競艇女子 〜かわいい選手を選んでみた〜

競艇女子の、主な女子大会予定

プレミアムGⅠ『クイーンズクライマックス』【12月26日~31日(クライマックスは後半4日間)】
・概要:女子競艇選手(女子ボートレーサー)の頂点を決める最高峰のレース!
その年の獲得賞金額上位12人が出場する、数ある競艇女子戦の中でも最大のレースと言える。
優勝戦が大晦日に行われるだけに、競馬の有馬記念の後のイベント(ホープフルSもあるが)として、ギャンブル好きにはここまでが年間のイベントと言える、ボートレース競艇女子戦の1年を締めくくる一大イベントでもある。
女子競艇選手(女子ボートレーサー)ファンの大注目が集まる祭典なのは言うまでもない。

優勝者には賞金1000万円に加えて、クイーンの象徴でもある豪華なティアラと日本財団会長賞のダイヤモンドネックレスが贈られる。

毎年12月に行われるSGグランプリ(賞金王決定戦)では、優勝者は表彰式で黄金の金玉ヘルメットを身に着けるわけだが、同様にこの大会においても、表彰式でティアラを身に着けた女子レーサーが、まさにクイーンとして輝くわけだな。
なお、同時開催として6日間のクイーンズクライマックスシリーズが行われる。
・賞金:1000万円
・出場基準:レディースチャレンジカップ終了時点の獲得賞金上位12名
 (シリーズは獲得賞金上位54位のうち上記12人を除く42名)


プレミアムGⅠ『レディースチャンピオン』【8月上旬】
・概要:すべての女子レーサーの中で、勝率上位が集まるのがレディースチャンピオン。
すでに31回開催の歴史を誇り、長らく競艇女子レーサーの目標ともなってきたGⅠレースだ。
競艇 ボートレースには全レーサーを対象に、同じく勝率で出場者が決まる『SGボートレースダービー』があるが、その女子競艇選手(女子ボートレーサー)版とも位置付けることができる。

開催が毎年8月になってからは”女子たちの真夏の闘い”というイメージが定着してきたようだが、それはレーサーにとってはエンジン調整を難しくさせる暑さとのムレッムレの闘いでもある(笑)
過去を振り返れば、3大会連続で同じ優勝者(1990年-1992年 第2-4回大会 鵜飼菜穂子 という今は50半ばのおばさん強しw)ということもあり、一部のレーサーのみが目立った活躍をしていたが、最近ではその傾向は薄くなってきた。
女子競艇選手(女子ボートレーサー)戦も、開催ごとに様々なレーサーの活躍が見られるようになり、それは何より競艇レディース戦の人気が高まり、ファンの期待に応えたいというレーサーの熱い気持ちが表れているんだろう。
勿論、レーサーの熱い気持ちだけでここまで女子競艇選手(女子ボートレーサー)が人気にはならない。それは実力が伴わなくても可愛ければトークショーに引っ張りダコの、この競艇検証.comの女子競艇選手(女子ボートレーサー)達のタレント性が今では超重要視されているw…真夏の女子たちの熱い戦いにぜひ注目したい!
・賞金:1000万円
・出場基準:前年6月~5月における勝率上位者、オールレディース優勝者、前年度優勝者


GⅡ『レディースオールスター』【3月上旬】
・概要:こちらは2017年に新設されたGⅡ競走である。出場レーサーは基本的にファン投票によって決まる。
レディースオールスターGⅡは、ファン投票だ。
投票権は住所などの個人情報の入力が前提となるけど、誰にでもあるので、貴方も投票ができる。
「レディースオールスター」だから女子競艇選手(女子ボートレーサー)が対象で、あとは出場権のある対象者は幅が広く、A1、A2、B1級までで、これは全ての女子競艇選手(女子ボートレーサー)の8割ほどをカバーしている。
真に人気のある女子競艇選手(女子ボートレーサー)は誰なのかが分かる、という意味でも非常に興味深いレースとなっている。

だが「B1なのになぜあの超かわいいコが選ばれない?」と、私はかなりこのファン投票に不満を持っており、純粋な「ファン投票」なら競艇とか観ないヤバいファンが最近増えた競艇なだけに、美人競艇選手ってだけで投票して出場させてあげたりしそうだが、うまい具合に50過ぎのA1級選手とかわずか6艇の中にいたりする。
というか「美人競艇選手」がこの「レディースオールスター」に選ばれることが「ない」のだ。

…だがコレは、自分なりに考えると、まず「ヤバいファン」はまだまだ少数派すぎる。というのと、昔からの女子競艇選手(女子ボートレーサー)ファンは「舟券を当ててもらった経験」というのは大きく、この子美人だけど、いつも舟券買ったら当たらないからなぁなんてことは、よくある話で、普段の感謝の気持ちを込めての「ファン投票」だと、「美人競艇選手」だけでは選ばれないということだろうか。
確かに1位は賞金王の遠藤エミ2位 長嶋万記3位 小野生奈だからな。
あとは、開催地が例えば「びわこ」なら、地元の滋賀の選手に、より多く票が集まることもあるかもしれない。

…優勝賞金も400万円と、この時期に賞金を稼いでおくことが出来れば、年末の12名への道に一足先に踏み入れることが出来るチャンスと言ってもいいだろう。…だがしかし、そこもベテランがしっかりと掻っさらって行く。
私は思うよ、「レディースオールスターJr」とかも作れば良いのではないか?と。

今後ますます新たな競艇ファンも増え、客層も意識せざるを得なくなった時、新しいことにもチャレンジする「ボートレース」になって欲しいものだ。
因みに同じようにファン投票で決まるレースに『SGボートレースオールスター』というのもあり、こっちは男女混合戦で、女子競艇選手(女子ボートレーサー)も毎回数名が選出されるが、その対象はA1級レーサーのみだ。
・賞金:400万円
・出場基準:ファン投票により選出されたA1,A2,B1級レーサーと、選考委員会推薦の若干名


GⅡ『レディースチャレンジカップ』【11月下旬】
・概要:年末の『クイーンズクライマックス』の12名入りを賭けた緊迫の闘い!
2014年にスタートしたGⅡ競走で、年末のクイーンズクライマックス出場にフォーカスしているのがこのレディースチャレンジカップだ。
優勝賞金は400万円で、獲得賞金下位のレーサーでも一気の大逆転で年末12名入りに名をあげる可能性もある。

また、上位の女子競艇選手(女子ボートレーサー)はさらなる賞金を獲得し、上積みできればクライマックスの初戦において好枠を手にすることができるチャンスともなる。
このレディースチャレンジカップは、SGチャレンジカップと同時開催となっているため、ひとつのレース場でふたつの異なるシリーズが楽しめるという意味で非常に特殊な開催でもある。
そのため普段レディース戦をあまり見ないボートレースファンも、レディース戦に興味を持ってくれるチャンスとなるレースとも言えよう。その為にもかわいい子の出場はもっと重視した方が競艇女子ファンを集めるのにもいいのだが…。
・賞金:400万円
・出場基準:10月31日までの獲得賞金額上位20人


※その他のレディース戦について※


GⅢ『オールレディース』【8月~5月】
8月から5月まで、各レース場において年に1度、年間ではほぼ24開催が実施される。
すべての女子競艇選手(女子ボートレーサー)に出場資格があるレースだが、どちらかというと中堅からベテランのレーサーが多い
固定メンバーが斡旋されることも多いので、レーススタイルが分かりやすく、予想もしやすく感じられるのか、売上が高い傾向にある。
なお、優勝者にはGⅠレディースチャンピオンへの出場権が与えられる。


一般『ヴィーナスシリーズ』【4月~3月】
登録から16年未満の競艇女子レーサーに出場資格があるレースで、4月から3月まで年間で12戦程度が開催される。
デビューから間もないレーサーと、実力のある中堅レーサーとでは実力差は明らかだが、若い女子競艇選手(女子ボートレーサー)がここでレース運びを学び、技術を高めていく場でもある。
女子競艇選手(女子ボートレーサー)ファンにとっては見た目で「ひいき」する子とは別に、ガチで思いがけない有望株を発掘できる、そんな楽しみのあるレースかもしれない。


一般『男女W優勝戦』【年間】
男女のレーサーがほぼ同数出場し、男女がそれぞれ別にレースを行い、優勝戦も男女の2戦が行われる。開催時期はそのレース場によってさまざまだ。
また、以前は特定のレース場のみの開催であったが、現在ではほとんどのレース場で年に1度ほど開催されるようになった。
出場する女子競艇選手(女子ボートレーサー)が少ない分、それぞれの調子を見極めやすいのも特徴として挙げられる。
優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトを検索

検索
競艇予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競艇予想サイト

優良競艇予想サイトを探すなら、
競艇予想サイト検証.COM

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ボートパイレーツという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
ボートパイレーツ」と言えば、マルコというブロガーの犯したとんでもないミスで、いつも同じグループサイトの新サイトが登場すると、一斉に始まるキャラ誘導による集客が、実は自社運営だったことがバレたサイトだ。(最近だと競艇ラボ

今回の無料予想の検証で、1号艇には上條暢嵩だった。
ここ6ヶ月の1コース1着率は約79.3%、3連対率は100%と、そのイン戦の信頼度は相当高い
足的には戦えるレベルといった感じで、強めというわけではないが、これだけの実績を残しているので逆らうのは正直厳しい。
よって、上條のイン逃げで予想的には良かったと思う。

では2着に関してはどうか。
この予想にもある通り、2号艇百武5号艇森永共に気配的には好気配で、2着に据える気持ちもある程度は分かるのだが、果たしてそこに実力や近況に関しての情報は加味されているのだろうか?
その視点がなかったように思う。
端的に言うと、もし3号艇出畑が出走表でA1級表記であったとしたら、同じ予想を出すだろうかという事だ。

ボートレースでは、4月末で今年の7月からの級別を決める審査が終了している。
その7月からの級別で、出畑はA1級へと復帰するのだ(以前はSGにも出場するような強豪であった)。
しかし、その表記は7月から切り替わるので見落としがちになる。

現在の表記上出畑B1級なのだ。

そして表記が変わるというだけではなく、シンプルにここ半年の成績がいいからA1級に復帰するので、この6選手の中で上條の次に成績を残している選手となる。

こういう視点を持てば、間違いなく2着筆頭に出畑を持ってくるだろう。
百武・森永より、確実に実力のある選手なのだから。
少しのモーター差ではカバーできるものではない。

シンプルに現在の出走表だけを見て予想している感じがして、分析が足りなかったのではないだろうか。…いや、分析と言うほどの情報でもないか。
これくらい「当たり前」の事であるので、これが外れたのは正直フォローできない予想だった。

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ファイナルボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
 
今回ファイナルボートの無料情報で検証したのは江戸川で行われているヴィーナスシリー
予想が正直難しいところではあるが、きっちりと機力分析をしていれば両レース共に的中していた可能性はあるので、順に見ていこう。

2022/05/12 (江戸川4R)
まず4Rだが、このメンバーの中で一番足が強力なのは間違いなく3号艇西澤であった。

特にスリット近辺の行き足が抜群で、スタート後攻めて行く事は大方予想できた。
ただ、西澤自体がそこまで腕のある選手ではないので、攻め手にはなるが1着かどうかは微妙であった(ターン流れる可能性は高い)

ここで浮上してくるのが5号艇中村である。
4号艇間庭スタート遅い事を考えれば、絶好のまくり差し展開が向きそうだったのだ。

1着軸、悪くても2着までには入りそうであったので、素直に中村から予想を組み立てれば良かったと思う。
もちろん攻めた西澤を絡めた「5-6-3」という結果も、予想としてはしやすかったのではないだろうか?
3連単の払戻しが10050円もついているのが不思議なくらい、十分に狙う事ができた目であった。
不的中の要因は、いつものファイナルボートのパターンで手広く行き過ぎ何が軸か全く不明であった点だろう。
このレースは展開的に中村信頼で良かったのだ。


2022/05/12 (江戸川5R)
次に5Rだが、こちらに関しては全く見当外れな予想をしていると言っても過言じゃないと思う。

行き足から伸びが力強い1号艇前田の1着を、ほとんど想定していなかったからだ。

先程の4Rとは違って、センター枠に足が強力な選手がおらず、むしろインの前田が一番モーターが出ていた。
そうであれば迷う必要もほとんどなく、この前田から予想すればいいだけの事だ。
2号艇宮本3号艇高石は、足的に見ても余程の事が起きなければ逆転不可能であるのに、1着予想があるのも意味が分からない

どちらのレースについても言える事だが、足の分析はきちんとしておき、その上で1マークの展開を考える。
基本中の基本ができていなかったから、不的中になったという感じである。

女子競艇ボートレーサー名鑑

  • 登録番号:5056
    出身 : 徳島県
    支部 : 徳島
    級別 : B1級
    T157/46kg/B型
  • 登録番号:5155
    出身 : 福岡県
    支部 : 福岡
    級別 : B2級
    T165/48kg/A型
  • 登録番号:4964
    出身 : 岡山県
    支部 : 岡山
    級別 : B2級
    T161/48kg/A型
  • 登録番号:4937
    出身 : 福岡県
    支部 : 山口
    級別 : B2級
    T160/44kg/A型

トップへ