGに出る」ことだそうで、福田雅一選手はSGにもかつては出場していたことのあるベテラン選手で、優勝戦まで乗ったこともある実力レーサーだ。

    今は50歳という年齢とA1級、A2級を行き来しており、SG出場までは到底厳しそうだが、福田雅一選手自身年下の奥さんの影響か、あと20年(70歳まで)レーサーを続けたいと意気込んでいる。
    出場選手が手薄な、四国地区選手権などが優勝しやすいのではないだろうか。

    ふたりとも仲の良い夫婦として、お互いボートレーサーとして高めあえているからこそ、妻・平山智加選手がより強くなってきているのかもしれない。


    競艇検証.com」では平山智加競艇選手についてのプロフィールレポートなどは基本的に更新しませんが、今後も平山智加競艇選手(女子ボートレーサー)の平山智加競艇選手のイチファンとして応援を続けます!


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
ボートパイレーツ」と言えば、マルコというブロガーの犯したとんでもないミスで、いつも同じグループサイトの新サイトが登場すると、一斉に始まるキャラ誘導による集客が、実は自社運営だったことがバレたサイトだ。(最近だと競艇ラボ

今回の無料予想の検証で、1号艇には上條暢嵩だった。
ここ6ヶ月の1コース1着率は約79.3%、3連対率は100%と、そのイン戦の信頼度は相当高い
足的には戦えるレベルといった感じで、強めというわけではないが、これだけの実績を残しているので逆らうのは正直厳しい。
よって、上條のイン逃げで予想的には良かったと思う。

では2着に関してはどうか。
この予想にもある通り、2号艇百武5号艇森永共に気配的には好気配で、2着に据える気持ちもある程度は分かるのだが、果たしてそこに実力や近況に関しての情報は加味されているのだろうか?
その視点がなかったように思う。
端的に言うと、もし3号艇出畑が出走表でA1級表記であったとしたら、同じ予想を出すだろうかという事だ。

ボートレースでは、4月末で今年の7月からの級別を決める審査が終了している。
その7月からの級別で、出畑はA1級へと復帰するのだ(以前はSGにも出場するような強豪であった)。
しかし、その表記は7月から切り替わるので見落としがちになる。

現在の表記上出畑B1級なのだ。

そして表記が変わるというだけではなく、シンプルにここ半年の成績がいいからA1級に復帰するので、この6選手の中で上條の次に成績を残している選手となる。

こういう視点を持てば、間違いなく2着筆頭に出畑を持ってくるだろう。
百武・森永より、確実に実力のある選手なのだから。
少しのモーター差ではカバーできるものではない。

シンプルに現在の出走表だけを見て予想している感じがして、分析が足りなかったのではないだろうか。…いや、分析と言うほどの情報でもないか。
これくらい「当たり前」の事であるので、これが外れたのは正直フォローできない予想だった。

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ