西村美智子という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_0
登録番号 4313

西村美智子

(38)  ニシムラ ミチコ
生年月日 1984/04/12
支部 香川
身長 157cm
出身地 香川県
体重 51kg
登録期 95期
血液型 B型
級別 B2級

西村美智子の期別成績

2022/05/01-2022/10/31
勝率 5.71 能力 51
優出 0回 優勝 0回
1着 23.7%(18回) 2着 14.5%(11回)
3着 18.4%(14回) 4着 14.5%(11回)
5着 17.1%(13回) 6着 6.6%(5回)

西村美智子の写真画像

西村美智子という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_1 西村美智子という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_2 西村美智子という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_3 西村美智子という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_4 西村美智子という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_5 西村美智子という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_6 西村美智子という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_7 西村美智子という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_8 西村美智子という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_9 西村美智子という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_10

西村美智子の「本日」出場予定

  • 出走の予定はありません

西村美智子について

  1. 西村美智子競艇選手(女子ボートレーサー)について

  2. 西村美智子選手(にしむら みちこ)という、競艇選手(女子ボートレーサー)は、人懐っこい笑顔で「みっちゃん」と競艇ファンや周りの競艇選手仲間から呼ばれている。


    2004年11月に、まるがめ一般戦でデビューした「95期」の競艇選手で、既にデビューから15年は経過している中堅レーサーだ。

    95期」の同期男子には、あの凄腕レーサー峰竜太選手や、岡村仁選手、山田哲也選手といった強い選手がおり、同期の女子の中では4人中、藤崎小百合選手に続き、2番目に上手い。

    西村美智子選手は、現在はA2級(2019年 5月)時点で勝率も6.00と悪くはないのだが、デビューから優勝したことがない。…じゃあ特に美人でもなく、実績もまだまだの西村美智子選手のことを、なぜ競艇女子で書くことにしたのか。

    …それは、たまに「美人」に見えることがある。ってのと、個人的に西村美智子選手の「のびしろ」に期待しているのと、競艇を知った「キッカケ」が、漫画だったという、少しレアだったから(笑)



  3. 西村美智子競艇選手(女子ボートレーサー)の「家族」

  4. 競艇の西村美智子選手の両親は、2人とも耳が不自由なので、西村美智子選手(特になんの問題もない)は手話を交えてメッセージを両親に送る事がある。

    特に注目されたのが、G1初出場となった2009年3月の「第22回JAL女子王座決定戦」出場の際、開会式にて、手話を交えて「一生懸命走ります」と健闘を誓った時のこと。

    「手話」をしたのが凄かったのではなく、そのG1デビュー戦で、いきなりG1初勝利(注意「優勝」ではない)となったからだ。


    …さて「家族」と言えば、西村美智子選手は既婚者である。
    西村美智子選手の夫、木村光宏選手 
    夫はボートレーサーで70期の木村光宏選手


    木村光宏選手」といえばG1覇者でもあり、2016年4月には通算2000勝を達成している大ベテランの選手だ。
    意外にも年齢差がある夫婦で、夫との年齢差が「14歳」も年が離れている。

    結婚については、2010年11月の尼崎での出走からしばらく欠場が続いていて、のちに木村光宏選手と結婚していたと明かされた。…「競艇あるある」で、女子選手が欠場するのは「産休」がほとんどだ。
    1人目を出産し、木村光宏選手は約1年後の2011年12月に復帰した。

    産休後は徐々に調子を上げ、16年前期は自己最高勝率5.74でA2級に返り咲いた。
    現在も優勝こそないが、A2級として安定して結果を残している。


    2014年5月には2人目の子供を出産し、今は2人の子供に恵まれ育児と仕事の両立に忙しい日々を過ごしている。

    普段は昼に子供を保育所に預けたり、親に子供の面倒を見てもらっているそうで「自分はいい環境にいる」と話している。
    プライベートについては、2011年から続いている本人のガラケーブログ?の、「美智子のスマイルブロ」が頻繁に更新されているので、ヒマだったら見てみるといい。ほぼ木村光宏選手の私生活や、子供のことが書かれている。



  5. 西村美智子競艇選手(女子ボートレーサー)の学生時代

  6. 西村美智子選手が通っていた高校は、香川県高松市にある偏差値55-61の「香川県立高松商業高等学校」で、部活は「ハンドボール部」に所属していた。

    西村美智子選手は幼少時代からスポーツを続けていて、小学校時代にはバドミントンで「市の大会個人3位」となり、中学校時代ハンドボールでは、に「銀行杯優勝」、そして高校時代にはインターハイ出場で、「四国大会優勝、国体出場」という実績を持っている。

    そんなスポーツ人生だった西村美智子選手の通ってた高校もハンドボール、サッカー、野球といった運動部が強く、全国大会の常連として知られている高校で、強豪のハンドボール部で学んだことが、今のボートレーサーという仕事に活かされているのかもしれない。



  7. 西村美智子競艇選手の、競艇人生がはじまるキッカケと、その後

  8. 競艇女子の競艇を知ったキッカケは、大抵が幼少の頃に「親父」に競艇場に連れられて行っていたから。というのが多く、物心ついた時には競艇選手に育つよう洗脳されていた。といったようなエピソードもよく見る。

    だが西村美智子選手の場合は違う。
    西村美智子選手が「ボートレーサー」自体を知ったのは、「競艇(ボートレース)を知る」でも書いた「モンキーターン」という漫画を読んで知ったそうだ。


    そしてその後、香川で生まれ育った西村美智子選手がボートレーサーを目指した理由は、「たまたまテレビで見たレースで、1着を走っていた 山川美由紀選手に憧れたから」だそうで、「山川美由紀選手」といえば地元「香川」の大先輩である。

    …過去に書いた「競艇女子」で、何人か「日高逸子選手」に影響受けて競艇選手を目指すことになった選手がいたが、同じように現役の50代レーサーで圧倒的な実績を持つ「山川美由紀選手」をテレビでレースを観て「身近にこんなすごい選手がいるんだ」と、感動したと言う西村美智子選手のような選手は他にも沢山いるのだろう。
    やはりこの年齢まで大金を稼ぐことができて、男性に混じっても劣ることなくガチで争うスポーツは「競艇」以外に多分無いので、テレビの映像は影響力があるようだ。
    西村美智子選手は今でも「こんな身近に尊敬できる先輩がいて幸せです。山川さんをもっとよく見て吸収していきたい」と話している。


    …「山川美由紀選手」に憧れ、若き日の西村美智子選手はボートレーサーになろうと決意し、実際にやまと学校(ボートレーサー養成所)を受験するのだが、そのときは不合格になってしまう。
    その後、高校卒業後に教員を目指すために神戸女子大学に入学するのだが、ボートレーサーへの夢が捨てきれなく、再度やまと学校を受験して見事に合格となった。

    通っていた神戸女子大学を休学し、95期訓練生としてやまと学校に入学をする。
    やまと学校時代、西村美智子選手のリーグ戦勝率は、6.91。
    優勝戦に出場回数4回、優勝1回という優秀な成績を残した。



    やまと養成場を卒業し、香川支部に所属した。
    冒頭に書いたように2004年11月「まるがめ一般戦」でデビューする。

    西村美智子選手のボートレース師匠は、同じ香川支部の大先輩・福田雅一選手だ。
    師匠の本当に仕事熱心なところを、尊敬しているという。


    デビュー当初の西村美智子選手は、2日連続でフライングしたりすることもあったが、今では安定して早いスタートを切れるようになってきた。今ではスタート力が得意で、女子選手の中でも上位レベルと言える。

    デビューからちょうど2年後、2006年10月の丸亀オール女子戦でデビュー初優出したが、2019年5月の今まで優勝がないのは意外だ。



  9. 西村美智子競艇選手の趣味

  10. 西村美智子選手の趣味は映画やドラマ鑑賞で、演技が上手い俳優を好み、山田孝之、藤原竜也、堤真一などが好きだそうだが、私は「山田孝之」と「堤真一」の演技は認めるが、「藤原竜也」はいつも似たような顔で目を真っ赤にして叫んでいるイメージがあるw

    本人も、2004年6月にNHKにんげんドキュメント「女20歳競艇にかける」というドキュメント番組に出演したことがあるそうで、今ではもう見れないのだが、内容は『大学を中退してボートレーサーの夢を叶えるために「やまと学校」に入学し、そこでの厳しい訓練に耐え、夢に向かって突き進む若者の姿』といったものだったらしい。

    調べてみると絶賛の声も多く、なんと日本映画テレビ技術協会第4回映像技術賞ドキュメンタリー撮影部門」を受賞していた。
    その賞がどれだけ凄いのか知らないが、「厳しい訓練期間中、心の支えとなったのは耳の聞こえない両親との手紙のやりとり」だとか「離れて暮らすようになって初めて親子は互いに心を開き始めた」…といった心情に愬えるのが評価されたよーだ。…まぁ、こういうのは評価されやすいわな。


    そんな耳が不自由なお母さんが、西村美智子選手のヘルメットのデザインをしているという。
    西村美智子選手の母親のデザインしたヘルメット 


    絵だけでなく器用に子供の洋服なども作ってくれたりする、器用な方らしく、レースの裏側では大きな支えとなっているようだ。
    子供に恵まれプライベートで充実する今、レースでも結果を残してくれることに期待したい。


優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競艇ジェット(競艇JET)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(2023/02/06)

競艇ジェット(競艇JET)の無料予想(無料情報)だが、今回検証したのは後半に準優勝戦を控えたメンバーが多数存在する一般戦であった。

まず一つ基本的な事を書いておくが、準優勝戦という大一番を控えた選手は、その前の一般戦ではほぼ攻めるレースをしない

1号艇で人気を背負っているのであれば、ファンへの責任があるので、スタートをきっちり踏み込まなくてはいけなかったりするのだが、それ以外であれば無事故完走を意識した走りをする。
無理にスタートを仕掛けたり、艇間ギリギリを突くようなターンはやらないのだ。

もちろん、たまたま展開が向けば1着もあるだろうが、自分からでは決してないだろう。
あくまで本番は後半なのである。

そのような「基本」を考えれば、このレースの1号艇梶野の逃げは鉄板級に堅かった。
2号艇鈴木が節後半になるにつれ、スタートをきっちり決められていたので壁役があったという事、そして3号艇中山・4号艇永田が後半の準優勝戦を控えていたので、無理な攻めをしない可能性が高かったという事、どちらにせよ梶野の逃げに有利にしか働かなかった

モーター差があれば話は別だが、中山・永田とともに中堅程度の手応えであった。
梶野信頼の一戦だったのだ。

にもかかわらず、中山や永田の1着を予想している。
ここが根本的に間違っている
何度も書くが、準優前は基本的に無理はしない。
中山がまくり差しで逆転を狙いに行ったり、永田がまくり一撃が決まるような仕掛けをしたりする事は、かなり可能性として低い。

可能性の低いものを予想するより、素直に梶野の逃げから相手を中山・永田で固定して、3着を手広くいった方がよっぽど良い。
間違った読みをして不的中になるという最悪なパターンであった。

レースを点で見るのではなく、線で見る。
予選なのか一般戦なのか、後半に準優勝戦を控えているのかなどは、絶対に考慮しないといけないところだ。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : A2級
    T157/45kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B1級
    T165/45kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : A2級
    T162/47kg/A型
  • 登録番号:4758
    出身 : 東京都
    支部 : 東京
    級別 : A2級
    T163/52kg/B型

トップへ